トップ > 準備 > お金・両替 > B001 現金はどれぐらい要るか
  

お金・両替
B001 現金はどれぐらい要るか
             11 May 2006 / 20 Apr.2009
2 Dec.2012 経験談追加

 
 
全部ツアーで移動するか、個人行動するか、でかなりかわってきますが。
 

目安 朝食が旅程にふくまれている場合:
1日自由行動、昼・夕食、お茶、軽い土産、入館料などで 一人7,000円〜15,000円程度。夕食をきちんとすると、けっこう高くつきます。
 

これはざっくり見ていての個人的主観ですが、初パリの人は、方法を知らなかったり、目についた高い店を利用する、よくわからないままで買う、感激して色々買う、などでけっこう1日の出費が高くつくことがあります。
 

またクレジットカードの紛失あるいは機械がうまくとおらないというケースもあるので、日本円でいいので数万円はどこかに隠しておくといいでしょう。

ただ、現地の祝日やヘンピなところにいくとき、、などは数日分あるといいです。

あと、T/C、カード、キャッシングと併用するにしても、必ず5,000円程度はキャッシュをもっておくこと、日本円も数万円は持参してください。現地で現金しかだめ!というケースに 往々でくわします。

 


 
 

現地での両替(両替商・ATM)やクレジットカードを あてにしない。

「だめだったら 現金で払えるように」を常に考えておく。

 
さまざまなトラブルで両替できない、両替に時間や労力を 浪費することがあります。

2011〜2012年、日本のクレジットカードがハネられるケースが相次いでおります。(以前使えたものも)

現金不足。
足りなくなったら現地でVISAデビットカードを使っておろせばよいと思い、少額しか持っていかなかった。

最終日、持って行った現金がほとんどなくなった。現地ATMから引き出そうと思ったが、
ATMがどこに設置されているか、事前に調べていなかったため、探し回る羽目になった。結局ホテルのすぐそばにもあったのに。
ようやくATMを見つけたが、暗証番号が正しくないとの表示が出て、現金を引き出せなかった。帰国してから確認したところ、暗証番号を勘違いしていた。

日本円を両替することも考えないではなかったが、日曜だったこともあり、その後はすべてどんなに少額でもクレジットカードで全部しのいだ。
そのためクレジットカードが使えなさそうな所には行けなかった。
(2012年11月  アヒルどこかで 様)
日本でもっと両替していけば良かった。

向こうでは(ユーロに統一された現在では) なかなか両替所が見つからない上、レートがかなり悪い。過去の旅行では、両替商をたくさん見つけることができた上に、当時は現地での方がレートが良かったので、そのつもりで 今回も行ってしまった。

といっても、結局向こうで両替したのは、5000円分。かわりに、クレジットカードをかなり使った。web上でクレジットカードの利用明細をチェックできるので、旅行途中にチェックして、どのくらいのレートになっているか確認したところ、現金よりも(特に向こうで両替するよりも)レートが良いことが分かったので、どんどん使った。
(2010年3月 雪見大根 様)

パリ北駅のロッカーに荷物を預けるのに困った。
まず、小銭がなく、ロッカー代金7ユーロがなかったため、高額紙幣を両替した。単なる両替は交換所では受け付けられず、一部をユーロに、残りをこれからユーロスターで訪問する英国ポンドに両替した。
(2011年4月 usako1344 様)

クレジットカードが使えると思っていたのだが、私の手持ちのカードは全て認証されず、
現金が17ユーロしかなかったため、ATMを探して走った。

初めて海外でATMを使った。

まだ夜が明けきらない時間帯で「悪い人は近くにいないだろうか」とか「バスに乗れなかったらどうしよう」とか本当にドキドキした。フランスはどこでもカードが使えると思って、滞在中両替を全くせずに最終日まで済ませたが、当然だがやはり現金を用意しておくことが大事。
(2011年12月 れび・すとろーす 様)
成田発エールフランス夜便で発。パリ早朝到着のため、あの怠慢なフランス人が朝6時から窓口を開けているわけは絶対ない!と確信し、400FFのキャッシュとT/C 2,500FF(これが最低レベルの購入額)を成田で用意する。 
 
早朝4時にパリ到着。飛行機の中での到着案内では、両替は6:00からといっていたけど、“あかない”。2001年5月 造船なでしこ様) 
友人が全く英語が話せず、金銭感覚もあまりなく、挙句JCBカードしか携帯しておらず、現金が足りなくなってしまった。私のカードで変わりに決済したり、両替を数回余儀なくされた。

