トップ > ツアー・代理店 > ツアー選びの基礎知識とアドバイス > G オプショナルツアー
 updated on
  
 
 
◆たくさん 後付するなら、最初からふくんだツアーを探す

この数年ほどで、フランスのオプショナルツアーは 半日もの 3,500円→6000〜7,000円 に値上がりした。
1日ものは 前が7,000円程度→14,000円〜17,000円程度まできている。

数年以上毎シーズン価格を調査しHPを更新しているが、すさまじい値上げで、もう すでに感じるコストパフォーマンスはかなり悪い。同一所帯のものが同行するとすごいことに。
 

ヴェルサイユ、クルーズ、ディナー、モンサンミシェル、、、OPツアーをつけていくと 高くなる。それなら最初から付いたツアーを。本体のツアーはやすくても、ヴェルサイユとモンサンミシェルとナイトクルーズ、ファクトリー訪問・・などプラスしていくと相当の値段になります。日程もタイトになる。

よって、目的があるなら、最初から それが含まれたツアー をえらぼう。結果的に安くつく。パリはかなり商品が豊富なので、探せばある。
 
 
 

STワールド

【ツアー名、商品名】 = フランス世界遺産めぐり ロワール・モンサンミッシェル・ヴェルサイユ宮殿

【どうしてその商品に?】 = 行きたかった場所3つが最初からオプショナルツアー(パリヴィジョン)で含まれていた。団体ツアーではなかったので。

個人手配で3つのオプショナルツアーを申し込む場合と比較しても、安かったから。

【旅の手配でよかったこと、楽だった点は?】 = 代理店との交渉。3つのオプショナルツアーが付いているパッケージだったので、ホテルや航空券も合わせ、結果的に自分で手配するより安く付いた。交渉窓口が1つのほうが楽だった。
 

【出発前のトラブル】 = 担当者も人によって 「差」があり、いい人にあたれば色々我侭、融通を効かせてくれ、ホテル代のディスカウントや日程指定付加のオプショナル参加日も指定を聞いてくれたのでよかった。
(がーべらテトラ 様  2004年4月)
 
 

 ”1名催行!立地抜群のプチホテルに滞在 パリ8日間”
とにかく安い。94,000円で 地下鉄切符5枚、ホテル空港間送迎、ホテル6泊、朝食6回、 
往復航空運賃  がついていた。モン・サン・ミッシェル 1日観光、ヴェルサイユ 半日観光、ロワール1日観光(以上は旅費に含まれていた) ホテルがオペラから3駅!近すぎる。

(ゆうとも様  2002年2月下旬)

◆よくわからんなら ツアー、 こだわり派は個人で。

ガイドがあることは、日本人にとって非常に有益で、歴史や文化、美術のことを 聞くだけでよいので、好評な声が多い。いっぽうで、とくにお好きな人にとっては、時間が足りないとか好きにもっとじっくり見たかった、という声が多い。

ツアーなどでいって解散・離散したり、 街や美術館独自のガイドツアー(英語か仏語が多い) に参加する、 本や参考資料をみて予習しておく、という手もあります。

 


◆引き算のツアーも。

思うものがない・・・という場合、必殺「引き算」。つまり 目的がかなり含まれたツアーを申し込み、その際、この日のパリの観光を「放棄」「離脱」する、一部を変更してもらう、という手があります。ただし主催上の責任問題などもあり、不可能なこともあります。

日本でおもうものがない場合は、現地支店、現地の代理店などにて アレンジ、あるいは商品を購入することもできます。

(もちろん自分で全部組み立ててもかまいませんが)
 
 
 
 
 

ANAハローツアー

ユーロスターを1等に変更しましたがすんなり受け入れてもらえて、うれしかった。食事や車両の雰囲気が豪華でした(2等と比べて)

(2003年8月 ハムちゃんぱりりん  様)


 

 
個人旅行なら、町の路線バスに乗って周ってみると安いです。
JTBだから、と選択する人も多いようですが現地観光は、現地係員・現地の下請け会社のガイドの事が多いです。後日客からクレームがいくと、代理店からの仕事がなくなるので、こわいのだ、と
聞きました。
 
現地でも専従社員で通している会社(阪神航空など)もあります。
最近、日本語ガイドがうるさいという理由で、ローマ・ヴェルサイユ・ルーブルで、
イヤホンガイドの導入も始まりました。

またローマ・バチカンでは、雇用確保の問題からか? 現地では現地ガイド
(日本人、でなく日本語係員)を雇うケースも増えているとの説明でした。
 
 
 
 

催行人数と曜日
 

少ないと催行されないものもあります。
同じツアーを安く?!
 
実は現地の会社が催行しているものを代理受付しているものがほとんどです。直接頼んだほうが大体は安い上、もっとイロイロな種類があります。もし希望のオプショナルツアーがないなら、その手の催行会社に問合てみましょう。フラツーでは 催行先のURLや価格も明記しています。希望の地域のバスツアー情報をみてください。
◆OPツアー 現地にいってから決めるか、 予約をするか

G.W.、夏休みや冬休み、お盆、といった 日本人のピークに 日本語ツアーを申し込みたいなら、基本的に事前予約をおすすめ。ヴェルサイユ、ロワール、モン・サン・ミッシェル、ジヴェルにーなどは すぐいっぱいになる。
 

現地にいってから状況をみて、、という人はもちろんそれでいい(ただし、満員だったらいきたくてもいけないのは事実。)

3,4人でいくなら、1台専用車やガイドを借りる手もある。

代理店に一緒に申し込んでもよいが、日本・パリのクレジットカード会社のデスクや ホテルの人にも頼める。もちろん今はネットやFAXでも頼める。割引もきくので、少しでも安くしたい人は ふらつー「オプショナルツアー」から 検討してみよう。
 

いずれにしろ申し込む前に 最少催行人数、 キャンセル規定は確認。
 


(旅の手配で困ったことは?) = オプショナルツアーが成立するかどうかぎりぎりまでわからなかったので、自分で手配しようにも動きがとれなかったのが困りました。

(2004年6月 藤枝明里 様)


 
 
 
 
トップ > ツアー・代理店 > ツアー選びの基礎知識とアドバイス > G オプショナルツアー