トップ > ホテル > パリ 9区のホテル > 9区西 オーベール付近 > Le Grand Inter Continental >  2004年以前経験談
 
 
(名前)  Parmentier Rima02 様  (宿泊日) 2004年12月
(個人評価) ◆◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 5泊

(部屋)ツイン  フランス式3階

広さは27平方mぐらい。窓は通りに面しておらず、ホテルのラウンジが下に見えた。(ガラス屋根でラウンジが上から見える。) 赤で統一されていた。

TV、室内セィフティボックス、ライティングデスク、ミニバー。

(バスルーム)バスとシャワーは別。熱いお湯がたっぷりと出て、使いやすかった。

(エアコン)不明。

(冷蔵庫)あり。ワイン、ビール、ソフトドリンク等。取り出すだけで飲んだとカウントされる

(宿泊費)  336euro。
オンラインの制限付き(1泊分のデポジット、キャンセルした場合はキャンセル料として1泊分が取られる等)のクラブフロア。スタンダードレートはもっと高い。
 

(パブリックエリア)落ち着いた雰囲気。

(リフト)3基

(館内施設)ジム、スパ。

(レセプション)とても親切。特にクラブフロアを予約していたためか、フランス式0階のレセプションではなく、5階の専用レセプションにて受付(着席状態)をしてくれた。
 

(スタッフ)コンシェルジュは親切だった。ただ、デジカメの電池を買いたいと相談したら、カメラ店を紹介してくれたので買えなかった。(デジカメの電池はカメラ店では売っていなかった。)

(朝食) 最後の日だけホテルのレストランで朝食をとることになりましたが、落ち着いた雰囲気。
味はまあまあ。

(客層)熟年層が多かった。子ども連れのご家族もいました。

(予約方法) 個人で
オンライン予約だったのでスムースでした。きちんと予約確認メールも来ました。

(決め手) オペラ座から近いこと。同行の叔母が「リッツとは言わないが、それなりのホテルに泊まりたい」と言ったため。
 

(アクセス)メトロのオペラ駅まで徒歩約1分。ギャラリーラファイエットまで徒歩約5分。メトロを利用するには非常に便利な立地。

(ホテル周辺の雰囲気) 問題なし

(良かったこと)クラブフロアに宿泊するとクラブルーム(ラウンジ)が利用できる。朝食、コーヒー、カクテルまで飲める。

朝食は1階のレストラン(Cafe de la Paix)と殆ど同じ内容(和食はなし)であるにもかかわらず無料。
夜はワインやコーヒーも飲み放題で、軽いおつまみ(カナッペ等)があるので、着いた日の夜はワインとおつまみで夕食が省略できた。到着したときに部屋にワインと果物がサービスされていました。

クラブフロアは他の部屋よりも宿泊代金は高いけれど、クラブルームの利用を考えるとお得。ホテルで一切食事をせずにカフェなどを利用したいとお考えの場合以外は、お勧め。

(困ったこと) アメリカなどのホテルより手狭。スーツケースを大きく広げることができない、という点が難点。

(支払い)クレジットカードはチェックイン時に提示を求められました。

(車椅子などの対応は?)車椅子の人も利用できると思います。

(子供連れでも場をこわさないか?)別にokだと思う
 


 
 
(名前) etsu et nino 様 (宿泊日) 2004年10月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数) 1泊

(部屋) スーペリア  フランス式2階 スクリーブ通り側
 広さはスーペリアにしては小さめな気もしたが、荷物などは十分広げられた。

クラシックかつ程よくモダンでセンスが良い。赤、クリームイエロー、アイボリーのファブリック類と、落ち着いた色調の家具。高級感あり、居心地のいい内装。WEB写真のまま。

入ってすぐ左側にウォークイン・クローゼット、中の棚にセイフティボックス、アイロンとアイロン台、姿見。
この中でもスーツケースは広げられる。

高さのあるダブルベッド、机、椅子、小さなテーブル、ソファ、半円形のサイドボードの中にミニバーとグラス類、その上に液晶テレビ。壁には鏡と、オペラ座の外観と見取り図の絵。

(バス) 明るくキレイ。広さも十分だが、広すぎることもなくて使い安い。ゆったりしたバスタブ。
シャワーカーテンはないが、シャワーブースがあるので問題なし。ドライヤー、ヘルスメーター、バスローブ、スリッパ有り。

