トップ > ホテルの基礎知識 > ユース・節約旅行
  

ワカモノのフランス旅行
            
 2 Nov.2008 / 21 Mar.
11 Oct.2009   経験談追加、頁移動など 作業開始


もくじ 

25歳まではあちこち割引き!
列車も割引き
節約術・食事
ユースの基本的注意

いろいろな宿
 
ユース、ホステル、若者むけ施設、などいろいろな種類があります。
 

正確には ユースホステル協会 Auberges de Jeunesseの施設のみを「ユースホステル」というそうですが、最近はMIJEなども、世間一般では”ユース”と、ひっくるめて呼ばれることが多いので、ここでは、一般的な世間の俗称として広義で用いています。

経営の違いや特徴については、その手のHPで各自お調べください。

こちらでは、あくまで安くとまれる宿ということで、総括してユースとしてひとくくりに扱います。
 
 

在日フランス政府観光局 若者の旅
http://jp.franceguide.com/home.html?nodeID=118

パリ市観光局 若者の宿
http://www.parisinfo.com/hotels-paris/pour-les-jeunes/
 



 
 
いろいろな系列
 
Auberges de Jeunesse
AJ ユース・ホステル いわゆる 英語のYH
会員制

Maison International des Jeunes et Etudiants 
メゾン アンテルナスィオナル デ ジュンヌ エ エテュディアン  MIJEホステル
フランス政観では 滞在センター としています。研修や低所得者層・子供の旅行なども想定しているようです。

Bureau des Voyages de la Jeunesse 
BVJ 青少年旅行事務所
 

http://jp.franceguide.com/旅に出る/若者たちのバカンス/泊まる/ユースホステルと滞在センター.html?nodeID=427&EditoID=12003
に その他団体のリンクがあります。


パリの安い宿
 

1区 BVJ Hotel Louvre
4区 MIJE Maubuisson モーブッソン 
1人、2人部屋も マレ地区で散策にも○
メトロメトロSt Paul メトロPont Marie
4区 MIJE "Le Fauconnier"ル・フォコニエ
マレ地区で散策にも○
メトロメトロSt Paul メトロPont Marie
4区 MIJE "Le Fourcy" ル・フルシー
マレ地区で散策にも○
メトロメトロSt Paul メトロPont Marie 
5区 Hostel Young and Happy
ムフタール付近
メトロメトロPlace Monge 
6区 Jeunes Filles Uniquement 
Foyer Sainte-Marie URL
Notre-Dame des Champs 
Jeunes Filles Uniquement 
Foyer 44
Sevres Babylone 
7区 Jeunes Filles Uniquement 
Foyer Therese Chappuis
Vaneau 
9区 Vintage Hostel **URL Anvers 
11区 Auberge Internationale des Jeunes Ledru Rollin 
11区 Auberge de Jeunesse "Jules Ferry"
ジュール・フェリ
Republique
11区 Absolute Paris Hostel Republique
12区 Hostel Blue Planet  
12区 CIS Maurice Ravel Porte de Vincennes 
13区 oops! Hotel
イタリー広場すぐ
Les Gobelins, Place d'Italie
14区 Fiap Jean Monnet ジャン・モネ Glaciere
18区 Le Village Hostel  Anvers
19区 St.Christopher's Inns Paris URL #9566 
20区 Auberge de Jeunesse "Le D'Artagnan" 
ル・ダルタニャン
メトロメトロPorte de Bagnolet
Ami House #8966
Mairie de Saint-Ouen 
イル・ド・フランス地方
クリシー Auberge de Jeunesse, Leo Lagrange
レオ・ラグランジュ
メトロMairie de Clichy 
地方のユース
在日フランス政府観光局 ユースのためのページ
http://jp.franceguide.com/旅に出る/若者たちのバカンス/home.html?NodeID=118

安さもいいけど、場所・時間はよく考えて!
 

宿は、いかに便利な場所か、雰囲気が明るいか。旅行者は時間が限られてる上、身体も疲れている。場所が不便だと、それだけで時間と体力を無駄に使ってしまう。
(anchobique-hachi 様)
 
 

25歳まではあちこち割引き!
 

