トップ > パリのホテル > 7区のホテル > リュ・デュ・バック北付近 > Hotel de l'Academie 

10 Oct.2005 /18 Feb.2009 経験談追加、再調査
22 Nov.2013 経験談追加

 
 
 
Hotel de l'Academie (Académie Hôtel Saint Germain) ★★★
オテル・ドゥ・ラカデミー
6区にも Academieという★ホテルがある。
住所 32, rue des Saints-Peres 75007 Paris
7区の東はしで、かぎりなく 6区に近い。

RATPの地図 (交通機関乗り場いり)*
アクセス サンジェルマン・デ・プレ教会至近。サンジェルマン大通から北1区画。メトロには両方300mほど歩く。

メトロメトロ4号線 St Germain des Pres サンジェルマン・デ・プレ
Rue du Bac  のあいだ。
RERRER C線 Musee d'Orsay ミュゼ・ドルセー

バス: 68-83-63-95-39-86-70-96-84-73-69 

39 95 Jacob停 すぐ 
E-mail
関連URL http://www.academiehotel.com(直営HP)
 

hotelclubで Hotel de l'Academie を探す・予約する

2005年料金例
スタンダード・ダブル(シャワー) 199 ユーロ
   
デラックス・ダブル/ツイン(バス) 229 ユーロ


ジュニアスィート(ジャグジー付き)    299 ユーロ


デラックス 2ベッドルーム・アパルトマン
(ダブルベッド2、 禁煙 定員4)
 495 ユーロ
ビュフェ朝食 14.5 ユーロ
P
23euro/24h
税サ込み、禁煙ルーム予約時指定可 税、滞在税こみ
Promotion 直営URLでプロモーションあり。
50%
設備 スーペリア以上の部屋は2歳未満の子供無料(ベビーコット)
エキストラベッド(子供) 30euro/泊

ルームサービス、ホテルの前にPあり、会議室あり。コンシェルジュ、FAX、プレスサービスなど充実。 

全33室、バスつき25室、シャワーつき8室
トリプル6室、スィート5室。
全室エアコン、バスまたはシャワー、ドライヤー、冷蔵庫、金庫つき。

ジュニアスィートはジャグジーつき。

T/C OK

18世紀様式で女性好みの内装。ふりふりの部屋も。ドレープたっぷりの花柄カーテンやピンクな部屋、ロココ調のような鏡やデスク。スィートもおすすめ。

住所は7区、サンジェルマンからややオルセーより。 Hotel de Charme加盟
2002年改装。


●ユーザの声

23(6)

 
 

(名前) 白い巨人  様 (宿泊日) 2013年9月上旬
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式5階

(部屋について(雰囲気など)) = 照明が少なく、ちょっと暗い。
スーツケース2つを、ギリギリで広げられる。
白い壁でシンプル。隣のアパルトマンが見える。

(部屋の家具・備品) = TV、ベッド脇にランプとチェスト、
小さな机、椅子2。
小さめのクローゼット、セイフティ・ボックス、鏡。

(バスルーム) = バスタブあり。トイレ、ビデ、小さめの洗面台。
シャンプー、石鹸、プラスチック製コップ、シャワーキャップ。
お湯は十分に出る。洗濯用の紐が付いているが、留め金が壊れていた。

(冷蔵庫) = あり。エヴィアン、ペリエ、コカ・コーラ、ハイネケンが各2。

(エアコン、クーラー) = 有り

(部屋について、その他) = 絵が掛っていた。大きな鏡がベッドの横に掛っていた。

(パブリックエリア) = 受付にソファ。奥にも椅子、バーカウンター等有り。

(リフト) = 有り。3人用。

(レセプション) = 非常に気が利く女性がいた。その他の人は、挨拶を交わす程度。

(レセプション以外の館内施設) = バーカウンター。

(スタッフ) = 英語可。日本語不可。

(宿泊料) = 207ユーロ/泊。朝食付き。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = インターネットで予約。特に問題なし。

