トップ > パリのホテル >  9区のホテル > ショセ・ダンタン付近 > Richmond Opera
17 May 2009 / 8 Mar.2010 経験談追加
16 Aug.2011 経験談追加、リンク整理i
22 Nov.2013 経験談追加
Hotel Richmond  (旧 Richmond Opera) ★★★
オテル・リッチモンド(リッチモンド・オペラ)
住所 11, rue du Helder 75009 Paris

RATPの地図 (交通機関乗り場いり)*
アクセス オペラ座すぐ東。
メトロメトロ3号線メトロ7号線メトロ8号線Opera オペラ 
RERRER A線Auber

バス 多数
E-mail
関連URL http://www.richmond-hotel.com 

パリ市観光局データ

booking.comで探す・予約する

JTBオンライン・トルノスで探す・予約する

hotelclubで Richmond Operaを探す・予約する

料金例
クレジットカード
設備

日本のツアー、パッケージツアーでもよく使う。
 

●ユーザの声

46(11+1)

 


(名前) うにパスタ  様 (宿泊日) 2013年1月
(個人評価) ◆◆◆(5点満点)


(泊数) =4泊

(部屋のカテゴリ) =ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式3階 中庭向き

(部屋について(雰囲気など)) 明るさは普通、広さがよかった。クラシックな雰囲気。設備等ますます年季が入った。

(部屋の家具・備品) = シングルベッド2、それぞれの両脇にベッドサイドチェスト、真ん中に大きなチェスト。TV。大きなワードローブ(真ん中に姿見、両脇にハンガー。2人で別々に使えた)

大きめテーブル、椅子3

(バスルーム) = バスタブあり。
大きめバスタブ、シャワーは可動式。お湯の出具合は一見強くて良いが、シャワーの真ん中は水の出口がなく、外周からのみ出る。このへんが人それぞれ感じ方が違うのかも。

洗面はダブルボウル。ドライヤーはとても古くて風量が少ない。
バスタブが大分年季が入っていて、ところどころ修理の跡が。最初汚れかと思った。

(冷蔵庫) =あり、小さめ、中身は空

(エアコン、クーラー) =冬なのでクーラーは不明。バスルームはいつも暖かかった。洗濯物が一晩でよく乾いた。

(部屋について、その他) = 鍵が大きくて古い栓抜きつきの鍵だった。
開けるとき回しがちになった。

(パブリックエリア) =ホテル自慢のパブリックルームあり。あまり人がいるのを見たことはない

(リフト) =1基。最大5〜6人と書いてあったようだが4人が限度か。

(レセプション) = いつも誰かいた。日本語を話す人以外も片言日本語で挨拶してきた。金髪の女性2人は片言日本語、年配男性はフランス語のみか。以前いた中国人の男性は今回見かけなかった。

(レセプション以外の館内施設) = パブリックルーム、新聞やソファが置いてある。朝食用の食堂。

(スタッフ) =掃除の女性も親しみがある。

(宿泊料) = 138ユーロ/泊

(予約方法) =個人でホテルのWebサイトから

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテルの予約フォームから。すぐに Booking Assistからバウチャーとホテルからメールの返事。デポジットがすぐに取られた。

備考に以前泊まった部屋をリクエストしたら「全力で努力します」という返事が来てちょっと安心した。

(ホテルへのアクセス) =オペラ座そば。ロワシーバスの停留所も約5分。コンコルド広場やルーヴル美術館までは、散歩と思えば近い。今回は凱旋門までホテルから歩いた。

(ホテル周辺の雰囲気) =ホテル前の一方通行をカプシーヌ通りに出るといつも同じ場所に路上生活者がいた。オペラ座周辺の犯罪が多いと聞いて注意したが、今回は犯罪を目にすることはなかった。

(選択基準) =(あたった限りでは)部屋が広い。オペラ座周辺にしては安い。主要観光名所に大体歩いて行ける。

(よかったこと) = 2日目の金髪のレセプショニストが指定した部屋に泊まれて「ハッピーか?」と聞いてきた。本当にハッピーになった。多分メールを受けてくれた人なんだろうと推測。

