トップ > パリのホテル > 1区のホテル > チュイルリー付近 > Hotel Costes
updated on 15.Feb.2003
16 Dec.2004 / 3 Jan.2006経験談追記
Hotel Costes ★★★★ → 新基準★★★★★
オテル・コスト
住所 239 rue Saint Honore (Honoré)  75001

RATPの地図 (交通機関乗り場いり)*
アクセス ヴァンドーム広場・マドレーヌ寺院至近、オペラ座徒歩10分
メトロメトロ1号線メトロ8号線メトロ12号線Concorde コンコルド
関連URL http://www.hotelcostes.com/

http://www.parishotels.com/hoteldetails.php?hotel_num=19

パリ市観光局データ
料金例



●ユーザの声
 


 
 

(名前)  てんてこまい78 様 (宿泊日) 2005年2月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数)  1泊

(部屋)ツイン 日本式2階 204号室
室内灯では本は読めません。かなり暗い。デスクスタンドやシェードランプがないと細かい作業は無理。

入口を入ると、1畳ほどのクローゼット。

寝室は約12畳の長方形。バスルームは約6畳。
中庭付。中庭は1階のレストラン部分の屋上スペースに作られたもの。
このホテルは全体が大きな口の形になっていて、中心の半分くらいが中庭、残りの半分は吹き抜けになっていて1階のロビーと通路の様子が見えるようになっている。

赤で統一。バスルームは白。

ホテル全体で同じフレグランスを使用していた。ほのかにスパイシーで甘い香りがして、とても大人っぽい雰囲気。

 サイドテーブル2個、デスク、タンス、クローゼット、靴箱、テレビ、セィフティボックス、シュードランプ複数、椅子3脚、ウェルカムフルーツ(葡萄、蜜柑、杏

内装がとにかく素敵。ただ室内灯だけでは本当に暗い。これは、ホテル全体にも言えます。備え付けのルームスタンドやコンセントが古い。ネジが緩んでいたり古かったりと気をつけないと触ったら壊しそうだった。

(バスルーム) バスタブ付。約6畳。白タイルに大理石の洗面所、金具は金で統一されていたため、広々とした印象。

清潔。掃除も行き届いていた。バスルームは外光を取り入れた大変明るかった。

湯の出具合は良い。排水はゆっくりめ。

シャンプー、リンス、ボディーソープ、ボディーローション、バブルバス溶剤、歯ブラシ、髭剃り。アメニティーは150mlの普通サイズ、ホテル全体でも使用されているフレグランスと同じ香り。(ペッパー、シナモン、バニラ、クローブ、ナツメグのような香辛料の香り。)

(冷蔵庫)あり。中身はミネラルウォーター、ビール、ワイン。

(エアコン) ありました。温度調節は出来ないが、快適だった。
 

(パブリックエリア) 全体を落ち着いた赤で統一。本当に素敵だった。館内全体にお香も焚かれていてとてもいい香り。(お香もアメニティと同じ会社の製品)

1階の8割が、レストランとサロン、バーになっている。常に素敵な音楽とお酒を楽しむ人がいた。

(リフト) あり。大きさは、大人3人とスーツケース2個で一杯。

(レセプション)全員女性。かわいいワンピースの制服を着て、モデルのような綺麗な女性ばかりだった。こちらの話す内容を理解しようという対応は感じられず、事務的な印象を受けた。

(館内施設) カフェ、バー、レストラン。どこも内装が凝っていた。

(スタッフ)英語可。
ドアマンが全員とてもハンサム。ドアマンは、新人モデルをアルバイトで雇っているとのこと。しかも、アルバイトのため短時間で入れ替わるので、入れ替わり立ち代わり目の保養になった。しかし、対応は事務的。

(予約方法)  個人で
 ネットで予約し、予約完了ページをプリントアウトし、レセプションに提示。

(アクセス)  チュイルリー公園とホテルリッツのすぐ近く。隣にゴディバ。しかしホテルの入口は小さく、看板も目立たないので見つけづらい。

(周辺の雰囲気) 繁華街に近いので、夜になっても周辺は明るい。夕方以降はほとんど人通りがない。ちょっと不安だった。

(決め手)  雰囲気がいいと有名なホテルだったから。

(良かったこと)  雰囲気がとても素敵だった。とにかくドアマンが大変ハンサムだった。

(困ったこと) スニーカーとジーンズでは大変入りづらい。一日中歩き回ってちょっとくたびれた状態でホテルに戻ったところ、4人のドアマンに満面の笑みで迎えられ、大変気後れした。