(アクセス) = メトロのサンジェルマン駅から、徒歩約5分。
ルーヴル美術館、オルセー美術館まで、徒歩15分。

(周辺の雰囲気) = 向かいには大学、近くにカフェ、パン屋。
店は、沢山ない。治安は問題なし。

(選択基準) = サンジェルマンの近くで、手頃な料金。

(よかったこと) = ホテルからド・ゴール空港までの、送迎バンを予約できた。
出発便の時間に合わせて、ホテルまで迎えに来た。18ユーロ/人、料金も手頃で助かった。

(朝食) = コーヒーか紅茶か聞かれ、もってくる。

ビュッフェ式
ジュース、パン、チーズ、ヨーグルト、シリアル、スクランブル・エッグ、ゆで玉子、
オレンジ、キウイ、バナナ、林檎。フルーツは丸ごと置いてある。

(宿泊客の客層) = 欧米人が多い。年齢は高め。

(支払い方法) = クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = 難しい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = サンジェルマン・デ・プレ駅から少し歩くが、料金は手頃でいいと思う。カフェ等の店は少なめ。サンジェルマン大通りまで出ると、賑やか。

 








(名前) うちのパパが 様 (宿泊日) 2008年12月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ジュニアスィート フランス式5階

通路側。それほど明るくはないが、昼間はあまりいないし、冬だったので朝はそもそも暗い。
向かい側にアパルトマンが建っているが、カーテンを開け放つわけでもないので気にならなかった。

スィートで予約したが、続き部屋などなく、部屋もそれほど広くなかったので、1ランク下の部屋ではないかと思ったが、風呂は確かにジャグジーがあるし、抗議するほど問題があるわけではなかったので、そのまま宿泊した。スーツケースは大きいものでも普通に広げられた。

部屋の雰囲気はあっさりもこってりもし過ぎず、可もなく不可もなし。

(部屋の家具・備品) = キングサイズのダブルベッド。サイドテーブル1、椅子1。

大きい鏡がサイドテーブルに面してあり、配偶者の身じたくには十分だったようだ。クローゼットは十分に確保されているので、スーツなどいろいろかけておける容量あり。セイフティ・ボックスはクローゼット脇の棚にある。

アラーム時計はないが、モーニングコールはレセプションに頼める。大型テレビあり、ただしNHKの衛星放送は受信していない。

(バスルーム) = 広さに問題はないが、シャワーカーテンも仕切りもなかった。洗面台が木製だったので、お湯がかからないよう気をつける必要があった。お湯の出具合や清潔感は問題なし。アメニティは必要最小限。歯ブラシはない。バスローブもない。

(冷蔵庫) = あり。ひとしきりの飲料はあらかじめ入っているが、毎日モノプリで買っていたので飲まなかった。750mlのペットボトルくらいまでなら入る。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = 隣室は毎晩午前様で、廊下からも部屋からも話し声がよく聞こえてきた。
こちらも早朝に起きてバタバタしていたし、お互い様か。

(パブリックエリア) = ホテルHPで見るような素敵な雰囲気は、レセプション界隈と地下の朝食室くらい。
部屋のある階の廊下は、なぜかピンク一色で、しかも明かりがなくて薄暗かったので、なんだか場末のラブホテルのようだった。

(リフト) = リフトあり。2人と大きいスーツケース1つで満員。

(レセプション) = 何人かを見たが、サービス過剰でもなく無愛想でもなかった。

チェックイン時、チェックアウト時も、必要最低限の会話のみ。もっとも、こちらがフランス語はおろか英語もままならない様子を見て、余計なことを言わなかったのかもしれないが。

24時間対応のようだが、早朝6時過ぎに通ったときは誰もいなかった。しかも、玄関の自動ド アにはつっかえ棒がしてあった。中からはすぐに外せるが、外からはインターホンで呼び出さないと入れない。しかし、隣室が毎晩午前様で帰ってきていたとい うことは、対応してくれているということだろう。

(館内施設) = パソコン1台。レセプションに言えば使えるようだ。地下に朝食室。

(スタッフ) = 英語可。他の客がドイツ語で話していたが対応していた様子。滞在中は挨拶程度しか交わしていない。モーニングコールや荷物預かりを頼んだことはあったが、対応に問題なし。