チェックアウト時、手をつけなかった煎餅とアーモンドチョコをさしあげたら「オセンベ、ダイスキデス」と喜んでくれた。

(困ったこと) = バスルームにいると、隣の部屋の会話が丸聞こえだった。部屋だと聞こえない。その違いにビックリ。
配管などを通して聞こえるのかも。隣に人がいたのは1日だけだったのでよかった。

(朝食) = 利用せず

(宿泊客の客層) =今回日本人が多かった。女性2人組や3人組。でも皆 旅慣れているのか、レセプションで会うと、感じよく互いに挨拶した。

チェックアウトする人には「お気をつけて」「良い旅を」と言い合い、気分もさわやか。

ただ、従妹と叔母が同じホテルで朝食をとった時、仏頂面の日本人女性がいて挨拶も返ってこなかったらしい。

(支払い方法) =クレジットカードで支払 暗証番号も押しました。

(車椅子等の対応は?) = 玄関に2〜3段の階段。今回の部屋のドアのところに段差があったが小さいので大丈夫かと。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆ 
とてもいいけど備品が大分古いので。

(他の方へのアドバイス) = 部屋で何か買ってきて飲食するなら、コップかカップを持参したほうがいい。ワインを部屋で飲もうとしたが洗面所のプラスチックカップしかなく、あまりきれいではなかった。翌日モノプリで安いマグを買った。






(名前) ゴー バックキャンディ・ハウス  様 (宿泊日) 2012年4月
(個人評価) ◆◆◆(5点満点)


(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式5階

(部屋について(雰囲気など)) = 雰囲気はアンティークでよかった。一人だと十分すぎるくらい広い。

(部屋の家具・備品) = クローゼット(ハンガーと毛布あり)、セイフティボックス、机2、椅子2

(バスルーム) = バスタブあり。
足を伸ばせる広さ。お湯の出は悪いと思っていたが、あまり気にならなかった。

シャンプー、石鹸、おそらくリンス。タオル類は人数分。

(冷蔵庫) = 有。小さいのであまり量は入らないかも

(エアコン、クーラー) = クーラー有。ちょっと音がうるさめ

(部屋について、その他) = アメリカ式のカードキーに慣れているので鍵が難しかった。慣れた頃に帰宅

(パブリックエリア) = 静かな雰囲気。

(リフト) = あり。一人だと十分だが、2人とスーツケースだときつい

(レセプション) = 対応は親切だった。

(レセプション以外の館内施設) = 小さなサロンと朝食スペース

(スタッフ) = 女性二人と男性二人に会った全員感じは良かった。日本語ができる人には会わなかったが、片言の日本語で「ありがとう」とか
「いってらっしゃい」と言ってくれたのは嬉しかった。

清掃スタッフも感じが良かった。

(宿泊料) = パッケージツアー

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 最初は別のホテルの予定だったが満室だったため、こちらを用意された。

(ホテルへのアクセス) = オペラ駅が近い。ラファイエットやプランタン、オペラ座は徒歩圏内。サン・ラザール駅も徒歩圏。

(ホテル周辺の雰囲気) = 一人で歩いても怖い感じはしなかった。近所にスターバックスやマクドナルド、モノプリもある。日曜もあいてるカフェもあった。

(ホテルの選択基準) = 治安が気になったが、悪く無いとのことで、ここを選んだ。

(よかったこと) = やっぱり立地が最高に良い。ラファイエットで大量の買い物をして5分でホテルに帰れるのは強い。一人旅なのでブランド物をもってメトロに
乗りたくないので、かなりありがたかった。

(困ったこと) = ベッドのシーツに穴があいていた。良くも悪くもフランスの古いホテルなので、ぼろい。みすぼらしくはないが。気になる人は気になるかも。

(朝食) = パン数種類バターとジャム、コーンフレーク、ハム、チーズ、果物、コーヒー(紅茶もあったかも)等々。

普通のホテルの朝食。特に美味しいと思わなかったので初日のみ利用。


(宿泊客の客層) = 日本人観光客数組、中国人観光客、欧米系も多数(国籍まではわからなかった)。
年齢層はばらばら。子供連れもいた。若干年配が多かったか。

(支払い方法) = ツアー代理店に一括で

(車椅子等の対応は?) = リフトが狭いから厳しいかも

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = エアコンの音が少し大きかったので気になる人は耳栓を用意したほうがいいかも。※
飛行機のエンジン音でも寝れる人ならまったく問題はない。