(冷蔵庫) ミニバー有り。ソフトドリンクからシャンパンまで一通り。350ccのミネラルウォーターが7ユーロ。

(エアコン) エアコン有り。

(建物)どこも重厚感があってゴージャス。

(リフト) 広さはまあまあ、数台有り。

(レセプション)笑顔で感じ良く応対してくれた。

(レセプション以外の館内施設) = カフェ・ド・ラペ、ランチとティータイムのみのサロン、バー。
フィットネスセンター。カフェ・ド・ラペはメニューは、限られると思うがルームサービスでも利用可能。

(スタッフ) レセプションは英語堪能。日本語のできるスタッフもいるようだが会わなかった。ベルボーイも英語は大丈夫だった。

チェックイン、チェックアウト時ともに荷物を渡すと同時に引き換えのタグを渡してくれて、荷物の引き取りもスムーズ。レセプションで頼んでも、直接ベルボーイに頼んでもよい。

チェックアウト後荷物を一晩預かってくれるか尋ねると、快く応じてくれた。預ける時も引き取る時もたまたま同じ人がいたので、顔を覚えていてくれてスムーズだった。

(宿泊費)  277euro。
インターネット予約の早期割引料金、1ヶ月前には1ランク下のカテゴリーでも350euro位の料金しかなかった。迷っていたが3週間前に再度チェックすると、この料金が出ていたので、予約。予約と同時にカード決済。変更、取消し不可。

(予約方法)  個人で
 ホテルのWEBサイトよりインターネット予約。予約と同時にカード決済、確認メールがくる。チェックイン時に支払いに利用したカードが必要。

(アクセス) オペラ座の目の前。メトロのオペラ駅至近、バス停も多数。ホテルの入り口のあるスクリーブ通り沿いに、ロワシーバス乗り場。

中心地で、どこへ行くにも便利。プランタン、ラファイエット、ルーヴル、マドレーヌ寺院などいずれも徒歩圏。店もレストランも多数。

(ホテル周辺の雰囲気) 地理的に観光客狙いの輩は多いとは思うが、大通り沿いで夜遅くまで人通りが多いのでそういった意味では安心。個人的には、女性一人でも怖いことはなし。

(決め手) オペラ座での観劇が目的でのパリ滞在だったので、オペラ横の立地が1番のポイント。
観劇後徒歩で安全に帰れるところか、逆にタクシーで断られない距離にするか迷ったがサントノーレ通り、プランタンで買い物の予定もあったので、パリ着後オペラ座開演までの短時間で、効率良く周れそうな利点もあり、こちらを選んだ。
 

(良かったこと) オペラ座観劇にはこの上ない立地条件。観劇後、女性一人でも安心して帰れる。
パリ短期滞在の拠点には、観光にも買い物にも非常に便利。

オペラ座での観劇気分をより一層盛り上げてくれる、ゴージャス感。もちろん観劇後も余韻に浸れる。

(朝食) カフェ・ド・ラベで優雅な朝食を、と思っていたが、部屋にあったメニューを見て値段の高さにやめてしまった。

(客層) 日本人は思ったほどは見かけなかった。欧米のご年配の夫婦連れや、ビジネス客など。
大人しか見かけなかった。

(支払い クレジットカード可。AMEXで支払い。

(支払い 子供は場違いだと思う
 
 


(他の方へのアドバイス) = カフェ・ド・ラベを利用するなら、館内から入ったほうがいいかも。ホテルの宿泊客とわかったらギャルソンの態度がちょっと変わった。また、食事をとらないなら、ホテルラウンジのほうが人も少なくゆったりと静かに過ごせるし、スタッフのサービスも良いと思う。
 
 
 

 


 
 
(名前) のりまき1000 様(宿泊日) 2004年7月/8月
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(宿泊日数)  5泊

(部屋) スタンダード・ツイン
http://www.ltg-splendor.com/france/legrand/
にある、客室の写真左から2、3枚目のスーペリア・ジュニアスイートをだいぶ狭くしたような印象です。
新しさ、清潔さにこだわる方にはおすすめです。

 フランス式5階。内側の部屋だったので、景色は他の部屋の窓と空しか見えませんでした。

 ゴージャスというわけではないが、改装してからまだ1年ほどらしく、きれいで素敵。本を読んだりするには少し暗い程度。部屋の雰囲気からすると、やや狭い。スーツケースは2人分広げられますが、エキストラベッドは入らない。

