トップ > 日本のホテル > 東京のホテル > トレストイン日本橋
 
(日本橋) トレストイン日本橋
http://www.trest.jp/nihonbashi/index.html
 

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = シングル セミダブルベッド の部屋

(部屋の階&立地) = 10階ぐらい?

(部屋について(雰囲気など)) = 広さはHPの写真のとおり。12平方mとあるが、うなぎの寝床ではなく、若干正方形に近い形のせいか、また家具の大きさも適当だったせいか、そこまで狭小の12平方Mとは思えなかった。ただ、やはり家具と家具の空間はぎりぎりで、一人しか動けない。

普段、京間4畳半の書斎にいりびたっているので、ほぼ同じ大きさだったせいか、圧迫感がなかった。

中庭(勿論、本当の庭ではなく、パリのアパルトマンが囲まれたようなものと同じ)側。
向かいのホテル客室が見える。あけなかった。

窓はカーテンではなく、横滑りの扉戸。しっかり暗くなるし、冷気も防げる。女性が着替える際にも、大変安心。一戸建てなどで、洗面・脱衣所付近の窓にこういう扉があるといい工夫だ、と思った。

雰囲気はビジネスホテルとはいっても、築浅のため清潔で、女性が嫌悪感を感じるものはなかった。そう古くない建物で、掃除は我が家の書斎より行き届き、快適であった。

(部屋の家具・備品) = よくある作りつけデスク。小ぶりながらかなり計算されたもので、とっくり眺めてサイズなど量って写真も撮って興味ありそうな母にも送った。

他のホテルよりも調度の大きさが小柄な自分にあっていた大柄な男性には小さめだと思う。
ノートPCを開いてマウスパッドをおいて、横にA4書類を置いて、作業するスペースはある。
実際、窓からみた別の部屋の男性は、しっかり仕事していた。

デスク右袖の一部が、コロコロと引っ張り出すキッチンワゴン状になっていた。20cm幅に、うまく、こじんまりした湯沸しポット、インスタントパウダーのお茶2種、ドライヤー、マグカップが鎮座していた。場所をとるトレイより賢い。

同じデスクの半分は、角を切った荷物置きに変化しており、足元は空洞であるため、うまくゴミ箱2つ収納。若干出し入れはしにくいが、場所としては考えてある。また、デスク下と違い、足にあたることは防げる。

デスクには、大きな鏡。目の前にコンセント2つ。斜めにおいた20インチ薄型TV(一部ネットもできるらしい)。小ぶりの背もたれのない椅子。ただし、短時間作業むけ。

1泊2日でノートPCレンタル1,000円とあった。ただし館内にもIEのみ使える無料PCはある。
デスク引き出しにLANケーブル完備。

ベッドは120cmサイズ。もっと大きいベッドの部屋もある。私の基準=「小柄な女性が寝返り2回転できる」は合格。

ベッドはシモンズ製。しっとりした固めで、大変大変、寝心地がよかった。寝具は羽毛。毛布1枚よりはふわっと軽く温かかった。調節可能な大きくしっかりと点くベッドライト、足元ダウンライト、アラーム機能などあり。

