ップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > 切符手配方法 一覧

列車基本ナビに もどる
 FRANCE の列車・鉄道
 切符手配方法 一覧
  
  updated on 15 Apr.2004
   
 
 
手配方法 日本から
手配
現地で
手配
なにを いつ払う どこで受け取る
日本の
旅行代理店
× 指定席の予約購入・発券○
ただし当該代理店経由で予約したもののみ

自由席の購入・発券○
レイルパス○

前払
円建て
高いが当然
日本語
日本○ 
現地×
欠点: 早割やグループ、往復、週末など 各種割引が適用されない。オンラインの最安値の2、3倍することもある。高い。
キャンセル料などがシビア。現地で変更できない。

利点: らく。おまかせ。早めに確保。日本語。
 

TGVなど大きな移動の切符はすべて日本の代理店で、webサイトを利用して
購入しておいた。
時間配分を決めやすかったし、現地で切符が買えないかもという不安がなくてよかった。
手数料はかかったが、あまり手間がかからず簡単にできたのが何よりよかった。
(2007年10月 pipoびんが 様)
 
SNCF(国鉄)
オンライン
指定席の予約購入・発券○
自由席の購入・発券○

ユース、シニア年間有料パス○

前払・現地払
ユーロ建 安い券に空席があれば安い
英語か仏語
日本△(一部自宅でセルフ印刷可)
現地○
 :駅窓口、SNCF指定代理店など
駅以外で切符を入手できる場所 参照

欠点: (ふらつーにマニュアルがあるが) 自分で操作間違いや、予測できない疑問点などはある。自分で問い合わせたり。
英語か仏語。やる気要。

利点: 各種割引がきく。事前に席をおさえられる。現地で発券のみ(セルフ印刷だとさらに発券も不要)現地で変更・キャンセルは 手配する券種によるが 可能なものが多い。(安いものは不可も)
 

仏語版だけですが 毎週火曜は 空席放出品がありますあまりもん の日、時間、だけですが だいたい半額ぐらいになります。あてにはできませんが。翌週火曜までの便にかぎります。
 
 
 

sncfのホームページを見ていたら、2週間以上前に予約すると、たとえばパリ・ボルドー間が25ユーロ、その他もめちゃ安ですね。これがなぜか英語版では出ないのですね。やり方が悪いのかな。そうでないとすると、フランス語で入力できる人だけが得しますね。
( fukuronotame   様)
 

パリ?ブリュッセル迄の往路をタリスの直前半額プロモーションを狙っていたが夜遅い便しかなく、出発直前に正規でネット購入。ここのページでも話題の自動発券がうまくゆかず、フランス人友人に付き添ってもらって窓口にいくが1時間近く並んだ。

クレジットカードのコードが合わず、一旦キャンセルして再度購入の手続き。ネットで決済した最初の分の払い戻し書類をもらって帰ったがちゃんとはらい戻されるか未だわからずちょっとドキドキ。時間に余裕があったのと、
人に交渉してもらえたので結果的にうまく乗れた。切符は、きっちり現物を持って出発したほうが安心だとつくづく感じた。
( 2007年10月 キリンピエロキリン 様)
 
 

直前でもないのですが(ネット申し込みは13日)、11月22日のレンヌ?モンパルナスのTGVを15ユーロで買えました。BILLET IRRESISTIBLEという種類でPrem'sと同様に変更払い戻し不可。ただ、すでにカード決済されていてチケットにも名前が記入されているのです。何か、幻を見ているような切符だったのですが、ちゃんと乗れました。
(SiapanBreizh   様 2004/12)

 
ミニテル
フランスのキャプテンシステム 主要郵便局からでも可。 24時間。
ダイヤルは 3615 SNCF、または 3616 SNCF 0.20ユーロ/分:有料
Magis-Club会員むけのハイスピード版 0..20ユーロ/分:有料
日本からでも、口座に入金しておけばネットでミニテル利用可。

欠点: インターネットの普及で、オンライン予約が台頭してきたので、あまり意味がないか。
 

SNCFへ電話 指定席の予約購入・発券○
自由席の購入・発券○

ユース、シニア年間有料パス○

現地 現地○
一部 在住者には宅配可の場合も
国鉄ダイレクトTEL
フランス国内から 0892 35 35 35 (1分 0.34ユーロ:有料)
日本から 001などの国際電話会社コード +33 892 35 35 35
無休 朝7〜22時

欠点: 通信料、語学

SNCF(国鉄)
駅窓口
× 指定席の予約購入・発券○
自由席の購入・発券○

ユース、シニア年間有料パス○

前払・現地払

ユーロ建 安い券に空席があれば安い
英語か仏語


駅窓口

フランス国内なら どの国鉄駅でも可。

駅窓は 基本中の基本

欠点: 並ぶといえば並ぶし、直前では席がない場合もある。駅が遠い場合、または時間がない場合は、手間。

利点: 不慣れなお方には、下見がてらいけるとベスト。 国内ならどの駅でも可。また一度経験しておくと怖くなくなる。
現地で変更・キャンセルは 手配する券種によるが 可能なものが多い。(安いものは不可も)
 

SNCF
駅構内の、ATM自動発券機
× 指定席の予約購入・発券○
自由席の購入・発券○

ATMで解読できる、裏面が磁力になった券のみ。区間が同じであれば。同日または翌日に交換できる。

現地払
ユーロ建 安い券に空席があれば安い
英語か仏語
駅のATM
フランス国内路線および 一部の主要国際幹線のものが買える。ふつうの切符購入、および 電話、インターネット、ミニテルで予約した人も発券できる。

クレジットカードは、VISA、Master、AMEX、Diners、Eurocardの使用OK。
→ 2003/2004とカードが使えなかったという報告多数。注意
→ 2005 ATMでカードが使えたとの報告あり。裏返したらいけた・・・とのこと。追加トライ情報をおまちしています

ただし 支払下限 1ユーロ以上。 ちなみに キャッシュ(現金)は、上限 15.24ユーロ。

欠点: 英語・仏語

利点: あまり並ばない

現地の
SNCF(国鉄)認定代理店
指定席の予約購入・発券○
ただし当該代理店経由で予約したもののみ

自由席の購入・発券○

現地払○
ユーロ建○ 安い券に空席があれば安い
英語か仏語
日本△(一部発送してくれるところも)
現地○
欠点: 英語はできたほうがいい。時間はかかる。駅構内支店でなければ、スグに電車に乗りにいけるわけではない。

利点: 駅窓よりは すいているか、あるいは 座ってゆっくりと相談できる。行動の範囲内にあると便利。

現地の
クレジットカード会社デスク、

現地の日系代理店  JTBパリ、ミキ、HISパリ、など。

指定席の予約購入・発券○
ただし当該代理店経由で予約したもののみ

自由席の購入・発券○

前払 一部現地払い
ユーロ建

SNCFのオンライン価格に8euro程度の手数料。発送は一部別途料金。

日本△(一部発送してくれる)
現地○
欠点: 通信・連絡で へたすると お金や時間がかかる。メール、FAXがあるほうがいい。受け渡し方法・日時をよく確認。

利点: 日本語でお願いできる。

 
パリについてから、マイバスの裏にあるJTBで取りました。手数料8ユーロ。もちろん日本語です。
(浮き輪様  2002年8月)
 
ップ > 交通 > フランスの列車 基本ナビ > 切符手配方法 一覧