トップ > ツアー・代理店 > ツアー選びの基礎知識とアドバイス > A 日程や料金設定で わかること
 updated on

 
A  日程や料金設定で わかること
◆意外に おとくなのは、料金設定が ザルな 商品
つまり だーっと 1月が 全部AAAAAA料金とか (例:JALパック AVAがよい例)  2月がBBBBB料金とか
とにかく設定がむちゃくちゃ 「粗い」もの。

これだと金土日とか人気のある連休前などでも、意外にそう高くならない。

AVAは 鷹揚というか、在庫ホテルのどれになるかも かなりザルだが(笑)、2〜3月のヴェネツィア、ニース (カーニヴァル)に行きたいけど、商品価格がハネあがって・・・というとき、AVAが ざっくり低価格だったりする。

出発時期がきまっていて、うーん高い・・・・と悩んだときは、意外に安い設定の 近いパッケージツアーにして、あと希望のものを オプション(あるいは現地手配)で つけていくのも手です。
 

 

◆土日追加料金が安いもの
 
絶対土日発着しか無理!という人という人におすすめは、平日/土日の金額差が低い商品。全般を見渡せばわかるはずだ。

 

◆「予定ホテル群」が少ないもの
「予定ホテル群」の数が多いホテルは、はっきりいって さまざまな料金の商品を 十把ひとからげで  売るわけだ。
いわば 店頭で、いろんなブランドの傘が 1万円/5千円均一になってるようなもんだ。

当然、群のなかで、トクするホテルと トクといえないホテルもある。

料金がこまかく設定されている商品にくらべトクする場合もある。(逆もある)

ただホテルや ツアー、団体用の安い部屋も 所持しているし、いろいろなカテゴリー(ランク)の部屋をもっている。いちがいにホテル名だけで 同じ部屋とはいえないのも事実である。

そのあたりは、ホテル経験談のところで、 その人が ツアーでとまったのか、個人でとったのか、を記載してもらっているから、参考にしてほしい。

つまりは、均一型の場合は、品質にアタリハズレがあるということ。はずれを期待していたら ちょうどよい。

ただ実際のところ、毎年の仕入れ契約により、 AVAなら ココになる、とか ほぼ1軍メンバーホテル決まっていたりはする。代理店担当者に アタックすれば、リクエストをしたり、かえてもらったり、1週間以上前に どこになるか教えてもらえる。それができない担当者は やる気がないか、そこまでの力・経験・立場にない人と思ってよい。

 

◆追加料金が ザルな商品は、要注意。
送迎5000! エア指定 5000、JALなら10,000! とか なんか 「ざっくりやな・・・」という商品がある。
これは意外に3,500円ぐらいのものを 5,000!としていることがあるので、注意だ。(かなり まるめている)

閑散期にでる ぺらもの(薄い1枚ものや 余りモノをのせた1〜3ページぐらいのパンフ) に多い。

結果的に この追加料金を払うぐらいなら、最初からソレ指定のものにしたほうが 安くつくことが多い。

とくに 旅費の安いオフシーズンは 5,000円とか7,000円は 大きな 品質の差をうむ。
卒業旅行の人などは、注意だ。

◆発着曜日が特定されている商品
あきらかに 空きがでやすい(月曜発とか)パーツを組み合わせている。値段重視のB級商品などはとくに。

値段ばかりみてパンフを選んでいると、発着日があわない、、ということもあるので、注意。

とくにパリで日月火は動きにくい。このあたりで3泊5日商品など組まれると、相当やっかいである。

 
美術館巡りには、火曜夕方パリ到着にした方がよかった。月・火はあちこちの美術館が休みなので、また日曜日は混雑する。どうせ2月なのですいていると思っていたが、どの美術館も朝イチは空いていたが昼ごろからかなり混雑(日・月・火)した。

(2007年2月初旬 レントより遅く 様)

◆放出品
また直前になってインターネットで販売されるものでは、あまったものを安く放出する(エア、ホテル、ツアーなど)ものもある。休みがいつでもとれそうな人には、おいしい。ただし、出るかでないかは賭けになる。

販売される場合、あらかじめ何度か問い合わせておくか、発売日の申し込み時間スグに電話をかけないと、一斉になくなる。放出ものは、メールでは遅いことが多い。

とりあえず主要旅行会社のメール会員には登録しておこう。


 
トップ > ツアー・代理店 > ツアー選びの基礎知識とアドバイス > A 日程や料金設定で わかること