 ベッドはシングルが2つがつけられている。液晶テレビ(PCのディスプレイなのかも)ではNHKも見られました。インターネットもできるようでした。

入り口の横にクローゼット(中にセイフティボックスと引き出し、ハンガーたくさん)、机、椅子、一人掛けソファ、ミニバーなど。

(バス) 白を貴重とし、とても明るく素敵なバスルーム。バスタブ(カーテンなし)とシャワーが別にあり、広さは十分、掃除もきちんとされ、とても清潔。シャワーのお湯は全開にしては出が悪いが、許せるレベル。

備品はシャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ソープ、ボディーローション、シャワーキャップ等。
歯ブラシはなし。スリッパは今まで見たホテルスリッパの中で一番立派でした。バスローブがありましたが、ひきずるほどの長さ。

(冷蔵庫)あり。冷蔵庫の中は普通のミニバーにあるような内容ですが、外で買った水やチョコレートなどを入れるためのスペース(水2本分くらい)があり、便利でした。水500mlが7euro。

(エアコン)エアコンあり。3段階の温度調節ができ、冷房使用時にカビ臭かったりもなかった。

(建物)落ち着いていて素敵でした。広くて、ソファがたくさんあり。

(リフト)8人くらい乗れるものが2基。建物が5階までなので、すぐ来ます。

(レセプション) 対応は人により、にこやかな人もそっけない人も。チェックインもチェックアウトも全く待ちませんでした。

(レセプション以外の館内施設) = エステあり。

(スタッフ)日本語OKのスタッフもいた。英語は私の話しかけた人は全員通じました。

(宿泊費) パック旅行でしたが、延泊代金が一室44,000円でした。

(アクセス) オペラ・ガルニエのすぐ近く。

(予約方法) ツアーなどで指定されていた

HISで。全て電話でのやりとりでしたが、特に問題ありませんでした。
 ル・グラン指定のツアーで、設備等の簡単な情報が、申し込み用紙と一緒に送られてきました。

(ホテル周辺の雰囲気) 23時頃までは、女2人で歩いていても特に問題なかった
近くにはカフェやレストランがいくつも。マクドナルド、ピザハット、スターバックスも。モノプリはオペラ通りを徒歩約10分。ギャラリー・ラファイエットも約5分。メトロの入り口にパン屋のPAUL。
ホテル1Fのカフェ・ド・ラペも遅くまで開いていました。

(決め手)  最近改装されていて、部屋がきれいだと思ったこと、場所が便利そうだったこと。

(良かったこと)  多少狭いながらも、清潔で快適。掛け布団もふかふかでした。

(朝食) ホテル1Fのカフェ・ド・ラペで朝食を取りました。ビュッフェ形式。たまご、ベーコン、ポテト、サーモン、チーズ、ヨーグルト、フルーツなどで、毎日ほぼ同じ内容でしたが、10種類ほどのパンと、生ジュースがおいしかった。日本食もありました。

とてもすいていたのでゆったりと朝食がとれてよかった。宿泊客が少ないのか、8時頃だと落ち着かないくらい、人が少なかった。(私たちは宿泊に含まれていましたが、30ユーロはちょっと高い)

(客層) 日本人を含むアジア系が割と多かった。

(支払い) カード可。JCBで支払い。

(車椅子などの対応は? リフトから遠い部屋もあるので、利用するときはリフトから近い部屋をリクエストすると良いでしょう。(玄関が階段のみスロープなしだったかも)

(子供連れでも場をこわさないか?) どちらともいえない
 

 


 
 
(名前) ブッキー2号様 
(宿泊日) 2004年6月

(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)
 

(宿泊日数) 3泊

(部屋) ツインにエキストラベッドを入れてトリプル 1泊めはスタンダード、2、3泊めはスーペリア
フランス式2階 窓から目の前にオペラ座が見えた

内装は白中心の壁で明るい。エキストラベッドを入れて、3人同時にスーツケースを開いても問題のない広さ。だだっ広くないけど、充分な広さ。外の騒音は特に聞こえなかった。

アメリカ調じゃなくて、ヨーロッパ調。しかし、重厚な雰囲気ではなくて、明るめ軽めな感じ。テレビは薄型の最新。(入れ替え作業を廊下でしていた)日本語放送あり。セイフティーボックスあり。ワードローブあり。

