トップ > ホテルの基礎知識 > ユース・節約旅行 > MIJE Maubuisson 
トップ > パリのホテル > 4区のホテル >  マリー橋付近 > MIJE Maubuisson 
 
ホステル (パリ4区)  MIJE Maubuisson モーブッソン 
12, Rue des Barres 75004 RATPの地図 (交通機関乗り場いり)

メトロメトロ St-Paul  と メトロPont Marieのあいだ
メトロChatelet Les Halles 

バス: 67 69 76  96 BAL

http://www.parisinfo.com/hebergements-hotels/2369/mije-maubuisson
http://www.mije.com/

1〜7ベッド

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ドミトリー フランス式4階

 白壁。二方向に大きな窓があり、明るく、清潔。毎日きちんと清掃されていた。部屋の中に螺旋階段があり、2階があった。単純な四角い部屋でなく、屋根の勾配を利用した面白い形だった。

 
 

窓からは、3種類の違う教会のような建物が見えて、とても雰囲気がいい。パリで見た中で一番落ち着く風景だった。


(部屋の家具・備品) = 机、椅子。ベッドは7つあり、配置は1人用スペース、2人用スペース、3人用スペースと一つの部屋の中でも独立した空間を作ってあって、とても良かった。部屋の形をうまく利用している。

(バスルーム) = 清潔。毎日排水溝まできちんと掃除してくれていた。お湯も出る。広さは1平方mくらい。
トイレは部屋の外。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫なし。

(エアコン、クーラー) = 8月上旬なのに毛布なしでは肌寒かったので、必要なかった。

(パブリックエリア) = 館内は、全体に白壁、黒い柱、備品を使用していて、落ち着いた明るさがあった。
コインを入れて使うPCは、よく壊れていて困った。

(リフト) = あり。大きなスーツケースを2つ持って入っても、余裕あるくらいの大きさ。

(レセプション) = とても良かった。フランス語の発音や、近くのスーパーやおすすめのパサージュなど、なんでも教えてくれた。5日間でとても仲良くなった。また会いたい。

(館内施設) = 公衆電話、自動販売機、ネット利用可のPC。

(スタッフ) = 昼間の担当スタッフは英語可。夜間のスタッフは英語があまりうまくなかった。日本語は「こんにちは。」程度。みんな感じが良かったので、気持ちよく滞在できた。

(宿泊料) = 29euro

(予約方法) = 個人で
着くのが夜22時頃だったので、前日にリコンファームが必要。ネット予約したところ、1日以内に返事が来た。

(アクセス) = 駅から徒歩約3分、スーパーから徒歩約3分、目の前は教会、セーヌ川へは徒歩約1分、ネットカフェへは徒歩約3分。

(周辺の雰囲気) = 夜間でも人通りがあり、安全。うるさすぎず、情緒があった。思い描いていたパリに一番近い。

(ホテルの選択基準) = 周囲の治安。

(よかったこと) = 部屋がとても良かった。パリで一番良かった場所の一つ。窓から見える風景はいつ見てもうっとりした。時間があれば、1日中部屋で本でも読んでいたかった。隣の教会の鐘の音が美しい。

(朝食) = バゲット、チョコチップパン、オレンジ・ジュース、バター、ジャム、コーヒーかココアかカフェ・オ・レ。
おいしかったので、飽きなかった。

(宿泊客の客層) = 若者中心。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 旅行初心者には、セキュリティやアクセスの良さ、周囲の治安、スーパーへの近さなど、不安材料が少ないのでよいと思う。日本と同じくらい清潔だった。
 

(2008年8月  五月こわざ 様)


