トップ > パリのホテル >   6区のホテル > セーヴル・バビロン付近 > Hotel Lutetia
 
 22 May / 12 Dec. 2010 / 16 Dec.2012 経験談追加
Hotel Lutetia ★★★★
オテル・ルテチア(ルテシア)
住所 45 Boulevard Raspail 75006 PARIS
アクセス サンジェルマン大通り沿い、ボンマルシェ近く
メトロメトロ10号線メトロ12号線Sevres Babylone セーブル・バビロン
RERRER B線Cluny La Sorbonne
BUS 39  63  68  70  83  84  87  94
SNCF Gare Montparnasse
E-mail
関連URL http://www.lutetia-paris.com/(直 営HP)

http://www.concorde-hotels.com/Fiche_Hotel.aspx?ID_Hotel=72

パリ市観光局データ
  booking.comで探す・予約する

JTBトルノスで探す・予約する
料金例
Promotion
クレジットカード Visa,AMEX,Master,Diners
設備 エアコン、電話、バスルーム完備、セイフティボックス、ヘアドライヤー、コンピューターフック、ミニバー、 ラジオ、衛星TV、禁煙室あり、24時間ルームサービス

左岸には数少ない大型ホテル全250室。スィート30室。

コンコルドホテルズ。AirFranceのマイルもつく。若干ふるぼけていたが、近年、デザイナーを投入して、大体的に改装した。



Photo by toricacao

●ユーザの声

56(14+1)

 
 

(名前) Mega Boobie 様 (宿泊日) 2012年8月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)
   

(泊数) = 6泊

(部屋のカテゴリ) = デラックス・ダブル

(部屋の階&立地) = フランス式6階 建物の角(通りの交差点の上)。LUTETIAのネオンサインの真下の部屋

(部屋について(雰囲気など)) =
は窓が3つ、バスルームにも窓があり大変明るかった。
真正面にエッフェル塔がばっちり見え、広さも相当く、大変素晴らしい部屋だった。

(部屋の家具・備品) =
壁掛けTV、かなり大きなクローゼット(セイフティボックス、引き出し、両サイドにハンガー)6日分の全ての荷物が問題なく収まった。机と椅子、コーヒーテーブルと椅子2

(バスルーム) =バスタブあり。
バスタブ半分位のアクリル製仕切り(水はね防止)、洗面台は1人分。
ドライヤー有。バスタブは幅が狭い。清潔感、お湯の出具合は全く問題なし。

トイレはバスルーム内から別扉(別個室)。 

(冷蔵庫) = あり。課金式。私物は入れられない。
水、コーラ、ビール、シャンパン、ウィスキミニボトルなど。ハーフのシャンパンが55ユーロ

(エアコン、クーラー) = 有り。寒いくらいに効いていた。

(部屋について、その他) = 大変きれで品格があるが、古さは否めない。所々、ひび割れ等の劣化が目立った。

(パブリックエリア) = 雰囲気はあるが、大型ホテルの割には狭い。ロビーでくつろぐという感じではない。

(リフト) = 2基。狭い。2名+スーツケース2つでいっぱい。人だけなら4〜5人までか。

(レセプション) = 普通。コンシェルジェの初老の男性は恐かった。

(館内施設) = ビジネスセンター、エステサロン、レストラン(夏季休業中)、ブラッセリー

(スタッフ) = ごく普通。英語のみ。

(宿泊料) = 平均25,000円/泊

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = インターネットで手続きしたが、全く問題なく安心してチェックイン出来た。

(アクセス) = メトロのセーヴル・バビロン駅が目の前。
バスの目の前を多数走っており、大変便利。

(周辺の雰囲気) = ボンマルシェやエルメスなどのブティックがあり治安は良いと思う。

(選択基準) = 以前から一度泊まって見たかった。エッフェル塔が見える部屋にしたかった。

(よかったこと) = デラックスのカテゴリーで予約していたが、エッフェル塔ビューは
このカテゴリーだと確約は出来ないとの事だった。追加料金で確約は可能だったが、
当日の空き状況で可能だったらということでお願いしていたら、最高に眺めの良い部屋をアサインしてくれた。