(宿泊料) = 5泊で税込み1,083euro。プロモーション料金。

(予約方法) = 個人で

 booking.comで予約。すぐに予約完了のメールが日本語で届いたが、ホ テルからは何もなし。ちょっと心配だったので、ホテルに直接、リコンファームのつもりで、booking.comでの予約番号、ダブルベッド希望という メールを出したら、すぐに、「キングサイズのベッドだから大丈夫」というあっさりした返事が来た。

(アクセス) = メトロは4号線St Germain des Pres サンジェルマン・デ・プレ駅が最寄り駅、徒歩約5分。
10号線Mabillonマビヨン駅も近い。徒歩約10分で12号線Rue du Bac リュ・デュ・バック駅も使える。

バスは、95番バスのモンパルナス方面行きJacob ジャコブ停がホテルの目の前。逆に、オペラ方面へのバスは、サンジェルマン・デ・プレ教会前の停留所まで歩く必要がある。

タクシー乗り場は教会前の交差点近くにある。常に2、3台泊まっているので、ホテルでタク シーを呼ばなくても大丈夫。オルセー美術館には徒歩約10分。また5分も歩けばセーヌ川で、カルーゼル橋を渡るとルーヴル美術館。カルチェ・ラタン界隈や デパートのボンマルシェは徒歩圏内。

(周辺の雰囲気) = 雰囲気は良い。治安も問題なし。ホテルそのものはサンジェルマン・デ・プレの喧騒からちょっと引っ込んでいるので静か。向かい側は大学。ホテル前の通りは セーヌ川方向からの一方通行になっているが、バスも通る道路のようで、車の通りは多い。しかもけっこう飛ばしてくるので注意が必要。

(選択基準) = 以前、某最高級ホテルのスタンダードルームに宿泊した。そういったホテルの良さは、グレードの高い部屋に泊まり、コンシェルジュをはじめ、ホテルのサービ スを使い倒して、はじめて本当にわかるのではないかと感じた。でも宿泊料だけはスタンダードでもべらぼうに高い。

ホテルのサービスを必要最低限しか利用せず、移動もタクシーより地下鉄・バスを使い、冷蔵庫の飲料をスーパーで調達してくるくらいなら、ホテルのグレードは下げたほうがいい。しかし、だからといってせっかくパリに来たんだし、雰囲気を楽しめる部屋がいい。

設備もひと通り整っていて清潔なほうがいい。広さもある程度必要。それから、交通が至便で治安の良い場所がいい。オペラ地区は何となく騒々しい。

ということで出た結論が、「左岸、三ツ星、そのホテルではグレードの高い部屋」であった。
その条件にほぼ合致したのがここであった。

(よかったこと) = 選択基準に照らして大正解だった。アメニティの充実度こそ格の差を感じるが、部屋の広さはほぼ同じで、クローゼットの容量や使い勝手はこちらが上。で、1泊あたりの正規料金は6割安だった。

(困ったこと) = 玄関のドアは自動なのだが、道路側に開く。初めてのときはちょっとびっくりした。

(朝食) = ビュッフェ。パンやシリアル、バター、ジャム、ヨーグルトなど、ごく普通の朝食。
ゆで卵があったのが個人的には良かった。ジュースはビュッフェで取るが、コーヒーは注文を聞きにくる。滞在中2回しか利用していないが、わりとすいていた。穴倉風で雰囲気は良い。

(宿泊客の客層) = もれ聞こえる会話から、ドイツ人やスペイン人がいた様子。
家族連れもあり。基本的に観光客の様子。東洋系は自分たち以外は見なかった。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。VISA使用。

(車椅子等の対応は?) = ところどころで2、3段程度の段差がある。リフトも狭いので、車椅子は難しそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = ツアーで泊まるような味気ないホテルは嫌だが、最高級ホテルは予算が届かない、という向きにはおすすめ。でも、部屋のグレードは上げておいたほうが無難かも。
 




 
 

(名前) ちゃちゃちゃの茶 様 (宿泊日) 2006年9月上旬
(個人評価) ◆(5点満点)

