トップ > 交通 > フランスの列車 > 現地代理店での購入

列車基本ナビにもどる
 FRANCE の列車・鉄道
現地代理店での購入
  
 1 Dec.2007 / 20 Nov.2008 経験談追加
   
 

おとく度★★  現地価格に近い。日本の代理店よりは安い

手配・労力★  やってもらえる。ただし券の入手に出向くなどは必要。

英語・仏語★  ほとんど要らない。現地でもJCBプラザにおいては日本語で質問などできる。

現地所要時間★★ いったん営業時間中に出向く必要がある。営業時間や、祝日、日曜には注意。
 

注意: 券の種類や 規約は 微妙に違うことがあるので、キャンセル、変更についてよく聞いておく。
券の入手方法、引き取り時間などを確認しておく。
国際電話、FAXの料金には注意! 

 
 
 
 
レイル・ヨーロッパ Rail Europe  おすすめ
http://japan.raileurope.com/
フランス国鉄(SNCF)とスイス国鉄(SBB)のベンチャー企業。
販売代理店、発券デスクは   ダイヤモンド・ビッグ社 ヨーロッパ鉄道チケットデスク

7/5から パリ〜レンヌ TGV + レンヌ〜モン・サン・ミッシェル の
手配が可能になるようです。(現在は上記選択できない)
http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=36374

 

ドルで支払い・予約してみた。

SNCF-VOYAGEのサイトでTGVや電車の予約を進めていき、最後に、切符の受け取り先の国を指定する項目が出るが、自国(日本や米国など)に指定するとその国の言語と通貨で予約ができる。

アメリカ在住で、アメリカに配達してもらいたいので英語とドルでやったが、日本語と日本円でもやれると思う。早割などがどれくらい反映されているかは、レートの関係でちょっと解りかねるが、仏語の苦手な人、何日にどこへ行くのか解ってる方、現地で電車手配に時間をつぶしたくない人(欧米人の電車窓口の係りの人は日本人ほど能率よくはない)にはいいのではないか。

配達代がアメリカ東海岸では 18ドル(1,800円強)だが、399ドル(4万円強)以上列車予約入れれば無料配達。ちなみにクレジットカードの種類もけっこうあった。ダイナースやアメックスも(家はアメックスで払いました)。

配達に2、3日かかると出た。

予約の確認メールが来ていた。

UPSの予告どおり、無事、配達。いっぱい三角のバックのデザインの、SNCFの窓口でもらう、あれが、きた。10枚以上買ったが、ミスなく、ちゃんときた。

ただ、フランス国外での区間に対して、11ドル(1,100円強)の手数料があるようだ。
 

(2007年10月 ボストンにいる人 様)
 

残念ながら、対象となる駅が幹線しかなさそうでした。冬季のみTGV直通列車が走るローカル線(単線)購入希望なので、対象外みたい。
(がるぅ@横浜 様)
パリ〜ストラスブール、ストラスブール〜フランクフルトの切符を購入。

日本では「地球の歩き方」が代理店になっているようで、サイトで申し込みをした後、「地球の歩き方」の担当者からメールで確認あり。確認の翌日には自宅に切符が届いた。

TGV東線は「TGV」のところにはなかったので「区間乗車券」でとった。送料1,500円が加算

切符としては何の問題もありませんでしたが、今回のストライキに巻き込まれてしまったので、払戻等の手続き中。
ストライキによるTGVの運休について、帰国後レイルヨーロッパ日本代理店の地球の歩き方の担当者に、返金の可否等についてメールにて質問をした。

私の場合は、10月18日のストの余波による翌日の運休だったため、すぐには結論が出ず、未使用切符をフランスに送ってREAの判断を待つことに。送付後、3週間程で、全額返金との連絡をもらった。かかった費用は、切符を地球の歩き方に送った送料のみ。

フランス語ができないので、全て日本語で処理できたのが、大変助かった。直接SNCFとやりとりをしなければならなかったとしたら、面倒であきらめていたかもしれない。ストの影響で、失われた時間は戻ってこないが、ちょっとだけ報われた気がした。
 

総合的には、金額・手軽さから満足。次の機会も利用したい。

(2007ネン10月 AYATAKA210 様)


 
 
 
 
JALパック・パリ
http://www.jalpak.fr/
条件を満たし、かつ了承すれば日本への郵送も受け付けるという。

1.日本を出発するまで3週間以上の期間があること。

2.手数料は15ユーロ。日本への郵送方法は書留郵便。宅急便は手数料30ユーロ

3.SNCF、ユーロスター、タリスなどを取り扱っている。ただし、一部取り扱いがない区間もある。

 
なお、聞いた限りでは、デクーヴェルト・セジュール 、デクーヴェルト・ア・デュなどの割引は扱いがあると言っていましたが、肝心の一番おいしいPREM'sの取り扱いはないと電話でいわれた。ただ、ひょっとしたらJTBパリ支店さんのように、建前は取り扱いなしという話でも値段を聞いてみたら実は大差ない。。ということがあるかもしれませんけどね。そういった需要が本当にある方は、具体的な日にちと区間名を伝えて、値段を問い合わせをされてはいかがで
しょうか?

