トップ > ホテルの基礎知識 > ユース・節約旅行 > パリ1区 BVJ Louvre
24 Mar.2012 経験談追加
 
(パリ1区)  BVJ Hotel Louvre  BVJ ルーヴル  
(Bureau des Voyages de la Jeunesse 青少年旅行事務所)
音あり http://www.bvjhotel.com/
(泊数) = 2泊

(部屋のカテゴリ) = ドミトリー

(部屋の階&立地) = フランス式4階

(部屋について(雰囲気など)) = 約6畳。窓あり。早朝と夜の暗い時間しかいなかったので昼間の明るさはわからない。

(部屋の家具・備品) = 鉄パイプの2段ベッドが2つ。はしご無し。シーツ料金込み。薄めの毛布一枚。洗面台。棚。鍵をかけられるようなロッカーはない。

(バスルーム) = トイレ、シャワーは共通。部屋の外。まあ普通。

(冷蔵庫) = 無し。

(エアコン、クーラー) = 不明。だが、部屋は寒すぎず暑すぎず。

(部屋について、その他) = 余分なものは何もないユースの部屋。無機質風。

(パブリックエリア) = インターネット、共用エリアロッカーなどなんでも有料。ロビーは高い天窓があり、明るく、開放感ある。

(リフト) = なし。なので、いちいち階段でフランス式4階に上るのは大変。

(レセプション) = 普通の優しかった。

(館内施設) = ロビー。コイン式インターネット。

(スタッフ) = 英語可。日本語不可。

(宿泊料) = 朝食、シーツ込で29ユーロ/泊

(予約方法) = 個人で

(予約方法、ホテル側の対応) = Webの予約フォームを送ると、仮予約のメールが来た。宿泊3日前までに到着時間など再確認メールをこちらから送ると、返事が来る。クレジットカード・ギャランティーは不要。

(アクセス) = レ・アール、ルーヴル付近の駅が複数近くて便利。早朝RERのB線に乗りたかったのでここに。

(周辺の雰囲気) = レストラン、食料品店、スーパーなど何でも近くて便利。正面にルブタンがある。夜遅くまで付近の飲食店がいくつも営業しているので、深夜でも危険を感じなかった。

(ホテルの選択基準) = 1人で寝るだけなのでお金をかけたくなかった。RERを夜遅めと早朝に使うため、シャトレ・レ・アール駅の近くの宿にしたかった。

パリはホテルが高いので、下手な安ホテルのシングルよりユースよいと思った。

BVJは盗難が多いようなので、買い物目的であった自分は荷物の管理に気を遣った。
一応被害は何もなかった。同室者によっては部屋のカギ(カードではない)の管理はかなりいい加減になる。誰でも部屋に入れてしまうので、確かに荷物ごと盗られかねない。

(よかったこと) = 立地。

(困ったこと) = フランス式1階〜4階に部屋があるはずだが、みんな4階に上っていた。
他の階の部屋は本当に使われているのだろうか?

部屋に鍵のかけられるロッカーがない。

(朝食) = 20年前に泊まったときより若干グレードアップしていた。
バタール、ヨーグルト、飲み物、ジュース、シリアル。

(宿泊客の客層) = 18〜35歳、となっているが、それ以上の年でも全く咎められなかった。客は若い学生が多かった。

(支払い方法) = 現金のみの模様。

(車椅子等の対応は?) = 階段しかないので難しいと思う。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆

(他の方へのアドバイス) = メリットは立地と料金のみと考え、設備は
くたびれていて何も期待をしてはいけない。寝るだけならよい。

その料金も、他都市と比べるとドミトリーとしてはコストパフォーマンスは悪い。

盗難、設備など悪評の多いユースであるが、ユースに慣れている人なら許容範囲だと思う。

HPには載っていないが、BVJ Operaがオープンしている。他の人の情報によると設備はやはり新しいようなので、そちらに泊まってみたい気はする。
場所はサンラザール駅すぐ近く。

( 2011年11月 ケロッピ123 様)

(泊数) = 1泊

(部屋のカテゴリ) = ドミトリー、4人部屋 フランス式2階

6畳ほどの部屋に、洗面台と荷物置き場、2段ベッドが2。部屋の外に、トイレとシャワールーム。男女別。

(バスルーム) = ボタンを押すとお湯が出てくるが、出る時間がほんの数秒しかないので不便だった。

(冷蔵庫) = なし。

(エアコン、クーラー) = なし。

(パブリックエリア) = 地上階のロビーで朝食が出る。今回は早朝に出発したため食べなかった。飲み物の自動販売機が置いてあった。

(リフト) = なし。

(レセプション) = 普通。

(館内施設) = なし。

(スタッフ) = 英語可。

(宿泊料) = 27euro

(予約方法) = 個人で
 直接出向いて問題なく宿泊できた。

(アクセス) = ルーヴル美術館まで徒歩約5分弱。

(周辺の雰囲気) = オープンカフェ風のレストランが何軒もあり、悪くない。

(選択基準) = 宿泊料金の安さ。

(宿泊客の客層) = 学生中心。

(支払い方法) = 現金のみ。

(車椅子等の対応は?) = 対応は特にしていない様子。

(子供連れでも場をこわさないか?) = 子供は場違いだと思う

(コストパフォーマンス) = ◆◆

(他の方へのアドバイス) = あくまでドミトリー。メトロの駅が近く、交通至便。
 

(2008年7月 ドラ・ら・えもん 様)

トップ > ホテルの基礎知識 > ユース・節約旅行 > BVJ Louvre