トップ > 準備 > お金・両替 > B010


お金・両替
B010 フランスのATMで クレジットカードで キャッシング

                  10 May 2006


キャッシング は 口座から残高を引き出すのでは「ありません」。

お金を借りる行為です。よって 信用調査のセンターに(クレジットカード利用もそうですが) 借金情報が残ります。

利子がかかります。

限度額はカードごとに設定されています。キャッシング0になっているカード、加入者もいます。

分からないまま操作しないようにしましょう。

基本的に 定収のない人、未成年、学生、自分で責任を取れない人にはお薦めいたしません。
 
 

セゾンVISA
 
5/2 セゾンビザカードでキャッシング。(エズにて)
操作画面は、金額が何種類か表示され、選ぶタイプ。80ユーロを選択。
 
5月9日繰り上げ返済。
元金10,849円+利息57円 1ユーロ136.325円

(なまけあいあい様 2003年5月)

VIEWカード
ATMでの返金が可能です。ATMの設置されたJR駅を利用される方には便利かと思います。
http://www.jreast.co.jp/card/index.html
(etsu et nino様)


イオンもOMCも、繰上げ返済は振込みになるようです。
あやりんVZA様)

三井住友VISA
 
現地で3回、計500Euroキャッシング(借金、利子がつく)しました。全て三井住友VISA(AF提携、クラシック)。

帰国後 Webにて明細を確認すると、↓になっていました。
 

  日付   現地通貨   金額   換算レート
 ・11/23   100Euro   \12507   \125.078
     利息       \ 456
 ・11/26   200Euro   \24658   \123.291
     利息       \ 843
 ・11/29   200Euro   \24839   \124.199
     利息       \ 793
 
キャッシングは、「キャッシングした日〜返済日(=代金の引き落とし日)まで利子つく」つくわけで、各項目の次の行の「利息」は、私がキャッシングした日から「返済日」までにかかる利子(総額)だと思います(確認はしていませんが、おそらく間違いないでしょう)。
 

私の三井住友VISAは、毎月15日〆で、翌10日払いです。11/23にキャッシングした分は、1/10支払いになり、1/10までの利子の総額が\12,507に対して\456というわけです。

これをこのままにしておいて、1/10まで支払いをしないのも手ではあります。そうすると、成田で換えるのとレートはほとんど変わりません(「(金額+利子)÷現地通過」で算出)。
 

クレジットカードの場合、「繰り上げ返済」(or早期返済)が出来ますので、それを利用しました。

 
繰上げ返済とは

要は、カード屋さんに「売上」(ユーザさんが使ったよーん)として上がってきている(確認できる)ものを、決められた支払期限より前に払ってしまうことです。

キャッシングした分に限らず、大きな買物をしたもんだから、限度額いっぱいいっぱいだわ、じゃぁ早期返済して限度額に余裕をもたせましょ、なんてこともできます。

繰上げ返済ってのは具体的にどうするか、といえば、それはカード(会社)によって異なります。(注1)


三井住友VISAの場合、「サービスカウンター」(場所はWebで確認してください)に現金をもっていって支払いというのが可能。確認はしていませんが、銀行振込もできるでしょう。

私は池袋にあるサービスカウンターに行って 「海外でキャッシングサービスを利用しました。その分だけ先に支払いたいのですが。」といって該当のカードを差し出すと、明細を出してくれます。担当者はとても慣れた様子でした。

明細はおおよそ↓な風にでてきました。

----
 元本  \62004.
 利息  \ 347.
----
(本当はもう少し細かく書いてあったのですが、、、、)

で、支払ったのは、\62,351。
3件分合計で、\2,092 払うはずだった利息を、\1745 節約できました。

平均すると、500Euroを\124.702で両替したことになる。
11/23の出発のとき、成田空港で1Euro=\129で両替したことを考えると、かなり差があります。とてもオトクでした。
 

サービスセンターでは、9:00の窓口の開店とほぼ同時にお願いして、15分くらいで手続き完了。その後、職場についたころにはWebから私のキャッシングの記録は消えていました。

以上、海外でのキャッシング&その返済の具体例の報告でした。
 

キャッシングは、使い方によっては(←これポイント) ものすごく有利に「両替」できます。成田の銀行で両替の列に並んだり、パスポート持ち歩いたり、良いレートの両替所を探したりするテマヒマと比較して、クレジットカードをお持ちの方は、キャッシング&繰上げ返済も「両替」のひとつの手段としてお考えになるとよいと思います。
 
 

もちろん、キャッシングしてから返済までの間が長ければ、それだけ利息はかかるわけですから、場合によってはすごーくたくさん利息を払わなくちゃいけないこともありうるわけですね。

そのあたり、なんとなーく自分でシュミレーションしてみて、自分にとって一番有利な方法
を選んでください。

「キャッシング」というと言葉はいいですし、実際の操作はまるで自分の銀行口座から
お金を引き出すのと同じですが、その実態は、「借金」です。利息がかかります。
そのあたりを忘れることなく、上手に使えるとよいかな、と思ってます。
 
 

(注1)