JSTVの日本語衛星放送が入る。日本のニュースが見られるのはありがたかった。
ニュース以外にもバラエティやドラマやアニメの放送も。



 



管理人補記
※基本的には何が起こるかわからない、状況把握が日本よりしづらい環境ですので、初心者には耳栓はお勧めしません。

リスクとしては、館内での火事・侵入盗、館内の他の客の避難の動き(日本と違いアナウンスがないのがふつう)、レセプションからの連絡(電話・、目覚ま し、携帯電話への連絡(メール・電話)等の音なども
ついでに聞き損ねることがあります。よく検討してください。

火事・ボヤ・故障による非常ベルは、けっこうあります。有名高級ホテルから簡素な宿まで、経験談も毎年コンスタントにいただいているので、日本と同じで 「ないわけではない」と肝に銘じ、自分が一番避けたいことを避けるべく、判断して、ご利用ください。

なお、くたびれと緊張・時差ぼけ等で、深く寝入ってしまうことがあります。列車・飛行機での移動日は、寝過ごしご注意ください。






(名前) 静御 前  様 (宿泊日) 2011年5月下旬/6月上旬
(個人評価) ◆◆◆ (5点満点)


(泊数) = 8泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = パリの3つ星ホテルということで期待していなかったが、2人分のスーツケースを 広げても十分余裕のある広さ。

(部屋の家具・備品) = ベッド、クローゼットなど、クラシックな造り。
パリに泊まっているということを実感できる。

(バスルーム) = 広さ、清潔感、お湯の出具合とも文句なし。洗面台はダブルボール。
備品はシャンプー、ボディ・ソープなど。

(冷蔵庫) = 小さな冷蔵庫あり。中身は空。ビール、ミネラルウォーター、フルーツなどを入れて活用した。

(エアコン、クーラー) = 三菱エアコンあり。この時期にしては暑く、夜でもつける日があった。

(部屋について、その他) = 部屋の鍵は栓抜き付きで重かった。ドアノブにかけるDon't disturbなどの札がなかった。

全体に古ぼけた雰囲気。アメリカンタイプの部屋が好みの人には向か ない。パリらしさを味わいたい人には良いのでは。多少、みすぼらしい雰囲気もあるが、古い3つ星ホテルと思えば気にならない。

(パブリックエリア) = 1階にあるサロンが気に入った。テーブル、椅子があり、そこでくつろげる。雑誌、新聞等もある。
天井のステンドグラスが素晴らしかった。
ホテルで一番豪華な雰囲気だったのがこのサロン。撮影した写真を見たら、実際より さらに豪華に写っていた。

(リフト) = リフトあり。

奥行きが普通のリフトの半分しかなく、息が詰まりそうだった。それでも大人2人とスーツケース2個は大丈夫だった。

(レセプション) = レセプションの担当は毎日交替。若い女性から年配の人まで。
いつも忙しそうで、外出時、預けた鍵をいつまでも机に置きっぱなしにされるので、 不安になりすぐ戻ったこともあった。

年配の女性はあまり愛想が良くなかったが、若い人は丁寧だった。日本語を話す女性がいると聞いていたが、滞在中には出会わなかった。英語可。

(レセプション以外の館内施設) = なし。

(スタッフ) = 掃除スタッフは、全員感じが良かった。

(宿泊料) = 162,500円/8泊。連泊割引込み。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = ネットで予約。

