トップ > その他の地方 >  コートダジュール地方 > ニースのホテル > Q 東 マセナ以東 ラファイエット付近 
> Le  Vendome otel
 
 20 Jan./ 21 Feb.2010 / 22 Nov.2015 経験談追加
Le Vendome Hotel  ★★ → ★★★
ル・ヴァンドーム・オテル
住所 26, rue Pastorelli 06000 Nice
アクセス
E-mail
関連URL http://www.vendome-hotel-nice.com/
  booking.comで探す・予約する

appleworldで Vendome を探す・予約する

JTBで Vendome を探す・予約する
料金例

●ユーザの声

39(9)

 
 
 

(名前) Assomption卒業生 様  (宿泊日)2014年7月上旬
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)
 

(数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式3階。南側の通りに面している

(部屋について(雰囲気など)) = 広くはないが、スーツケースは何とか2個広げられた。
通りに面したベランダがあり、明るい。海は見えない。

(部屋の家具・備品) = 机、椅子、荷物置き、造り付けクローゼット、TV、
冷蔵庫、セーフティボックス。

湯沸しポットあり。無料のインスタントコーヒー、砂糖、ミルク、キャンディが用意されていた。

(バスルーム) = バスタブあり。清潔。ドライヤーは据え置き式。
お湯の出は問題なし。

シャンプー、シャワージェル、石鹸、プラスチックのコップ。

(冷蔵庫) = あり。中に飲み物がいろいろ入っていたが、水2本程度なら私物も入った。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。

(部屋について、その他) = Wifi無料

(パブリックエリア) = 19世紀の邸宅だったそうで、クラシックで優雅な雰囲気でとても素敵。

(リフト) = あり。2〜3人乗るといっぱい。

(レセプション) = バスは行先により発着所が異なるので、出かけるたび乗り場を聞いたが、地図を出してきて丁寧に教えてくれた。

鍵はカードキーなので預けなかった。

(館内施設) = 朝食室

(スタッフ) = 普通に挨拶

(宿泊料) = ツアー込み。基本プランに5,000円/泊/人を追加して、ランクアップ。
 
(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = チェックイン時、バウチャーを渡すのみ。

(ホテルへのアクセス) = マセナ高校前のバス停から、徒歩5分。
スーツケースを引いて歩くと、約10分。

トラムの停留所からも、ほぼ同じ距離。2ブロックくらいか。旧市街、海岸にも歩いて行けて、とても便利。

(周辺の雰囲気) = 繁華街からは少し離れているが、寂しいとか、危険ということはない。

(選択基準) = 最初海岸沿いのホテルを考えたが、バカンスシーズンに入って宿泊料金が上がっていた。コストパフォーマンス、立地、治安や代理店のアドバイスなど総合的に判断して決めた。

(よかったこと) = 立地がよく、どこに行くにも便利だった。こぢんまりしていて、居心地よく落ち着けた。

(困ったこと) = セーフティボックスの扉がゆがんでいてきちんと閉まらず、使えなかった。

(朝食) = パン数種、ジュース2種、チーズ類、ハム、ソーセージ、シリアル、ヨーグルト、フルーツ角切りなど、普通のビュッフェ。

温かいものはスクランブルエッグ、ベーコン、ソーセージ。
コーヒー、紅茶は各自淹れる。

(宿泊客の客層) = 欧米人、日本人の中高年カップル

(車椅子等の対応は?) = 段差があるし、リフト、客室が狭いので難しいと思う

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ニースのホテル選びは、シービューと料金の兼ね合いだと思う。

今回は海の見えないホテルだったが、毎日浜辺のカフェでのんびりしたり、
朝夕海岸通りを散歩したので、十分ニース滞在を楽しんだつもり。


 









(名前)  まるるブランリー  (宿泊日)2010年1月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ROHで予約。ダブルのシングルユースだった。バスタブを希望したからか。

(部屋の階&立地) = フランス式5階

明るい。ベランダに簡易テーブルと椅子あり。ビューは南仏特有の家屋が立ち並んできれいだが、
目の前の家の中が見えるからあまり外は出なかった。スーツケースはベッド横に広げることができた。

