ップ > 準備 > 母連れ > おすすめ演出 絵葉書タイム


母づれ  母連れの旅
おすすめ演出 絵葉書タイム

               
 

  

おすすめ演出 「絵葉書たーいむ!
うちのは「入江君のママ」状態で、不足はいわないのですが  やはり、わかってないことが多いです。
でも自分も遠足で連れて行かれたお寺の場所とかぜんぜん覚えていませんし、あたり前だなぁ、と。ま、回を重ねるごとに、だんだん扱いがわかってきました。
 

ぜひ今後の方におすすめは 「絵葉書タイム」です。ぜひホテルやカフェなどで導入してください。
「お初」度が高い人ほど 効果があるようです。

1)キオスクやセーヌ沿いなどで とにかく着いたら ”速攻”絵葉書を買う。ついた空港でもよし(笑) 翌朝散策をはじめる前でもいいです。

 
・速攻が効果的です。気分がもりあがるのと、これってどこ?みたいに自然な予習になります。

・できるだけ 滞在中にいく予定のところがいいです^^;
(あとで 「?だったのに」が多いご気質の場合、
ここに行きたかった・・・となると墓穴です)

・当人が気に入った柄を5〜10枚ぐらい同じものを買わせます。
いらないとかいっても 母のいった枚数に+3〜5枚は予備を買っておきます(絶対足らなくなる!)
違う柄を1,2枚ずつとかだと、時間がかかり、迷います。いらつく原因。 また、ご近所や知人にだすときにAさんにコレ、Bさんにコレ、とかやってると もう大変。その点、いいのを10枚ぐらい買っておくと、どなたにもがーっと出せます。
これは、ハハがそもそも編み出した?方法です。

・ムスメとハハの絵葉書は 断固として お勘定(出所)も袋も分けておきます。
一緒にするとお互い遠慮その他で 実はもっと使いたかったということがあります。

・ムスメがプロ?の目でみて コレがいいな、という絵葉書もすこし
余分にかっておきます。
あとで、他人の芝生は青いので、「あんたのはがき、いいわね・・・」となることがあります。


2) 自分あるいは配偶者など家族あてでもいいので、ハガキで日記をかかせます。
 

・したことを順番にかいてもいいし、1日1スポットだけの感想でもいいです。まかせます。
当人が悩んでいるようなら、かきやすいように誘導します。(気分は家庭教師です。やさしく・・・)

日本人はハガキだの日記だのには 妙に「いいこと」を書こうとする習性?があるので(笑)
これで なんか自分はパリにいるのだわ、すてきなのだわ、と 自己暗示をかけてもらいます。

ハガキが自宅についていると いい記念になります。
 

・ムスメ→ハハ、ハハ→ムスメにも出し合いっこすると、
けっこう感謝の言葉がならんでいるものです。(現地で搾り出すのが大事です・・)

「おかーさんにも 1枚出してあげるね! 手元に残るから、どの柄がいいか選んでね^^」とか
にっこり聞いてあげましょう。
(険悪になったときなど、交渉再開の糸口になります)


3) ハガキには、1枚目に、まず簡単に小さくフランスの図をかいてあげます。六角形みたいなのでいいでしょう!

今パリはここ、とか印をつけます。これをみて、あとの枚数に自分でせこせこ写していたりします。

(やる気のある生徒?なら、ガイド本を広げてあげて、うつさせてもいいですがうちの場合、地図をうつすだけで精力を使いはたすようなので、わたしが簡略図をかいて、それを写すほうが楽しいようです)

地図を描くと、本文が少なくなり、書くことも迷いません。

絵手紙みたいにしていっても いいでしょう。

次にいく地点も ●とか◎で示します。
 

 
・宛名などは 面倒でも 全部かいてあげるか、見本をつくってあげましょう。
横文字は不慣れな人には大変怖いものなので、そこは折れましょう。
中学校でなろぅたやろ?!とか言ってはいけません。

面倒なら、文具店でうっている白いシールに、
機内でひたすら住所をかきかきし、渡してあげます。

もちろん 住所は日本語で JAPON だけでもいいのですが、
ハハいわく、「これだと海外からきたハガキという気がしないのよ」ので
古典的に「2-3, 1-chome, aaa-ku,・・・」式にしています。非常に古典的です、ハイ。

Madame Yamamoto のように なぜかミセスでなく マダムを使って書いてあげると、フランスだわ♪と喜んでいます。気分をもりあげるのも大事なようです。
 


4) 切手はできればキオスクや 散策中の郵便局で 早めにたくさんかっておきます。

わたしはマリアンヌ柄が飽きたのとやや美しくないため、郵便局で記念切手をかいます。
多少 貼付金額がオーバーしても、城や庭のきれいな切手は ハガキとあいまって素敵になります。
 
 

5)帰国後も トイレや部屋に飾って もりあげましょう。



切手と葉書を買って、日記にして日本の母宅に送った。(2009年9月 はぴえ 73326 様)
 


 
 
 

ップ > 準備 > 母連れ > おすすめ演出 絵葉書タイム