フランスの青年割引が各所でききます。
 (列車もワカモノ料金がありますし、美術館なども)
よくみなが取得される 国際青年証は 不要 です。
フランスは 年齢証明があればよいので パスポートコピーで十分です。
 
どこでもまず見せて、ジューヌ(=youthの意:ワカモノ)? と聞いてみてください。
予想はしていたが、フランスでは国際学生証よりも年齢がものをいう。
パリで出会った大学生は国際学生証を持っていなくても年齢を言えば、学生料金になったようですが、
私は国際学生証を持っていても、「26歳以上は大人料金です」と言われてしまいました。
(2004年9月 celica-lavende 様)
 

  

▲もくじに戻る
列車も割引き
 
フランス国鉄SNCFの、若者割引きがあります。
こちらもパスポートを見せれば大丈夫です。

ところが、若者割引きを使うより、往復割引きや2名割引き、
早期予約割引きを使うほうが 割引率が大きい便もあります。
 
検索してみると料金がわかります。
→ 詳細は  列車参照


 
ベルギー、オランダ、スイス方面に走る 国際特急タリス
YOUTH ユース 12歳から25歳のワカモノ。2等のみ。
フランス国内線、または通常の国際特急、TGV
BILLET CARTE 12-25 
ビレ・カルト
 
 
カード代 270Fのモトがとれるか、計算すること。
1) まず12〜25歳で、Carte12-25というカードを購入する。1年有効 270F。記名式のカードなので他人は使えない。写真つきの生年月日のわかる身分証明書(パスポートで可)が必要。
 
2)切符を買う際にカード(カルト)提示すると、購入する切符が割引になる。
 
TGV: すべての路線が 25〜50%割引
それ以外の列車: 
ブルーカレンダー発着便は 50%割引、ホワイトカレンダー便は 25%割引。 
 
BILLET CARTE ENFANT PLUS 
ビレ・カルト・アンファン・プリュ
大人に同行する小児料金。ただし子供4名まで適用。
 
定価の50%off。ほとんどのTGVとブルーカレンダーの列車(閑散時間帯)に有効。その他の便は25%off。
 
DECOUVERTE 12-25
デクーヴェルト 12-25
12歳から25歳

切符購入時に 写真と生年月日のある身分証明書(パスポートで可)を提示するだけで、1等・2等とも TGV25%off 在来線は青カレンダーの便は25%off
 
前もってカードを買う必要はない点が、CARTE12-25より おとくだが、座席数限定のためうまっているときは買えない。
  
 

DECOUVERTE ENFANT PLUS 
デクーヴェルト・アンファン・プリュ 
おとなが同伴する子供で、25%off。ほとんどのTGVとブルーカレンダーの列車(閑散時間帯)に有効。
自分の子供でなくてもいい。
 

 

       A)1年間有効みたいな(未確認)
        25歳までのカードを買って、それを提示すると
        切符を買うごとに割りびきしてもらえる。

        よくガイドブックやトーマスクック、フランス観光局HPに
        載っているのはコレです。 でも、券を買うのに270Frぐらいかかりますから、元がとれにくい。
 
 

       B)Aのカードなど不要で、駅で切符を買うときに
        年齢証明を見せて、若者料金体系にしてもらう。
 
 
 

       わたしは主にBのほうをHPで紹介しています。
       Aでもよいでしょうが、Aだと、モトのカードを買うのに
       数千円かかりますし、その分を取り戻すのに
    かなり周遊する方でないと、モトとれません。

       で、Bだと年齢証明するものだけで、窓口でおっちゃんが
       若者あるいは2名(デクーヴェルト・ア・デュ)料金に
       してくれます。
 
       便によっては、2名!といって買うと、
       2名割引きの切符のほうをくれることもあります。
       これは、若者割引きより2名割引きのほうが割引きが大きかった
       りしたセイです。

       最初に年齢と人数、クラスを言うとおっちゃんが適切な
       切符を判断してくれますので、紙にかくorSNCFのHPの
       出力を見せると楽チンです。