(部屋の家具・備品) = ベッドサイドテーブル、書き物机、椅子1、小卓1

(バスルーム) = バスタブの広さとお湯の出具合は充分。洗面台との仕切はガラスで、蝶番で動く。
ドライヤーは備え付け。フラゴナールのバスジェルがあって、それが使い心地よかった。毎日きちんと掃除してもらえた。

(冷蔵庫) = 小さい冷蔵庫あり。ワインとペリエ、ジュース、ビールの缶が各4本ずつ入っていた。

使用したら精算時に申告する。空いてるスペースに私物を入れても可。

(エアコン、クーラー) = ヒーターは1日目はきちんと効いていたが、2日目に故障があって効かなかったため、申し出たら代わりのヒーターを貸してくれた。3日めにはきっちり直っていた。

(パブリックエリア) = 落ち着いた雰囲気。新聞は持ち出し自由。

(リフト) = あり。余裕を持って乗るなら、大人3人まで。

(レセプション) = 入口入ってすぐ左手。日中は2人、夜間は1人で対応。英語OK。

(館内施設) = 朝食時のみ奥の専用スペース開放。朝7時から

(スタッフ) = どの人も気持ちの良い応対で、2日目にヒーターが故障したときも迅速に対応してくれた。

(宿泊料) = 7,100円

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = アップルワールドで予約。ホテルとの直接事前応対はなし

(アクセス) = 長距離バスターミナル(Gare Routiere)から徒歩10分以内。トラムの停車場も徒歩5分。
国鉄駅まではトラムで5分以内。徒歩15分程度。

各観光地までのアクセスも良好。

(周辺の雰囲気) = シーズンオフのためもあるだろうが、まったく問題なし。そこそこ人通りもあるが、騒音や路上で騒ぐ人もなかった。ダンス学校が隣接していて、そこからの音楽が聞こえる日もあったが、BGMと思えば気にならなかった。

土曜、朝7時前にバス停へ向かったときは、無人でやや緊張した。

(選択基準) = 本誌を参考にして、治安と交通の便の良さで選択。

(よかったこと) = パリからの飛行機が6時間遅れて、電話もできず19時過ぎに到着したが、予約解除されずにこやかに対応してくれた。

(困ったこと) = 2日目にヒーターが故障して、一緒にコンセントも使えなくなった。生きていた冷蔵庫のコンセントを外して、ホテルの備品ヒーターを借りて、使用。

パリほど寒くはなかったし、スタッフの対応も迅速だったので、困ったのは30分くらいだが。翌日には問題なく直っていた。

(朝食) = パン、スクランブルエッグ、チーズ、ハムやベーコン、バターやジャム、スプレッドなどセルフサービスで、どれもおいしかった。

カフェやお茶、ミルク、ジュース、ヨーグルトなどもあり。前日までに部屋にある専用表示に希望を記入してドアノブに掛けておけば、部屋まで運んでもらえる。

最終日は7時前に出発したので食べられず。

(宿泊客の客層) = シーズンオフだからか、フランス人の旅行客やビジネス客が主体。

(支払い方法) = アップルワールドで予約時カード決済だったが、レセプションでの使用は可。

(車椅子等の対応は?) = 入口に階段が数段あるので、あまりおすすめできない。
事前に言えば多分、レセプションは手伝ってくれそうだが。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

 




 
 
 

(名前)  お茶の子栗鼠 様  (宿泊日)2009年10月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル フランス式2階 明るくはないが、清潔感あり。

(部屋の家具・備品) = テーブル。セイフティーボックスには鍵が置かれておらず、レセプションで借りるシステムのようだった。

(バスルーム) = シャワーのみ。清潔でお湯の量も問題なし。フラゴナールのとても香りの良い石鹸類と、ホテルチェーン独自のジェルソープ等。

(冷蔵庫) = あり。各種ドリンク。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = 隣室の話し声が少し聞こえたが、それ程気にならなかった。

(リフト) = あり。

(レセプション) = 男性2名に会ったが、穏やかで優しい対応。チェックイン時にニース中心部の地図をくれ、ホテルの位置に印を付けてくれた。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 朝食込み 8,000円。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = アップルワールドのWebから。早期予約割引やリピーター割引もあってお得。