 もっともPREM'sは今は日本の自分のパソコンで発券までできるのですから、事情が許せばそういう方法も積極的に検討されることを強くおすすめします。先日PREM'sを予約して、自宅のパソコンで発券しましたが、ところどころフラツーの該当ページの解説を見ながらやったら、とても簡単でしたよ。

(東海帝王様 2004年)


 
 
 
JCBプラザ パリデスク
http://plaza.jcb.co.jp/travel/guide/plz_s_list.php?city_cd=204&GmnNo=11
会員むけ。
当初TGVはSNCFのHPから予約しようとした。現地で急な予定変更があるかもと思い、定価(レギュラー料金)、現地窓口で引き取りを選択したが、決済時に自分のVISAカードは受け付けられなかった。

SNCFにメールで問い合わせると、あなたのカードではATM及び窓口引き換えは選べない、郵送かセルフ印刷で買ってくれとの返事。

定価はセルフ印刷が選べないし、現地の郵送先確保も面倒だったので、WEB購入をあきらめ、JCBプラザパリに電話で予約代行を依頼した。結局手数料なしで済んだので、結果、値段は同じ。JCBプラザも引き取り場所のシティラマ・ヴォヤージュもホテルから近かったので、結果的には確実な方法で良かった。
(2006年10月 くろうとマケレレ 様)

ネットでSNCFの夜行寝台列車のパリ=バルセロナの予約が入るが、郵送のみの扱いで印刷することができなかった。正規のチケットのほぼ半額になるPrem's券の予約ができるところがなかなかなく、旅程変更まで視野に入れていたが、JCBのパリデスクで手数料なしで手配ができた。

JCB会員で、ピックアップ(JCBデスクと旅行会社の2箇所に行く必要あり)がそれほど苦痛にならない方には有効かもしれません。
(2006年11月 gen11011  様)


 
 
ミキツーリスト みゅう (パリデスク)

Miki Travel Agency S.A.R.L 
http://www.myushop.net/myu_contents/office/office_paris.shtml

ツアーオペレーター大手。日本の旅行代理店でも、川上として ここを使っているところも多い。

欧州各地に支店あり。

ロンドン発のオリジナルツアーもある。列車チケットは  旅のオーダーメイド として手配可。
http://www.myushop.net/myu_contents/france/ordermade/par_ordermade.shtml

12 Rue Sainte Anne Paris 75001 France 


 
 
 
JTB Global Business France   JTB FRANCE S.A.
http://www.jtb.fr/
日本から電話をかけたが(電話番号はサイトで確認)、現在は団体客への対応のみということで、個人へのサービスはされていないよう。最後は、パリにある日本語の通じる代理店(JTBと関係がない所)の電話番号を紹介された。
(2008年 神戸のパンダ 様)(同 多数)
 

JTBパリへの国際電話がつながらずあせった。いろいろな番号を調べ、手当たり次第かけた。同行の友人がミッションに成功した。なのに必死でコンタクトを取ってメールアドレスを知った一人目のJTBパリスタッフに返信を忘れ去られ、再び電話し、違う担当者対応してもらった。 

オペラ支店に電話をして、他の担当の番号を案内された。一度電話をすると、担当の方のメールアドレスを教えてもらえるようです。詳細はメールで、との話でした。
(2007年 あおめがね 様)

JTBパリ支店にTGVの予約代行をお願いした。確かに一度電話をしなければなりませんが 最初から日本語でメールの対応も早く丁寧。列車の手数料は15ユーロになったが、それを差し引いても 語学力の無い私には有り難かった。 
(2006年5月 姫まる 様)
 
緊急
 
同社では1月ほど前からSNCFチケットの日本への郵送を伴う手配依頼は全てやめることにした。
なんでも同社の方によると、同様の依頼をしてきた方が郵便事故によりチケットが届かなかったらしいが、その責任は全て同社にあるとしてチケットの無償での再発行を強行に主張してきたのがその原因のようです。
 (東海帝王様 2004年10月)
 