(アクセス) = ロワシー・バス停から徒歩約5、6分。ギャラリー・ラファイエットまで徒歩約5分。サン・ラザール駅まで徒歩約10分。

(周辺の雰囲気) = 夜でも、治安の悪さは感じなかった。ホテル正面には中華料理店。あまり入ろうという気にはならなかったが、いつも中国人の団体が入っていた様 子。

(選択基準) = ロワシーバス停、ギャラリー・ラファイエット等に至近距離。

(よかったこと) = 古き良きパリらしさのある、ホテルライフが味わえた。

(困ったこと) = ドアノブにかける札がなかった。リフトの狭さ。

(朝食) = ホットビュッフェと聞いていたが、卵はゆで卵のみ。

パン3種、シリアル、ヨーグルト、ハム、果物(りんご、バナナ、オ レンジ)、ジャム、バター。コーヒー、カフェ・オ・レ、紅茶、オレンジ・ジュー ス、グァバ・ジュース。
野菜なし。

バラエティがなく、8泊もすると飽きてしてしまった。

(宿泊客の客層) = 年配の人が多かった。若い人も見かけた。どこに行っても中国人のグループが多く、話し声が大きいし、マナーも悪い。彼らがいなくなると食堂は静か になった。

(支払い方法) = ネットで予約し、バウチャーを持参。

(車椅子等の対応は?) = ホテル入り口に段差が2、3段。奥行きのないリフトでは車椅子は無理か。リフト は他にもあったが、広さ未確認。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = アメリカンタイプの綺麗で使い勝手の良いホテルに泊まりたい人には不向き。ヨーロッパらしさ、古さを楽しみたい人にはいいのでは。


 







 

(名前) 太郎 と一緒 様 (宿泊日) 2010年2月
(個人評価) ◆◆◆◆◆ (5点満点)

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン フランス式5階 中庭側

(部屋について(雰囲気など)) = 中庭に面した窓があり、洗面所にも窓があったため、比較的明るかった。最上階だったので前回泊った2階より明るかった。

広さは2人なら充分だ。前回泊ったトリプル室に比べると狭く感じた。

(部屋の家具・備品) = テーブル、椅子2、ベッドの脇にサイドテーブル、テレビ・鏡台?

(バスルーム) = カーテン付きバスタブがあり、洗面台が2台。便器とビデ。広さは充分。
シャワーのお湯の量は少なめ。日本のシャワーに慣れてると物足りない。

ドライヤー、石鹸、シャンプーらしきものがあった。

(冷蔵庫) =あり。中身は空。

(エアコン、クーラー) = エアコンは三菱のが1台、たぶんオイルヒーターらしきものがあった。

(パブリックエリア) = ホテル全体(朝食会場以外)はクラシック

(リフト) = 2基。ただホテル全体が2つに別れているので、1基のリフトしか使えない。

前回使ったリフトもそうだが、ものすごく小さい。3人とスーツケース2つでギリギリ乗れ た。

(レセプション) = 親切に対応してもらった。

(館内施設) = 朝食会場とサロンみたいものがある

(スタッフ) = 1人日本語ができる年配女性がいる。
毎日いるわけではないみたいので、運が良ければ会えると思う。

(宿泊料) = 15,000円 スカイゲートにて20パーセントOFF後。

(予約方法) = 代理店から手配

(アクセス) = ロワシーバスの停留所から、スーツケースを転がすと約5分

(周辺の雰囲気) = 別に怖いと感じなかった。気をつければ治安は良い方だと思う。

(選択基準) = ロワシーバスの停留所から徒歩圏内、日本語が出来るスタッフもいて、
デパートも目と鼻の先。前回泊って便利だったので今回も利用した。

(よかったこと) = 本 当に便利なのと、市内にしては安く部屋も広くて申し分ない。
前回気付かなかったがスーパー(モノプリ)が近くにあり、便利さが増した。

(朝食) = ビュッフェ方式。味は可もなく不可もなく。

パンが3、4種類。シリアル2種類。ハム、チーズ、ヨーグルト、ゆで卵、ドライフルーツ (プルーン・アプリコット)果物(バナナ、林檎、オレンジ)ジュース(オレンジ、アプリコット)コーヒー、紅茶

(宿泊客の客層) = 日本人がちらほら、外人もちらほら。団体客はいなかった。

(支払い方法) = 代理店にクレジットカード払い。

(車椅子等の対応は?) = 地上階にも客室は2室程あったので足の不自由な人なら大丈夫かな?
車椅子は道路からホテルに入るまで2段ほど階段を上がるので不便だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = 料金とのバランスはとても良いと思う、駅も近くちょっと歩くだけで、
いろいろなメトロを使えるので大変便利。