       だいたいのガイドブックにはAのことしか
       書いていませんので、混乱なさらないよう、、、、
 

▲もくじに戻る


節約術・食事
 
 
 
 

今回は観光したかったので、そのために食事を質素なものにしました。
 
■ 朝食

宿で出されるもの。アヴィニョンでは朝食が出なかったので、スーパーで一番安いシリアルを一箱買ってきて、それを毎朝、そのまま手で
バリバリ・・・。

■ 昼食

パンとりんご。朝食が食べ放題のところでは、パンをたくさんとって、それにまずバターやジャムを塗って、ペーパーナプキンでくるくる。
お弁当完成です。
 

■ 夕食

スーパーで一番安いパン・ド・ミ(3.70FFrくらい)か、
フランスパン(4FFrくらい)を買って、それを3日くらいで食べます。
それプラス、各都市滞在につき一回、10枚で11 -12FFr
ぐらいの安いハムを買います。この値段でなければ、ハムは無し。

あと、2日に1回くらい、アボカドを1つ。ハムとアボカドで、結構おいしいサンドイッチになります。旅の初めに安いバターを買っておいて、それをずっと持ち歩いて使いました。
 
プラスチックの容器に入っているものは、割高なので、紙でつつまれた安くて量の多いものを購入。この安いパン・ド・ミは、安いだけあって、パッサパサで非常にまずかった。でも、まずいものほど、少量でおなかが膨れるので、食費節約にはもってこいです。
 
フランスパンは、とってもおいしいのですが、3日目になるとガチガチになっていて、歯を鍛えられました。
 
■水

1.5Lで1.10FFrくらいのものを買っておいて、普段町歩きのときは、500mlのボトルに 少し移し変えて飲みます。

これで、パン、リンゴ(果物)、ハム(肉)、アボカド(あ、これって果物ですっけ?)で、貧しいながらも、一応食事の形にはなってるかな、と。ただ、アボカドは少し高め(1つ5FFrくらい?)なので(わたしの予算的には)、たまにこれを7FFrくらいのレタスにかえてました。
 
レタス用に、小さい5FFr前後の瓶のマヨネーズを買って、レタスをちぎって中に突っ込んで食べてました。レタスなら、ひとつで3、4日もつので、さらに経済的。野菜だし。少し物足りないときは、水を飲んでごまかします。
 
 
■ それでもおなかが空くとき

夜さっさと寝ます。朝食がついていないときや、一人の量が決まっているところなどでは、夕食用のパンをお昼にまわしてました。ハムとかは夕食のときだけですけど。
 
 

■他

質素な食事としては、キッチンを使えるときは、パスタを茹でて、塩をかけて食べます。長いやつじゃなくて、ペンネなど、ショートパスタのほうがいいです。バターを入れてもよいかな。
 
パンとハムばっかりで、調理したものをずーっと食べていないと、
この塩味の温かいパスタが 非常に非常に おいしいです。
 
どーしても魚が食べたくなったら、安い小さいツナ缶を食べます。
これも、油いっぱいの、安いやつでも、久しぶりだー、で おいしいです。

(はなはな様 2001年2月)
 
 

ご注意

 
牛乳や果物のジュースを飲む、というのも重要です。バランスをとってください。野菜は量が不足しがちなので、各自でがんばってください。

全体的にみて、旅行では カルシウムとビタミン、ミネラルが不足します。何日かに1回で、同じ食材からかためて摂取できるものではありません。毎日色々な食品から摂取しないといけない 栄養素です。

不足が、数日を越えると、体調に重大な影響がでます。ひどい時は、倒れたり、身体機能に不全がおこりますので、注意してください。女性はいろいろな面で将来的にもよい影響がありません。

とくに日本でなに不自由な食生活をしている人が 旅先で急に過激な節約食をすると、倒れますので、注意して下さい。

栄養剤で補給するというテもありますが、栄養剤だけでは、栄養は うまく吸収できないものもあります。

インスタントばかり主食として食するのも 栄養の急激な偏り、腎臓の機能不全がおこります。

管理人

 
 
紀行にも書いたように、歩ける距離はとにかく歩いて、
交通費をうかす、くらいですね。
 
 