(バスルーム)スタンダードはトイレと一緒。広さ、お湯の出具合は問題なし 備品は石鹸、シャンプー
リンス、バスフォーム。バスローブあり。明るくて清潔感充分(窓もあったので、明るい。ブラインドをおろして使用) ハブラシ、歯磨きはなし。

2、3泊め以降のスーペリアは、トイレとバスが別々。シャワーブースがあったので何度もお湯のよごれていないバスタブにつかることができ、うれしかった。ドライヤーはどちらの部屋にもついていた。超地厚のバスローブにくるまってくつろいで、満足。

(冷蔵庫)有り。500mlのエビアンが7ユーロ。 他にも飲み物がいっぱい。チーズやお子も入っていた。品物をちょっとでも動かすとカウントされてしまう。注意とJTBの人にいわれた。

(エアコン) あり。壁につまみがついていて、操作は簡単。

(部屋について、その他) = 
スーペリアになったのはどうやらノルマンディー上陸記念式典がらみの団体がはいったため。レセプションから丁重に部屋替えの申し出があって、アップグレードだし、すぐ了解した。もとの部屋の通路には何々ご一行様こちらという立て札がたっていた。団体本体は見かけなかったが。

(パブリックエリア) ロビーは超豪華。ここにいるためには服装要注意。チェックインまでの間に、ウエルカムドリンクのサービスもあった(プチフール、マカロン等お菓子付き)
 
天井は、明かり取りのガラスのピラミッドがはめ込まれている。団体多しの情報を得ていたが、ロビーもレセプションも人混みはなくて、静かな雰囲気だった。

(リフト)4基あり。すぐ来る。大きさは6〜7人は充分乗れると思う。

(レセプション)チェックインはJTBの人が代行してくれたので不明。部屋替えのあとカードキーが1枚しかなかったので、もう2枚追加をお願いしたらすぐ作ってくれた。チェックアウトは、胸に研修中の札をつけた若者でしたが、てきぱきと問題なし。

(館内施設) フィットネスクラブが館内にあったようだ。グランドフロアにはカフェドラペが入っている。バーもあり。コンシェルジュも常時3人くらいいる。

(スタッフ) 日本語はこちらが使わなかったのでできる人がいるのか不明。英語は私が接した人全員が話せた。(頼まなくてもむこうから英語で接してくれました)きびきびとしていて、親切で感じがよい人が多い。

(宿泊費)  JTBを通したので不明。

(予約方法)  ツアーなどで指定されていた
 ホテル指定コースだったが、トリプルは直前まで取れるかどうかわからないと最初いわれた。1人部屋追加料金はとても高くなってしまうので、キャンセル料のかかる1ヶ月前までにわかるようにしてもらいたいとお願いしたところ、申し込んですぐにトリプルが取れたと連絡があった。これはとても助かった。

 最終的に払い込みをしたのはほぼ2ヶ月前。その段階でホテルはトリプルで確定。ホテルの簡単な情報ももらえた。ただ冷蔵庫ナシとなっていたのでその情報は違いましたが。

(アクセス)オペラ座のすぐ前なので、どこに行くのも便利。エッフェル、凱旋門、オルセー、ルーヴルなどすべてタクシーででかけたが、だいたい5〜7euro程。アメックスもすぐ目の前。案内所があり。ロワシーバスの発着点。

(ホテル周辺の雰囲気) オペラ座前は人混みが多いけれど、特に治安に不安は感じなかった。日没が22頃なのでなおさらそう思えた。15年前には集団子供スリにオペラ座前で囲まれましたが、今回滞在の3日間はたまたまかもしれないが、見かけなかった。

(決め手) 両親がJTBを使うと決めていたので、デラックスコースでホテルを指定できるのはルグラン
しかなかった。(札幌発着だったので選択肢が少ないのかも。)

(良かったこと) 部屋はともかくロビーが豪華。出入りの度にやっぱりうれしい。タクシー専用係がいるので、車を拾う心配がいらない。立地がよく、どこにいくのにも便利。
 

プランタンやラファイエット等デパートにも近い。買い物をして荷物が出る度に部屋にもどるのも簡単。そのたびに小休止をしたので、体が楽だった。団体が多いと思っていましたが、見かけませんでした。
ホテルの中にいる分には静かでよかった