(泊数) = 1泊

(部屋) = デラックス・ダブル フランス式4階 
サン・ペール通りに面していて、サンジェルマン大通寄り。

 狭いの一言。部屋の備品と階でデラックスではなかったかと推測。
ベッドと椅子、壁の色調は雰囲気のいい部屋だが、昼間、窓を全開にして窓側にいても明るいとは感じなかった。夜はよく言えば落ち着ける明るさ。結構薄暗い。落ち着いた赤基調のため、余計暗く感じたのかも。

通りに面した部屋なので、窓からパリらしい風景は充分楽しめるが、通りからの車の騒音はかなり。窓が歪んでいてきっちりと閉まらない影響もあったと推測。

(部屋の家具・備品) = 部屋の大きさとは不釣合いのクィーンサイズのダブルベッド1。
クローゼットの横が棚になっていて最上段にセィフティボックスがあり。

ベッドの両サイドにナイトテーブル、アンティークな感じの椅子1、ベッドの向かい側の壁に薄型のテレビ1。

壁に作りつけのクローゼットがあるが、ナイトテーブルがすぐ横にあるため、クローゼットのアコーディオンドアが半分も開かない。使うときは、ハンガーを半分開いたドアの隙間から斜めに入れる。

(バスルーム) = シャワーカーテンではなくガラスの仕切り。
トイレは腰掛けるとガタついているので、使用感はとても悪い。水の流れは問題なし。

体を伸ばしてゆったり入れるバスタブ。ごく普通の清掃状態。室内が暗いため判断しづらい。
お湯はあまり熱いものが出なかった。ぬるくて寒いという程ではないが、熱いシャワーが好きな方は満足できないかもしれない。

(冷蔵庫) = 小さなものり

(エアコン、クーラー) = 普通の家庭用の小型クーラーがあり

(部屋について、その他) =ベッドが部屋のほとんどを占領していたので、ベッドの反対側に移動するためには壁とベッドの隙間をカニのように歩いていくか、上を通過するしかなかった。

(パブリックエリア) = レセプションの前にホテルのHPにあるバーのようなコーナー。とてもいい雰囲気。本を読みたいときはそこを利用するのがいいかもしれない。

(リフト) = 小さなものが1基。
畳半畳以下ぐらいのサイズで、スーツケースを持っていたら2名では無理。

(レセプション) = 女性スタッフは笑顔無しで淡々、対応がいいとは思えなかった。

男性スタッフは陽気で日本からの宿泊客の相手になれていると推測。簡単な挨拶と部屋の番号を日本語で言っていた。

(館内施設) = バーあり。

(スタッフ) = 女性のレセプションスタッフ以外の対応は感じがよかった。
レセプションスタッフは英語、フランス語の対応で、その他のスタッフはフランス語のみと推測。

(宿泊料) = プロモーション料金で229euroを165euroで。

(予約方法) = 個人で
ホテルのHPから直接予約。面倒なことは何もなかった。Eメールですぐに予約確認書が届き、そのメールをチェックインのときに提示した。

(アクセス) = モンパルナス駅が最寄駅、そこからタクシー利用で約10分。リヨン駅からは約20分。バス停はホテルから徒歩5分以内にいろいろとあり、どこに行くにも便利な場所。

(周辺の雰囲気) = 大通りのすぐ近くなので、人通りは多い。治安で不安になることはないと推測。
カフェなどもすぐ近くにあるのでむしろ遅い時間まで賑やか。

(選択基準) = 旅の最後を飾るホテルなので、慣れているサンジェルマンエリアに限定した。朝食をかなり重視しているので、ビュフェ朝食であること。程ほどに評判がいいこと。予算はこのエリアなりの高騰を加味して170euro以内とした。

(よかったこと) = 今回はなし。強いて言えば、パリらしい風景が窓から楽しめたこと。

(困ったこと) = トイレのガタツキと、バスルームの暗さ。どのホテルもバスルームは比較的明るいかったうえに、トイレがガタガタしたのも初めてだった。

窓がキッチリと閉まらないことも困った。いくら力を入れてもダメだった。2泊であれば部屋の変更をリクエストしたが、1泊で夜になって交渉するのも面倒で、そのまま使用。

近くの部屋(複数)のドアの開け閉めの音と振動にも、びっくりした。部屋のドアを開けると左右に隣室の部屋のドアがあり、同時にドアが開いたらどうなるのかと、ちょっとドキドキした。