タオルやパジャマ用のトレーナーもたまに洗濯
したかったので、数日に1回、洗濯機で洗濯してましたが、
それももったいない人は、下着などはこまめに洗い、バスタオル
など大きいものも、手でゴシゴシ洗う、もしくは、洗わず1ヶ月
がまんする、などすれば、洗濯代も浮きます。
わたしの友人に、まともな食事は宿の朝食と、朝食でゲットした
パンをお昼に食べるだけで、夜はやす〜〜いビスケットを
パリパリ・・・で、1日数円程度の食費で2週間、スペインで
旅を続けたツワモノがいます。
 
あまり体に良くないですが、ほとんど食費を使ってないので、
非常に安上がりです。ダイエットにもなります。

わたしの食費節約方法はこんな感じでしょうか。
フランスではやりませんでしたが、他国では、だいたい
インスタントラーメンを作って食べます。
これだと、中に何か入れても、せいぜい数十円で済みます。
 
 

▲もくじに戻る
 
若者・学生むけ宿の探し方
 
パリ観光局
http://www.paris-touristoffice.com/index_va.html
若かった頃はユースを泊まり歩きました。
おっしゃるとおり、昼間は一人でも夜帰ってきたら
誰かと話ができるという点で一人旅の寂しさがずいぶんラクなっていたように思います。
うまく気が合う人が見つかればディナーも一緒にいけますし。

でも、フランスのユースは割と辺鄙なところにありませんか?
町外れでバスにのっていかないといけなかったり。
ニースなんか思いっきり遠かったので私はあきらめました。
よかったな、と思えるのはカルカッソンヌで確か城壁の中にあり
安くて中世気分が味わえました。広い中庭がありそこでみんなと夜遅くまでしゃべった記憶があります。

その日の宿を確保するために長時間行列するのは、パリみたいにすることがたくさんある町では
結構時間の無駄遣いのような気がするので、予約できるのはポイントだと思います。
(ぺこ様)
 
 

ユースの基本的注意
 
【清潔さ】
YHAのユースは、たいがい、最低限のモノ(シーツなど)はきれいなので、たぶん大丈夫ですが、あまり期待して行かないほうが無難といえば無難です。実際、ホテルばりにきれいでオシャレなユースもあるかと思えば、ホントに寝るだけね、っていう、何もないユースもあります。

その他、きれい・汚い・いい・悪いの基準は、個人の判断なので、人の言葉をうのみにしないこと、が、がっかりしないコツでしょうか?(笑) まぁ、その辺は、特に「ユースだから」という心づもりではないと思うので、普通に考えられて良いのではないでしょうか。  (はなはな様)

【確認すること】
 
わたしがいつも、まず宿についてから確認するのは、キッチンの有無と、あった場合は、設備・清潔さ、ランドリーの有無、部屋の中のコンセントの有無、または場所、トイレ・シャワーの清潔さ、シーツの清潔さ、です。
 
シャワーを浴びる前に、必ず、各シャワーの水圧やお湯の温度を確認します。使い始めてから、ぬる〜いお湯しかでない、とかの場合は最悪(特に冬)。
 
部屋、または洗面所にコンセントが欲しいのは、クセ毛なので、朝ドライヤーを使わないと大変だからです。もし、ない時は(そんなことはほとんどありませんが)、その日のうちに町で何かしらドライヤー無しでなんとかできるモノを調達する必要があるのです。

キッチンの有無と、使い勝手をある程度確認しておかないと、スーパーで材料を買ってきたけど、実はコンロが壊れていた、なんてゆー時困りますので(経験有り・・・)。(はなはな様)

【食事】
 
朝食付きのユースのパンは、どこのもおいしかったです。いや、普通のフランスパンなんですけど、個人的に、パンはフランスパンが一番好きなもので。ジャムも、そんな大したもんじゃないんでしょうけど、おいしかったです。  (はなはな様)
部屋
 
部屋やシャワールームのこと。 部屋は基本的に女性ドミと男性ドミに別れてますが、あくまで「基本的に」であって、「必ず」ではありません。 混んでるときなんかはミックスドミになったりします。 他に空きがなかったら、レセプションに文句言っても「だって部屋がないんだもん」とか 言われるだけだと思います。