(朝食) = 7時から。ただし、7時ちょうどに行ったらまだ空いてない日があった。
ホットミールは7:30くらいから並ぶ。種類は豊富で全部は食べられない。

ホットミールはスクランブルエッグ、ゆで玉子、ベーコン、ソーセージ、ハッシュポテト、マッシュルームソテー、チキン・・・。

コールドミールはサラダ、ハム、サーモン、フルーツサラダ・・・。その他は多種のパン、ジュース、デザート・・・。

(宿泊客の客層) = 観光客。日本人はあまり居なかった。

(支払い方法) = VISA可

(車椅子等の対応は?) = エントランスに数段の階段があり、回転ドアなので厳しいかと。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う







(名前) ガトーHIRO 様 (宿泊日) 2010年10月下旬
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)
 
 

(泊数) = 5泊

(部屋のカテゴリ) = スーペリア・キングフランス式5階

(部屋について(雰囲気など)) = 改装されたらしく、以前宿泊した部屋とはかなり違った。古さは感じない。といっても改装後、 数年は経っているとは思う。

とても快適。

裏庭にあたり、景観は望めないが部屋の雰囲気はサイトの写真よりも良い。

特大スーツケース2個を同時に開けられるスペースもあり、2人でもストレスは無い。

(部屋の家具・備品) = 三面鏡のあるクローゼット。引き出し、ハンガー等各タイプに分かれている。セイフティボックス、靴べら、バスローブ、スリッパが中に入っている。

書き物机、椅子2、ベッド、ベッドサイドテーブル2。

(バスルーム) = バスタブあり。こちらも改装されたようで、綺麗で、清潔感があった。お湯の出、排水共に良い。

バスタブ半分ぐらいまでの可動式仕切りあり。
可動式シャワー、バスタブは幅が少し狭く浅い。男性が湯に浸かるのには難しい。

拡大鏡、コットン、綿棒、シャワーキャップ、紙爪やすり、アニック・グタールのオードリ アンのシャワージェル、ボディローション、シャンプー、コンディショナー、固形石鹸大小各1。

タオル大中各2、バスマット1。ティッシュ箱、パネルヒーター。椅子1。

(冷蔵庫) = = ミニバー有。動かすと課金される。

(エアコン、クーラー) = 有。調節も可能のようだが、まだ夏時間だったせいか暖房が出ず。

(パブリックエリア) = 地上階は人の出入りが結構ある。宿泊客以外の出入りも多数ある。

(リフト) = 2基

(レセプション) = 宿泊の履歴が残っているのか、チェックイン時に「お帰りなさい」と言われた。

担当によると思う。男性陣は、概ね皆感じが良い対応だった。ビジネスライクな印象だが、 聞いたことや頼んだことは間違いなくしてくれた。

(館内施設) = スパ、ビジネスセンター、レストラン、ブラッスリー、バー。
ブラッスリーは、精算を部屋付けにできる。

(スタッフ) = ポーターやコンシェルジェは、必要な英会話は問題無い。レセプションに、日本語ができる男性 が1名いた。

(宿泊料) = Concord Best Dealというレート。
朝食付き202ユーロ/泊。キャンセルは当日16時まで可能。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = ホテル直営サイトから予約。

(アクセス) = 道路工事をしていて84番バス乗り場は停車しない旨の貼り紙がしてあった。
貼り紙には数日の日程が書かれていたが、実際には翌々日には正常に戻り、停車していた。

バスの路線が豊富で、大方の主要な所に出られる便利な立地。メトロ12号線も客層が良い 路線で、初心者にも勧められる。

(周辺の雰囲気) = とても良い。

(ホテルの選択基準) = 荷物が増えたため。スーツケースを3個も4個も持って、プチホテルには泊まれない。エールフランスの預託荷物のルール改定により、以前より重量は多く預け られるのだが、個数が増えたため、

(よかったこと) = 部屋が狭いと聞いていたので以前はデラックスルームに泊まったが、エッフェル塔が見えて広かったが、寒いし古さが目立つ部屋だったため今回スーペリアにし た。大正解で、とても快適だった。