部屋替えをしたら、ウエルカムドリンク、マカロン、ヴァローナのチョコ、タダの水、が置いてありました。おいしい、うれしい。

(困ったこと)ホテルを一歩でたら雑踏なので疲れる。大型ホテルだが、1ヶ所にしかエレベーターがないので部屋にたどり着くのが難しい。ベンゼン環のような構造。父母だけで部屋に戻ったら、案の定迷った。

(朝食) 地上階のカフェドラペが朝食場所。ビュッフェ形式で豪華。パンは10種類以上。コーヒーか紅茶か給仕の人がきいてくれ、何度もつぎ足してくれる。このカフェオレが香りがたかく、大変おいしい。

料理は卵料理、ハム、ベーコン、ポテトといった定番がずらり。チーズ類、スモークサーモンも美味。シリアルも4〜5種あり。

日本食はご飯(外米)、おみそ汁、漬け物数種、日本茶のパックあり(おかずも数種あり)。

果物は丸ごとのが10種類以上、皮をむいて食べやすい物も用意あり。これにフレッシュフロマージュ(ヨーグルトみたいなものです)を添えてたべたのが大変おいしかった。

生ジュースも4、5種あり。水もガスあり、なし両方おいてある。まわりの方もゆったりと楽しんでいて、優雅な朝食。スタッフも気配りがよくて、気持ちよくいただけます。3人だったせいか毎朝広くて見晴らしがよくて、いい席に案内してもらえた。

(客層) 西欧人がほとんど。中年以上の個人客が多い。ツアー客は見かけなかった。日本人は1割以下。朝食のレストランでちょこっと見かけたくらい。滞在中はあまり部屋がうまっていなかったのかもしれないが思ったより宿泊客をみかけなかった。

(支払い) 電話代と冷蔵庫の水だけだったので、現金払い。クレジットカートは使えるとホテル情報にはあり。

(車椅子などの対応は?) 玄関に3〜4段の階段があるが、ドアマンもいるし、サポートしてもらえると思う。車椅子の客も見かけました。あとは段差なし。リフトもひろいし、部屋もスタンダードでも広かったです。

(子供連れでも場をこわさないか?) 子供は場違いだと思う
 

(他の方へのアドバイス) = 便利だが、同じ料金ならもっといい部屋のホテルがあるのではと思う。

 


 
 
 
 
(名前) Vaion様 (宿泊日) 2001年
(個人評価) ◆◆◆◆(5点満点)

(部屋) スタンダードダブル/道路側 2F
ミョ−に広かった。入り口が2畳くらいで、ベッドルームが8畳くらい、バスが6畳くらい、トイレが2畳くらい。すべてその間にドアがありました。  

日本語のテレビ放送があります(衛星放送ではなかった。民放やらNHKやらを編集したものを日本よりすこし遅れて流してるといった感じです) 

(宿泊費) 21000円(くらいだったはず)
 

(客層)団体客が多かったようです。 
 

(朝食) ビュッフェ。イングリッシュブレックファーストと日本食(少し)の中から好きなものを勝手にとる。
 

(予約方法)アップル社を通して申し込み。
値段と場所を重視。

(決め手) 日本語放送があるところも考慮にいれた。 

(良かったこと) フランスは初めてだったので、オペラは便利でよかった。
よかったのは、部屋が広かったこと。思ったよりどこへいくにも便利だったこと。

(困ったこと) 朝食つきなのですが、朝食をどこで食べたらいいのかはっきり聞いておかなかったため、ビュッフェ(高い)で金をとられるんではないかと、途中までびくびくしながら食べた。(途中で聞いた)。 

下が工事中で夜11時ごろまでうるさかったこと。寝るのには支障なかったので、まあいい。


 
 
(名前) ソフィー様 (宿泊日) 2001年2月
(個人評価) ◆◆◇(5点満点)
 

(部屋)スタンダード・ダブル
バス付・中庭・1階 

最初に通された部屋は5階(と言うと聞こえは良いが・・・) エレベーター下りて行けども行けども着かないという 最果てのダブル。中庭側で静かで眺めはまあまあ。しかし、ベットカバーやカーテンがヨレヨレして、パリットしていない。