女の子の部屋に空きベッドがあればちゃんと部屋変えてくれますけど。 シャワーとトイレに関しては、男女別になってないところも結構ありますので、トイレで 男の人に会ってびっくりなさらないように。  (はなはな様)

人間関係その他
 
まぁ、ユースはお安く泊まれるので、それを頭に入れておけば、相部屋もすぐに慣れます。

ただ、たまに男を連れこむバカモノがおりますので、ひどいようなら、レセプションに訴えましょう。ちょっと立ち寄っただけ、というのも、もちろん良くないと思いますが、同室者との関係悪化を避けたい場合などは、許容範囲を儲けても良いかもしれません。関係ない人が、勝手に部屋に入るのは絶対いやーっ、という人は、そのように対応してください。
 
また、たまに、非常にキツイ体臭の男の人なんかが一緒になることもあるので、ガマンできないときは、適当に理由をつける、もしくは、正直にレセプションに事情を説明して、可能なら部屋を替えてもらいましょう。

あとは、深夜・早朝にチェック・アウト、チェック・インした場合や、外出先から帰ってきたときなどは、同室者に気を配るのは、わたしとしては当然のことかと思いますので、お互い気遣いあいましょう。
 
たまにいるんです。朝の4時半とか5時に煌煌と電気を点けて、普通の声でベラベラしゃべりながら荷造りをして出て行く人たち。わたしが遭遇したそのテの人たちは、悲しいかな、みんな日本人でした。(ちなみに、男を連れこんだ人たちは、フランス人、イギリス人、ドイツ人でした。)

ドミトリーがどうしても抵抗ある人は、シングルやツインなどのあるユースもありますので、そっちを利用すればいいかと思います。わたしはドミしか泊まったことないので、そのカテゴリのお部屋の様子はわからないのですが。
 
世界には、本当にいろっんなユースがあるみたいなので、たまには経験として、おもしろそうなところに泊まってみたりするのも、旅の色付けのひとつかもしれません。 (はなはな様)

チェックアウトは?
 
YHはチェックインの際に支払いもするので、何時に出ようがOKだと思います。 ただあまりにも早朝だとドアが閉まっている可能性があるので、チェックインの際に確認する必要があります。 (ぺこ様)
スーツケースでもOK? 防犯は?
 YHでスーツケースを持っている人は、見たことないです。 第一中身を広げる場所があるのか? 自分のテリトリーはベットの上だけ。 格安ホテルは大丈夫です。 あまりにも格安だとエレベーターとかないところがあるので重いと大変かも。 

YHではくれぐれも盗難にお気をつけください。 一応YHはびんぼー旅行者・バックパッカーの溜まり場なので そこにスーツケースで(特にでかいハードタイプのヤツ)でいくと それだけで金持ち〜と思われて狙われる可能性大です。 郷にいれば郷にしたがえ、YHに行くなら、バックパックかスポーツバックでみんなと同じ格好でいくのが一番いいのですが。
 
私はシャワーに行くときは、シャワーブースに貴重品全てビニール袋に入れて持ち込みました。トイレに行くときももちろん貴重品の入ったかばん持参。(パスポート、航空券、現金、カメラ、時計、めがねが私にとっては貴重品) 寝るときはもちろんそのかばんを枕代わりにして。 
 
そういうことさえ気をつければYHは安いし、いろんな人に出会えるし、金髪女性のヌードもみられて楽しいところです。←私は女性ですが、あのぬぎっぷりは目が点になりました。
 
もちろん女性は女性だけのシャワー、男性は男性のシャワーなのですよ。お部屋も別です。   (ぺこ様)

 
 

ユース利用しましたが、 でかいスーツケースの人もいました。 小さいスーツケース持ってた日本人もいたかな。 まぁ、ちょっと珍しいかもしれませんが、全くいないことはないですよ。 他国のユースではたまに見かけましたし。 
 