エッフェル塔近くの両替所で友人が2万円両替したとき、私は外で待っていたのですが、出てきた友人がレシートがもらえなかったと言っていた。心の中で確認したらどんなレートで計算しても明らかにもらったお金が50ユーロ程少なかった。

けど、私は友人がおかしいと思いつつも気付いていないようだったので、黙っていました。JCBカードが使える場所が、かなり少ないので、パリにはVISAかMASTERが必要。両替のレートも日本でしていくより、(2005年年始現在) 現地のほうが
レートがはるかに悪いです。

( EXIT Champs-Elysees 様) 

ATMが見つけられず、疲れていたので結局現金を両替した。成田で両替しておくべきだった。
(2007年6月 敏腕個人マスター 様)
フランスへの旅行は大体、9〜14日の日程で、日本円で3〜4万円ぐらいの現金を持って行き、あとは、使えるところはカード支払い。現金は小額支払いのときだけ。
 
予備金は日本円の現金で持って行き、必要になったときに銀行等で両替。基本が貧乏旅行なので、ユーロ(現金)はたいてい少しあまります。残ったら次の旅行のためにおいておきます。
(labandite様)



 
 
 
予約の際、クレジットカードの番号を聞かれたので、支払い可能と思っていたら
チェックアウトの朝、現金のみと言われて、持ち合わせの現金がなくとても困った。
ゴルドの町まで行って、ATMで出金して支払った。
(2005年7月 T&C 様)
シャルトルからの帰り、日帰りなので早めに駅へ。パリ行きを確かめて乗ったつもりが、ル・マンに着いた。
反対の列車に間違って乗ったらしい。

40euroとクレジットカードしか持っていない。

パニック状態でまず現金をクレジットカードでキャッシングしようとするが、
暗証番号が6桁でしか受け付けてくれない 

ほかにATMはないかと駅を探すと、窓口にvisaのマーク ここでやっとクレジットカードで切符買えることに気がつく。おまけに窓口に英語のマーク。

TGVでパリまで1時間で帰れるらしい。約1時間 ル・マンに滞在して戻ってきました。駅前にはホテルはありました。日帰りでもパリではないので、帰れないアクシデントのために泊まってるホテルの連絡先は持っていたが、現金が少なすぎた。
(2004年11月 ha-bu 2 様)

クレジットカードは2枚以上。

 
使えないときがあるので、2枚以上。また JCBはあまり使えません。もちろん自分名義のもの。

サインをしておくこと。有効期限確認。使用方法、利用限度額、暗証番号。
 
 
 
 

ユーロの現金は1万円程度もっておく。到着日〜翌日など入手できない事態も想定しておく。
日本円で5万円/人程度も、予備として、荷物に潜ませておく。2万円程度も 万一に備え、手持ちしておく。
 
 
田舎、郊外ではATM(5月にはフランスでATMにお金を補充する業者のストもありました)が使えないケースもあったり、なんらかの原因で磁気が弱って、カードが使えないケースもあります。

飛行機や列車の到着が遅くなり、両替所が閉まった。並んでいた。レートが悪かった、疲れていて判断ミスをした、など。


 
ロンドン6泊。5万円分を成田空港で両替した。
ロンドンはクレジットカード社会らしくほとんどの人がカードで払っていた。
お釣りを確かめるのが面倒なので(クレジットカードなら、レシートを見れば良いので)
カード払いをしていたら、現金がかなり余った。自分には 3万円で十分だった。
(2011年12月 チキンなしょうこ 様)
(今回の反省や次回への願望&意気込み) =  現金を 110ユーロ程度しかもっていかず、最終的には0.50ユーロ・・・。それはそれで、楽しい経験もできたが、やはり、気持ちの問題も含め余裕があったほうがよい。

ユーロ高なので、私のようにケチで空港で驚いて、両替を渋ることのないよう、あらかじめ、現地で必要な予算を想定して、手に入れるユーロ額を決めておいたほうが良い。

(2007年12月下旬/2008年1月上旬 アレジアしとろん 様)
 