バスルームもシャワーカーテンは付いていないし、なんかボロイ印象。 「なによ、コレ〜」 早速、レセプションに電話し、ウイークエンド・・・の権利をアップグレードの選択にすると告げると、 「もうアップグレード済みだ」と言うので (600Fr増しのス−ペリア−ルームなんだそうな)

「じゃあ、本来泊る予定だった部屋を見せる様に」頼むと、 「なにがご不満なんですか?」と聞くので、エレベーターから遠すぎ(女性一人なんだから危ないでしょ) なんたって、あんなヨレヨレファブリックは安ホテル並よ。と言う趣旨をやんわりと

で、通された部屋は1階エレベーターから程近い所。ファブリックもパリパリ。趣味もバッチリ。バスルームもカーテン付いてるし、大理石風で改装済。色はオペラルームのピラミッドのガラス天井。  「こっちがスタンダード?」 「はい、さようです。」

日本人は文句言わないから、アノ従業員部屋もどきを『スーペリアー』と偽って止めてしまえ!と言う魂胆ではないかと疑ってしまう。ダマシかも。

(館内施設) 建築構造  最悪あんなにドデカイ建物なのにエレベータは1箇所。エントランスが1箇所。(裏口は締め切っている)  目の前にホテルがあるのにぐるっと一回りしないと中に入れない
 

(宿泊費)1,705Fr・ウイークエンドオファー(週末特別料金)でダブルマイレージ、を選択。(詳細上記)   (*又は部屋のアップグレードか朝食を選択も可)
 

(アクセス)交通・空港からロワシーバスで一本。 地下鉄駅バス停共に近し便利。

(レセプション)レセプションは感じ良かった。でもコンシエルジュは2人ともハズレ。

泊り客層は中流。日本人多し(団体ではなかったと思う。スマートな方達で気にならなかった。) 朝食はパスしたので不明。

(予約方法) 個人でオンライン予約。
予約などは特に苦労無し。オンライン予約後すぐにコンファームメールが来た。

(決め手) オペラガルニエにて2回のバレエ観劇のため、立地・至便を重視して選択。また、短い期間(2日間)で効率良くを考えて。

(良かったこと) やっぱり、オペラ座行き来は非常に楽でした。ソワレの後、カフェ・ドゥ・ラペで12時まで食事をしても外に出ないで、そのままホテル館内に入れるので安心。

マチネとソワレの間の短い時間にラファイエットで買い物して、ホテルに荷物を持ちかえることも出来た。

(困ったこと) コンシエルジュは2人ともハズレ。 まず。一人目の老人コンシエルジュは、ナント英語を話せない!  (アメリカ系のホテルなのに)

気を取りなおしてフランス語(下手なりにがんばる) 「オペラ座図書館はオペラ座にあるのか?」と聞いたら 「知らない」といってのけた!!! そのままやる気なし。ねばったら何処ぞから電話番号を聞出し「13区にある」という。「でも住所はわからん」という。 しかもこれは”ガセ”だった。やっぱり1区。オペラ座博物館内にあるのだ。

帰宅してからホテルのレシートをみたら、 この時の電話代の20Frが加算されていた。

2人目は20代後半ぐらいの女性。

チェックアウト後、預けていた荷物を受け取りたいと言うと、「ここではありません。外に出て右に曲がったところです。」

このクラスのホテルなら、普通はベルボーイに連絡して、取ってきてくれるものだとおもうんだけど・・(実際チェックインの時は男性のレセプションはそうしてくれたし。)   「え?私が取りにいくんですか?」  と聞くと「だって、簡単ですよ。すぐそこなんですから。」 だって〜。

そりゃ簡単かもしれないけど。一応「ベルボーイをお呼びしましょうか?」ぐらい言って欲しい・・・そうしたら私も笑顔で、「自分で出来ますからいいですよ」と辞退するだろう。

行くのがイヤなのではなく、 要は気持ちと姿勢の問題なのだ。 大事なお客様としてサービスするという・・・ 

結局自分で取りに行った後、今度は彼女に「荷物を詰め替えたいのですがロビーではまずいと思うので何処かよい場所はないでしょうか?」とたずねると、レセプションの男性と(フランス語で)相談している、男性が奥にひっこんでいったときに私が「トイレとかにスペースがあれば・・・」と申し出ると、「そうですか。では、そこ奥を右です。」という。