デスクや一部家具は、角に剥がれや傷はあったが、不快を感じるほどのものではない。
大きな故障などは何もなく、手入れがされている印象。
 

(バスルーム) = 洗面はものを置くところもなんとかある。

全般的に2畳ぐらいで、手狭ではある。
小柄な女性ならくるくると使えるが、普通の体格以上の男性はけっこうきついだろう。

トイレがちょっと壁際すぎた。小柄な自分でも右半身が壁につきそうだったから
カーネルおじさんが座ると、たぶん50度ぐらい斜めむかないと、無理だ。

トイレットペーパーはカット部が2ロール分あって、おじさんたちの利用頻度や悲劇をよく承知し
対応しようと意識している。

常備される備品は、歯ブラシとコップ、手洗い用液体ボトル石鹸、備え付けボトルシャンプー。
ただ、女性とわかっていたためか、コットン+綿棒の袋もあった。

フロントで、チェックイン時にカゴのなかから
櫛、髪ゴム、ボディスポンジ、ひげそり剃刀、コットンなどを自由に持っていける。

女性客には、2種類からアメニティをプレゼントとあるが、
シャンプー、リンスのこぶくろや、ラヴェンダーのバスソルトなどあまりたいしたものではない。

ただ女性むけに別提供する選択肢も用意しているのは、過去の客の声に耳を傾け、
改善・工夫しているところがみられ、好ましかった。

バスタブあり。150cmの小柄な人間には丁度よかった。つまりは、あまり長くなく、かなり小さめ。
もっと狭いバスにあたったことがあるので、驚かなかったが、
普通の男性にも小さめだと思う。
カーネルおじさんだとお尻ぎちぎちぐらいのサイズ。

シャワートイレ全室完備。

(冷蔵庫) = あり。自分でスィッチをいれる。エレベーターに指示写真があった。時間がかかるようだ。まわりにコンビニが数軒、館内にプロントがあるので、すぐ冷たいものを飲みたい場合そちらを利用できると思う。

(エアコン、クーラー) = あり。パネルで個室ごとに家庭と同じように細かく設定できるのがよかった。温まるのが遅かったのと、またチェックインしても温まっていなかったのが残念。

ただビジネスホテルの客はチェックイン時刻がよめないから、エコ、経費カットの意味では仕方ないだろう。

(部屋について、その他) = 戸口、わずか30cmほどの空間(くぼみ)にハンガーコーナーをしつらえてあった。扉がないので、狭い入り口で扉をあけるために身体を避けたり・・といった苦心が要らない。うまく工夫してあったので、家を建てるときの参考にしようと思った。長いコートもかけられた。

靴磨き、消臭剤、洋服用ブラシ(かなり大きいきちんとしたもの)、靴べらなど。全室、ズボンプレッサーもあるらしい。

禁煙喫煙は予約で設定できる。だめなら、電話などで対応を依頼する。
加湿器もかしてもらえる。

(パブリックエリア) = 1階はレセプションと、朝食用の椅子や机20人ほど(扉続きのプロントからもらってきてそこで食べる)、天井からTV。

IEのみ使えるネットができるPC2台。たって使用する。印刷不可。憩うようなソファはない。

(リフト) = 2基。男性が5人ぐらい乗れる。よくマンションである大きさ。

(レセプション) = 女性2名。にこやかで、丁寧。電話、ネット、対応ともいずれも臨機応変で、好意的。たまたまスタッフが歩いて何かしようとしているときでも、近づいてきた客に声をかけたり、エレベーターのボタンを押してあげたり、とかなり気がきく。

気持ちのよい対応だった。電話にしろ声かけにしろ、決まり文句をツルツルというのではなく、
きちんと意味をこめた話し方だった。

(館内施設) = 1階に併設店舗として、プロントあり。外に出なくても繋がっている。
一見するとわからないが、ホテルラウンジにある(田舎の家にあるような)すりガラス戸をがらがらーっと開閉すると、店員に「らっさーい」と言われる。

プロントの提供する朝食セットが無料(宿泊費に含まれる)で、夕食などはカードキーをみせると20%引きになる。パスタ、ピザ、トリカラ、おつまみ、ちょっとしたアルコールなどが比較的健全?な雰囲気でさっさと味わえる(いわゆるプロントであるので)。

ただ、ここのプロントはオフィス街のせいか、土日祝の夕方は営業していないとのことだった。

他の階にコインランドリー。フロントはコピー・FAX、ランドリー、宅配便の機能。

フロントはどのスタッフもかなり好意的なので、聞くと調べたり対応を考えてくれそうである。

(宿泊料) = 朝食こみで、楽天から当日予約で5,900円ぽっきり。
ラックレートは7,800円、普段は6,900〜7,800円ぐらいで提供されている。

ただ、人気ホテルなので、出張者が多い時節などは、2ヶ月前から特定曜日・週は埋まっていることがある。逆にオフィス需要が減る時期は、頻繁にキャンペーン(楽天のポイント増量など)通知がくる。