どういう方法で繰上げ返済が可能か、はかなり大事です。
私は、三井住友VISA以外にCITIバンクカードを使っていますが、こちらは繰上げ返済はカード屋さんが指定する口座(CITIバンクの口座)に銀行振込するという方法しかありません。これだと、振込手数料がちょっと気になる。
 
またサービスカウンターが近所にない場合、何千円も交通費をかけていくのもまた、、、ということになる。

セゾンカードは、ATMから入金が可能だったり、VIEWカードだと駅に設置してあるATM(終電まで使える)からの入金が可能だったり。

イロイロ選択肢はあるようです。
 
お手持ちのカードに聞いてみたり、新たに作るときに海外でのキャッシングがオトクそうなカードというのを選考基準にいれてみたりするといいと思います。

両替レポを完璧にやるなら、海外で使えるキャッシュカード(UFJのオールワンももっている)を使ってみればよかったんですが、こちらは今回は使いませんでした。次回、機会があったらチャレンジかな。

(かなぞう様 2002年11月)

シャルル・ドゴール空港TGV駅構内のATMで 3種類で ためしてきました。

・CITIバンクのキャッシュカード
・UFJオールワンのキャッシュカード
・UFJカード(Master)のクレジットカード

この3枚で、立て続けに「100ユーロずつ」 キャッシングしてみました。

 
帰国後確認したところ、この取引結果は。

100ユーロ=

・CITIバンク:  \13,241(手数料・利息なし)
・UFJオールワン(引き出し): \12,882 + 手数料 \200
・UFJ(Master)カード(借金・キャッシング): \12,445 + 利息 \322

手数料、利息を含めて1ユーロあたりに換算すると、下記の通りです。

1ユーロ=
・CITIバンク:\132.41
・UFJオールワン:\130.82
・UFJカード(Master):\127.67

補足しますと、厳密に同時刻の取引ではありませんので、多少の為替レートの差はあるはずです。

UFJのオールワンは、引き出し金額に関わらず、1回の取引手数料が \200 です。今回は100ユーロだったので、1ユーロあたり \2 になりますが、大金になればなるほど、手数料は"ゴミ"になっていきますね。。。

UFJカードの利息は、利用日(12/7)〜返済日(口座引落し:1/10)までの分です。
UFJカードでは「窓口による繰り上げ返済は扱っていない」とのことでした。ATMでの返済も不可。
 
振り込みなら可ということでしたが、振込手数料のことを考えて行動するのが面倒だったので、1/10の引落し日まで放置することにしました。

また、当日の日本とパリの両替レートは未確認のため、それとの比較はできません。
 
 

今回のお試し結果からも、1ヶ月程度の利息を払ったとしても、クレジットカードでのキャッシングが最も有利、という結論が出ました。(あくまでも一例ですが)

私達はここ数年、T/Cは持ったことがなく、また、両替もしたことがなく、外貨調達はCITIバンクカードに頼り切っていたのですが、これからは、うーん、、、ちょっと考えようかなぁという気分です。。。
(azumi@az様 2002年12月)

海外旅行時はキャッシングを愛用してます。
しかし「上乗せ」はともかく手数料は生じ、たぶん1.**%くらい(数値はカード会社による)。

現金-->現金の両替は、
・各国の観光客が押しかける場所でないと探すのが大変
・複数箇所を比較してレートや手数料に一喜一憂してしまう
・営業時間がある
という点で、めんどくなってしまったのです。
 
 

キャッシングの利点としては

 
・少額でも必要なだけ引き出せる
(ロンドンで20ポンドずつ引き出していたのは私。。。)
・キャッシング可能なATMは街中にあふれている
・レートや手数料を気にしなくてよい
・日本円をあまり持ち出さなくてよい(一応1万円札は携帯している)
・営業時間があまり気にならない。24時間営業もあり
疲れている時、体力のない人間を連れている時など、特に重宝です。機械は各国語の表示を出してくれます(日本語は見たことなし)。
欠点は、
 
・最初に現地通貨を入手する時に小銭、小額紙幣が出ない
・返済時期、回数によっては利息が高くつく
・磁気のぐあいによっては使えなくなる
(出国前の磁気チェック、さらに複数枚所持をお勧め)
・危険や高額の損害が伴うこともある

4番目が最大のネックですね。

特に道端のATMを使う時は、
・人通りの少ない場所を絶対に避ける
・カードを機械の前ですぐに出せるよう、少し離れたところで準備
・暗証番号を打ち込む時はまわりに人がいないか必ず確かめる
・出てきたお金とレシートはさっとひったくって(?)しまい、素早くその場を離れる
くらいの気は使います。
連れがいれば、まわりに気を配ってもらう役をお願いします。


あと私は、支払いのときは主に三井住友VISA(マイレージの為^^)ですが、キャッシングのときはセゾンVISAです。
理由は、
・帰国して即座に行ける範囲にセゾンカウンターがある
・長く使っているので限度額が大きい
・セゾンの方がわずかに手数料が安い

カードのとり忘れには十分お気をつけて。
(とりcacao様)

 
トップ > 準備 > お金・両替 > B010