トップ > パリ > フランスでサッカー
  

Franceで サッカー観戦  
 8 Jan.2007 / 14 Apr.2010 / 3 Jun.2015 経験談追加

 
海外サッカーは 専門のHPも多いので、詳細はそういったところを 見てもらえばいいと思いますが
お寄せいただいたネタをば、とりいそぎ挙げておきます。

熱烈なファン、というわけではなく、フランスの旅行ついでにちょっと
話題の欧州サッカーって見て見たいかも・・・・というレベルの人に、
気楽に使っていただける情報を集めたいと思います。

経験談は 直行フォーマットから どしどしお寄せください。 よろしくお願いします 
 
 


サッカーのクラブ・パリ・サンジェルマンのシャンゼリゼ店でポロシャツ、パーカー、キャップ。
エッフェル塔をあしらったロゴやデザインもおしゃれで、さすがフランスだと思った。
(2014年8月 なこジュネ 様)

 

グルノーブル スタッド・デザルプ
数年前にパリでPSGのサッカー観戦が楽しかったので、今回の旅行では、日本人選手が加入したグルノーブルの応援に行った。

(チケットの購入) HPで予約。場所を細かく指定できる。自分で印刷したチケットを持っていく。

(スタジアムまでのアクセス) 中心街からはトラムで。公式HPではChavantで下車するように書いてあるが、hotel de villeの方が近い。しかし、乗り換えが必要。帰りは混雑するので歩いて中心街まで帰った。グルノーブルはこじんまりしているて、スタジアムも中心街に近いので、徒歩でも可能。ただし、治安には注意。(大都市よりは安心)

(雰囲気) 開幕戦。相手は人気チームのマルセイユだったこともあって満員。ホームゲームにも関わらず、周りはマルセイユサポーターが多 かった。メインスタンドの最前列、しかもマルセイユのベンチのすぐ裏だったので、監督のデシャンや交代を待つモリエンテスなどがよく見えた。デシャンは選 手以上に人気があるようで、客から声をかけられたり、写真をとられていた。デシャンは愛想よく手をふってくれた。

スタジアムはきれいだし、とても楽しめた。しかし、禁煙ではないのか、まわりでタバコを吸う人が多く、その灰が席にのったりしていた。

(2009年?月  ぱおgodtin 様)






パリ Parc des Princes パルク・デ・プランス 
パリ サンジェルマンVSリヨン

(アクセス方法) = メトロ 最寄駅はPorte de St-Cloud

(入場料) = 1枚 約12,000円

(内部の雰囲気や感想) = 日本のJリーグとは全然違っていた。
開始時刻が遅い。21時にキックオフ。必然的に試合終了は23時。

チケットはすべて指定席で記名式。入り口でちゃんとチェックがはいる。

メトロを降りて会場に向かう人の群れにのって歩いた。

案内ブースみたいなものがあったのでチケットを見せてこの方向で良いのが尋ねた。教えられた方に歩いて行くと、大きな鉄格子の扉があって、第1回目のチェックを受けた。係員にチケットと身分証明書を見せないと、そこから先に入れない。

いよいよ入場というところで、2回目のチェック。eチケットから本物のチケットへの交換が行われる。そして入場完了。

スタンドに入り座席を探そうとしていると、スタッフが声をかけてくれた。まず英語かフランス語か聞かれた。「あのへんだよ」と教えてくれた。席にたどりつくまでにもう一度別のスタッフが案内の声をかけてきた。親切だった。

アウェイ側の席だったが、ホーム側かと思うぐらい、周りはほとんどPSGサポーターだった。

試合は終盤追いつかれて、引き分けで終了。帰りは荒れるかと思ったが案外おとなしく、怖い目にも遭わなかった。ただ、メトロに乗るまでが大混雑なので、おおらかな気持ちで列に並んで待つ必要がある。

(車椅子・高齢者対応) = ちょっと難しいと思う。

(子供向け?) = わからない

(所要時間) = 試合は約2時間

(印象的だったもの) = パルク・デ・プランスの雰囲気が素晴らしい。青々とした芝、大きな歓声の中でテレビの中のものと思っていた選手のプレーを目の前で見る事ができて夢の中の出来事のようだった。

