トップ > ツアー・代理店 > ツアー選びの基礎知識とアドバイス > P
 
 

◆客側の不安や希望や期待をくみとり、そして旅の実際(机上データではわからない微妙なところ)を よくわかって指摘・アドバイスしてくれる担当者に出会えることを、強く 祈る。
 
 
JTB
(ツアー選びのアドバイス) = 大手の会社だと、飛行機の座席を多く確保しているので、予定の日に飛べる確率は高い。が、かなり事務的に事を済ませるので、女一人旅だから治安のいい場所にホテルをなんて気の効いた事は全くしてくれません。

小さい会社でも、事細かに相談にのってくれるようなところが良かったのかな?と今では思います。
 

(2005年5月中旬  snoopeanutus 様)

STワールド

(出発前のトラブル) = 最初アヴィニョンに宿泊するつもりでホテルの空きを確認してもらった。ST社から「理由がわからないが契約しているホテルが全て満室なので、アルル宿泊に変更してもらえないか」と言われた。

その時は評判のいい、空の旅社ともメールのやりとりをしており、7月に演劇祭があるのでアヴィニョンのホテルは予約できないことを、聞いていた。

ST社は現地の状況をあまり知らないのかと驚いた。

もともとのツアーから少しアレンジを加えて、ニース→アルル→アヴィニョン→パリでTGVを手配してもらった。が、担当者の勘違いでニース→アルル→マルセイユ→パリと手配されていた。

変更してもらおうと連絡すると、出発まで時間がないので自分でアルル→アヴィニョン手配してくれと言われた。(返金はされた)
( 2005年7月初旬 にこにこmon 様)

 


 
 

 

◆よく考えたら 添乗員でないかぎり、代理店担当者が全都市・全ホテルにいったことがあるわけは・・・・ない。(旅行リピーターも中にはいるだろうが)

どこの業界に入社した人もそうだけど、いずれも パンフやデータや情報だけをみて 「駅から近いと便利ですよ」「雰囲気は・・・・悪くはないですよ」 と 勉強したこと、受け売りを述べることから 始まる。でも旅行手配は我々にはソレでは困る。航空、ホテル、移動など不安がいっぱい。ひとつでも、損やババは引きたくない。

素材の選別、組み立てのために、コーディネート、相談、といったことがしっかりできる、提案力のある担当者をぜひみつけたいものだ。

旅行経験のある担当者とか、客のニーズにみあった手配ができる担当者、専門の会社にあたると大変ラッキーで、値段以上のフォローを受けられる。こういった会社には、えてしてリピーターがつく。
 

よって、まず 「身近なリピーターを探し、その人が日ごろつかっている担当者を紹介してもらう」方法を もっとも おすすめします。 彼らリピーターはなんといっても  旅の手配を ”依頼するプロ” なのだ。
 

(代理店・ツアー催行会社への要望) = ツアー会社にあまり求めるのは無理がある。

はり旅行会社の 「窓口担当者が行ったことがない場所の情報」は、ガイドブック程度になってしまうのだと思う。

以前は「なぜ旅行会社は何も教えてくれないのか?」と思っていたが、今は納得している(あきらめている?)。結局、自分と感覚の似た人のクチコミが一番ということか。

(黒糖リュパン様 2004年6月)

JTB ジェイ・ティ・ビー 旅物語

パリヴィジット1日券(ゾーン1-3)が付いているのを読み流していた私は、現地係員に渡されたとき、理解不能だった。
 
「何ですか?これ」
「お申し込みされてますよね?」
「あ、付いてるんですツアーに」

「これは電車の乗り放題券です」
「え?乗り放題!? どのくらい(期間)ですか」
「ずっとですね」
「ずっと!?」 
「あ、違いますね。。。えーーと1日ですね。。。」
「これでヴェルサイユ(RER-C線)行けます?」
「ちょっと待ってください・・・ えーと(と言ってチケットを見る) 行けますね、
ヴェルサイユ行けます」
「やったー」

・・・なんて後で調べたら、ヴェルサイユは ZONE4 じゃないですか。
(もらった 1-3zone の券では) いけないんですよ、これじゃあ。

そういえば彼女は「あ、あの建物なんですか?」という問いに「教会です!」 そんなのは見りゃ分かるんですよ、ホテルに近いだろうから聞いているのに・・・。
ちなみに正解はサン・トーギュスタン教会。

(ハノイのちゃわん様 2002年11月)

支店で対応する社員の接客態度を、あらためてほしい。申し込みがちゃんと出来ているか心配だった。あまり頼りにならない

(いなにゃおこ 様  2002年12月中旬)

 

◆ちなみに いま日本で 一番おそろしい”プロの旅行者”は 60〜80歳代だ

裕福なレベルにある人は、年間かなりの数のツアーにいって、ほぼ世界や日本いったことないとこないわぁという人が ぞろぞろ いる。

彼女たちが ”Tは人数多いで。でも安い”とか ”Jはやっぱりええし 文句ゆったら ちゃんと なんとかしてくれるわ”というとき かなりの直感・体感的(&ちょと独断はいった)裏づけがある。添乗員つきツアーなどの場合は、年配者にもしっかりヒアリングしてみよう・・・・中身とコストパフォーマンスを 正面がっちり組んで味わっているのは、文句なく彼らだ。
 