 

JTBのアドバイスに従って、日直接パリ支店に取りに。
JTBは、フランスは郵便事情があまりよくない、と言っていた。また、紛失までいかずとも、日本出発前までに届かなかった場合、再度購入してもらい、帰国後届いたら返金するが、Prem's券は返金できない、とのこと。というわけで、日系宅配便を利用するか(50ユーロ)、日程変更で支店にとりにいく方法を薦められた。

Prem's予約は電話受付のみメール不可)、チケットはパリJTB店頭で直接受け取る(希望があれば8ユーロで郵送も受け付けるが、あまりお薦めしないとのこと)、などの制約もある。 
 

郵送過程での紛失の責任をJTBに押し付けるなど、(私の)常識では考えられません。それに、郵送を選択した時点で、紛失・再発行(再購入)を覚悟するのはあたりまえ。

あるいは、郵送自体、JTBの好意(手数料は取っても)だったのではないでしょうか。だとしたら、その好意につけ込んで、郵送過程の責任まで取らされていては、システムの取りやめは当然の成り行きだと思う。
(ダッタン人dance 様)


 

TGV及びユーロスター。 JTBパリ支店とメール(日本語)でやりとり、日本へ郵送

JTBパリの担当が丁寧で、迅速な返答メールをくれた。チケットも、日本の代理店を通すよりだいぶ安く購入できた。すべて日本語でのやりとりで「もし間違っていて電車に乗れなかったらどうしよう」というような不安も無かった。
現地で手配の手間も省けた。
( 2004年9月 切手と手紙 様)
 

 

パリ〜アントワープ〜ブルージュ〜ブリュッセル〜パリ・・・
と旅行しようと思い チケットのネット購入を試みたのですが、途中で不安になり挫折。

ここの投稿を参考にして、JTBオペラ支店に電話でチケット購入をお願いしたら、ファックスかメールでしか受け付けないと言われ、ファックスのやり取りでチケットを購入しました。

パリ〜アントワープ、ブリュッセル〜パリ。2等2枚
往復の一人分の代金は81,50ユーロ。カード決済。
受け取りは 前日までに支店に取りに行く予定です。

しかし掲示板には手数料が8ユーロと書いてあったのに
実際は「一人 17.94ユーロ」・・・合計で35.88ユーロも手数料がかかりました。この手数料でも やはり日本の旅行社で発券してもらうよりお得だったのかどうか悩んでしまいました。
(夢虫様  2005年05)
 

 
あくまで掲示板のものは 過去、ですよね。また区間とかケースにもよると思いますが
まず注文する前に、相手店からどういう見積、説明をもらったのですか?

あと これは断言できませんが、 ざっくり考えると 1区間8euro程度×2区間×2人としても 32euro程度でおかしくはないですよね。

さらに国際路線で ふらつーに例があがっている
http://france-tourisme.net/f-rail-arrange4.htm
フランス国内特定路線のPrem's券をかわれた場合にも該当しないので、同社の 手数料約款が別かも、、とか いろいろ想起されます。

まずここで色々な推論をくりかえすよりは、同社にどういった内容であるのか、を契約前にきちんと
きくのが第一だとおもいます。

ちなみに日本の代理店だと、店によりますがまず切符を買うと1区間一人3000〜4000円程度 手数料がかかりますから

「指定予約」をすると1000〜3000円程度さらに加算するところもあります。通信費をとるところもあります。そうかんがえても 
>一人17,94ユーロ
は高いとは思いませんが、日本の代理店に問い合わせだけして、比較はされてみましたか?

日本の代理店に電話とか店舗にいくことができないなら、
http://www.ohshu.com/
のWEBでは、区間代理店価格もわかるので(ただし円換算値は月によってかわりますので概算)
比較してみてください。

契約前でしたら、自分で比較して決断できるとおもいます。
(管理人) 
 
 
 
 

1人1区間につき約8ユーロ、ということでは。極端な例、1区間のみ買う客と、20区間買う客への手数料が同じということはありえないと思うのですが。美術館のオンライン予約サイトなどでも、手数料のカウント方法はおおよそ同じようなもんですよ。
(とりcacao 様)
 
 

英国BAから始まり、ヨーロッパでは主要キャリアが旅行代理店のエアチケット販売コミッション7%?)を廃止しています。この流れはフランスまで到達し、エールフランスも最近販売コミッションを廃止しました。