(飲食店&ショップ情報) = 売店でPSGタオルマフラーとキーホルダーを購入。

(その他) = チケット購入まで結構苦労した。
日本からPSGのサイトで会員登録して購入しようとしたが、うまくいかず一旦諦めた。

シャンゼリゼのPSGショップではチケット購入できなかった。

パルク・デ・プランスに行っても購入できないとシャンゼリゼのPSGショップのスタッフに言われた。WEBのみらしい。

現地のホテルでPSGのサイトにもう一度挑戦したら、購入できた。列車のチケットでも同じような事があったので深く考えないようにした。


(2014年9月下旬 フロインドリーブのパン 様)
サッカー観戦のチケットの予約だけはこちらで教えてもらったものをアレンジしてやった。
HPではフランス語表記でオペラ等のチケット購入方法だった。FNACのHPは英語もあり。
クレジットカード決済どうしてもエラーになり、断念。

パリ・サンジェルマンのHPでは、フランス語で次に進みもしない。

結局、現地に行ってから購入するしかなく、しかし売り切れで、結局スタジアムに行き、ダフ屋から購入した。意外と良い席で、安かった。

サッカーの夜の観戦用に薄いダウンを持参。サッカー観戦時は天候も悪かったので重宝した。
(2012年4月/5月 はるみかん 様)
パルク・ドゥ・プランスのサッカー観戦(PSG対LYON)

スタジアムの2階 Jスタンド側 女性用トイレが鍵こわれてたり、便座なかったり、
男性が平気で入ってきたり。1階まで降りて用を足した。

サッカーのチケット(PSG対LYON)をどこで買えばいいかホテルスタッフに聞いたら、FNACよりスタジアムに行ったほうが確実だよ、と教えてくれた。

夜のサッカー観戦にはレインコートをはおった。

(2009年9月 えりchoo 様)
 
 

(アクセス方法) = メトロで

(入場料) = パリ・サンジェルマン(PSG)の2006年開幕戦を観戦。PSG対ロリアン。

チケットはPSGのHPで予約、購入。受け取りは現地のFNACで前日に。
大人2名、バックスタンド、2階席、一人32euro。
 

(内部の雰囲気や感想) = 2階席はゲームを見るのに最適。また、サポーターの様子もよく見えるし、周りはPSG
のユニフォームを着たサポーターで埋まる。なかなか熱い人たち。1階席は料金が高いものの、上から観た印象だと、普通の服を着た、サッカーが好きな人といった印象のかたが多いような。

PSGの開幕戦、ホームゲームだったが逆転負け。しかも以前PSGにいた選手の活躍で負けるという、二重三重にショックの大きいゲームだったが、パリジャンはあきらめが早いのか、帰りのメトロでも粛々と帰っていった。行き帰りのメトロにもユニフォームを着たサポーターが大勢いたが、あまり危険は感じなかった。こちらもPSGのユニフォームを着ていたせいだけではないようだ。

負けはしたが、スタジアムの雰囲気はとてもよかった。フランス語で何を行ってるのかわからないこともあったが、現地の方と一緒に応援して楽しかった。
 

(車椅子・高齢者対応) = 車椅子用の席がピッチサイドにあった。どのように予約・購入するのかは不明。

(子供向け?) = 子供にはむかないかも

(所要時間) = 午後8時キックオフ。その時点ではまだ、太陽は西の空にあった。ゲーム終了までおよそ2時間。

(印象的だったもの) = PSGで活躍していた、ライーが来ていた。キックオフなどのセレモニーを行なっていた。

(その他) = 初めての海外サッカー観戦で不安もあったが、とても楽しかった。メトロでの行き帰りも危険なことには遭遇しなかった。それでも警戒は必要だと思う。

チケットの購入はPSGのホームページから予約・購入したが、チケットの引き取り方法が、わかりづらいような気もする。パリ各地にあるFNACのプレイガイドで引き取ったが、やってみれば、簡単だった。

また、観戦に合わせてユニフォームを、シャンゼリゼにあるPSGオフィシャルショップで購入。ナンバーも2階でプリントしてくれる。目移りしてしまうほど、商品は豊富。これで、PSGが勝利すれば、なお楽しめたような気がする。
 

(2006年8月 ぱおgodtin 様)
 

メトロ9号線のPort de St Claudeから徒歩5分。ただ、席によって最寄り駅は異なる。

 
【入場料】 = カテゴリーによって異なる。高くても70euro程度。スタジアムに買いに行くと学割もあるみたい。イングランドと比べるとべらぼうに安い。
 
【内部の雰囲気や感想】 = 非常に良い感じ。試合が始まると観客席の照明が消え、グランドを照らす照明のみになってなんかショーを見ている感じ。サポーターも非常に熱く、観ていて楽しいし、正直すごい。今回みた試合の中で一番すごかった。サッカー見たことない人でもすごいと感じると思う。土曜の夜とかに予定がない人はおすすめ。わざわざ見る価値はあると思う。
 