(困ったこと) = まだ暖房が入っていなかった。

(朝食) = サロンでとる。大手ホテルなので一通り揃ってはいるが出ていないもの(和定食、目玉焼き等)は注文すれば作ってくれる。

ヴィノワズリーのコーナーにはケーキ類が数種類並んでいる。10代だったなら、朝からこ のコーナーにかじりついていたと思う。

(宿泊客の客層) = アメリカ人、日本人、フランス人。ビジネスマンの出入りも多い。

(支払い方法) = VISAにて支払。JCBも可。

(車椅子等の対応は?) = ホテルの出入りの階段だけが気になる。館内はスロープも付けており大丈夫と思う。地上階のブラッスリーからホテル館内に入る事も可能ではないか。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = エッフェル塔が見える部屋希望なら、デラックスルームのカテゴリーに。
円高のせいもあるが、提示価格が以前より低価格になったと思う。現在の価格の割には、イメージ が高級のよう。

 




 
 
 

(名前) おれんじぐみ   様 (宿泊日) 2010年3月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)
 
 

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル。
セミダブル・ベッドを2つくっつけた状態。フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 特別広いわけではないが、スーツケース2個は楽に広げられる。
いたって普通の薄明り。

通りに面しておらず、内側?だったため、窓から見えるのは同じホテルの対面の部屋。でき れば通り側がよかったが、日中は出掛けていたのであまり気にならず。

ホテルの外観がエレガントなわりには、室内はあっさりしていた。

(部屋の家具・備品) = 結構大きなクローゼット。テレビ。ワイングラス。

(バスルーム) = バスタブ、洗面、トイレ、ビデ、ドライヤー有り。2人で泊まっているのにバスローブは1つだけ。
言えばくれるとは思う。

バスタブは、大人が足を伸ばせるくらいの長さはあるが、幅が狭い。バスタブからバスルー ムにお湯があふれたが、全く排水しなかったので係を呼んだ。タオルで吸わせておしまい。タオルも、靴を履いた足でふんずけて拭いていた。

蛇口からのお湯の勢いは抜群だが、シャワーに切り替えると弱い。

(冷蔵庫) = 課金式の冷蔵庫。少しでも動かすと課金されるが、チェックアウトの際に飲 んでいないと伝えたら
取り消してくれた。

エヴィアンは1本7ユーロ。

(エアコン、クーラー) = あり

(パブリックエリア) = ホテル入口もロビーも広くはない。

(リフト) = ある。スーツケース1個でも問題なし。

(レセプション) = 悪くはないが、特に良くもない。

(館内施設) = ブラッスリー、レストラン併設。
レストランはコースで100ユーロから。

(スタッフ) = 英語は通じるが、日本語が話せる人はいそうにない。

(宿泊料) = ツアーで指定されていたのでわからない。

(予約方法) = ツアーなどで指定されていた

(ホテルが決まった時期、もらえた情報) = 1ヶ月前にわかった。

(アクセス) = メトロの駅は近い。

(ホテル周辺の雰囲気) = サンジェルマンにあり、どこへ行くにも大変便利。
治安も悪くないと思う。

(選択基準) = ツアーのデラックスクラスを選んだらこのホテルになった。

(よかったこと) = 安いツアーだったが、旅行代理店にちらりと新婚旅行の旨を伝えていたら、ホテルにも伝わっていたらしく、部屋に支配人からのメッセージとワイン、スイーツ ボックスが置かれてあって嬉しかった。

(困ったこと) = バスルームの排水溝が機能しない。

(朝食) = ホテル地上階のレストランで、ビュッフェ形式。

メニューは毎日同じだが、パン、飲み物、フルーツ、料理、サラダ、デザート、スイーツ、 等々種類が多く、味も良かった。

(宿泊客の客層) = 日本人はほとんど見かけず、ビジネスマン、観光客と思われるヨーロッパ人。
年齢層は高め。

(支払い方法) =クレジットカード可。

(車椅子等の対応は?) = ホテル・エントランスに数段の階段があり、回転ドアなので利用しづらいかもしれない。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない
 
 
 

 



 
 
 
 
 

(名前) ガトーHIRO  様 (宿泊日) 2010年1月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)
 