◆穴場?な支店。

土日もあいているところ(支店)、ひまな支店、が おすすめだ。

百貨店やホテルの中にはいっている支店とかもいい。
新婚旅行客などがメインなので、たいがい 物腰がよい。通りすがり客がすくない。じっくり相談したいときには むいている。
 


◆旅行業界は、インターネットの登場で、大きな転換期に直面している。個人が自分でホテルや航空券を予約できるようになった。商社、小売業といっしょで、間にはいるからには それなりの付加価値、対商品ではなく対顧客のプロとしての力量をそなえ、簡便なシステムや顧客にやさしい申し込み方法など完備していかないと、淘汰されていくだろう。

おもいっきりシステム整備された幅広い品揃えの店、素人旅行客を親身になってフォローしてくれる店、みんなが欲しいサービスを生み出してくれる主催会社などが、生き残っていくように思う。

こういう代理店、担当者が居ないというわけではないが。こういうのが全担当者にびしっとシステム的にもいきわたって、しつけられた、プロ集団なり、認定なり、この点を強くアピールするような会社にもっと全面に出てきて欲しい。
 
 

JTB
(出発前のトラブル) = ホテル周辺の状況を、旅行代理店のJTB店員が知らない。

即答を求めない、必ずツアーは申し込む、と言っても「契約しないと調べない」と言い張る。ただし、大きな支店に電話をすると教えてくれるので、店員とその店の問題だと思う。
 

(旅の手配で困ったことは?) = 頼んだ旅行代理店の担当者の手際の悪さ、求める情報を与えない態度。

オペラ地区のBグレードホテル(ホテル指定なし)かコンコルドラファイエットかで迷った。決定に当たり、後者界隈の情報が欲しかったが、「契約しないと調べない」と一言。

「旅行には行くが、ホテルで迷っている」と言っても態度は変わらない。即答は求めていないが誠意が感じられない。他の従業員に相談することもなかった。これでは旅行代理店へわざわざいくメリットがない。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) = 上記旅行社の大きな支店(海外と国内担当の電話番号が異なる所)数店に上記と同じ事を電話で聞くと、わかる限りのことを即答。来てもらえればもっと相談にのれるのだが、とすまなそうな点も、好感が持てた。

( satole-pi.noir 様  2004年12月)

JTB

(代理店・ツアー催行会社への要望) = せっかく現地係員が日本人なので、日本人向けの「手作りの情報」がほしい。せめて宿泊ホテル周囲のスーパー、食べ物、酒、レストラン等のマップがあるとうれしい。旅の目的を申し込みの時に聞いてくれて、それに沿った案内があるとうれしい。
(2004年12月 keromasa様)
 

観光施設のお休みの日やアクセスなど。 web、観光局の資料を見ても、問い合わせをしても不明なことがあり、 調べてもらえないか依頼した。 あまり期待はしていなかったが、やはり「わかりません」という 返事であった。 それにメジャーな観光施設以外の情報はあまりもっていない? (失礼!)ようであった。 
 
また、わざわざ現地の支店などへ問い合わせる、ということも してくれないようだった。 (当然のことかもしれないが) 

現地に着いてから現地係員に尋ねても、無駄であった。 支店で調べてもらえる風でもなかった。 
まあ、レストランのクーポンやオプショナルツアーの販売が 目的であろうから、聞いても無駄か、とも思ったが。 (ヒガミが入っています、すみません) 

もう少し柔軟に対応してほしい。 
(Blanco様 2000年10月-11月)

初めて代理店を通さず、JALのHPから直接航空券を予約・購入。
予約から発券までがスムーズで、ルーズな代理店に当たってしまったときのように「出発間際なのに、幾ら催促しても航空券が送られてこない!」とか気をもむことがなく、楽だった。
(しじま723 様)
 
 

JAL悟空のネット予約は最高! GWのようなハイシーズンは格安チケットと変わらない値段で、ネットでさくっと予約できます。おまけに、クレジットカード決済は、電話で番号を伝える方法も選べて、メールで番号を送るというリスクを避けられます。

さらに、宅急便でチケット配達可。送料はJAL負担。旅行代理店のカウンターで待たされることなく、チケット取りに行くのに足を運ぶこともなく、とっても便利。しかも、マイレージが格安チケットよりたくさんつ
きます。おすすめです。
(labandite 様)
 

鹿児島〜関空前泊。最初は、JTBのパッケージツアーで予約していたのですが、ネットで調べたら、同じホテル(日航関西空港ホテル)利用で、ホテル独自のインターネットキャンペーンをやっていました。

航空券の早割と組み合わせたら、一人3,000円位安くなりました。(帰りの関空、伊丹間のバス代が出て、ちょっと嬉しかったです。)

パッケージツアーが安いという感覚は、もう通用しない。何事も調べる事なのですね。
(ボクサー犬もも 様)

 

 
 
トップ > ツアー・代理店 > ツアー選びの基礎知識とアドバイス > P