【車椅子・高齢者対応】 = 階段のみ
 
【子供向け?】 = 子供でも楽しめそう
 
【所要時間】 = 2時間半くらい。
 
【印象的だったもの】 = やはりフランスらしく、パスが基本。ただ、ナンシーのときとは異なりレベルが高い。洗練されたパスサッカーを観れる。勉強にもなるし、見ていて楽しい。パ ウレタ、リュボヤなどのビッグネームもいるし、観て損はない。何度も言うがほんとにショーを見ているみたい。

【飲食店&ショップ情報】 = ビール、サンドイッチなど。クラブショップも併設

【その他】 = チケットはホームゲームのみオンラインで購入可能。そのほか、街中のPSGショップとかでも購入可能。ビックゲームでなければ当日でも買えると思う。自分はネットで購入して、ホテルに郵送してもらった。スタジアム受け取りもできるらしい。

フランスリーグは値段も安く、レベルもそこそこ高いので、お得だと思う。ビッグネームや若手の有望株などもたくさんいるのでお勧め。特にPSGのゲームはショーみたいで、一見の価値あり。土曜の夜などにやることがなければサッカー観戦などもたまにはよいでしょう。ただ、冬の場合は厚着をしないと恐ろしく寒いです。
 

(2004年2月 今日帰国したサッカー小僧様)
 



 
 
 
ナンシー Stade Marcel-Picot 
フランス2部リーグ、ナンシー対ヴァランセ。 
【アクセス方法】 = トラムのStade Marcel-Picot駅から徒歩10分弱 

【入場料】 = カテゴリーによって異なる。高くても25euroくらい。学生は半額。 
自分は学割で8euroの席。しかし結構良い席。 

【内部の雰囲気や感想】 = 綺麗で清潔感あふれる。地元のおじいちゃん達や家族連れなどサッカーが好きな人が集まっている感じでほのぼのとしてなかなか良い雰囲気。ただ、ホームのナ ンシーが10位と不調だったのでサポーターはいまいち盛り上がらず。グランドと観客席の間が溝になっており、乱入できないようになっている。 

【車椅子・高齢者対応】 = 階段のみ。 

【子供向け?】 = 子供でも楽しめそう 

【所要時間】 = 2時間半くらい 

【印象的だったもの】 = 2部リーグなのでレベルがいまいちかなと思っていたが、結構面白い試合だった。イングランドに比べてフランスはパスを多用するので、見ていて楽しい。サッカーをしている人には勉強になると思う。 

【飲食店&ショップ情報】 = ビール、サンドイッチ、ハンバーガーなど。 

【その他】 = フランスリーグの場合、2部はもちろん1部でもよほどの人気カードでなければ、当日券が販売されます。 

(2004年2月 今日帰国したサッカー小僧様) 
 
 


 
 
 
Duvauchelle
20時キックオフのフランス2部リーグのサッカー観戦。 
8号線終点のクレテイユ・プリフェクチュール下車、バス281番で5つ目にある Duvauchelleスタディアムへ。 

とりあえず、サッカー世界ランキング1位の国で、試合を見たかった。 

内容は個人技中心の試合運びで、中一の息子いわく「体の大きさが同じなら、オレ達のチームの方が上手い」。ってことは息子のチームには、ジタンの卵が2-3個いるってことか? 
日本サッカーの将来に期待しょう。 

このスタジアムにサッカー見に来る読者はいないと思うが、一応注意点としては、試合終了時にはメトロ駅までのバスは、終わっている。終バスは21:26。 

観戦している人のほとんどは、付近の住民か、自家用車で来ているので、駅へ徒歩で行く人並みは少ない。しかも付近は住宅街、似たようなマンションがならぶ町並みで特徴もないので、バスが来た道を逆にたどるのは難しい。タクシーもない。 

しかたなく街角にたむろしている怪しげな男性達に聞きながら、なんとか駅まで徒歩20分。 

バスは住宅街を回っているが、裏道を通れば駅までは意外と近かった。スタジアムの係員に、駅までの道を聞いておくくらいしかテはない。このスタジアムで試合見る人の健闘を祈る! 