このコミッションは旅行代理店の生命線だったので、各社生き残りをかけ、この四月くらいから、諸手数料の値上げ、また、これまで無料で行ってきたようなサービスも有料化しています

鉄道チケット手配のように、手間がかかる一方で実入りの全くない業務は、むしろやめたいくらいでしょうが、オーダーフローが減らないように有料化することで対応しているようです。

手数料体系は各社違っていますが、鉄道チケットの場合、たとえば、ひとつのオーダー(何枚でも)で15ユーロ(VAT前)とか、一枚15ユーロ(同)というのが多いようです。

まあ、どんなサービスでもサービスは有料というのは当たり前の話なんですが。
(トベロラカシ 様)
 
 

1区間一人の手数料と考えれば確かにそうかもしれませんね。

実は電話で分からない事をお聞きしてからお願いしようと思って電話したのですが、忙しかったようで 電話では対応できないの一点張りで電話を切られてしまったものですから大まかな希望をファックスして、丸一日返事が無いので再度電話してみて・・・その後 往復合計金額だけの見積もりをいただいたものの、大雑把な見積もりだったので不安になってしまった。

電話の対応が冷たくて驚きましたが、チケットは無事発券してもらいました。やってもらってからここで疑問を言っても仕様が無いですね。

 

古い電話番号にかけたら、該当しませんと言うテープが流れます。JTBのホームページで確認してかけなおし、教えてもらった。対応はとてもよかった。

日本で買えば  一人 92ドル+手数料4,200円のチケットが、Prem'券と手数料、送料で 2人で96ユーロ
(風見鶏ママ様 2004年)
 

TGV Prem's券 のネット予約に挑戦したが、自宅にプリンターが無いためにセルフ印刷がらみでとまどい、結局パリのJTB(日本から電話予約)に手配してもらった。

パリJTBでは、チケット料金に上乗せ無し(Prem's料金のまま)、手数料8ユーロなので、お得だった。

ちなみに、日本の代理店だと約2倍(しかもレンヌ〜MSM間のバス料金を含まず)。 

ただし、何度かパリに電話問合をしたので、通信費が多少かさんだ。

ただ、Prem's予約は電話受付のみ(メール不可)、チケットはパリJTB店頭で直接受け取る(希望があれば8ユーロで郵送も受け付けるが、あまりお薦めしないとのこと)、などの制約もある。

(2003年9月 ダッタン人dance 様)


>現地の代理店で申し込む (日本から事前予約または現地とびこみ)
 

私ってば、なんという見落としをしていたのだ!!と、鼻息荒く(笑)確認しました。JTBパリと連絡をとる。
カード会員であることには触れず、一般客(?)として質問しました。
 
結果としては、
JTBパリで、普通の代理店と同じように予約できるそうです。

値段も、オンライン予約するのと同じ値段でした。prem'sとは言ってなかったけれど、SNCFのページで出たものと同じ値段でした。最初、JTBの人は、オンライン価格は特別に設定しているので、代理店で
扱う料金設定とは違う、と言われたのですが、結局同じでした。

曜日、時間帯や利用人数によっても違う、とも言われたので、もしかすると、たまたま私が利用する条件では同じだっただけかもしれませんが・・・

キャンセル時の払い戻し条件や、便の変更ができるか、など聞くと、Prem's券と 同じでした。だから、やっぱりPrem'sかもしれませんね。 このチケットについては、電話予約(メールでなく)してください、
とのことでした。←このへん、理由はよくわからないです。
 
 

手数料は8ユーロ。
しかも、事前にJTBに取りにいけない人には、郵送もするとのこと
 
日本へも、パリ市内のホテル気付(きつけ=宛て、のこと)にしても、8ユーロ。
 

前日までに、確実にJTBに取りにいける人には、とってもお薦めします!
ただ、取りにいけない人の為に郵送する件について、JTBから返信がありました。
電話では、もし2週間くらいしても届かない場合、「再発行して再郵送するか
何かの手段がある」ということでしたが、メールでは、

>ご出発数日前になってもチケットが届かない場合はご連絡いただき、
>ケースバイケースで対応させていただきます。

とのことでした。再発行してくれる、とは明記されていませんでした。
ケースバイケースって・・・?

