ップ > 準備 > 子連れ > 交通機関
  

フランス 子づれ旅行
 子連れ
 交通機関
 
            
26 Dec.2010 / 19 Feb.2012 経験談追加
 
 
Q ベビーカーでバス移動はできるか?

メトロは大変そうだが、バスはどうか? バスの扉はベビーカーが通れる幅か?

 
メトロ:
これは改札を通過したり、階段を上り降りするのがたいへん。

バス:
真ん中あたりにベビーカーを置けるスペースがある。 子供のいる友人に聞いたところ、一応の暗黙のルールとして、1台のバスにベビーカー1つか2つ。先客がいたら見送る。

バスの通路をベビーカーは通れるが、真ん中の乗車口から乗っても大丈夫、その方が楽。滞在期間にもよるが、一週間のカルト・オランジュ(定期)を購入して、乗り降りするのがお勧め。

(2007年 Rei_ripple  様)
 

バス:
車両の種類にもよる。大型の寝るタイプのベビーカーでも載せているのをみた。座るタイプのベビーカーなら なおさら心配ない。

乗降口の幅や 乗っている人の多さにによって、畳むか、そのまま乗り込むのかは臨機応変に対応しては。手伝ってくれる人や 席をゆずってくれる人も多い。

階段しかほぼないメトロよりは バスをおすすめ

(2007年 たぬきのママ 様)

パリの路線バスの車中でベビーカーを押している親をときどき見かけた。たしかに真ん中の降車口から乗り込んでくる人も多かったように思う。

バスの窓ガラスには、ベビーカーの場所を示す「ICI、PLACE AUX POUSSETTES」というベビーカーのイラスト入りの大きなシールも貼ってあった。

見ていて感じたのは、パリの親の、普通に周りの人に助けを求める積極的な姿、そしてただ手を貸してくださいの言葉に、すぐ反応する周囲の人々。私も素直に手伝わなきゃーという気持ちに。
(ユンヌフルートガナ 様)

回りにいると、ある意味、強制的に手伝わされる。実際、階段を登る時、ちょうど横にいたら「Allez !」って感じで手伝わされた。おかげで、それ以来、条件反射するように、

実際、フランス在住の友達の旦那(フランス人)も、ベビーカー移動時は、なんのためらいも無く、横にいる私に手伝わせた。きっと、当たり前、なのでしょうね。

(Rei_ripple   様)


 
バス

ベビーカーでバス乗車する際、前の扉は狭いので、中央の出口専用の扉から乗るよう運転手が勧めてくれた。 家族が出口からベビーカーと共に乗車、私は前の扉から乗車して2枚切符を通した。

だが、親一人で子連れでバスに乗る際は、どうするのだろうか?中央に刻印機がない場合、、ベビーカーを残して運転手横まで行くのは、短い時間とはいえ、人によっては少し不安を感じるかもしれない。

(2010年7月 さぼてんの華 様)


 
 
列車 SNCF

まだ分別がつかない2歳児連れ。

飛行機やレストラン、列車などで飽きたら絵本、音の出ない(プルバックでない)ミニカー、小さいマグネットお絵描き板(「せんせい」みたいなもの)、ビデオ(iPhoneにしこんだ)などを順繰りに出して、なるべく奇声を発しないようにつとめた。

現地で盛り上がれるよう、「世界の高速列車」という本を見せて、TGVを覚えさせた。

( mosu_hautbois 様)

 
RER

ラ・デファンスのホテル泊。メトロ1号線は始発駅。大型荷物用の改札口もあり、ベビーカーでも楽々。
仮に空港から電車でも、乗換でそれほど苦労せずに到着できる。RER-Aは、それほど雰囲気も悪くなく、便利と思う。

(2010年9月上旬 サラダエクスプレス 様)

 
 
 
 
 

空港の往復は(子連れだったので)シャトルバンを手配してもらった。チャイルドシートも用意してくれた。
(bossy wife 様  2004年10月)

 
 
 

メトロ:

ベビーカーでの移動は、かなりキツいと覚悟していたが、メトロの改札を通り抜けることは不可能。

最初、周りの助けを借りて、無理矢理通していたが、子供の顔に改札のバーが当たり、それ以来改札を見ただけで泣き出す。あとで、改札の横の、関係者の通る扉を発見。

ベビーカーを示し、大きな声で「扉を開けてください」というと窓越しに職員が確認し、遠隔操作で扉の鍵を解除してくれた。メトロの入り口はベビーカーきついですね。

(モコモロッコン 様 2004年1月)
 

メトロなどかなり大きな駅をのぞいて、エスカレーターはほぼ見かけなかった。
現地で子連れの友人と行動したが、男手がないと、ベビーカーを持って階段を上り下りするのは、本当に大変。改札も狭いので、ベビーカーは現地の人でもメトロでは使わないらしい。ほとんど見なかった。
(2010年6月 くろ ** 様)


メトロにて
パリでは休暇のシーズンに入っていたようで平日の昼に子連れ(小学生位)の親子を何度も見かけた。親は、子供にむやみに人の近くに行かないように制していた。
現地の人も気を配っているのだ、と実感した。

(2011年10月 こけもものジャム 様)




メトロ1号線 ラ・デファンス駅は始発。大型荷物用の改札口もあり、ベビーカーでも楽々。仮に空港から電車でも、乗換でそれほど苦労せずに到着できる。
(2010年9月上旬 サラダエクスプレス 様)


メトロなどかなり大きな駅をのぞいて、エスカレーターはほぼ見かけなかった。現地で子連れの友人と行動したが、男手がないと、ベビーカーを 持って階段を上り下りするのは、本当に大変。改札も狭いので、ベビーカーは現地の人でもメトロでは使わないらしい。ほとんど見なかった。

(2010年6月 くろ○○ * 様)
 
 
 

ベビーカーを持ってのメトロ移動は大変だった。

まず改札が狭い上に、バーが付いているのでなかなか通れない。(至難の業といってもいい)エスカレーターやエレベーターがほとんどない。大きな駅には付いているところもあったが、付いてないほうが圧倒的に多かった。それでも地元民らしき人々もベビーカーで乗っていたが・・
(2007年9月 たらQ 様)

乳児連れの場合、道は比較的滑らかな所が多いので、ベビーカーを持って行っても問題ない。

ただ、メトロの入場の時は苦労する。何度入場口に引っかかった事か。メトロにはエレベーターのような物は無かったので、一人で上ったり下ろしたりするのは大変だが、たいてい周りの人が手伝ってくれた。
(2008年10月 子連れのアルマジロ 様)
 

フランス渡航は十数回経験あるものの、乳児連れはやはり大変。

ベビーカーはいらないと感じ、現地でアパルトマン側から貸してもらった。これが正解。バスのみの移動ならともかく、メトロの移動があると、パリでのベビーカーは現実的に不可能。

(2008年12月/2009年1月 サラダエクスプレス 様)
 

ベビーカーは、地下鉄の改札が大変でした。ルーヴルはベビーカーでの入場は優先、館内のエレベータが壊れていたりして、これも大変でした。パリはベビーカーにはやさしくありません。

( 2005年8月 たろりん 様)

市内ではよくバス移動をしたが、小さい子供を連れていると皆、大変親切にしてくれた。
(2004年6月 おこりんぼかあさん様)

Photo  by toricacao

RER-B線のCDG(ドゴール空港)駅、北駅、アントニー駅(オルリーヴァル発着駅)など、大荷物の客が多そうな駅では、改札口に荷物専用レーンがちょくちょく見られる。 とはいえ、ベルトコンベア式でもなく、結局は自力で専用レーンまで荷物を持ち上げ、平行移動で動かす。通常の改札を、手動回転バーに四苦八苦しながら越えるよりはマシか、という程度。 

また、CDG駅は、ターミナルからRER-B線ホームまでエスカレーター及びリフト完備だが、それ以外の駅は多かれ少なかれ階段上り下りが必要と思われる。 

(とりcacao様)

 


 
ップ > 準備 > 子連れ > 交通機関