ホテル着は0時近かったが、ノートルダム前、カルチェラタンは人通りが多くて、ホッ。 

(2004年8月 アパッチ4様)
 


 
 
 
 
パリ  Stade de France スタッド・ドゥ・フランス

サッカー観戦は、キック・オフが21時だったこと、サン・ドニという場所、
夜にRER乗車することなど、かなり不安だった。旅行代理店 空の旅社が、いろいろとアドバイスをくれた。

(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) = スタジアムで。試合のハーフタイム後、隣に遅れてきたフランス人男性に「座席のブロックが違うから、お前は向こうへ行け」などと、かなりしつこく絡まれ た。私も含め、回りの人々も座席は合っていて、その男が間違えていたのだが、かなりのしつこさで、嫌がらせとも受け取れた。

もちろん、言葉での応戦もできなかったが、最終的には、近くの、インテリ風男性が「合っているからそこに座れ」みたいに言ってくれ、助かった。ただ、その男もずっと隣で、正直、後半戦は落ち着かなかった。

試合後は、旅行代理店の忠告通り、終了5分前にスタジアムを出て、駅まで走った。それでもRERはかなりの混雑だったが、なんとか10分待ち程度でサンジェルマンまで戻れた。
 

(服装) = サッカー観戦は、お洒落だと、危険かも。さらに夜の観戦なので防寒対策。基本的には、防寒重視で行った。観戦時は、フリース。
 

(2010年3月 ヴェンゲル * 様)


 
 
 


 

その他
 
 
 
 

サッカー観戦が主目的の一つ。チケット手配が大変だった。

フランスリーグカップでトーナメント方式のため、出発2週間前まで、対戦相手がわからなかった。試合場所もぎりぎりまで判明しないため、ぎりぎりまで、旅行先自体を決められなかった。結局、試合場所と移動手段、観光内容で、レンヌに。

チケットがなぜかネットで購入できず、試合前日にレンヌのVirginで購入。結構不安だったが、問題なく、まあまあいい席を確保できた。
 

レンヌでサッカー観戦でき出場していなかったが、日本人のI選手に会えた。

スタジアムへは、フランス代表のサッカーユニフォームを着ていった。赤と黒のレンヌのユニフォームのファンの中、青いユニフォームは大変目だった。特別な待遇もしてもらえた。

レンヌのスタジアムの人々やファンは、日本人に大変好意的だった。日本人はその日たぶん私たちだけだったようだ。

その後も、係員何人かに「I選手はいいプレイをするよ」などと話しかけられた。また、以前日本にきたことがあるフランス選手がいて、出待ちで話しもできた。

選手とファンの距離が日本と比べて、とても近い。他のファンたちも選手と知り合いのようで、
出待ちをすれば、柵ごしだけど、気軽に話したり、サインをもらうことができる。
 

(2009年9月 寿司焼肉ムール食べたい 様)


 
 
 
マルセイユ

サッカーを見たが、サポーターの応援の仕方が個人個人で、球場一体まとまったリアクションの時が、ゴールを決めた一瞬のみだった。フランスらしくて面白かった。
( 2003年9月 えりこ@大阪 様)

ナント

ナントでサッカーを見た。あまりいい内容の試合ではなかったけれど、客の様子を見るのが楽しかった。 
(2005年7月/8月 ヒヨコとニワトリ 様)     

(おまけ ドルトムント)


カイロは持って行ったが、ドルトムントでのサッカー観戦(夜)で使用。

(旅の手配で困ったことは?) = 2週間前にカーンでのサッカーの試合の日程が変更になったので、宿泊・移動を変更。変更の可能性はあったので、予想はしていたが。毎回SNCFの切符をは変更している気がする。



(今回の反省や次回への願望&意気込み) =
旅行の目的がサッカー観戦のため仕方がなかったのだが、移動がわりと多く、
やはり体力的に疲れた。そのため、夕食が簡単になってしまった。
次回はもう一度はきちんとディナーに行きたい。


(2011年12月 るちーたあるびせれすて 様)

(おまけ バルセロナ カンプノウ)




(おまけ スペイン バルセロナ)

サッカー観戦は、同行者の唯一の要望だったので、実現できてよかった。
試合内容にも恵まれて、大満足。
翌日にはスタジアムツアーも堪能。行くまでは「単なるサッカー場見学」くらいにしか
思っていなかったが、さすが世界有数のクラブ(FCバルセロナ)!
ちゃんとツボを押さえた展示・見学コースになっていて、2時間近くかけて
ゆっくり見学した後、最後にはグッズ売場にてバルサグッズを買ってしまう程に。

(旅の手配で困ったことは?) = サッカー観戦の日程。
スペインのリーグ戦の日程は一週間程前にならないと確定しない。テレビ放映権の都合らしい。土曜開催予定となっていても日曜になることもあるし、試合開始時間も未定。そのためバルセロナに金曜日から月曜日まで滞在しなければならない。