ちなみに、日本への郵送は書留で、ホテルへは専門の配達業者にお願いするそうです。
ホテルには、発行即日に配達。その後ホテルでの紛失に関しては責任はおえない。
(これは仕方ないですね)
 
私の場合、とにかくパリ到着日(モンサンミシェル旅行の前日)が休日なので、ホテルで受け取れないことがわかっても、全くケアのしようがない。(これも仕方ないですね) 「よくご検討ください」とのことでした。
 

JTBの方は、フランスは郵便事情があまりよくない、と言っていました。また、紛失までいかずとも、日本出発前までに届かなかった場合、再度購入してもらい、帰国後届いたら返金するが、Prem's券は返金できない、とのこと。というわけで、日系宅配便を利用するか(50ユーロ)、日程変更で支店にとりにいく方法を薦められました
 

 
で、即、予約しようかと思ったのですが、焦りは禁物・・・と、一旦電話はきりました。
 
で、落ち着いて考えて、届かなかったらどうするかとか、レートはどうなのかとか(会社相場、とかで高く設定しているところもあるので)その他もろもろ 質問事項が出てきたので、確認のメールを送った。

というわけで、クレジットカード会員向けの代行サービスというよりも、UCトラベルデスクからJTBを紹介してもらって(というか、教えられた電話番号にかけたらJTBだった)JTBで普通に予約する、という状態でした。
 
UCトラベルデスクでは、はっきりと「うちでは代行予約手配は していない」と言っていたので、直接、JTBにかけた方がいいかもしれません。
 
 

その時は、電話とメールで確認しましたが、メールやFAXの回答は、後回し(営業時間後)になってしまうようです。すぐに回答が必要であれば、やはり電話が確実かもしれません。また、Prem's券の予約は、電話のみ、とのことでした。

ちなみに、現地時間9:30AMごろ(営業開始直後?)に電話すると、すぐにつながり、回答もすぐにいただけました。逆に、現地時間午後〜夕方にかけては、なかなかつながらず、つながっても、来店客を相手にしながら電話にも答えて、という調子で、時間がかかってしまいました。電話をするなら、現地時間の午前中が良いと思います。

(ダッタン人dance様)

JTBパリオペラ支店にメールアドレスを教えてもらった。簡単に翌日には返信が来ていました。
アドレスをこちらのHPで公表すると、いろいろ差しさわりがあると思い、書き込みは遠慮させていただいてます。
(うちゃぎ@Lapin   様)

> 下記のようなアルテシアナイト(夜行寝台)に
> しようと初めてSNCFのWeb予約に挑戦しております。
> > 11月水曜日18:00Paris Bercy→9:09+Rome Termini
> トレインNo.225
 

今のところ、Web予約ではにっちもさっちもいかないので(というか予約を入れられるのが、1等クシェットのみなので)いつも航空券やホテルの予約をお願いしている、UCカードへ、上記の列車のお値段をきいてみることにしました。

そこで、判明したのが、日本で手配できる値段として1等ダブルも男女一部屋でとれるそうですが、ひとりあたり約251米ドル、
エクセルシオールダブル(グランデクラスダブル)
ひとりあたり約340米ドル、で手数料が3,000円とのこと。

今のところ対米ドルに対して円が強いとはいえこれでは少々、高すぎます。

う〜ん、と考えて、以前、ダッタン人dance様の記述にあった、JTBパリオペラ支店へ今現在、値段等を問い合わせ中です。

デリバリー方法や手数料なども問い合わせております。

ちなみにJTBパリオペラ支店は、メールでの問い合わせも
受け付けているようです。
 

--------------------------
 

JTBパリオペラ支店へ 値段等を問い合わせた結果、

以下、引用文〜〜〜〜〜〜

1等ダブル(男女混合でも可)で185ユーロ
エクセルシオール・ダブル  254ユーロ
他に手配手数料として8ユーロがかかります。

チケットのお渡しにつきましては、ご来店にてお渡しが
一番確実ですが、ご希望の場合はフランス国内5ユーロ、
国外8ユーロで書留にてご郵送を承っております。その
場合、遅くとも日本ご出発の2週間前までにお支払い、
発券のご依頼をお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜

とのことで、結局、JTBパリオペラ支店へお願いすることにしました。

まあ、SNCFで予約する金額と同じ金額に手数料と郵送料合わせて2,000円前後なので
これはいいかも。
 

----
 

FAXでクレジットカードナンバーなどを送り、予約確定〜発券をしてもらって、発送してもらい、
本日(4日)、無事にチケットが届きました。発券後、1週間とかからなかったです。
 
 

(うちゃぎ様)

JTBパリに電話で依頼。

ちなみに予約手数料は8Eur、列車代はホームページと同じ料金を適用。
(サラダエクスプレス 様 2003年11月)
 

トップ > 交通 > フランスの列車 > 現地代理店での購入