と同時に、レセプションの男性が出てきて「この部屋を使っていただいていいよ」とフランス語で彼女に言っている。

それを受けた彼女「トイレでやるからいいのよ。」

私とは英語でやり取りしていたので、フランス語は全く解さないと思っていたらしい。(そのくらいは解る)

ドライヤー  常備という条件だったのに、ついてなかった

シーズンオフで割安だったけど、それはよそのホテルも同じ。 シーズンオフ料金でも通常料金並のサービスをするのが妥当のはず。
はっきりいってサービスは普通以下でした。たまたまハズレだったのかも知れないけど。

(名前) POO様 (宿泊日) 2001年1月

日本からメールで予約。一番安い部屋の料金(朝食なし)だったけど、部屋はグレードアップ、朝食付、マイレージの加算などのサービスを受けて大満足!!

ホテルの朝食は充実しているが、日本人の多さにビックリしてしまう。こんなに日本人の多いホテルは初めて。日本にいるみたいだった。

最終日はとっても歩き疲れたから、ホテルのルームサービスを頼んだ。ルームサービスは、郊外のホテルが最高だなぁ〜というのが感想。

(名前) レジー様 (宿泊日) 2000年9月

1,950Fr。前回知り合いになったコンシェルジュの人にFAXでお願いしてGet、スペシャルサービスでひろーい、ひろーい部屋で洗面台も2台あり一人には勿体なーい!お部屋にちょこんと居た感じでした。 

(名前) az様

確か日本式4F。
お部屋のグレード、料金は良くわかりません。
ロビーは立派です。大変人が多く、ざわついた雰囲気でした。日本人はそこそこに見かけました。

部屋は清潔でしたが、無味乾燥日本のちょっと小綺麗なビジネスホテルにいるという感じで、正直、つまらないインテリアでした。

それから、ただっ広いバスルーム。(その分、寝室を広くすればいいのに)

日本語のホテル案内、日本語のTV放送もありました。どちらかというとビジネスマン向き?

窓の外は目の前にドーンとオペラ座が居座ってます。でも、あまりにも目の前過ぎて、しかも横から眺めても、それ程大きな感激はありませんでした。

朝食は、洋食ビュッフェと和食もありました。結構、充実していると思います。メトロの駅も目の前で、立地条件には不満がありませんでした。

良かったこと:買い物に便利な立地。メトロもすぐ近く。後は特にないです。本当に感動のないホテルだった
がっかりしたこと:やっぱり部屋の内装にがっかり。パリにいるんだから、こんなシンプルな内装じゃなくて、もっと可愛げのある家具や調度品を置いて欲しかった。ちゃんと個人で手配すれば、そういう部屋もあるのかもしれませんが。

(名前) tartinemaman様

このホテルは、とにかく場所が最高!オペラ座の目の前なのです。雰囲気も高級なのに気楽に過ごせます。ロビー奥の吹き抜けのラウンジは晴れでも雨でも(ガラスの天井)本当に素敵なんです。

部屋はさっぱり目のインテリア、なぜかトイレ&バスルームが10畳ぐらい、一人で入っても恥ずかしい気がしました。

こっそりのぞいてしまった大広間の豪華絢爛さには目がくらんでしまった。あれは、見物しておくべきです! 活気もあるけど高級感もあるお勧めホテルです。ただ、日本人ツアー客が、やたら多いのが、ちょっとかも

(名前) simi_jimi様

5年前の3月に泊。ホテルマンがとてもフレンドリーで楽しかったです。

ガラスのドーム型天井で感激でした。ブッフェ(昼間)がおすすめです。高級チーズがいろいろ食べられます。

ツインでappleかなにかのクーポンで、1部屋1泊3〜4万円だったと思います。
私の部屋は緑系の伝統的だけどすっきりしたデザインで、広さも割とゆったりしてましたが、お風呂はあまり広くありませんでした。

(名前) POO!!様

以前から「ここは便利な場所だし、良い感じだから泊まってみたい〜」って思っていたので・・・
個人でとったからか、グレードアップやさまざまな特典を付けてもらって良い気分になりました。・・が、日本人の多さにビックリしました。いつもプチホテルに泊まっていたので、外に出ない限り日本人に会うことはなかったのですが、朝食なんか日本のレストランに居る感じになるほどでした。 

トップ > ホテル > パリ 9区のホテル > 9区西 オーベール付近 > Le Grand Inter Continental >  2004年以前経験談