(泊数) = 4泊

(部屋のカテゴリ) = デラックス・ダブル= フランス式3階 Rue de Sevres セーヴル通り側

とても広いが暗めで、照明が部屋の広さをカバーしていない。

特大サイズのスーツケースを7個位開けられる。

大きめの窓が1つ。開けると、正面にボン・マルシェとエッフェル塔。
とても景観は良く、暖かい時期なら窓をずっと開けていたい程。

以前はあった家具か設備か何かを取り除いた感があり、古さは否めない。

入口ドアを入ると、すぐに室内に入るドアへと続く。廊下の物音は聞こえない。

(部屋の家具・備品) = 窓の前に大きい机と椅子。向きを変えられる。
TVボードの上に薄型TV、TVリモコン、その下がミニバー。

使えない暖炉前に、椅子2とテーブル。

シングルを2つくっつけたベッド、ベッド両サイドに棚を抜いたベッドチェストとランプ。
とても古い大き目収納クローゼット、中に金庫と靴磨き、ランドリー袋。

(バスルーム) = バスルーム奥に、別室トイレ。タブに可動式シャワー、シャワーブース。洗面はダブルボウル。

バスローブ、スリッパ、タオル大中小各2、バスマット1、ドライヤー、拡大鏡。

アニックグタールの石鹸大各1個、バスジェル、ボディローション、シャンプー、コンディ ショナー全てオードリアン。綿棒、コットン、シャワーキャップ、紙爪やすり。

パネル式暖房。お湯の出、排水共に良い。シャワーブース内のシャワーも水圧良し。窓があ り、開けるとエッフェル塔が見える。壁越しに隣もバスルームだった様子で物音や水音がかなり聞こえた。

(冷蔵庫) = あり、課金式。

(エアコン、クーラー) = あり。簡単な調整可能。とても部屋の大きさをカバーしきれていない。

(部屋について、その他) = 寒波がきていたせいもあるがエアコンが小さく、室内がとても寒かった。

(パブリックエリア) = サロンがいくつかある様子。会議等していた。

(リフト) = 2基。ほとんど待つこと無く乗れた。

(レセプション) = 普通に良い。

(館内施設) = レストラン、ビストロ、スパ、ビジネスセンター。

(スタッフ) = 英語可能。人の出入りが多いので宿泊客を把握してない模様。

(宿泊料) = 直営サイトのプロモーション「ウィンターオファー」レート。朝食、バトー・ムーシュ乗車券、ルーヴル入場券付き。当日16時までキャンセル可能。

1泊平均 258ユーロ

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = コンコルドホテルズ日本代理店に電話にて問い合わせ、
後で直営サイトから正式予約

(アクセス) = 目の前がメトロSevres Babylone駅だが、交差点のホテル側だけ、出入り口が無い。
バスも多数走っており、大変便利。

(周辺の雰囲気) = とても良い。どの時間でも適度に人通りはある。

(選択基準) = 左岸が好きだが荷物が多かったのでプチホテルは遠慮した。

(よかったこと) = エルメス等に配達を頼めた。部屋からの眺めは最高。寒い日曜日の夜ルームサービスにて夕食をとった。予想と違い、美味しかった。

(困ったこと) = 部屋が狭いと本誌にもあったのでデラックスにした。が、エアコンが部屋の広さをカバーしておらず、とても寒かった。寒い時期にはもう泊らないと思う。

(朝食) = 雰囲気はゆったりしており、食後、飲み物をおかわりして新聞を読んでいる人もいた。パンは数種を好きにカットし、蜂蜜、ジャムは自分で小分けに取る。別の 場所にあるカヌレ、フィナンシェ、ケーク、数種のガトー等ヴィノワズリー類は充実していた。卵料理は、予め料理済みを置いてある。チーズは2種類。バター はイズニー。

和朝食は別注文。4日居ると、飽きる内容。

(宿泊客の客層) = 日本人、アメリカ人等。宿泊客かは判らないが朝からビジネスマンをよく見かけた。

(支払い方法) = VISAにて。

(車椅子等の対応は?) = ホテル入口が階段だがドアマンが常駐しているし、館内にスロープも付けていた。廊下、リフトは問題無いと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = 寒い時期は小さい部屋の方がいいかもしれない。

 



 
 
 

(名前) ファンふうファン 様 (宿泊日) 2009年10月下旬/11月上旬
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)
 

(泊数) = 6泊

(部屋のカテゴリ) = ジュニアスィート  フランス式7階

(部屋について(雰囲気など)) = クィーンサイズのベッド1、書きもの机、クローゼットの部屋、
ソファベッド、椅子や机のある部屋、洗面所、バス、トイレ。
ラスパイユ通りに面していて、2部屋とも窓からの採光あり。
全体的に古い感じは否めないが、清潔感はある。