(アクセス) = 長距離バスターミナルから徒歩10分。地図があれば分かりやすい場所。

(周辺の雰囲気) = 夜は人通りが少なかったが、危険な感じはしなかった。

(選択基準) = 長距離バスターミナルから比較的近く、料金も手頃だった。本誌の経験談評価も良かった。

(困ったこと) = 早朝散歩に行こうとしたら、ホテル入口の門が閉まっていた。
レセプションの人が出てきて「鍵は開いてるよ。」と教えてくれたので問題なかった。

(朝食) = 朝食は7:00から。部屋でとりたい場合は、部屋にある所定のフォームに時間などを記入しドアに掛けておけばよい。指定時間ぴったりに女性が届けてくれた。

パン4種、ヨーグルト、フルーツサラダ。オレンジジュース、カフェ・オ・レなど。
ジャムは瓶の可愛いボンヌママン。

(支払い方法) = アップルワールドのバウチャー。

(車椅子等の対応は?) = ホテル入口に階段があるが、レセプションの人の手助けを借りれば大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

 



 
 
 
 

(名前)  それってつまりカボチャの煮物 様  (宿泊日)2009年6月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = 予約時はシングル。当日はダブルのシングルユース。 フランス式4階。

部屋は清潔だし、明るい。眺めは、工事中の建物。
昼間は上半身裸の、働き者のニース人が屋根の上で仕事をしている姿が拝めた。

(部屋の家具・備品) = ドライヤー、ミニ冷蔵庫、カラーテレビ、金庫

(バスルーム) = とても清潔。お湯もきちんとでるし、きちんと流れた。

広さは、普通。初日、フラゴナールの小さな石鹸が置いてあった。

(冷蔵庫) = ミニ冷蔵庫あり。ミネラルウオーター、コーラ等、確か4種類ほどの飲み物が、各4本ずつ。

(エアコン、クーラー) = あり。

(パブリックエリア) = 館内はとても落ち着いていて、とてもいい雰囲気。過ごしやすい。

(リフト) = あり。やや狭い。

(レセプション) = とても親切。いつ行っても笑顔で迎えてくれた。チェックイン時には、ニースの簡単な地図を渡してくれた。しかも、ただ渡すのではなく、ホテルの場所と、ニースの見所(旧市街)を記して、
位置関係が把握しやすいようにしてくれた。

(館内施設) = 誰でも利用可能と思われる、小さなテラス。レセプションのすぐ横あたり。テーブルと椅子があり、いろんな人が、しょっちゅう集まっていた。

(スタッフ) = とても親切。英語対応、可。日本語がわかる男性スタッフもいた。彼は以前、京都に住んでいたようで、日本語がうまかった。が、常駐しているわけではなさそう。チェックアウトする日に初めて会った。

(宿泊料) = 約12,000円

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = 空の旅社に、ホテルと航空券の予約を依頼。担当者が、とても親切だった。
対応も迅速で、安心できた。

(アクセス) = バスターミナルへは徒歩約10分。ただし、ニース国鉄駅へは遠い。

(周辺の雰囲気) = 周辺は、娼館など怪しい感じのものがなかったので、比較的落ち着いていて、安全だった。

(選択基準) = 女性一人旅なので、安全重視、ということを代理店に相談したら、ここを紹介された。

(よかったこと) = とにかく安全。女性一人でも、安心して泊まることができた。しかも清潔で、スタッフがとても優しい。それだけで、旅の半分は成功したと思う。

(朝食) = 朝食は7時から。美味しかった。特にパンがとても美味しかった。

(宿泊客の客層) = ほとんど欧米人。アジア人には会わなかった。

(支払い方法) = 日本で、代理店に振り込み。

(車椅子等の対応は?) = 大丈夫だと思うが、まず、ホテルに入る前に、階段があるので、それが大変だと思う。あらかじめ、レセプションに連絡しておくのもいい。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = ホテルが海から離れているので、オーシャンビューを期待している人にはお薦めできない。女性一人旅や、部屋からの景色に全くこだわらない人には、薦められる。