すべてカードで過ごそうと思っていたのに、入場料などはキャッシュのみの所が多く、意外にカードが使えないという事。後半現金が足りなくなりました。(プチトラン、イヤホン代、オペラ座見学料など・・・)
(オレンジのジュレ様 2004年8月)
現金が1フランもないのでT/Cを現金に替えることに。ホテルのキャッシャーに聞くと「リヨン駅の中にある案内所でやれ」、と連れないお言葉。しょうがないんで案内所に行く。    カルト・ミュゼをT/Cで購入し、おつりをもらおうとした。そうしたらカウンター のおばちゃんがなんか言ってきた。いまいち解らず「???」という顔をしたら 、おもむろにお財布替りの「ずた袋」を見せた(中は100フラン札1枚)。            

そ う、私達があんまり早く来すぎたので、現金がなかったのだ。しかたなくカルト・ミュゼをカードで購入。
             
現金を1フランも持っていないのは、問題ですよね。今回はツアーで、 スムーズにホテルまで行けたから良かったけど、最低でも300フラン は現金で持っていた方がいいな、と思いました。 (旅助様)


 

カードで払えなかったとき、を必ず想定。現金はけっこう要る。
 

 
店によってカードは 15, 20ユーロ以上、などの下限があります。
ツアー代金が現金支払い。かつ入場料別途なので、ユーロ現金がかなりの金額必要。
前日にパリで現金は調達したが、不足。海外引き出し可能なキャシュカードで現金を引き出す。
(2005年8月下旬 元ニューヨーカー 様)

ホテルのチェックアウト時に、クレジットカードで清算しようとしたら、限度額オーバーで使えなかった。汗が出た。ダラダラ出た。所持金(ユーロ・円)をかき集め、両替に走った。しかも二日酔いで、心身ともにつらかった。飛行機に乗り遅れるかと思った。

(2007年2月 欠食ドラネコ団 様)

友人が全く英語が話せず、金銭感覚もあまりなく、挙句JCBカードしか携帯しておらず、現金が足りなくなってしまった。私のカードで変わりに決済したり、両替を数回余儀なくされた。

エッフェル塔近くの両替所で友人が2万円両替したとき、私は外で待っていたのですが、出てきた友人がレシートがもらえなかったと言っていた。心の中で確認したらどんなレートで計算しても明らかにもらったお金が50ユーロ程少なかった。

けど、私は友人がおかしいと思いつつも気付いていないようだったので、黙っていた。JCBカードが使える場所が、かなり少ないので、パリにはVISAかMASTERが必要。両替のレートも日本でしていくより、(2005年年始現在) 現地のほうがレートがはるかに悪かった。
(2004年12月/2005年1月 EXIT Champs-Elysees 様)

店でが現金払いだった。私たちはお金をあまり持ち歩かなかったので、晩御飯を調達したとき、お金が足りず冷や汗。店のスタッフが言うことも理解で きず、どうしようと思っていたら、たまたまその場に居合わせた日本人が通訳してくれ、おかずを取り置きして近くでキャッシングしてきたら?と言われ、夜の 街をキャッシングに走った
(happy80様)
現地につくにあたってユーロキャッシュがゼロなのは不安でしょうから、
「最初のお金」は日本の空港で換えていくのがよいのではないでしょうか。

「両替をどこでするか」と考えるのと同時に、

・どう支払うか(キャッシュで払うのか、クレジットカードで払うのか)
・自分はいくらくらい使うんだろうか?

というのを考えて、両替にかかるテマヒマ&レート等を考えることをオススメします。「時間を金で買う」という側面はありますね。
(かなぞう様)

クレジットカードが使えず困った!

アヴィニョンの郵便局で小包を送るとき、手持ちの現金が足りませんでした。送りたかったのは本だけだったので、船便でいいといったのに、係りの男性が高いほうで計算したようです。
(いつもフランスから送っていたので、大体の金額は予想してそれよりも少し多めに準備していたんですが)

でもその日は土曜、しかも正午15分くらい前。(土曜日は郵便局は正午でおわり)次の日には帰国だったのでなるべく現金を持ちたくなかった ので、クレジットカードで払おうとしたら、手持ちの2枚とも機械が受け付けてくれない・・。しょうがないので、手持ちの英ポンドを両替してくれ、と頼んだ らもう時間が時間だったからでしょうけど、NON!と断られた。

「ったくー、どうするの?!」という感じで、係りの男性から怒鳴られ、 うーーん、この重い本を日本まで持って帰るんかい?困ったなーと 思っていたら私の次のおばさんが見かねたのか、後ろから「いくら足りないの?」と聞いてくれ、その不足分を支払ってくれました。約200円か300円くら いだったと思いますが、もう感謝感激!