(客層) アジア系カップル1組を見かけた。
チェックインの際にレセプション奥のクロークが見えたが、ブランド物のスーツケースが沢山置いてあった。

(支払い) クレジットカードで支払い。

(車椅子などの対応は?) 廊下に段差はなく、広さも充分。リフトが少し狭い。

(子供連れでも場をこわさないか?)子供は場違いだと思う
 

(他の方へのアドバイス) = ホテルの雰囲気がおしゃれ。なにより入口がすごい(ドアマンが・・・)ので適当なかっこうをしていくと冷や汗をかいてしまうと思います。
 

 



 
 

(名前)  PAGUSUKE-KUN 様 (宿泊日) 2004年6月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 1泊

(部屋)クラシックダブル フランス式4階 409号室
入口のドアを開けると、左がバスルーム、正面にトイレ、左に寝室と部屋が3つに別れている。

結構広い。予想以上に暗かった。夜、荷物を散乱させたまま食事に出たところ、帰ってきたら「脱ぎ捨てたスリッパ」が暗くてなかなか見つらない。本当に暗い。レセプションで売っているキャンドルを買って使用すれば灯りもとれるし、雰囲気が盛り上がったかもしれません。

窓の外は中庭に面しており、夜遅く迄ポンポニャックの音楽と共に、サロンでくつろぐ人々の談笑する声が、心地よく聞こえました。

ウェルカムフルーツはなし。ベッドはキングサイズで、のびのびでき、気持ち良かった。19世紀の肖像画が飾られたり、ゴミ箱までネオロマネスク調。灰皿はコストのネーム入りのシンプルなもの。

FAXはなし。TVは バング&オルフセン。他、セイフティボックス、靴ベラ、靴磨き、レターセット、スリッパ、ネーム入り傘もあり。

暗い事を楽しめば、とても雰囲気があってくつろげる空間です。

(バスルーム)狭かった。バスタブのサイズは普通だと思うが(そう大きくもなかった)洗面台が1人でいっぱい。お湯の出具合は良い。

バスローブにコストの刺繍はなし。アメニティもカリタでは無かったが、コストのオリジナルで、真っ赤なボディがオシャレ。

バスフレーク、バスジェル、シャンプー、コンディショナー、固形石鹸。バスフレークは泡立ち良く、バスジェルも洗った後お肌がしっとり。アメニティもレセプションで買えるので、お土産に購入。シンプルだけどオシャレな袋に入れてくれます。

(冷蔵庫)ミニバー有り。コーラ、ダイエットコーラ、サンペレグリーノ、
ビッテル、シャンパン、オレンジジュース、スナック等いっぱい入っていた。高いので近所のガススタで飲み物を購入した。

(宿泊費) 600euro

(パブリックエリア)中庭のカフェテラス、その周りのサロン、レセプションが、区切り無くひとつの空間になっています。エレベーターの隣あたりまでもサロンのソファが置いてあったり、隅々まで気を抜いた感じがありません。

(リフト)ホテルの入口を入ってから最初のエレベータを使用。エレベーターは十分広い。

(館内施設)地下にスパ&フィットネスセンター、プール。日本式1階にレストランとバーあり。
食事もさっぱりしていて日本人にも美味しいと思う。特にデザートが美味しかった。

(レセプション)チェックインは正面レセプションでしたが、チェックアウトは(支払いがあるからか)
奥の個室でした。レセプションのスタッフは全体的に気さく。高いホテルに泊まり慣れてない私達には、かえって緊張がとれて良かった。片言の英語、仏語にも快く応対してくれた。

(スタッフ)レストランのスタッフは皆オシャレでスタイル良く、キビキビと働いている。が、何か冷たい雰囲気。特に女性がツンツンした感じ。

私達のテーブル担当の女性が特にそんな感じで、ペリエを頼んだのにバトワを持ってきたり、なかなかサービスしに来てくれませんでした。見兼ねたゲイ風?の男性スタッフが、なにかと世話をしてくれ、チップはその人にあげたいと思う程でした。

(客層)ビジネスマン風、中年夫婦など色々ですが、何かしら皆さんオシャレでお金持ちな感じ(小奇麗にしている)。業界人風な方も多数。カジュアルシャツにリュックなど、ラフな服装の人も。