ホテルHPからでもとれる。チェックイン時に前払い。チェックアウトは、カードキーを返すのみ。

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 楽天から。予約状況をみると、すいている週・曜日に見受けられたので、当日に予約。ビジネス需要に左右されるので、会議が多いような時期は、ずっと以前から埋まっていることもあるので、注意。

(アクセス) = 地下鉄 茅場町7番出口から1分。日本橋D2から5分。バス停もあった。

歩くのが苦でない家族は、八重洲口から歩いているそうだ。
http://www.trest.jp/nihonbashi/access.html

大通りから一本はいったところ。判るとほんの40秒ほどなのだが、きちんと詳しい地図でみておいたほうがいい。

大阪でいうと北新地の木曽路のような位置にあり、わかれば笑うほど簡単なのだが・・・
方向音痴族としては、悩んだ。道路づらからホテルが引っ込んでいて、ちょっとわかりづらいので、「プロント」の看板を探すほうが早い。

(周辺の雰囲気) = 周辺はビジネス街。コンビニや安い飲食店あり。土日は、当然ながら人も少なくおだやかな雰囲気。

(選択基準) = 好んで泊まるのは汐留か虎ノ門だが、今回は翌日、大江戸線で南北方向に動く予定だったので、こちらに。また、東京駅についた家族と、門前仲町のホームで待ち合わせできた。

家族男性ほか、複数出張族の推薦。一度泊まると、みなだいたい常宿になってしまうそうで、ここなら判りやすくて、北にも南にもとりあえず動きやすく、清潔、食事の心配がいらない、女性にも安心、コストパフォーマンスが非常によい、とにかく「これといって不満がないホテル」とのことだった。確かに納得した。

(よかったこと) = 女性が一人でも泊まりやすかった。2005年オープンとのことで、基本的に古びていなかった。

(困ったこと) = よくあることだが、一部予約サイトでは写真を広角でとってあり、実際より広くみえるので注意。

隣室の水音はある程度はする。ひどいほどではないが、7時ぐらいから ゴーっ という音はずっとするので、もう少し眠るのを諦めた。

(朝食) = 料金に含まれている。プロントの朝食セット(たしか380円とか書いてあった)をホテル側に持ちこむかあるいは店内で食べられる。

内容は トースト(品質は芳醇ぐらいの感じ)か大きめクロワッサンの選択、サラダ、ヨーグルトまたはゆで卵Mサイズ、任意のドリンク。へたにコンビニでサンドイッチとか飲料を買うより、同料金でけっこうコマシだった。

朝、降りてきたらフロントで朝食券をもらう。パンおかわり券も薦められるので、もらっておくといい。パンは、トースト+クロワッサンにしたり、 クロワッサン2個にしたりできる。ポールぐらいのMサイズのクロワッサンで、2個食べたら、案外満腹になった。

プロント側も気の利いた女性店員が多く、いろいろ希望をいうと、快く調整してくれる。

ドリンクは、ホット、アメリカン、ジュースほか沢山あった。メニュー表で選べる範囲がとてもひろかった。みなジュースやコーヒーなど色々選んでいた。

朝食会場は広いエントランスホールの「一部」なので、はっきりいって寒い。みな全体的にうすら寒そうにしていた。温かくして食べに行ったほうがいい。

フロントで朝日新聞を無料でくれた。閲覧用の各紙もあった。
 
 

(宿泊客の客層) = ほとんど出張らしき、20〜60代ぐらいの男女。専務とか常務とか呼びあっている50〜60代ぐらいの人もいて、ここ、安くてきれいでいいんだよ、タクシーも東京駅から1メーターでね、と話していた。

