トップ > 日本のホテル > 京都のホテル > ウェスティン都 佳水園
 
 
(蹴上)ウェスティン都ホテル  佳水園(かすいえん)
http://www.westinmiyako-kyoto.com/guest/kasui.html
 
(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = 和室 1階(平屋)

(部屋について(雰囲気など)) = 
8帖+2帖  広縁に掃きだし窓があり、東山に続く木立が見える。

(部屋の家具・備品) = 
座卓、座椅子2、脇息2、テレビ、机、スタンド、控えの間に姿見。

広縁にテーブルと籐椅子2、冷蔵庫、ミニバー、ポットとお茶のセット
控えの間のクローゼットに浴衣、羽織 

床の間に、掛け軸と、季節の花。

(バスルーム) = 檜の浴槽、シャワー。広くないが清潔。トイレは別。
お湯の出は良いが、一番熱い設定で約42度。追い炊きできないので浴槽のお湯が
途中で冷めてきても、足し湯で熱くできない。
普段は問題ないのだろうが、強い寒波が来た日で、お湯が冷めやすかった。

(冷蔵庫) = あり。自己申告制のものがあるが、使わなかったので中はあまりよく見ていない。

(エアコン、クーラー) = あり

(部屋について、その他) = 
広縁には毛足の長いカーペットが敷いてあり、暖かく過ごせた。

(パブリックエリア) = 京都市指定文化財になっている、築50年の和風建築。
豪華ではないが、昭和の雰囲気が懐かしい感じで、落ち着く。

年代もののお雛様が飾られ、いい雰囲気。
川端康成の定宿ということで、額に入れた自筆の書が飾ってあった。

(レセプション) = 都ホテルのレセプションでチェックイン、チェックアウトしたが、
館内の細かい説明や滞在中の世話は女将が担当。非常に丁寧な対応で満足できた。

到着時、旅館のロビーで抹茶とお菓子が供された。

(館内施設) = 館内ではないが、敷地内に探鳥路がある。
今回は夜の間に雪が積もったので、朝の散歩ができず残念。

(スタッフ) = ドアマン、ロビー案内係を含め、到着時には名前を呼んで丁寧に対応してくれた。

チェックアウト後荷物を預けて観光したが、取りに帰った時もとても感じ良かった。

ロビーのソファで休んで無料の紅茶を飲んでいる間に係員が持ってきた。

(宿泊料) = 2食付 2名で40,000円
京都駅からハイヤーで送迎つき、ポーチのプレゼントあり

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = 一休.comから予約
宿泊2日前に送迎時間など確認の電話があった。

(アクセス) = 都ホテルの裏(山側)にあり、ホテル7階から外に出る通用路がある。京都駅へはシャトルバスあり(今回はハイヤー付のプランだったので、利用せず)。駅には、サテライト・コンシェルジュがあり、観光中荷物を預けられる。青蓮院、知恩院、南禅寺などに歩いて行ける。

(周辺の雰囲気) = 東山の麓で緑が多く、落ち着ける。

(よかったこと) = 母の誕生日祝いであることを伝えておいたら、夕食時飲み物とケーキのサービスがあった。部屋で摂った京フレンチもおいしかった。

(朝食) = ビュッフェを選択。京都なので和食をと思ったが、ついパン好きなので洋食に。パン数種、卵料理、サラダ、ヨーグルト、飲み物など一般的なメニューに加え、スムージーが2種類あり、おいしかった。

(支払い方法) = クレジットカード可  

(車椅子等の対応は?) = 日本建築のわりに廊下は広いので大丈夫と思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆◆◆◆

(2010年2月上旬  Assomption卒業生 様)

 
 
トップ > 日本のホテル > 京都のホテル > ウェスティン都 佳水園