ップ > 準備 > 母連れ > 接待報告36


母づれ  母連れの旅
接待報告36


12 Jun.2017  経験談追加

 
 
 

総括
介護される父を置いて、母を旅行に。そっちの配慮も必要。
子は、スーツケースを2つ持っての移動になる。
日々を過ごすなかで、親への ものの言い方に気を付けねばならない。


スーツケースを2つ持つことになる
 
70代後半母、 + 子

ツアコン&ポーターに徹した。

介護が必要な父の世話を 妹にお願いした。が、行く直前まで「やっぱり旅行は無理かしらね〜」と何度も言われた。

万が一のことを考えて、ホテルなどはキャンセル料がかからない料金プランを選択した。

鉄道移動
母と自分のスーツケースを二つ持って移動した。ヨーロッパの鉄道駅は日本と比べて平らなので、移動しやすかった。が、慣れるまでちょっと大変だった。スーツケース2つ持ちのヨーロッパの女性も結構いたので、私も頑張ろうとパワーをもらった。

「疲れた?」と聞いても 「大丈夫よ」 と答える母。
「ここで待ってる?」 と聞いても「一緒に行くわ」と答える母。
「お土産、やっぱり買ったほうがいいかしら」 と何度もいう母。
「あ〜ここ懐かしいわ。前に行ったレストランここの近くだわ。あれ、おかしいわね。この辺だったはずだけど。」という母の横で、必死に地図とにらめっこした。

日本でも 月に数回は会っていたが、旅行となると色々言い方に気をつけないといけないとつくづく思った
「ちょっと疲れたから、ホテルで休んでもいい?」 
「お友達へのお土産も 探してもいい?」

個人旅行をしている母の大好物は、同じく個人旅行をしているシニア世代のご婦人!

お互いの旅行自慢をしまくり、「まあ、お若いわね〜。お嬢さんと二人旅なんて幸せね〜。」と言われて、ホントに嬉しそうだった。(私はさりげなくその場から離れる)


(2016年6月  uchaながぐつチェダー 様)




                


ップ > 準備 > 母連れ > 接待報告 36