トップ > パリのホテル > 1区のホテル > ポン・ヌフ付近 > Hotel de la Place du Louvre
19 Oct. 2003
25 Sept.2005 再調査
10 Jul.2011 リンク整理i
23 Jul. 2014 経験談追加
Hotel de la Place du Louvre★★★
オテル・ドゥ・ラ・プラス・デュ・ルーヴル
住所 21, rue des Pretres-Saint-Germain-l'Auxerrois 75001 Paris

RATPの地図 (交通機関乗り場いり)*
アクセス ルーヴル美術館より東に道一本隔てたところ。
メトロメトロ1号線Louvre Rivoli ルーヴル・リヴォリメトロ7号線Pont Neuf ポン・ヌフ
RERRER A線RER B線RER C線Chatelet
E-mail h
関連URL http://www.paris-hotel-place-du-louvre.com/

booking.comで Place du Louvre を探す・予約する

http://www.esprit-de-france.com/
2005年料金例
スタンダード・シングル 98 Euro
スタンダード・ダブル
132 Euro
スーペリア・ダブル 149 Euro
スタンダード・トリプル
167 Euro
朝食 11 ユーロ
クレジットカード Visa,AMEX,Master
設備 エアコンなし 


各部屋には マティス、モネ、ピカソなど画家の名をとっている。

Esprit de France 系列。


●ユーザの声




(名前) 白頭ぺんぎん (宿泊日) 2014年5月上旬
(個人評価) ◆◆(5点満点)


(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブルのシングルユース

(部屋の階&立地) = フランス式3階、ルーヴルのシュリー翼が見える部屋、
Classic Roomを指定した。

(部屋について(雰囲気など)) = 小さいスーツケースだけなので問題なし。
一人なので狭いとは感じなかった。ただ、二人だとちょっと窮屈かも。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、机、椅子2、湯沸かしポット、
紅茶、コーヒー、コップ2、シャープ製液晶TV、ミニバー。

ベッドは、シングルベッドを2つ並べたタイプ。

(バスルーム) = バスタブあり。固定でないシャワーあり。
最近改装されたのか綺麗。お湯は、量温度ともにしっかり出る。

バスソルトが、なぜか1、3泊目のみあった。

旅行中はシャワーのみで済ますことが多いが、今回は歩き疲れたこともあり、
お湯を張ってくつろげたのはよかった。

(冷蔵庫) =あり。有料の冷えた飲み物あり。
自分で買ってきたものを入れるスペースもある。冷凍庫はなし。

(エアコン、クーラー) =不明だが、 HPには「Air Conditioning」と記載あり。

(部屋について、その他) = 部屋の外は、道路を挟んで教会だったので、
外から覗かれることがなく安心。

(パブリックエリア) = ロビーの奥に、リビングのようなエリアあり。ただ、使っている人は一度も見なかった。朝食は地下。小さいホテルなのでこぢんまりしている。

(リフト) = 4人乗りとあったが、2人乗ったら、スーツケース2つは難しそう。
乗り込むとき、ずんと沈む感じがちょっと怖い。決して体重が重いわけではない。

(レセプション) = とてもよい。合計4人の担当にあたったが、全員非常に感じがよかった。

(スタッフ) = レセプションは英語可。朝食担当の女性も、英語でも通じる。

(宿泊料) = 160ユーロ/泊。朝食は別。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテル直営HPから。その後、予定の約2週刊前に、送迎手配の要否を問うメールがきた。また、そのメールに対して別の質問をしたところ、すぐに返事がきた。

(アクセス) = ルーヴル・リヴォリ駅から約3分、ポン・ヌフ駅から約5分。
ポン・ヌフを通る58番のバスで、モンパルナス駅に一本で行けるので、エールフランスバス4番利用に便利。

(ホテル周辺の雰囲気) = 静かだが、危ない感じはしないので、いいと思う。

(ホテルの選択基準) = 立地。中世の城壁の内側の地区に泊まりたかった。
他にも候補はあったが、ルーヴルが見える部屋を指定できたので、こちらにした。
料金もなんとか予算内だった。

(よかったこと) = 思った通り便利だった。また、ホテルの人は皆感じがよく嬉しかった。

(困ったこと) = 全くなし。

(朝食) = コンチネンタル式、15ユーロはちょっと高い。
だが最近は小食になったので、パン、チーズ、ハム、シリアル他、しっかり食べられて満足。

担当の女性の感じもよし。3日中2回食べたが、2日目は何も聞かずにカフェ・オ・レを持って来た。

部屋は、かつてルーヴルとつながっていた酒蔵だとか。次回泊まるときは、その辺り聞いてみようと思う。

(宿泊客の客層) = 欧米人しか見なかった。年配のカップル、若い男性二人組、若い女性二人組、など。英語を話す人が多かった気がする。

(支払い方法) = クレジットカード可。VISAで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 単独ではちょっと厳しいだろう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(他の方へのアドバイス) = ルーヴルの見える部屋かどうか、予約時に指定できる。見える部屋がお勧め。


 



トップ > パリのホテル > 1区のホテル > ポン・ヌフ付近 > Hotel de la Place du Louvre