(支払い方法) = クレジットカード可。前払いなので注意。

(車椅子等の対応は?) = 1階道路側も段差少なく、広々している。基本的にいける。スタッフも親切。HPによるとハンディキャップルームもあるそうだ。

(子供連れでも場をこわさないか?) = どちらともいえない

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆ (当日割引価格なので。そうでなければ4つ)

(他の方へのアドバイス) = 移動と寝るだけだったので、家族の薦めなどで、ここにしたがコストパフォーマンスがよかった。もちろん、1泊1万円ぐらいするならちょっと不十分なので、よそにする。

せっかくタイアップ?かなにかで、プロントが入っているのでうまく使うといいと思う。

もっと広いデラックス・シングルや、ツインルームある。ツインはHPや楽天からはとれず、電話だけの対応とのことだった。今回のシングルルームにカップルや女性2人で泊まるプランがあるが、正直120cmとはいえ壁際でもあり、あまり室内は広いわけではないから、これはきついと思った。たしかに安いが。二人泊まるなら面倒でもツインルームのほうがいいだろう。

東京駅を使う人で、夜ついて朝出発だから、さくっと泊まって、さくっと腹を満たしたい人にはいいと思う。

(2009年12月 Chun3)
 
 
 

 
(宿泊時期) = 2007年2月

(泊数) = 1泊

(部屋) = シングル 日本式3階
部屋は狭いが清潔だったので、気にならなかった。外は窓を開けると隣のビル。白い戸が閉まっていたので、最初は気が付かなかった。

(部屋の家具・備品) = セミダブルベット、机、椅子、冷蔵庫、ドライヤー、電気ポット、カップ、ティーパック。

(バスルーム) = タオル大小各1枚。リンス・イン・シャンプーとボディ・ソープの設置式ボトル。
歯ブラシ。狭いので、バスにつかる気にはなれなかった。新しいので水周りはきれいで、お湯の出も問題なし。

(冷蔵庫) = 冷蔵庫はあったが、中身は空。

(エアコン、クーラー) = あり。自分で調節できた。

(パブリックエリア) = こじんまりだが掃除は行き届いていた。

(リフト) = 2基。5、6人乗り。

(レセプション) = キビキビして対応はよかった。女性客には、シャンプー&リンスまたは
 フェイシャル・マスクのプレゼントがあった。

(宿泊料) = 7,800円(無料朝食付)

(予約方法) = 個人で
インターネットで。すぐに確認のメールがきた。

(アクセス) = 地下鉄茅場町駅より徒歩2分。

(周辺の雰囲気) = ビジネス街なので、悪く無い。夜は、コンビニのある通りから入った方が道が明るい。

(選択基準) = 女性一人なので駅から近い事。

(よかったこと) = 地下鉄の駅から近かったし、そばにコンビニがあり便利だった。部屋は狭いが、値段の割に新しくきれいだった。一人で安く泊まれる宿を探していたので、また使うと思う。

(朝食) = 朝、レセプションに行くと朝食券をくれる。1階のプロントで見せると朝食が食べられる。クロワッサン、ヨーグルト、サラダ、飲み物又はトースト、ゆで卵、サラダ、飲み物のセット。
ちなみにメニューでは380円だった。レセプションでパン追加券も勧めてくれるので、それを見せると トースト半分又はクロワッサンが追加でつく。

(宿泊客の客層) = 出張客、観光客。女性一人客も数人いた。

(支払い方法) = クレジットカードは使えた。支払いはチェックイン時に行う。

(車椅子等の対応は?) = 段差はないが、廊下がやや狭いかも。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 別にokだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(他の方へのアドバイス) = 地下鉄の駅から近いので移動に便利だった。

( 2007年2月 イレーヌpop 様)

トップ > 日本のホテル > 東京のホテル > トレストイン日本橋