(部屋の家具・備品) = 各部屋にテレビおよび電話。家具はシンプルな雰囲気。
コンセントは、各部屋に数箇所あり。

(バスルーム) = バスタブあり。寝転がれるサイズ。躊躇なく使えるほど清潔。
お湯の出具合、湯温の調整まったく問題なし。

シャンプー、リンス、バスジェル、ボディミルク、マウスウォッシュ、
綿棒、コットン、シャワーキャップ、爪鑢、石鹸等(Annick Goutalのもの)。

(冷蔵庫) = 自動カウント式冷蔵庫あり。

(パブリックエリア) = 古きよきホテルという雰囲気。

(リフト) = 1基。大人約6人で一杯。

(レセプション) = 非常によかった。日本人とわかると、父親が日本人だという、感じの良い青年が対応してくれたが、ほかのスタッフもそばにいて、英語で大変にこやかに話しか けてくれた。

クレジットカード特典で、夕食1回が付いていたので、いつにするかと聞かれたが、フラン ス語がわからないからと辞退しようとすると、うちなら大丈夫、心配しないで。いつにする?と結局予約までその場で入れてくれた。

レイトチェックアウトのこともレセプションから聞いてくれ、空港までの帰路の相談にも 乗ってくれた。

(館内施設) = レストラン、ブラッスリー、バー(夜に生演奏あり)

(スタッフ) = 日本語を話すレセプションの青年1人。
そのほかのスタッフもすべて感じが良く、英語可。

(宿泊料) = 前半320ユーロ。後半270ユーロ。朝食付き。

(予約方法) = 代理店から手配

(代理店の対応や手続き) = クレジットカードのツアーデスク利用。すべてスムース。

(アクセス) = メトロ10号線、12号線のSevres Babylone セーヴル・バビロン駅徒歩約1、2分。メトロ4号線St-Sulpice サン・シュルピス駅徒歩約5分。
オルセー美術館へは徒歩約15分。ラスパイユ通りのマルシェは、ホテルの窓から見える距離。

(周辺の雰囲気) = 深夜は不明だが、夜は問題なし。

(選択基準) = 初めての一人でのパリだったため、安全性を重視。夜も安心ということで、サンジェルマン付近を選択。メトロの駅も近く、ボン・マルシェのグランエピスリが 近いのも魅力だった。

(よかったこと) = スタッフすべて感じが良かった。最初に接触するフランスの人たちが、皆、親切でにこやかだったことで大変いいスタートが切れた。

(朝食) = 朝食時のみひらくサロンのようなところでビュッフェ。受付で部屋番号を言う。

バゲット類7、8種、ヴィエノワズリ数種、シリアル、ジュース6種、牛乳数種、
サラダ、生ハム、サーモン、卵料理、ヨーグルト、フルーツ、
マカロン、焼き菓子、キャラメルクリーム、パンプディング、ドライフルーツ等。
温かい飲み物は、コーヒー、紅茶、ココア。ミネラルウォーター4種。

7時から10時半まで。混雑することもなく、ゆっくりとおいしい食事を味わえる。
スタッフの感じもとても良い。

(宿泊客の客層) = 会議や学会などが開かれていて、その参加者という雰囲気。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(車椅子等の対応は?) = ロビーからリフトまで数段の階段があったが、スロープがあった。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

 



 
 
 
 

(名前) poohfufu 様 (宿泊日) 2009年6月
(個人評価) ◆◆◆ (5点満点)
 

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = スタンダードツイン フランス式3階、内側

 部屋は狭く、スーツケース2個を広げるのには窮屈だった。窓もあまり大きく なかったため、部屋自体は暗めだった騒音を考えて内側を希望したため、景色は良くない。

(部屋の家具・備品) = ツィンベッド、机、椅子、クローゼット、セイフティ・ボックス、スタンドライト。

(バスルーム) = 部屋の狭さに比べて浴室は広い。タオルかけがヒーターになっていて便利。お湯の出具合が最悪だった。お湯と水が混ざらず交互に出たため、シャワー時に危険 を感じた。これが原因で当初4泊の予定を1泊にし、他のホテルへ移った。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫あり。ミニバーは課金タイプ。