(朝食) = パン数種類にジュース、フルーツとハム、チーズがあるような程度。カリカリベーコンと卵料理はなかった。コーヒーは各テーブルにポットでサービスされる。穴倉系で雰囲気はよかった。

(客層) = 年齢層は比較的高めで、欧米系の女性グループが多かった。ビジネス系の宿泊客は見かけなかった。

(支払い方法) = クレジットカードで。

(車椅子等の対応は?) =入口を入って階段があること、各フロアの通路とエレベータの狭さからして、車椅子は無理。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆

(他の方へのアドバイス) = ドアに229euroと書いてあったが、この部屋はその価値はなかった。
予約時にいろいろと細かくリクエストをしておいた方がよい。連泊するのであれば、水回りチェックと同時に窓の閉まり具合も確認を。
 



 
 
 

(名前) morocan style 様 (宿泊日) 2005年12月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数)   5泊

(部屋) デラックスツイン4泊、ジュニアスイート1泊

デラックスツイン:日本式4階 横道沿い

明るさはまあまあ。日中はいなかったので不満はなし。
天井には梁が見えて、アンティークな雰囲気。赤基調のかわいらしいインテリア。
広さは独りならOK。二人分のスーツケースを広げるスペースはなさそうなので、
連れが来た後ジュニアスイートに一泊30ユーロでアップグレードした。

ダブルベッド、机、サイドテーブル×2、テレビ、ミニ冷蔵庫、
エアコン、セイフティボックス、クローゼット。


ジュニアスイート:日本式6階 中庭側

十分すぎるほど広い。とても明るい。
青基調のインテリアで天蓋つきベッドがとても素敵。天井の梁はない。

天蓋つきダブルベッド(サイズ大)、机、超豪華な壁掛け鏡、サイドテーブル×2、肘掛椅子×2、ローテーブル、テレビ、ミニ冷蔵庫、
エアコン、セイフティボックス、クローゼット(大)、シャンデリア。


(バスルーム)
デラックスツイン:

広さは普通。お湯の出は問題なかった。清潔感がいまいち。浴槽近辺のタイルの溝のカビが多くて気になった。4泊したが、その間の掃除は今ひとつ。


ジュニアスイート:

ジャグジーつき。こちらは清潔感があった。カビも許容範囲。
どちらもアメニティは最小限。
石鹸とシャンプー、リンスくらい。歯ブラシやかみそりとかは無し。
 

(冷蔵庫) 両タイプの部屋とも冷蔵庫あり。水、炭酸飲料くらい。モノプリで買ったものを冷やしていた。

(エアコン、クーラー)暖房あり。クーラーは使用しておらず、不明。

(パブリックエリア)赤基調で、重厚な雰囲気。彫刻なども置いてあって、なかなか雰囲気あり。
プチホテルにしては、パブリックエリアが広い。

(リフト)あり。古くて小さい。二人と荷物でぎゅうぎゅう。

(レセプション)常時1名。カウンターも普通の大きさ。対応は普通に親切。

チェックインすると1泊30euroでアップグレードしないかとの話があった。それはとりあえず断ると、カギを渡されたので自分で部屋に行った。部屋を案内する人や荷物等は運ぶ人はいないらしく、荷物は自分で運んだ。

(館内施設) 朝食は地下の食堂で(ガラスの天井)。レセプションとパブリックスペースが少し段差があって区切られており、かなりゆったりした印象。

またそれとは別に会食用の部屋(?)もあったので、使うことはなかったが広く感じた。パブリックスペースにインターネットコーナー(有料)あり。

(スタッフ)とてもよい。年配の男性一人、若い女性二人、若い男性二人くらい。みな英語はできそう(すごく流暢というわけではない)。

最後の一泊をアップグレードした時も、空いてる二部屋を見て選ばせてくれたり、朝から部屋を使わせてくれるなど親切。

家族が翌朝早朝5時ごろ着く、と前夜話しておいたら、私がその時間にレセプションに降りていくと、
眠い目をこすりながら前夜話しておいた担当者が出てきて、ドアのロックを外してくれた。家族が着くまで二人でお菓子を食べながら、しばし世間話をしたりアットホームな対応だった。