買い物がたくさんできるジャンメドゥサン通りには、徒歩10分弱。買い物しては、荷物をホテルに置きに帰った。ついでにトイレも済ませていた。便利だった。
 



 
 
 

(名前)   my-bijou 様  (宿泊日)2008年10月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = シングル フランス式5階

 日差しがある日は、まぶしいほど明るく暖かい。広さはシングルなので狭し。
大きなスーツケースだと、広げるのに苦労するかも。

バルコニーにテーブルと椅子あり。前が工事中だったのでしなかったが、ここで朝食(無料で部屋に運んでくれる)を摂るといいと思う。

(部屋の家具・備品) = 冷蔵庫、テーブルと椅子、テレビ。クローゼット内にセーフティ・ボックス。
鍵をレセプションで渡され、チェックアウト時に返却するシステム。紛失すると、お金を取られるそうだ。

(バスルーム) = バスタブ付き。清潔感、広さなど満足できた。シャワーカーテンではなく、ガラスの板で区切るタイプ。

フラゴナールの石鹸とバスジェルあり。ただし一泊目だけで、追加はなかった。
ドライヤーあり。

(冷蔵庫) = あり。ミネラルウォーター(1本2euro)とビールのみ。スナック類はなかった。プラスチックのコップとともに、飴が置いてあった。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = とにかく、部屋に入る鍵で苦労した。尤も、私はホテルの鍵が、往々にして苦手なのだが。カードキーで、グリーンライトが付いたらカードを取り、ノブを回す。重いのか、コツが要ると思う。
あまりに開かないので、一度レセプションの女性に助けを求めたら、
彼女はスムーズに開けていた。

(パブリックエリア) = その開かないドアは重厚感のある木製で、見た目にはいい感じだった。

(リフト) = あり。

(レセプション) = 素敵な女性と若い女性の3人、合計4人にあった。どの人もとても感じがよい。

鍵のことで助けを求めた時も、嫌な顔ひとつせず、すぐに一緒に来てくれた。チェックアウト時に女性の夫らしき人に会ったが、日本にいたことがあるそうで、日本語がペラペラだった(でもホテル勤務ではないかも)。

(館内施設) = ロビーがあり、新聞など読めるようだ。

(スタッフ) = 皆、英語は堪能。鍵の件は、英語でやりとりした。チェックイン時、女性につたないフランス語で話しかけると英語がいいかフランス語の方がいいか、と確認してくれた。

(宿泊料) = 160euro/2泊。税は後払い。

(予約方法) = 個人で。
最初はホテルの直営HPから。その後日程を変えたりしたため、ホテルチェーンの本部(スイス)と
直接メールでやりとりした。このメールも迅速で感じがよかった。

(周辺の雰囲気) = メインの通りから少し入る。怖い感じはしなかったが、特に雰囲気がいいというわけではない、といったエリア。

(選択基準) = 値段。

(よかったこと) = とにかく、スタッフの感じがよかった。一人旅でちょっと疲れ気味だったため、部屋で朝食が無料で摂れたこともよかった。

(困ったこと) = やはりドアの鍵。

(朝食) = 頼むと、部屋に女性が運んできてくれる。クロワッサンやカフェ・オ・レは、美味しかった。

(宿泊客の客層) = 欧米系、少し年齢高め。

(支払い方法) = クレジットカードで払った。

(車椅子等の対応は?) = 建物入り口に、段差が少しある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。
 



 
 
 

(名前)  ブルブルビウ 様  (宿泊日)2008年2月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) =ツイン、メゾネット式(下の階にソファベッド、上の階にダブルベッド)
 日本式2階。南側の窓から見える通り向かいの建物が、取り壊し中。

角部屋のため、窓が2面あり明るい。

メゾネット式のため、上り下りが少々不便なところもあるが、上下に別れて2名で利用すれば、スーツケースを十分広げられる。

ファブリックが可愛い、青の色調でまとめられている。バスルームの天井など古びた感じはあるが、そんなに気にはならない。

(部屋の家具・備品) = 1階に冷蔵庫、テレビ、移動できるテーブル、椅子、ソファアベッド、クローゼット(棚3段のみ)、スーツケースを置ける折りたたみ椅子、セーフティボックス(鍵をレセプションで借りる方式、保証金など必要なし)。

