トップ > 準備 > お金・両替 > B008
  

お金・両替
B008 フランスの郵便局での両替
       8 Feb./ 24 Oct.2009 / 2 Dec.2012 経験談追加

 
 
郵便局での両替
両替可能です。小銭にくずす両替機もあります。
 

初心者がいきやすいところ = ルーヴルの下にある郵便局。
 
英語が通じない局員が多い(日本の郵便局もまぁどうかと言われたら・・・笑)


通じなかったのは、郵便局の窓口の人。
それでも、こっちの言いたいことを丁寧に聞こうとしてくれたので、
英単語のやりとりでなんとかなった。
両替するのに、指さし会話本が役に立った。
(2010年3月 雪見大根 様)
 
  

 
 
ニースで。ホテルの近くの郵便局は両替を取り扱っておらず、駅の近くまで行くように言われた。駅の近くにはTravelexもあった。1ユーロ=138円くらい。手数料不明。
郵便局は 1ユーロ129円、手数料5ユーロ。郵便局で両替したが、1万円だったので、Travelexの方が少しお得だった。手数料無料なら。
(2010年3月 雪見大根 様)
9区 Vignon通りの郵便局では、100ユーロで4.5ユーロの手数料
(2009年9月 tarte aux fruits de saison 様)
T/Cが面倒だった。郵便局でも1.5%の手数料要。交換にも時間が掛かった。

MSMの郵便局でパスポートを返してもらうのを忘れた。レンヌ行きのバスに乗車直前に気づき、慌てて取りに行った。心臓が止まるかと思った。
(2009年8月 dolphinゆき 様)
 

アヴィニョンで
月曜日 T/C 300ユーロ現金化に手数料なし。
水曜日 200ユーロ 手数料4.5ユーロ。
 

ニース駅近くの大きな郵便局で、T/C両替にやはり手数料。450ユーロで6.75ユーロ 1.5%。
ここの郵便局2回行きましたが、割とすいていて、2回とも案内係りの人がとても親切。ニースの別の小さな郵便局では、両替できなかった。

現金より少しレートがいいけど、お国柄も考慮してもうT/Cやめます。1ユーロのトラムの切符もカードで買えるみたいですから・・・

(2009年7月 目黒のアルコ 様)

アメックスに確認したら、郵便局・BNPパリバならユーロT/C換金は手数料無料でできる ということです。(パリでは取扱いしない支店もあり)

これはアメックスから郵便・BNPの各店(パリ以外)に通達してあるそう。ただし、職員に通達が周知されているかは別問題。7月をまたいでのシステムの変更は一切していない(予定もない)とのこと。
 

フランスの郵便局・BNPでの換金で手数料を請求されたり、(パリ以外で)取扱いがないといわれたら、コールセンターに電話してくださいとのこと。

コールセンター(フリーコール)の一覧
https://www.americanexpress.com/japan/tc/lost/default.shtml?page=CM

もしその場で時間がないなどで手数料を払ってしまっても、換金の際の計算書(内訳の書いてある明細レシート)を必ずもらって保管しておけば、後日コールセンターに連絡しての対応も可能だそう。
(2009年7月 ぐうたら子 様)


パリで同じ郵便局で6月と7月に二度両替をしたところ、6月は手数料無料、7月は1000ユーロに対し15ユーロの手数料。尋ねまら、「7月からはどこの郵便局でも手数料がかかるようになった」とのこと。

帰国してからぐうたら子さんの投稿を拝見し、「もしかして戻ってくるかも?」とアメックスのコールセンターに電話をしてみた。すると、

・今まで手数料が無料だったのは欧州ではフランスのみだった
・私が訪ねた係員の言う通り、7月からはどこでも手数料が必要になった
・アメックスオフィスでは2%かかるようになっている
・私が払った1.5%はとても良心的な手数料。場所や国によってはもっとかかることも。

…とのこと。混乱もあるようですが、T/Cを利用する客にも知らせるようにしているそう。

ということで、残念ながらぐうたら子さんとは違う回答を得た。
(2009年7月 空の小鳥 様)

カヴァイヨン 郵便局で換金。

ここは窓口が四つある(そのうちT/C換金で利用できたのは二つ)少し大きめの郵便局、月曜日のためか(人の集まる朝市開催日でもあった)非常に混み合っていて、入ってから換金終了まで約40分。