通常スペインのツアーは殆どが周遊タイプで、一都市滞在日が1〜2日のものばかり。

パッケージツアーでは都合上、無理だった。飛行機とホテルだけの手配では言葉に不安があるし、同行者は海外旅行に不慣れ、新婚旅行なのである程度自由はありつつも
押さえるべき名所はガイド付きでちゃんと観光したい。ということで、
オーダーメイドで旅行日程を作成、手配できる会社を探した。

サッカーチケットが高額だった。日本の代理店で手配したら、人気のカードだと10万円越えも。当初希望した試合が、超人気カードで一人12〜14万円とのこと。もう一度旅行に行けるじゃないか・・・ということで諦めた。

(旅の手配でよかったこと、楽だった点は?) =
オーダーメイド旅行が思ったほど高額ではなかった。
当たり前だが、行きたいところと予算を伝えてプランを作成してもらったので楽だった。

空港ホテル間の送迎、国内移動の飛行機と列車の手配、観光オプション、
レストランの予約、お勧めの店の紹介等、専任担当者と相談しながら
自分達だけのオリジナルプランを作成していく工程が楽しかった。


(現地にいってみてがっかりしたこと、怖かったことは?) =

マドリッドにて
到着した日に地元サッカーチームが優勝して市内は大騒ぎ。やたらとパトカーが多く、ちょっと物騒に思った。また、翌日はパレードがあって、現地ツアーのバ スが解散場所まで近づけずにかなり手前で降りることに。ただ、お祭り騒ぎの様子を少し見ることができた、サッカー好きの同行者は楽しんでいた。

(2012年5月 マキヒロでバルサ 様)






(おまけ 英国)


コヴェントリーの五輪サッカー観戦。
会場の緊張感、すばらしいピッチ、日本女子選手の上手さ、テレビでは見られない面白さだった。

(2012年7月/8月 Jacarandaランダ 様)
(おまけ 英国)


Loftus Roadでの クイーンズ・パーク・レンジャーズ対リヴァプール戦を観戦したこと。観客は女性が非常に少なかった。男たちの園というかんじだった。
クイーンズ・パーク・レンジャーズがぼろ負けだったので、観客の引きが速かった。


(旅の手配で困ったことは?) =
2013年は10連休、1日余裕みても全行程9日もとれるし、ぜひあこがれの南仏レンタカー旅行を、と推したのだが、配偶者の、「サッカー観戦組み込むなら3年連続のヨーロッパ向いて行くが、じゃなきゃアメリカにする」という声に負けた。

自分はスポーツにまるきり興味がない。ルールもよく知らない。配偶者だけスタジアムに放り込んで、自分はチケット代で買い物・・・と小さく主張したが、却下された。

サッカーチケットの入手。非常にハラハラした。結果的に無駄なお金もかかった。
ロンドンに行くのはサッカー観戦のためだけだったので、チケットが手に入らなかったら、何しに行ったやらわからん状態になるところだった。本当に気をもんだ。チケットが取れない夢まで見た。


当たりだったのは、ユニクロのウルトラライトダウン。小さく畳めて、スーツケースの中で場所をとらない。
観光や、観戦などでは、非常に重宝した。サッカー観戦には保温性に足りないかと、パタゴニアのR3のフリースを下に着込んだ。
寒さ知らずだった。



(2012年12月/2013年1月 四国産らぶらどーる 様)


 

ショップなど

トップ  > パリ  > ショッピング  > スポーツ、バレエ、ダンス用品

 

Q&Aなど
 
 

Q  サッカーのチャンピオンズリーグや フランスリーグの観戦を予定、開始時間の遅い(20時45分〜)点が少し心配。帰りはパルク・デ・プランスからタクシーを利用しようと思う
 
 
A  個人的には、イングランドと比べて、パルク・デ・プランスの周辺は高級住宅街のため、治安はよい。また、当日はほとんどの観客がメトロを利 用するため、一緒にメトロ利用でも問題はない。ただしスリにはご注意を。Jリーグと大差ない。交通規制等でタクシーは逆につかまらないと思う。

注意点としては、アウェイチームの応援をあからさま(アウェイチームのユニフォームを着るとか)にしない方が良い。

基本的にPSGのサポーターはそれほどでもないと思うが、席によって(両ゴール裏)は怖い人もいるので。座席は、PSGのHPで確認できる。

PSGの場合、フランスリーグのチケットは3週間から1ヶ月前にならないと販売しない。なので、早めにチケットを確保したければ、販売開始後オンライン予約して、スタジアム受け取り あるいは ホテルへ配達をしてもいい。

(2004年 今日帰国したサッカー小僧様)
 


 
 
 
 トップ > パリ > フランスでサッカー