(エアコン、クーラー) = エアコンあり。効きはよかった。

(部屋について、その他) = 改装はされていると思うが、やはり古さと暗さが気になった。

(パブリックエリア) = 館内、パブリックエリアは重厚で雰囲気が良い。

(リフト) = リフトはスーツケース2つと2人で十分な大きさ。

(レセプション) = レセプションは普通。特に問題なし。

(館内施設) = 何か所もガラスウインドウに店の品物のディスプレイがあり、昔のヨーロッパのホテルの雰囲気を感じさせた。

(スタッフ) = 急きょ1泊に変更したことにも、スタッフ対応は特に問題なし。英語可。

ホテルのブラッスリーでコンチネンタル朝食をとったのを、ビュッフェと勘違いされた。 チェックアウト時の明細で気がつかず、タクシー待ちしている時に何気なく再度明細を見て気が付き、申し出たところ、再チェックして返金してくれた。その際 のスタッフの対応は良かった。

(宿泊料) = 250ユーロ(朝食なし)

(予約方法) = 個人で
インターネットサイトにて予約。即時予約可能だった。

(アクセス) = メトロの駅からすぐなのでとても便利。コンコルド広場などへも乗り換えなしで行けるので楽。デパートもすぐ近くにあり、サンジェルマンでのショッピングに は便利。

(周辺の雰囲気) = 大通りの角にあり、目印になって治安も良い。

(選択基準) = 20年ほど前に宿泊したことがあり、場所の便利さを重視した。

(困ったこと) = シャワーのトラブル。

(朝食) = ブラッスリーでコンチネンタルをとったが、ジュースはしぼりたて、クロワッサンやバゲットもカリカリでとてもおいしい。刻んだフルーツのシロップづけがお いしかった。

(宿泊客の客層) = あまり若い人はいなかった、ビジネスマンらしき人を多く見かけた。日本人はひと組見かけたが、個人客が多い様に見えた。

(支払い方法) = 現金。

(車椅子等の対応は?) = ホテル入口、リフト乗り込み口にそれぞれ階段があり、車椅子には不便だと思う。廊下の広さは普通。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(他の方へのアドバイス) = サンジェルマンの町歩きには目印になって良いが、ホテル自体はやはり水周りに不安があった。

 



 
 
 
 

(名前) かるぴんちょ8号 様 (宿泊日) 2008年6月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ダブル(シングルユース)
一番スタンダードな、多分狭い部屋を予約。フランス式3階。中庭に面していた。

明るい。すごく広くはないが、一人旅には十分。ダブルベッド。約20平方m強。

(部屋の家具・備品) = 一般的なシティホテルと同じ。雰囲気はややクラシカル。部屋にセイフティ・ボックスあり。

(バスルーム) = バスルームはタイルで可愛く装飾されていて、かなり良かった。清潔。お湯の出も問題なし。とても広いわけではないが、十分満足。

(冷蔵庫) = 自動課金されるタイプ。動かしたら厄介だと思い、かなり冷や冷やした。
飲み物の種類は充実していた。

(エアコン、クーラー) = あり。特に問題なし。

(部屋について、その他) = リネンが最高だった。あんなに心地のいいベッドは、日本の高級ホテルでもめったにないと思うくらい、気持ちよく眠れた。

(パブリックエリア) = レストラン2軒。有料のインターネットスペース有。

(リフト) = あり。正直小さい。が、別に気にならなかった。

(レセプション) = レセプションはフレンドリー。コンシェルジュはちょっと気取っている。(人によると思うが)でも、基本的にこちらの要求には応えてくれる。いいと思う。

(館内施設) = レストラン、コンシェルジュ、ビジネスセンターなど。

(スタッフ) = 日本語は全くダメだと思う。英語はゆっくり簡単な言葉なら、レセプション・コンシェルジュとも問題なし。ベルボーイも英語は大丈夫。とても親切。

(宿泊料) = 約270euro

(予約方法) = 個人で
ネットで予約。特に問題なし。

(アクセス) = ホテルに送迎を頼んだ。ドゴール空港から40分ほどで、80ユーロ程度。タクシーで普通に行っても50ユーロ強は確実にするので、疲れている到着初日はホ テル送迎で正解かも。