(宿泊時期) = 2005年3月

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = 4人部屋ドミトリー

(部屋の階&立地) = フランス式2階

(部屋について(雰囲気など)) = 照明をつけないと暗い。広さは普通。中庭と
通りが見えた。

(部屋の家具・備品) = 2段ベッド、小さい机と椅子。

(バスルーム) = シャワのみ。お湯はたっぷり出る。綺麗だった。

(冷蔵庫) = なし

(エアコン、クーラー) = ヒーターあり。

(リフト) = あり。人が1人か2人+荷物が入るぐらい。

(レセプション) = フランス人ではなかったが、対応が良かった。

(スタッフ) = フランス語で話していたので英語可かどうかは不明。

(宿泊料) = MIJEの会員料含めて約29euro

(予約方法) = 個人で
 MIJEのHPに書かれていた番号に電話して予約。友人にかけてもらったので対応はわからない。

(ホテルへのアクセス) = メトロのHotel du villeまたはSt Paul駅。St Paulからは徒歩約10分。

(ホテル周辺の雰囲気) = 駅周辺はにぎやかだが、ホテルのある通りは昼間でも人がほとんどいない。
とはいえ、夜に1人で帰ったが危ないと感じる雰囲気ではなかった。

(ホテルの選択基準) = 4区のマレ地区にあったことと、ここでの評判が良かったから。

(よかったこと) = ショッピングには最適。マレ地区を思う存分楽しめた。スタッフがフレンドリー。水周りが清潔で気持ちが良かった。室内は静かでよく寝れた。

(困ったこと) = 地下にある自販機が壊れていた。

(宿泊客の客層) = ほとんど20代だったと思う。

(支払い方法) = クレジットカード不可。

(車椅子等の対応は?) = リフトがあるのでそんなには困らない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(シャルルドゥアルディ 様)


【宿泊時期】 = 2003年11月

【泊数】 = 2泊

【部屋のカテゴリ】 = ドミトリー(ベッド数4)

【部屋の階&立地】 = 日本式4階

【部屋について(雰囲気など)】 = ユースらしくない落ち着いた雰囲気。ベッドは二段ベッドでユースベッドだが、イスやアモワールは木だし、カーテンなどのセンスも良い。広さは十分。部屋から広場が見え、こちらもまた、雰囲気がいい。

【バスルーム】 = 部屋にシャワーと洗面台あり。トイレのみ部屋の外で、各階ひとつ。シャワーは真上にあり、熱いお湯が勢いよく出た。

【冷蔵庫】 = 無
【エアコン、クーラー】 = おそらく暖房設備のみ

【リフト】 = あり 2、3人でいっぱいになる狭いもの。

【レセプション】 = 若い女性で対応が良かった。

【スタッフ】 = 英語可。全体的に対応は良い。

【宿泊料】 = 2泊で56.5euro、MIJEの会員証料金含む。会員証は12月末までの有効期限。

【予約方法】 = 個人で

【予約方法、ホテル側の対応】 = 日本から予約フォームを送ったところ、メールが来た。
 
文字化けしていて、一週間前に電話で予約以外受付けない、と書いてあったことだけかろうじて読めた。
とりあえず一週間前はすでにアヴィニョンにいたので、アビニョンから電話。「その日は空いてるから来て下さい」という何とも分かりにくい返事だった。

結局、当日夜着いたが、予約はできていなかったよう。しかし問題なく泊まることはできた。

【アクセス】 = メトロHotel de ville からリヴォリ通りを東に。
市役所の手前の広場で右折、数段の階段を上って奥まったところにある。メトロ駅からは数分。

【周辺の雰囲気】 = 大通りからは少し入る。暗くて心配だったが、すぐ近くに警察があるので、安全だと心に言い聞かせて歩いた。実際人通りもあり、危険は感じなかった。マレ地区なので、散歩には最適。すぐ近くには教会もあり、素敵なショップもある。

【ホテルの選択基準】 = ユースなのに、場所と雰囲気が良さそうだったから。

【よかったこと】 = 部屋がまるでユースではない。1人、2人部屋もあるので、大人になっても(笑)
もう少しリッチな旅行をするようになってもここを使いたいと思った。

【困ったこと】 = 最初少し迷ってしまった。パリでは地図を開かないぞ!と気張っていたら。

【朝食】 = 朝食込み。
半分のフランスパンとバターとジャムと、オレンジジュース、ショコラかカフェか、紅茶

【宿泊客の客層】 = 同室は若者ばかり。たまに家族連れ

【支払い方法】 = 現金のみ

【子供向け?】 = 別にokだと思う

【コストパフォーマンス】 = 個人評価は◆◆◆◆◆
 

(HAL502様 2003年10月)
 

トップ > ホテルの基礎知識 > ユース・節約旅行 > MIJE Maubuisson
トップ > パリのホテル > 4区のホテル >  マリー橋付近 > MIJE Maubuisson