トップ > 他国 > ミラノのホテル > Hotel Manzoni 
 
 2 Jun.2010 経験談追加
Hotel Manzoni ★★★★
住所 Via Santo Spirito 20, 20121 Milano, Italy
アクセス
E-mail
関連URL http://www.hotelmanzoni.com/(直営HP)
料金例


 

●ユーザの声

 
 

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = クラシック・ダブル

(部屋の階&立地) = 日本式3階。車、人通りの少ない狭い路地に面した部屋で、小さくて狭いバルコニー有り。

(部屋について(雰囲気など)) = 車、人通りの少ない狭い路地に面した部屋で、小さくて狭いバルコニー有り。二重窓で、外の音は聞こえない。遮光カーテン付き。廊下の奥の部屋で、静か。

濃茶を基調としたクラシックな感じで、ダウンライト、テーブルランプ等で照度は十分。

床は、寄せ木風のフローリング。

外の音は聞こえないが、かえって、エアコンの音がうるさく感じる。

(部屋の家具・備品) = 共用廊下からドアを開けると左側にバスルーム、右側に表面、鏡のクローゼット、
机、椅子2。

テーブルランプ、ベッドサイドにランプ。壁付けにソニーの薄型テレビ。

(バスルーム) = ガラスの仕切り板が付いたバスタブ、ハンドシャワー(オシャレ)、
バスタブ上部に大きなシャワーヘッド。

ビデ、洗面ボールは1つ、椅子、タオルヒーター有り。

化粧用拡大鏡、ドライヤー。

歯磨き用のグラスがプラスティックなのはいただけない。

コットン、爪ヤスリ、ティシュ、綿棒、靴磨き用の布、
シャワーキャップ。タオルヒーター有り。

バスタブは人工大理石か? 縦長でかなり大きい。

(冷蔵庫) = 有り。ドリンク、アルコール冷蔵庫の上にスナックとグラス。冷蔵庫は買ってきた物を入れるスペースはある。

(エアコン、クーラー) = エアコン有り。天井に吹き出し口、温度調整は壁にコントローラーがある。
部屋が狭いため、良く効いた。

(部屋について、その他) = 家具のサイズが大きめなのと、配置の関係でスーツケースを床に広げるとしたら、1個分のスペースしかない。ただ、天井が高いので圧迫感はない。ホテルHPの写真にあったデザインの部屋。

(パブリックエリア) = スパはメンテナンス中で、使用不可。ジムは使えた。狭い車寄せがある。

レセプションは些か小ぶりで男性3人対応。ドアマン、ベルボーイ常駐。タクシーが車寄せに入ろうとしなかったが、ドアマンがすぐ気がついて飛んできた。内部共用廊下に監視カメラ、部屋には煙感知器あり。スプリンクラーは設置されていない。

(リフト) =1基。あまり大きくない。

(レセプション) = 男性4人ほどが交代。分かりやすい英語を話すスタッフが多い。

(館内施設) = ジム、スパ(冬期メンテナンス中)レストラン 冬なので使われていないが、
パティオがあって、そこでお茶も飲めるようだ。

(スタッフ) = 中年男性が丁寧で、キビキビとした対応。日本語は使用しなかった。「パスポートのコピーを取ってよろしいでしょうか?」と丁寧にきいてから、コピーを取った。一部スタッフは英語不可。

(宿泊料) = 

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = エクスペディアのwebから手配。ホテルへ再確認のメールを送った。こちらのリクエスト(バスタブ付き、喫煙室)を伝えた。即、返信があった。

ホテルの公式サイトには特に記述がなかったが、booking.comでは「全室禁煙」になっていて、
喫煙室の選択が出来ない。エクスペディアではホテルデータと食い違う記述もあったが、「喫煙室」の選択は可能だったので、予約。

ホテルからのリコンファームメールにも、「全室禁煙」というメッセージは無かった。

直営HPには ホテルへリコンファームのメールを直接送信。こちらのリクエスト(バスタブ付き、喫煙室)を伝えた。即返信があった。

直営HPには特に記述がなかったが、booking.comでは「全室禁煙」になっていて、喫煙室の選択が出来ない。エクスペディアではホテルデータと食い違う記述もあったが、
「喫煙室」の選択は可能だったので、予約。

ホテルからのリコンファームメールにも、「全室禁煙」というメッセージは無かった。
オフィシャルページには予約時点ではなかった、喫煙室有りの表記が加わった様だ。

(ホテルへのアクセス) = ミラノ中央駅からタクシーで10ユーロ以内(スーツケースのチップ含む)
ドゥオーモ、スカラ座、エマニュエル2世ガレリア、リナシェンテも徒歩圏。トラムからも徒歩5分

(ホテル周辺の雰囲気) = ショッピング街のど真ん中。ドゥオーモ、スカラ座までは徒歩可。
近くにトラム、地下鉄の駅あり。困るのはスーパーが近くにない。不穏な雰囲気はないが、夜の路地は人けがない。

(ホテルの選択基準) = 立地、料金

(よかったこと) = ネット接続はレセプションでパスワードを貰う。比較的速い。

(困ったこと) = 鍵がカード式ではなく、重い金属製。毎回預けるのがいささか煩わしい。

最初は部屋にスリッパが無かったが、3日目にバスルームに置いてあった。置いておくのを忘れていたようだった。

廊下の各所にセキュリティのためか監視カメラが設置されていた。

(朝食) = ビュッフェ式。20ユーロ
一階奥に朝食室。席に着くとすぐ飲み物を聞きに来る。
紅茶は、ポットに熱いお湯、ティーバッグを10個ぐらい入れたケースを持ってきて、自分で選択して入れる。熱いミルクも頼める。

テーブルにメニューがあって、卵料理、ハム、ベーコン等は別注文。
ビュッフェの料金に込みで、別料金は発生しない。

甘い粉物系。(ケーキ、甘いパン)多数。袋入りのクラッカー風スナック多数、フルーツ、プルーン、
ヨーグルト、シリアル、チーズ、ジャム、バター、ナテラ、オリーブ、
アーティーチョーク、ベルギーチコリ、コルニション、ジュース4種。

パン類はとにかく甘めが目に付き、クロワッサンまで甘過ぎた。

(宿泊客の客層) = ビジネスマン風の男性客。カップル、東洋系は見かけなかった。

(支払い方法) = カードで支払った。T/Cの現金化は不可。

(車椅子等の対応は?) = 玄関周りはスロープになっている。廊下の広さ、リフト等はOK

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = ブランドショップ街の真ん中。オシャレで高い店が多い。ドリンク等は近くに
スーパーがないので、出先で調達を奨める。

(2010年1月 Rod・ロッド 様)


 
 
 
トップ > 他国 > ミラノのホテル> Hotel Manzoni