(予約方法)  個人で
フラツーの予約ページを参考にFAXで。レストランの予約も同時にしました。対応も早く丁寧でした。

(決め手) CDを聴いてからずっと憧れていました。

(周辺の雰囲気) コレットやジャン・ポール・エヴァン、日本食の店も近くにあります。

(良かったこと) 確かに総体的に言うと値段は高い。
前から憧れていたホテル、足を踏み入れただけでも感激。レストランでは有名サッカー選手もみかけた。アメニティも良かったし、予算が合えば今度は連泊してもっとコストを楽しみたい。

(困ったこと) 夜20:30から22:30位迄下のレストランで食事をし、部屋に戻ったら、簡単ですが掃除されていた。ドアに「DO NOT DISTURB」の札を念のため下げておいたが。

(支払い)クレジットカード

(子供連れでも場をこわさないか?)子供は場違いだと思う
 



 

(名前) az様 (宿泊日) 2001年12月〜2002年1月
(個人評価) ◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 5泊

(部屋) Double classic 116号室 テラス付き
入口を入ってすぐにクローゼットコーナー。扉を開けると明かりが付くタイプで、中にセイフティボックスが。もう一つドアを開けるとそこが寝室。広い部屋にダブルベッドが2つ。せっかくの広い部屋の大部分をベッドが占有。。。

インテリアは、赤い壁にベージュ基調の家具類。ライティングデスクの上にはウェルカムフルーツ。ロマネスク調というのか、ナポレオン3世調というのか、確かに、雑誌で話題になるだけある徹底したインテリアデザイン。ただし、部屋が暗い。とにかく暗い。で、何となく落ち着かない感じ。
 
スタイリッシュなTVは Bang&Olufsenで、ラジオ、DVD兼用。レセプションでCOSTESのCDを買って、部屋で聴いたりしてました。(リモコンがこれまたオシャレだった) また、部屋には電話の他にFAXも完備。元旦に、実家に「あけましておめでとう」FAXを送ることができました。

(バスルーム) 寝室の更に奥のドアの向こう。ここも広々。6畳以上。トイレもここに。洗面台に洗面ボールは一つ。カウンタートップは大理石で、立派な家具の一つという感じ。アメニティはCARITA。バスジェルの泡立ちが良い。

バスローブは胸にCOSTESの赤い刺繍入り。また、同じく刺繍入りの真っ赤なスリッパも。バスルームもインテリア路線は部屋同様で徹底しています。バスルームからテラスへ出る踏み台が置いてあるのですが、他の部屋から見えるので、ちょっと裸で出るわけには。。。

ちょっと天井が低いですが (というか普通の高さなだけ)、静かだし、ゴージャスだし、暗いのさえ我慢すれば居心地はよかった。

(宿泊費) 予約時3,500Fr/ 精算時533.57ユーロ

(アクセス)  ヴァンドーム広場のすぐ近く。サントノレ通り沿い。

(建物) 小さ なエントランスには、常時ドアマン。車はここでお願いすると出し入れしてくれます。ヴァンドーム広場の地下駐車場に停めるようです。ちなみに、駐車場代は 停めた日数と言うより、出して貰った日数分を請求されました。(約120Fr/日) 一日、車を使用しない日があったが、駐車場代も請求されず、ちょっと だけ得した気分。
 
レセプションや廊下、カフェバーの雰囲気も、部屋と同様のロマネスク調。(と言うのかしら?)
でも、部屋と同じく、どこもかしこも暗い。

このカフェバーは、毎日、もの凄く流行ってました。大晦日の夜は、肩を出したドレスのお姉さん方がたくさん出没してました。プールがありますが、利用しませんでした。でも、廊下をバスローブ姿で歩く親子を見かけました。

(サービス) チェッ クイン時に担当してくれたのは、デカプリオの面影のあるお兄さん。部屋まで案内してくれて、丁寧に部屋の説明をしてくれました。でも、カフェの入口に立っ ているオバサンはとっても冷たい感じ。宿泊客と知ると作り笑顔が出ましたが、はっきり言って、好きでないタイプでした。
 
家庭的という雰囲気からはほど遠く、かといって、豪華ホテルのようなホスピタリティさにも欠け、失礼や無礼があるというわけではないのだけど、どことなく冷たい雰囲気。
 
何しろスタッフが若い。全員、20代そこそこじゃないかという感じ。値段相応の高級ホテルにいる気がしませんでした。中年クラスのスタッフは、一度しか見かけませんでした。(この人は、さすがに高級ホテルのスタッフの威厳があった)

(朝食) 朝食は、コンチネンタル170Fr。
一度だけホテルで朝食を取りましたが、コンチネンタルでは頼みませんでした。頼んだのは、スクランブルエッグと紅茶。パン付き。ハムとコーヒー。パン付き。紅茶はマリアージュ・フレール、バターはエシレです。しめて40.5ユーロ。
 