(周辺の雰囲気) = 問題なし。

(選択基準) = リースナブルさと、周辺の治安。

(よかったこと) = ベッドが本当に気持ちよかった。

(宿泊客の客層) = 英語を話す客が多かった。アメリカ人が多い。他にスペイン人、オランダ人。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(車椅子等の対応は?) = リフトが少し狭い。でもホテルのスタッフが助けてくれると思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う
 



 
 
 
 

(名前) パンダ メロンパン 様  (宿泊日) 2008年5月
(個人評価) ◆◆◆◆ (5点満点)

(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ツイン 最上階より一つ下の階。

部屋のカテゴリーを上げて、デラックスルームにしたので、駅や、ボンマルシェやアンヴァ リットが見えるバルコニー付きの部屋。約15畳はあった。照明も多く、すごく明るかった。

(部屋の家具・備品) = デザイナーがその部屋をプロデュースしたらしく、
デザイナーの名前が部屋についていた。

(バスルーム) = 大きな窓付き。洗面台が2つあるのが、すごく便利でよかったが、トイレが別にあり、そのトイレに洗面台がなかったため、手を洗うのに、また部屋を横切って バスルームに行くのは、少し面倒だったが、快適だった。

(冷蔵庫) = ジュースを抜いたらカウントされるという、温泉の冷蔵庫みたいなのでびっくりした。
少し動かしてしまったらしく、チェックアウト時、料金カウントされていたのだが説明をしたら全 然問題なかった。

(エアコン、クーラー) = 温度調節もあり快適だった。

(部屋について、その他) = バルコニーから見るパリの夜景は最高だった。
2泊で約100euro追加しただけで、この部屋はすごく良かった。

(リフト) = 2基あり。が、1基しかほぼ動いていなかった。

(レセプション) = 夕方4時ごろチェックインしたら、まだ部屋の用意できておらず、担当した女性がそのお詫びにと、ロビーでの飲み物チケットをくれたので、バーでお茶を飲み ながら待った。

20分ほどして戻ると、少し部屋をサービスしたから、多分気に入ってくれると思うと言わ れた。
本当に良い部屋で、対応も早かった。

(館内施設) = コンシェルジュもすごく親切で、私宛にFAXが届く予定だったが、予定時刻にもまた届いていなかったので、探してもらったら、ビジネスセンターまで全部探 してくれた。そのあと見つかったのだが、心配して部屋まできてくれた。

買い物した商品が店から届いた時、名前で話しかけてくれて、持ってきてくれ、すごく親切で対応がよかった。

(スタッフ) = 日本語不可。英語可。掃除のスタッフなども含めて全員英語可。

(宿泊料) = 340euro。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = JTBのホテル予約のHPより、現地払いのタイプを利用。

(アクセス) = ほとんどバス移動。メトロは下に下りていくのが面倒なので、近くにバス路線が充実しているホテルを選んだ。

(周辺の雰囲気) = 夜は静かだった。

(選択基準) = どうしてもサンジェルマン周辺で泊りたかった。

(よかったこと) = ホテルのスタッフから名前で呼ばれた。アジア人は私たち一組だけだったが、うれしかった。

(朝食) = とにかくパンが充実していて、朝からマカロンまであった。お茶も紅茶から緑茶まであり、鉄瓶でいれてくれる。果物の種類も豊富。

ひとつ不満を言えば、6時半から利用できるが、ホットミールが並ぶのが、7時くらいに なってからで、少しずつ補充するという様子。

(宿泊客の客層) = ファミリー、年齢が少し高め。

(支払い方法) = クレジットカード使用可。

(子供連れでも場をこわさないか?) = わからない

(他の方へのアドバイス) = 宿泊を決めてから、アメニティや設備に関して(湯沸しポットの有り無しとか)、直接ホテルにメールで質問事項を書いて送る。そういうやり取りをしている と、ある程度のホテルだと、チェックイン時、こちらの情報が入っているので、対応も違う。

 



 
 
 
2005-2007年の経験談(4件)は こちら
2003年以前の経験談(3件)は こちら

 
トップ > パリのホテル >  6区のホテル > セーヴル・バビロン付近 > Hotel Lutetia