スーパーやデパートも近く、外食しない節約組、メニューに自信がない人(私)には便利。

ホテルの目の前には中華料理店もあり、テイクアウトもOK。因みに炒飯の安いのは4ユー ロぐらいだった。水はモノプリで、ボルビックが2リットルで0.58ユーロ 

今回気付いたことはTV(17チャンネルぐらい?)日本の番組が付いた。

チェックアウト後に荷物を預ける場合は、部屋にそのまま置いておくと係が下ろしてくれ た。
保管場所はレセプションの目の前の、朝食会場。

 



 
 
 
 
 

(名前) momoman 様 (宿泊日) 2009年5月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)
 

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル(シングルユース) 
シングルを予約していたが、ダブルの部屋に通された。フランス式2階、日本式3階。

部屋の広さに対して窓が小さいため、昼でも暗い。広さは十分すぎる。窓からの景色は良く なく、切り取られた空が見えるだけ。いわゆるパリらしい雰囲気で、装飾は華美。部屋は古いが、その古さがプチホテルの味わいなんだろうと思った。

(部屋の家具・備品) = テレビ、机、ベッド、クローゼット、椅子。

(バスルーム) = 古いけれど清掃は行き届いている。バスタブはあしを伸ばせる広さ。シャワーあり。
お湯の出具合完璧。備品は、シャンプー(ボディ・ソープと一緒のもの)、石鹸。

(冷蔵庫) = あり。中身なし。

(エアコン、クーラー) = 両方あり。

(部屋について、その他) = 鍵がものすごくゴシック。ドアが二重。古さのせいか他の部屋の音や声が響きやすい。神経質な人には辛いかも。

(パブリックエリア) = 館内全体は静か。パブリックエリアは緑に金糸がほどこされた落ち着いた内装。

(リフト) = あり。非常に小さく大人2人が精一杯。

(レセプション) = よかった。英語、日本語可。いつも誰かいる。

(スタッフ) = 非常によかった。英語も日本語も通じるし、いつも誰かいる。

(宿泊料) = 138ユーロ(3泊で)

(予約方法) = 個人で
 ネットで検索の後、本誌で情報確認。ネットで申し込む。対応は早かった。

(アクセス) = オペラ座が最寄。徒歩約5分。ルーヴル、マドレーヌ、コンコルド広場まで徒歩圏内。全て約15分。ロワシーバスの乗車にも便利だし、ギャラリー・ラファイ エットが近いので買い物にも便利。

(周辺の雰囲気) = 良い。全然怖くない。

(選択基準) = 初パリ一人旅なので、オペラ座に近い。治安。

(よかったこと) = レセプションで日本語が通じた。広い部屋に通された。治安もよかった。

(宿泊客の客層) = 中高年の白人が多かった。アジア人は見なかった。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(車椅子等の対応は?) = リフトがあるので大丈夫だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = 初パリの人にはおすすめ。女性一人でも大丈夫。
 



 
 
 

(名前)  la pace 様  (宿泊日) 2009年4月
(個人評価) ◆◆◆ (5点満点)
 

(泊数) = 3泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン。シングルベッド2台がくっついていた。フランス式2階、中庭側。
 あまり明るくない。広さは十分。中庭に面している角部屋なので静か。

(部屋の家具・備品) = クローゼット、スーツケース置きの台(固定式)、テーブル、椅子、ガラスのコップ2。

(バスルーム) = バスタブあり。普通の広さ。清潔。お湯も充分。トイレは別。
ドライヤー、オリーブの石鹸、パックに入ったシャンプー、ガラスのコップ。

(冷蔵庫) = あり。中身なし。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = 角部屋だったせいか、隣室の音は聞こえなかった。アンティークな家具、小さいシャンデリアなどパリらしい良い雰囲気。