2階にダブルベッド、電話、コートをかけられるクローゼット(ハンガーつき)、棚。棚の中に、予備の枕と毛布。

(バスルーム) = 1階のバスルームにはバスタブ、洗面台、トイレ、備え付けのドライヤー、
フラゴナールの石鹸・バスジェル、プラスチックのコップ、タオル・バスタオル2名分、ティッシュボックス、靴クリーナー。少々狭め。熱気がこもりやすい。お湯の出は十分。

2階のバスルームには、シャワー(カーテンつき)、洗面台、トイレ、フラゴナールの石鹸・バスジェル、プラスチックのコップ、タオルバスタオル2名分、ティッシュ、靴クリーナー。
天井隅に穴があった。

(冷蔵庫) = あり。ミネラルウォーター、ビール、ソフトドリンクがぎっしり入っている。

(エアコン、クーラー) = 1・2階とも温度調節できるスイッチあり。

(部屋について、その他) = 部屋の入口は少し変わったスタイル。まず廊下に面して大きな扉があり、そこを入ると左右にまたドアがあり、別々の部屋番号になっている。

(パブリックエリア) = レセプション前にバーがあるが、ソファなどは少なめ。上の階にあがる螺旋階段がきれい。

(リフト) = あり。

(レセプション) = 男性2名、女性2名が交替で応対。ほとんど1名で業務をこなしているので、チェックアウト時など少し待たされることもある。

(館内施設) = バー、朝食室。

(スタッフ) = レセプションの女性スタッフは、いつも笑顔でとても感じがよい。

(宿泊料) = 10,000円(朝食付き)。この部屋の通常料金は163euro。

(予約方法) = 個人で。
オクトパスから。このサイトからだけ、ツインのタイプを予約できた。

(アクセス) = Nice Ville駅から重いスーツケースを持って、徒歩約20分。段差も多く遠く感じた。
98番空港行きバスの乗り場、Station JC Bermondバス停へは徒歩10分。

(周辺の雰囲気) = 表通りから3本入っているが、怖い雰囲気はない。

(選択基準) = 立地、価格。部屋にバスタブ・冷蔵庫があること。

(よかったこと) = メゾネットタイプの部屋だったこと。上下の階それぞれに洗面台、トイレがあるので、友人との利用にとっても便利だった。

(困ったこと) = ホテルに着いて、玄関からロビーへ向かう階段。スーツケースを持ち上げながら登らないといけない。

宿泊客が多いとスーツケースも通らないほど、玄関から門までが車でぎっしり埋め尽くされている。
レセプションへ事情を言うと、スタッフの女性が荷物を持ち上げに来てくれた。

(朝食) = コーヒーはカフェ・オ・レ、カプチーノなど、サーバーから取る方式。ジュースは、オレンジジュース・リンゴジュースをサーバーから。

パン各種、ハム、サラミ、チーズ2種(エメンタール、マリボー)、シリアル、
ヨーグルト、フルーツサラダ。

(宿泊客の客層) = 欧米客が多そうだったが、アジア系の団体客(15名くらい)の姿も見かけた。

(支払い方法) = インターネット予約時に、全額クレジットカードで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 玄関の階段は車椅子は難しそう。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う。

(他の方へのアドバイス) = この価格でならおすすめ。
 



 
 
 
 

(名前)  カエル@トカゲ村 様  (宿泊日)2007年5月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)
 

(泊数) = 3泊

(部屋) = トリプル(2人で使用) フランス式1階、107号室。

窓から光が、充分に入って明るい。低層階なので、見えるのは目の前の建物だけだが、
通りから少し奥まった場所に建っているので、圧迫感はまったくなし。

ホテルの周りに木が植えられていて、緑が美しい。

(部屋の家具・備品) = 長細い部屋に、ベッドが3つ並んでいる。
大き目のクローゼット、椅子、机、テレビ、金庫。

金庫はレセプションに30euroの保証金を預け、鍵を貸してもらう仕組み。チェックアウトの時に、お金は返ってくる。

(バスルーム) = 淡いブルーと白の壁で、とても清潔感があった。洗面台が広い。

浴室暖房、バスタブ、バスタオル、フェイスタオル、フラゴナールの石鹸、シャワージェル、靴磨きクロス、ティッシュ、ドライヤー、コップ。

(冷蔵庫) = あり。ミネラルウォーターやコーラ、スナックなど。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = 隣の部屋の音などはまったく聞こえず、とても静か。テレビに天気予報専門チャンネルがあって、大変便利だった。