(宿泊料)
デラックスツイン:95euro、
ジュニアスイート:145euro(デラックスツイン+30euroでアップグレード)

(予約方法)個人で
すぐに返事が来て、良い対応だった。バスタブ付の部屋希望としたところ、シングルの部屋にはバスタブはないという返事だった。

(アクセス) オペラ方面は95番バスが便利。一方通行なのでオペラからの戻りの時は、ホテルのすぐそばにバス停あり。サンジェルマン・デ・プレの駅には徒歩約4分。オルセー美術館には徒歩約10分。

観光するにはメトロよりもバスが便利な地域だったので、もっとバスをうまく使えればよかった。

(周辺の雰囲気) とても良かった。夜22時半くらいでも、女性一人で治安面で不安はなかった。
地元のたちが普通に暮らしている感じがあって、旅行者は目に入らず、朝は出勤していたり、夜には食事していたり。観光客をカモに狙ってる変な人は、全く見かけなかった。

近くのカフェはフロールやドゥ・マゴなど高くて、朝食をどこでとるか迷った。結局ビュシ通り近辺に気軽な店が多くて、ポール等に行っていた。

(選択基準)この値段でサンジェルマン至便でバスつきだったので。

(よかったこと)= 初めての一人滞在だったので、普通に事が運ぶだけで嬉しかった。

(客層) あまり見かけなかった。西洋系しか見なかった。スペイン語を話していた。

(支払い方法) クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) エントランスに4段くらいの段差あり。廊下やリフトもかなり狭い。無理ではないが、快適とはいえないと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) どちらともいえない

(他の方へのアドバイス) = プロモーション価格がかなり安いので、シーズンオフにはオススメです。

 



 
 
 

(名前) 青色の蝶々さん 様 (宿泊日) 2005年3月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数)  3泊

(部屋) デラックスツイン 日本式2階、窓側。窓から向かいのドレス屋が見えた。

スタンダードダブルで予約をしていたが、部屋が空いているとのことで+30euroでアップ グレードした。スタンダードを見せてもらうと、ダブルベッドにバスタブ無しの狭い部屋だったが、デラックスにするとバスタブ付き、ベッドも2つあって、部 屋の感じも広くてとてもよかった。

 椅子やベッドやクッションの柄がそろっていて、可愛い部屋。セイフティボックスが故障していたため、航空券やお金などはレセプションに預けた。

(バスルーム) お湯はちゃんと出た。バスタブは足が伸ばせるくらいの十分な広さ。トイレの水の流れが少し悪い。

(冷蔵庫) あり。買ってきたものを冷やせるスペースあり。

(エアコン、クーラー) あり。暖房はしっかりきいていた。夜も暖かかった。

(パブリックエリア) レセプションに彫刻がおいてあったり、可愛い雰囲気。朝食を食べるホールには天井窓があって、明るかった。

(リフト)あり。スーツケース2つ、2人でいっぱい。

(レセプション) 若い女性、年配の男性など交代制。英語可。帰国の日に、公共交通機関のストが行われ、かなりうろたえていたが、英語が通じて助かった。非常に親切にしてもらった。

(スタッフ) 日本語不可。

(宿泊料) 130euro 朝食込み
オフシーズンでネット予約なので正規の値段に比べて安かった。

(予約方法) 個人で

(アクセス)最寄りのメトロの駅サンジェルマン・デ・プレまで徒歩約5分。ルーヴル、オルセー美術館も徒歩10〜15分。サンジェルマン地区も歩いていけるので便利。

(周辺の雰囲気) 非常によかった。少し夜遅くになっても、安心。近くに郵便局あり。
また、大学も近くにあったのでカフェも多かった。

(選択基準)サンジェルマン地区であることと、値段。

(よかったこと) 初めてのパリで、この値段で、こんな素敵なプチホテルに泊まれたのは本当によかった。

(朝食) ビュッフェ。
クロワッサン、パン・オ・レザン、チーズ、ハム、ジャム、ヨーグルト、シリアルなど。

(客層) フランス人の女性5人組、英国人らしき夫婦2組など。

(支払い方法)クレジットカード可。VISAで支払い。

(子供連れでも場をこわさないか?) 別にokだと思う
 



 
 