(パブリックエリア) = ガイドツアーなどのパンフレットあり。サロンに新聞や雑誌がおいてあり、自由に読める。

(リフト) = あり。大人2人とスーツケース1個まで。

(レセプション) = 常に1人いる。質問すれば答えてくれる。

(館内施設) = サロン。

(スタッフ) = 英語可。チェックアウト時、日本語を話す女性スタッフがいた。

(宿泊料) = 19,200円(朝食込み)

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = 問題なし

(アクセス) = 至便。ロワシーバス停留所から徒歩約7分位。メトロの駅も近い。デパートは徒歩約3分。

(周辺の雰囲気) = 通り沿いには何軒かのホテルとエスニック、中華レストラン。
イタリアン通りとオスマン通りにはさまれていて、治安はいい。

(選択基準) = オペラ座付近で探していた。ロワシーバス停から徒歩圏内が決め手。

(よかったこと) = 一人旅だったので、近くにレストランやモノプリがあって良かった。

(困ったこと) = 部屋のセイフティ・ボックスは保証金30ユーロ必要。
チェックアウト時に返金された。

(朝食) = バゲット、クロワッサン、ジャム、チーズ、ハム、ゆで卵、シリアル、ミルクなどのコールドビュッフェ。
味は普通。ほとんどの滞在者が朝食をとっていた。日本人、中国人もいた。

(宿泊客の客層) = ファミリー、新婚旅行など。

(車椅子等の対応は?) = ホテルの入り口に4、5段の階段あり。廊下は狭い。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う
 

(他の方へのアドバイス) = 個人だったので、レセプションの男性スタッフに、空港乗り合いシャトルの手配を勧められ利用した。オルリーまで17ユーロ+ホテル手数料5ユーロ。ピック アップの時間が早すぎたので、普通にタクシーで行けば良かったと思った。空港までのアシを決めていない人は勧められると思うので注意。

 



 
 
 
 

(名前) 幸だ ぴん 様  (宿泊日) 2008年11月
 

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン フランス式2階
ノスタルジックな感じの、昔の邸宅のような感じ。
現代的なホテルよりも、せっかくパリに泊まったのだから、ヨーロッパの古き雰囲気を味わえてよ かった。

(部屋の家具・備品) = アンティーク風。歴史の長いホテルなので、結果的にアンティークになったと言う感じ。それがまたよい。

(バスルーム) = とても清潔で広く、バスタブなどは寝られるくらい。古い建物なのにお湯の出についてはまったく問題なかった。洗面台も広いし、明るい。

(冷蔵庫) = 机の扉の中にある。冷えていた。中身はなし。

(エアコン、クーラー) = あり。

(部屋について、その他) = ここに限らず、やはりヨーロッパの部屋は絨毯が敷き詰めてあるからか、
ハウスダストアレルギーが出た。

(パブリックエリア) = ノスタルジックな雰囲気。ロビーの奥のスペースは、とても豪華。廊下も赤い絨毯でリッチな雰囲気。

(リフト) = あり。小さい。2人とスーツケース2個でいっぱい。

(レセプション) = 感じよかった。夜の男性は渋い声。昼はすらっとした若い女性。常に微笑を浮かべてくれて、対応よかった。

レセプションの人の感じはよく、荷物を預けたいといったら快く引き受けてくれ、カウン ターの中に入れてくれた。戻ってきたら、すぐわかるようにメモをつけ、間違いがないように気をつけていた。とてもよかった。

(館内施設) = 電話スペースはあるが、館内専用らしい。
朝食室、ロビーのような空間。

(宿泊料) = 約23,000円

(予約方法) = 代理店から手配

(アクセス) = オスマン通りを曲がってすぐ、オペラ座まですぐ。ロワシーバスのバス停までもすぐ。とにかく便利。

(周辺の雰囲気) = 24時近くにホテルに戻ったが、危険な感じはしなかった。都心近くだが静かだと思う。

(選択基準) = 時間が少ない旅行中だから、どこに行くにも便利なところ。サン・ラザール駅から歩けたし、ギャラリー・ラファイエット、絶対に行きたいオペラ座からも近い し、値段も手ごろ。