(パブリックエリア) = 所々にかわいらしいソファやテーブルが置いてあって、優雅な雰囲気。

(リフト) = あり。

(レセプション) = みなとても穏やかで、にこやか。歓迎してくれていることが、伝わってくるような対応。
一度、間違えて他の部屋の鍵を渡されたことがあったが、すぐに謝罪の言葉とともに対応してくれた。

(館内施設) = レセプションの脇には、スーツケースを預かってくれるスペースあり。
スタッフが鍵を掛けるので安心。

(スタッフ) = 対応は良し。感じが悪い人は見かけなかった。

(宿泊料) = ツアー代金に含まれていた。部屋には155euroと書かれていた。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(決まった時期、もらえた情報) = ツアー予約からほどなくして決定。
簡単な地図とパンフレットをもらった。

(アクセス) = 空港からの98番バスに乗り、Station JC Bermondで下車。
そこから徒歩約5分。バスターミナルまで約10分。

(周辺の雰囲気) = 適度に人通りがあり、治安は悪くない。夜も静か。

(選択基準) = バスターミナルに近いこと。

(よかったこと) = ホテル全体に清潔感があり、雰囲気もあり、部屋はとても静かだったこと。
フラゴナールの石鹸の香りも良かった。

(朝食) = パン各種、ハム2種、チーズ、シリアル、ヨーグルト、コーヒーやお湯が出るマシン、紅茶ティーバッグ数種、オレンジジュース、トロピカルジュース、フルーツサラダ、などなど。
みな美味しく、充実していた。

(宿泊客の客層) = 欧米の旅行客が大半。特に英語圏の人が多かった。

(車椅子等の対応は?) = ホテル入り口に、かなりの段数がある。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

 



 
 
 

(名前)  lovemiffy32 様  (宿泊日) 2007年7月上旬
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数) = 4泊

(部屋) = シングル フランス式2階。
夜は暗いと思っていたが、昼間は明るい。多分、照明が暗いのだと思う。
大きめのスーツケースを完全に広げることはできなかった。

目の前の建物を取り壊しているところだったので、美しくはない。
古いが、かわいらしく見えなくもない。

(部屋の家具・備品) = 家具は古い。ベッドは大きめ。不潔な感じではないので、耐えられる。

(バスルーム) = 清潔。割と広いと思う。
フラゴナールの石鹸2、バスジェル2、靴磨き2 シャンプーはない。

シャワー可動式でお湯の量は少なめ。お湯の温度調節は難しかった。温度を調整しようとしても、熱いお湯しか出なかった。

トイレは前にビデがあり、座りにくかった。

(冷蔵庫) = ミネラルウォーターなどが入っていた。自分で買ってきた、ミネラルウォーター、ワイン、惣菜などは何とか入れることができた。

(エアコン、クーラー) = あったが、丁度良い気候だったので一度も使用しなかった。

(部屋について、その他) = 部屋でインターネット使用可能。ノートPCに部屋についている、モデムのケーブルを挿して、ブラウザのメニューから部屋番号を入力すると、課金される仕組み。
1時間8euro、24時間13euro。

(パブリックエリア) = かわいらしい。

(リフト) = エレベータあり。約3人乗れる感じ。

(レセプション) = 私が日中よく頼みごとをしていたラテン系の男性は、愛想が悪かった。いくつか頼みごとをしたいのに、1つ頼んだ後で何か言おうとすると、「まだあるの」的な顔をしていた。

(館内施設) = 部屋があって、そこでくつろいでいる人がいたと思う。

(スタッフ) = レセプションは、英語が通じる。

(宿泊料) = 13,600円、朝食付。

(予約方法) = 個人で
アップルワールドから。送られてきたバウチャーをホテルに出すことで、簡単にチェックインできた。

(アクセス) = 歩くのが遅い女性の足で、旧市街徒歩10分、海へは徒歩10分、駅まで徒歩15分、空港行きバス停徒歩5分(スーツケースあり)長距離バスターミナルへ徒歩10分。

