トップ > ツアー・代理店 > ツアー商品・旅行代理店利用者の声 > サイクルツアー社
 
 
 
サイクルツアー
http://www.cycletour.co.jp/

 

(ツアー名、商品名) = エールフランスで行くはじめてのヨーロッパ 
スイスアルプスとパリ8日間 +2延泊

(出発空港&コース) = 関空〜パリ〜チューリヒ。
〜インターラーケン滞在
ジュネーブ〜パリ 各自移動

現地自由

(出発日) = 2007年6月下旬

(価格) = 26万円 +延泊料

(申し込んだ窓口/代理店、方法) = メール

(どうしてその商品に?) = エールフランス指定。スイスカード付。
インターラーケン〜ユングフラウヨッホ間のパス付。
チューリヒ、パリとも送迎付。

スイスだけでなく、パリなど複数都市訪問可能。基本設定ホテル以外でも、
どこでも好きなホテルを手配可能。延泊も、最終日以外のどの都市でも可能。
 

(出発前のトラブル) = 特になし。問合せすれば1日以内に返事があった。

(出発前に知っておきたかったこと) = インターラーケンからユングフラウヨッホへ行く切符は、
インターラーケン・オスト駅で買うこと(我々の場合はクーポン券を切符に引き換え)。
ホテル最寄のインターラーケンウエスト駅はゾーンが違うらしく、対応不可だった。

(そのツアーにしてよかったことは?) = 飛行機の事前座席指定は、この会社は無料だった。

空港〜ホテル間がプライベート送迎で、しかもいい車だった。特に初日のチューリヒは初めての地で、夜着だったので、送迎車に乗ればいいだけと思うと体力的にも精神的にも楽だった。

スイスカード付だったので、初日はルツェルン、スイス最終日はベルンと、気ままに途中下車して観光できた。

スイス入国はチューリヒ、出国はジュネーブだったので、電車から異なるいろんな風景が見られた。

旅行出発前に、クーポン類と一緒に、スイスとフランス観光局の出している主なパンフレットを送ってくれた。ユングフラウヨッホ一帯の電車の時刻表もあり、ネットで調べる手間が省けた。
 
 

(ツアー選びのアドバイス) = はじめから航空会社指定、各種パス付、送迎付など、オトク感の高いツアーが多い。スイス方面への旅行を決める際に検討してみて損はない。

スイス一国だけでなく、スイス+ローマなど他国都市との組合せも多い。選択肢が広くなる。

自由に旅行したいが、全て自力手配するのは面倒という人におすすめ。現地で旅行会社の強力なサポートがほしい人には、不向き。

(コストパフォーマンス) = ★★★★★

(あきもとミン 様)


 
 
 
トップ > ツアー・代理店 > ツアー商品・旅行代理店利用者の声 > サイクルツアー社