あまりの混み具合に別の日に他のところでとも思ったが途中、抜け出し街の散策・観光をしてもいいやと順番を待った。

見ていると表示板に自分の数字が点灯されカウンターに行かないと、あっという間に次の数字に進んでいた、途中自分の数字が過ぎてからカウンターに行き、言い訳をしている人を見かけたが
やはり新たに順番待ちの券を取り直して下さいと言われていた。

混んでいたが係の人の対応は親切・丁寧。ただその分時間が掛かる。

400ユーロ換金、手数料無料。換金時はパスポート掲示。
(2009年5月 ユンヌフルートガナ 様)

ディジョンのリベラシオン広場の郵便局で両替、ここはちゃんと控えもくれた。
所要時間約5分。後ろに行列ができて焦ったが、係員は丁寧に、というかちょっとゆっくりと作業してた。
手数料なし
(2009年5月  Magもぐ 様)
アメックスの無料換金場所 参考 http://www.aetclocator.com/jp/
webで検索し、何軒か試してみた。アメックスのwebにも断り書きがあり、記載情報の保証はしかねるそう。

シャンゼリゼ、凱旋門に向かって左側(ナイキショップ隣)の郵便局は手数料無料、その日は上限400ユーロだった。

マドレーヌ近く Rue Vignon の郵便局 無料換金可能。「幾らまで換金可能?」「幾ら欲しいの?」という会話で、現金の在庫状況では、かなりの金額まで換金可能なよう。

ニース マセナ広場BNPパリバ銀行 手数料無料 上限500euro。webに出ていた郵便局の一部は換金自体が不可で、「本日は現金が少ないからダメ」なのか、「ここでは不可」なのかが、言葉の問題で、不明。

(2009年1月 Rod・ロッド 様)

 
 
 
郵便局での両替
 
アメリカンエクスプレスのT/Cを持参。手数料無しで両替をしてくれる場所を問い合わせると、ド・ゴール空港のアメリカンエクスプレスと、郵便局、BNP PARIBAS(オペラ座近くの支店を除く)とのこと。
 
パリのホテル近くの小さな郵便局(窓口2つ)で両替をしようとしたところ、「サン・ラザール駅の郵便局でしてくれ。ここでは出来ない。」といわれた。ある程度大きな郵便局でないと両替できないこともあるようだ。

パリ中央郵便は年中無休24時間営業という情報は、ガイドブックなどにも出ていたが、1月1日に中央郵便局で両替しようとしたところ(前日に現金を用意し損ねたため、やむをえず)、「今日はやっていない」とのこと。全ての業務が年中無休の24時間ではないようだ。

(2008年12月 おいら悪い妖怪じゃないよ 様)

モンサンミッシェル島内郵便局。1,000ユーロ両替できた。サインは用紙下の部分に名前のみ。パスポート提示。

ストラスブール大聖堂前 郵便局。1,000ユーロ両替できた。こちらは用紙に氏名住所電話番号等用紙の記入場所全部に記入。パスポート提示。全て200ユーロT/Cが50ユーロ札で出てきたので
50ユーロ一枚を更に両替を頼み、その際また両替手続きを行ったため多少時間かかった。

ルーヴル内、パリ東駅構内、パリ東駅前郵便局では出来ないと断られる。

パリ東駅近くの別の郵便局では可能とのこと、時間がなかったため実際そこでは行っていないので詳細は不明。

アメックスに日本国内から電話したところ、こちらの情報は最新で間違いないですとかなり機嫌悪く言われた。

(2008年  エセ鉄子 様)

両替はいつもフランスの郵便局で。 

切手を買ったり、日本までの小包を送ったりするついでに 窓口でしてもらう。 大きな街の郵便局は、サービスの内容によって窓口が違うことが多いが、中規模から小さな町では大体同じ窓口でしてくれることが多いようだ。 

一度だけ郵便局で、出来ない、銀行に行きなさいと言われ (ロワール地方の小さな町) 行ってみると、人が多くてやめたことはある。 (結局トゥールの郵便局でやった。) それ以外は大丈夫。 田舎の郵便局は人が少なくて、時間がかからないので好きだ。 
(にゃんち様)


現地で便利だったのが、郵便局にある両替機。(小銭にくずすほう)

経験談を読んで行ってみたが、私が入った大小いくつかの郵便局には、全て設置されていた。

5、10、20ユーロ紙幣と小銭をくずすことができる。今まで毎回小銭づくりに苦労していたので、ちょっと感動。パリでは小銭を切らしているのか、20ユーロを受け付けないこともあった。

(2004年10月 etsu et nino様)


 
 
 
トップ > 準備 > お金・両替 > B008