(客層)レストランの客は様々。ビジネス客、スノッブ系、観光客、宿泊客、ゲイカップル、etc。。。
はっきり言って、あまりにも人が多くて、誰が宿泊客で誰がそうでないのかよくわかりませんでした。
1人で、肩身が狭そうに食事している男性もいました。(しっかりデザートまで食べていたけど)
 
大晦日の夜、ここのレストランで食事をしようとしましたが、通常のカフェバーは営業していないとのこと。しかも、例のカフェのオバサンが気に入らなかったので、部屋に戻ることにしました。
 
部屋にも大晦日特別メニューが置いてあり、1人250ユーロ。値段もさることながら、どう考えても食べ切れそうにない量。結局、1人分だけルームサービスを取りました。
 
ただ、ルームサービスではデザートは出してもらえず、その代わり価格も175ユーロと抑えめ。(それでも高いが。。。) フォアグラテリーヌ、手長エビの天ぷら、分厚いトルネードロッシーニを堪能しました。(やはり、大晦日はフォアグラづくし!)
 
予想通り、量的には1人分で2人ともお腹いっぱいでした。ルームサービスじゃないと、こんなことはできないですね。

(予約方法) 個人で。FAXで。
手配そのものは昨年の6月に始めたのですが、最初に問い合わせたDigitalFranceのWEBでは満室。
AMEXのトラベルデスクでは、扱っていないの返事。
 
ミリオンカードのトラベルデスクでも扱ってはおらず、パリ・デスクに問い合わせてくれたものの、1月以降の価格が決まっていないので9月以降に問い合わせて欲しいとの返事。紆余曲折の末、直接ホテルにFAXしたら、すぐに返事が返ってきて予約が成立しました。

(決め手) 何年か前に、話題のホテルとして雑誌で紹介されて以来、一度、泊まってみたかったので。
でも、この値段を払うのなら、もっと、いわゆる高級ホテルと呼ばれるところに泊まってもいいのかも。
まぁ、今回は念願達成が第一目的でしたが。

(行く前) FAXの返事は、非常に簡潔明瞭かつ丁寧。好印象を持ちました。空港への送迎を問い合わせたところ、一番安いタイプで片道165ユーロ。あまりにも高いので、タクシーにしました。Four Seasons Hotelのレストランの予約をお願いしましたが、これも、問題なく行ってくれました。

(良かったこと) 部屋は、さすがというか、うーんと唸らせるインテリアでした。
下のカフェバーの喧噪は全く感じられず、部屋そのものは落ち着けてよかったです。

(困ったこと) 最初、カフェを突っ切らないと部屋へのエレベータに辿り付けないと思っていたため、それがすごく憂鬱でした。(いちいち、咎められそうなので) 確かに、そのエレベータが部屋に一番近いのですが、できれば、他のエレベータについても説明が欲しかった。それにしても、覚悟の上とはいえ、高いホテルでした。ミニバーの缶入りソフトドリンクが1つ40Frには驚かされました。



(名前) kkaz様 (宿泊日) 2000年6月
(個人評価) ◆◆◆(5点満点)

行ってみたかった。両親(スポンサー)と 一緒だったので、自分で手配。FAX。
 
(部屋)タンダード シングル バス付 
スタンダードシングル 内装 ここはオシャレ
ゴブラン織りの壁紙、重そうなベッドカバー、 非常にヨーロッパしています。 お部屋の広さもまぁまぁ息のつまらない程度、お値段もはりますから、 プチホテルのお部屋よりは数倍広い感じがします。 ただし、暗い。

(宿泊費) 3万ぐらい。
 非常に満足。 評価 高いけれどいい。でも。私は2度は泊まらないでしょう。 コストパフォーマンス的にはまだ私には適さなかったから。 

(パブリックエリア)入り口からレセプションは暗いが、中庭には日がさすので明るい。 スノーッブな雰囲気もあるけれど、うーーんパリという感じで、いい雰囲気。緊張感がある。
 
高級ショッピングがしたいなら立地条件がいい。 カフェが最高。朝食も雰囲気よく中庭でとれる。アメニティがカリタというのもポイント高い。
  
レセプション周り、中庭のカフェ。部屋よりもそういうところの雰囲気が ステキ。思うに、もっとお金を出していい部屋に泊まるともっとステキ なのだろう、と感じさせるホテルだった。 


 
トップ > パリのホテル > 1区のホテル > チュイルリー付近 > Hotel Costes