(名前) りずママえーちゃん様 (宿泊日) 2002年6月下旬/7月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数) 5泊

(部屋) ジュニアスィート 3階 ジャグジィーバス付き

(宿泊費) 299ユーロ 朝食こみ (約34,400円)

(アクセス)  メトロ サンジェルマン・デ・プレ まで7〜10分
バス サンジェルマン・デプレ-ジャコブ停(ホテルの斜め前)
サンジェルマン通りまではすぐ。 オルセー美術館まで10分〜15分

(建物) エレベーターあり。でも小さい。スーツケース2個と2人で満員。

ジュニアスイートは、ジャグジーバス、テレビ、電話、冷蔵庫。テーブルとイス2個。大きな鏡。

トイレとバスは別。バスルームに洗面所あり。全44室。廊下は狭い。朝食の食堂はかわいかった。近くのレストランからの、ルームサービス(つまり出前ね)あり。

(サービス) 若い女性、男性、黒人の男性、おじいさん、が交替でレセプションにでていした。女性は元気で愛想良し。

出発前日、到着時間の電話(言いたい事を書いておいて、読みあげた)をしたが、聞いてくれたのはおじいさんで、感じが良かった。着いた時も待ってたよ、って言ってくれました。

(朝食) 日本人は泊まっていたみたい。(廊下で話す日本語が聞こえた)

朝食はビュッフェ形式。パン、ジャム、シリアル、フルーツ、ヨーグルト。飲み物は聞きにきてくれます。パンはバゲット、クロワッサン、チョコレートの入ったパン、アップルパイ。ホテルで焼いていて、焼きたてあつあつ、おいしかった。ルームサービスもOK。

(予約方法) 個人で
ネット pariserveから。メールとFAX。

(決め手) スーツケースが広げられる部屋の広さと、バスタブは絶対欲しかったので、スイートルームに。スイートはジャグジーバス付きだったので、バスタブは必ずあると考えました。

それと、場所。Chunさんだけでなく、他にも、2名からすすめられたのが、サンジェルマン・デ・プレだったのでぜひ泊まりたかった。それと娘の希望で、”プチホテルのかわいい部屋”という条件で探した。

(行く前) ネットで、pariserveの予約フォーマットからリクエスト。朝食つき 299ユーロの返事がメールできたので、VISAカードナンバーを送信。でも失敗。(予約確認書が4日待っても来なかったから)

改めてFAXにて、カードNo.を送信。すぐメールで予約確認書がきたものの、朝食付きと書いていなかった。メールで「正しいのを送って欲しい」と交渉。

一週間待っても返事がないので、ホテルにFAXで直接交渉。OKをもらい、ほっとしたのもつかの間、今度は pariserveから「予約を有効にするためにカードNoを送ってほしい」とメールあり。

??どうなってるの?いままでのやりとりを全部メールで送って説明するけれど、pariserveからは又「カードNo.を送って」の返事だけ。

私の初級フランス語ではもう説明がつかないので、でももう一度カードNoを送って二重予約も困るしで、県庁の国際交流センターにいるフランス人に、相談。フランス語でちゃんと手紙を書いてくれて、それをメールで送信。すべて解決。安心して出発できた。

(良かったこと) ジャグジー。バスタブにお湯をためて、体を横たえて肩までお湯につかり、足はジェットバスの刺激でマッサージ効果。足の疲れはこれでとれました。ホテルは静か。

朝食付きは良かったで朝から食べるものを求めて出て行かなくていいし、夜に、朝の食べ物を調達しなくてもいいから、楽でした。それにホテルのパンが美味しかったから。この地区には色んな店があって楽しめた。

(困ったこと) みなさんの言ってる通り、プチホテルは小さい。廊下は狭いし、リフトも小さい。

掃除の時、他の部屋のドアがあいていたので、のぞいたら、ベッド2つだけの狭い部屋。高かったけど、スイートにして良かった。

メトロまでちょっと遠かった。雨の日が多かったからかも


トップ > パリのホテル > 7区のホテル > リュ・デュ・バック北付近 > Hotel de l'Academie