(周辺の雰囲気) = 特に危険な感じはなかった。
女性1人でも、明るいうちであれば大丈夫だと思う。

(選択基準) = アクセスの良さ、朝食付、値段。

(よかったこと) = 海、旧市街、駅、バス停、どこへ行くにも便利。

(朝食) = 大満足。
コーヒー、カフェオレ、エスプレッソ等を自動サーバ機から取るが、おいしかった。ジュースは、オレンジとリンゴの2種類。自動サーバ機から。リンゴは薄味だった。

小型バゲット、田舎パン、クロワッサン、パンオレザン、パンオショコラ等。バターはプレジデント。クロワッサンがおいしかった。

ハム、チーズ、サラミ。どれもおいしかった。ヨーグルトは常に3、4種類。
シリアルがあったが、食べていない。他にはフルーツポンチがあった。

大体自分の他に、2組程度他の人達がいた。

(宿泊客の客層) = 中年欧米人夫婦、中年欧米人女性2人組、欧米人家族連れ(子供は中高生ぐらい)、日本人夫婦を見かけた。

(支払い方法) = 現金で払った。

(車椅子等の対応は?) = 風呂が高い位置にあるので、厳しいかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = 建物が古いのが嫌でなければ、清潔だし、朝食はおいしいし、安いし、
アクセスも良いので、いいホテルだと思う。
 



 
 
 

(名前)  maison violette 様  (宿泊日) 2005年1月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(泊数) 2泊

(部屋)スーペリア・シングル  日本式6階 通りに面した側

バルコニー付きで窓が大きいので、明るい。広さは普通。左手奥に城が見える。夜景が幻想的だった。
海は少し見えるが、海岸線は全く見えない。

セミダブルくらいのベッド、机、椅子2脚、クローゼット、テレビ、金庫、予備の枕と毛布が各1。
バルコニーに、プラスチック製の机と椅子が1組。ブルーのじゅうたん、ブルーとベージュのベッドカバーとカーテン、オフホワイトの壁。

清潔感には問題ないが、家具は少し古びた感じ。

(バスルーム)バスタブ、トイレ、石鹸、バスジェル、使い捨てのプラスチックのコップ、ドライヤー、ティッシュ、靴クリーナー。ブルーグレーとオフホワイトのタイルで、清潔。広さは普通。お湯の出は問題がない。

(エアコン)あり

(冷蔵庫)あり。ピール、シャンパン、コーラ、ミネラルウォーターなど。

(宿泊費)  61.90euro (滞在税込み)

(パブリックエリア)ベル・エポック風の外観に内装、という言葉にひかれて宿泊を決めた。特に豪華ではないが、鉄細工の美しいバルコニーや階段、パステル調の内装が心地良い。
 

(リフト)あり 5人乗りが1基。

(館内施設)バー

(レセプション)対応は普通。特に問題はない。

(スタッフ)英語は問題なく通じる。対応は普通。

(客層) 他の客には一人も会わなかった。

(予約方法) 個人で
ホテルのサイトから予約フォームを使って。その後メールでの対応は、迅速・丁寧だった。

(決め手) バスタブがあること。ニース・ヴィル駅とバスターミナルから徒歩圏内。

(アクセス)SNCFのニース・ヴィル駅から徒歩18分。バスターミナルから徒歩12分。しかしニース・ヴィル駅からは、思っていたよりも時間がかかった。

(周辺の雰囲気) 通りにホテルが何軒か、商店もわりとあるが、人通りはあまり多くない。危険な感じは全くない。

(支払い)各種クレジットカードとアメックスのT/CはOK。

(車椅子などの対応は?)入り口に階段、リフトもあまり大きくないので、車椅子の方には向かないでしょう。

(子供連れでも場をこわさないか?)別にokだと思う
 



 
 
 
 
 
 
トップ > その他の地方 >  コートダジュール地方 >  ニースのホテル > Q 東 マセナ以東 ラファイエット付近 
>  Le  Vendome Hotel