(朝食) = パンが美味しかった。

(宿泊客の客層) = ロシア系のツアー客らしき人たちと毎朝会った。ほかは、欧米系の人たち。時期的にか、あまりほかの人たちとは会わなかった。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

 



 
 
 
 

(名前)  feu de bois 様  (宿泊日) 2008年8月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)


(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン フランス式4階

 パリによくあるロの字型の造り。南向きだったため、昼間は明るさも風通しも よく、申し分なし。ただ、建物自体が古い。広さは、スーツケースが4、5個は広げられる。

(部屋の家具・備品) = 部屋に入って、すぐに4畳ほどのスペース。
廊下兼、備え付けのワードローブ、荷物置きになっている。取り外しのできないハンガーがかかっ ている。家具は、テレビ、鏡台、電話、約1畳サイズのテーブルと、イス2。

(バスルーム) = ダブルボウルの洗面台、脚がのびのび広げられるバスタブ、トイレが備え付けられている。象牙色の大きいタイルが張ってあり、広々として温かみのある雰囲 気。お湯の出も問題なし。

備品は、シャワージェル、石鹸、掃除機のノズルのようなドライヤー、ヒゲそり用のL字型 コンセント。

(冷蔵庫) = あり。中身は何も入っておらず、買ってきたものを入れておける。

(エアコン、クーラー) = あり。三菱製。

(部屋について、その他) = 猫足のテーブルやイス、カーペットの柄がかわいらしかった。

(パブリックエリア) = 深いグリーンが基調の、落ち着いた雰囲気の朝食室。ロビーには、各種パンフレットや、割引券などが数十種類置いてある。

(リフト) = あり。スーツケースを持った大人2人くらいまで。

(レセプション) = 丁寧であたたかみがある。

(スタッフ) = 昼間は20代と50代くらいの女性スタッフ。鍵を預けて外出するのだが、いつでも笑顔で対応してくれるので、清々しい印象。

夜間は中国系の50代くらいの男性スタッフ。毎晩、その男性と軽口をひとしきり叩いてか ら部屋に戻るのが日課になり、いい思い出となった。英語可、日本語不可。

最終日が祝日であったことを忘れ、コリッシモを発送しようと、ホテルを出たところ、50 代く らいの女性スタッフが「今日は郵便局はどこもお休みよ」と教えてくれた。唯一、ルーヴルそばの中央郵便局が営業していることを教えてくれ、なかなか繋がら ない営業確認の電話を、何度も掛けなおして確認をとってくれた。本当に有難いことだと心に染み入った。

清掃のスタッフも数名おり、丁 寧に掃除が毎日行き届いている。温かい笑顔で挨拶をしてくれるので、毎日会うのが楽しみだっ た。

(宿泊料) = 131euro。

(予約方法) = 個人で
フランス語メールでやり取り。交渉すると、当初の料金よりも20euro値下げしてくれた。交 渉してみるものだ。

(アクセス) = メトロ3号線、7号線、8号線Opera オペラ駅、7号線、9号線Chaussee d'Antin La Fayette ショセ・ダンタン・ラ・ファイエット駅、3号線Quatre Septembre カトル・セプタンブル駅など。

Chaussee d'Antin La Fayette駅が至近、徒歩約2分。ロワシーバス発着所まで徒歩約5分。
スーツケース一つぐらいであれば、歩いてもそんなに苦にならなかった。

レンタサイクルVeribのステーションもたくさんあり、どこに行くにも交通の便には事 欠かなかった。

(周辺の雰囲気) = 取り立てて悪いという雰囲気はなかった。

(選択基準) = ロワシーバス発着所が至近だった。

(よかったこと) = スタッフの温かさ、交通の便。

(宿泊客の客層) = 比較的年齢は高め、50代くらいが多かった。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。アメックスで支払い。

(車椅子等の対応は?) = 客室の廊下が狭く、コーナーを曲がりきれないかもしれない。
また、玄関の石段がかなりキツイので、サポートが不可欠だと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う
 



 
 

2007年までの経験談(4件)は  こちら

  
 

トップ > パリのホテル > 9 区のホテル >  ショセ・ダンタン付近 > Richmond Opera