語学研修や留学の帰りに寄り道観光、とゆー人も時々いますので、 そーゆー人は、でかいスーツケースに背中にはバックパックという大荷物で来たりします。 わたしも前に一回スーツケース持ってユースに泊まりました。 別にスーツケース持ち込み禁止なわけではありませんので、気にすることないです。 
 
部屋の広さはそんなに心配しなくても、まぁ広げられるんじゃないですか。 広げっぱなし、ってワケにはいかないとは思いますが。 ちょっとくらいならなんとかなるでしょう。 
 

基本的に、ユースのドミトリーは、知らない人が出入りするので、荷物などがどーしても不安な人は、自分の責任で何らかの対策をとってください。
 
常に部屋の鍵を開けっぱなしにしているユースなどでは、本当に不特定多数の人の出入りが可能なので、場所に応じて、自分で対応をかえて下さい。「まぁ、そら盗られるわな、これじゃ」、くらいの気持ちも、少しは必要かと思われます。
でかいセキュリティが、常に数人で目を光らせているところもありますし、それらしき人を見かけないところもあります。   

盗難に関しては、まぁ自分の納得いくように気をつければ良いのではないでしょうか。 わたしの場合、パスポートなんかは常に腹巻に入れてあるので、もちろんどこへ行くにも一緒です(笑)。 
あとは、シャワーに行くときなんかは、サイフをポケットに突っ込んでおくくらいです。 正直言って、わたしの場合、あんまりそーいうことに神経使い続けてると疲れるので、ある程度放っときます。 

命とお金があれば、何か盗られてもなんとかなります。 「まぁ、盗られるわな、こんな出入り自由やったら」くらいのつもりでいますので、昼間出かけてるときも あんまりカバンの中にタオルとか目覚ましとかスリッパとか、片付けないで散らかしてます(笑)。 あ、でもシーツ交換のときに邪魔にならないようにはしてますけど。 今まで盗難にあったことはないですよ。(はなはな様 2001年2月)

▲もくじに戻る
パリのユース
 
 
MIJE
http://www.mije.com/
ネットで予約の件 いくつか条件あり、のようです。  
 ・年齢が18歳から30歳まで  
 ・到着の日からさかのぼって7日以内の予約は受け付けない
 (つまり2,3日前に予約してもだめですよ、ということ?)  
 ・当日のお昼12:00までに一度ホテルまで出向かねばならない。
 (それをしないと自動的にキャンセルされる)  
 ・ネットで予約できるのは4人部屋だけ のようです。
 一度サイトをジックリ調べてご確認ください (にゃんち様)

 

ユースのHP
http://www.fuaj.org/fra/index.html
文字コード を欧米・欧州、などに調節してご覧下さい。
 

予定が決まっていて、絶対に予約しときたい!っていうんだったら、
日本のユースの予約センター で、手数料を払ったら予約してくれます。
 
ユースだったら、英語で大丈夫だと思います。
フロントの人は(多分電話でも)英語わかるはずです。
私は、英語を満足にしゃべれない&公衆電話の使い方がよく分からないから、
現地での電話予約ができなかった
 
私が行ったとき、春はぜんぜん予約なしで行きましたが、
2人だったので、すぐに泊めてもらえました。
夏は5人だったし、シーズンで泊まる人が多いだろうと思って、予約しました。
夕方に満室と、受付に表示が出てたところもありました。
 
99年夏に泊まったパリ(北西の郊外で3泊)のユースは、シャワーが冷たいとまではいきませんが、
水道の水くらいの温度で、寒かったことがあります。
これは実際に使ってみないとわかりませんが、そういうこともあり得ります。
 
春も、寒かったという印象があまりないのですが、たぶん暖房があったと思います。
窓際に白色の、幅3メートルくらいのひだ状のものがあって、洗濯物を干していました。(kamechan様)
 
 
心配性の私としては、ユースの予約を現地で電話ではできないのがちょっと不安でした。
電話しても、「直接来て。問題ないから。」と言われました。
(hippopotamas57様  2002年2月下旬〜3月上旬)
▲もくじに戻る
地方のユース   それぞれの地方の頁をみてください。
Special Thanks to Hanahana sama!

トップ > ホテルの基礎知識 > ユース・節約旅行