こういうときの為に、といつも持ち歩いている日本の記念切手シートをお礼に渡そうとしてバッグを探ったら、その日に限って駅で待っていた 友人に預けたトランクに入れていて、このときばかりは、係員に怒鳴られたことで落ち込んでいたのに、さらに自分のヘマさが情けなかったです。結局そのおば さんには、お礼を沢山言うことしかできませんでした。

ここの郵便局は入口で受付の番号カードを取って、自分のナンバーが電光掲示板で提示された窓口に行くやり方でしたが、このときの窓口の男 性はこの最初の時点から機嫌が悪く、カードを提出しているにもかかわらず、取っていないと決め付けて「カードは入口で取った?」と怒鳴られた。

土曜日だし、あと少しで終わりなのに、よくわかって無さそうな東洋人がきたので機嫌が悪かったんでしょうね。やはり少しは余裕を持って現金をもっておくべきだった。
(ハナクロにゃんち様)

一人旅が主な私(♂)は、「1日分」の余裕現金がポケットにあるようにしています。 
ホテル代は主としてクレジットカード決済ですが、それを現金で払ったと仮定し、見込み観光費用を追加した金額が「1日分」。 クレジット決済システムやATMなどの「文明の利器」がストやテロでとまっても、1日あれば対応策がとれるだろう、というのがその理由です。
 
出国時は成田で「1日分」、到着したら空港でその日の宿への移動費用+α程度、
その後は大体「半日分」くらいになったらユーロ入手を考えています。
 
(一昨年、英国・ストーンヘンジの入場料が「現金以外不可」だったために中に
入れなかった経験をしてから、ATMもカードも過信しないことにしました
 
街歩きの際に見かけたATMで現金を引き出すのもよし、妙に条件のよい両替屋をみかけたら入るもよし。
 
私自身、「知らない街で迷う」趣味もあります(ヨーロッパの街は大きくないので、2時間もあればランドマーク発見→宿帰還が可能と踏んでいます) ので、その際に見かけた両替商・銀行のレートとコミッションをメモして比較したりもしていますが、それはあくまで「街歩きの余禄」扱いです。
(METY alpha様)

   
 
 

旅行の際はクレジットカード、円現金、某外銀の「キャッシュカード」を持っていく。T/Cあまり好きではありません。

空港の出口の脇には通常ATBで、VISA,PLUS,CIRRUS等いっぱいマークの付いたのがあるのが設置されている場合が多いので、CDGの第1ターミナルにも多分あるだろうし、一応WEB上でもあるのは確認して出かけました。ところがあったのは「AMEX」オンリーの機械。これ ではキャッシュが手に入らない・・・。やむなく「率」が悪いのを承知で、「両替所」へ赴き、取り敢えず円現金を「シャトルバス」+御夕飯代+チップ位に交換。異様にレートが悪い。ほんの少しでも現金を両替してくるのだったと後悔しました。

その後ホテル近くの銀行のATMにトライ。キャッシュカードが戻ってきてしまう。(冷汗)一瞬「時間外??」or「(マシンと)相性が悪 い」と思っておりました。 各国語の表記のあるマシンのくせに、どうして戻ってくる時のメッセージは「フランス語オンリー」なのか・・。←(まだ
自分のカードは使用可能だと信じたい心境)

次の朝、他のマシンへトライ。計5〜6カ所トライしたが、認知されずに戻ってきてしまう。(←この時点でさすがにカードの磁気不良だと判断)

過去何度か旅行中にカードトラブルは経験済みだが、連れのある時ばかりで、どうにかなっていましたが、今回は一人。さてどうしたものかと考え込んでしまった。

クレジットカードの「キャッシング」をしようと思えばできる。でも利息が高そう・・。(未経験)私のカードは「キャシング」をすると次の引き落とし前に「振り込む」という形での一括返済ができないので、高い利息を払うしかない。

こういう時に限って、「ホテルの側の使用可能ATMの地図」はプリントアウトしてきたのに、肝心なパリ支店の場所の地図がなく、記憶を頼りに歩いて探す。「レスキュー・デスク」に電話しても良かったのに後で気が付く。(かなり頭に血が昇っていた)

約30分ぐらい歩いてシャンゼリゼにパリ支店を発見。ホットした。着くなり、もう一度設置されているATMにトライ。ガ〜〜〜ン!!やっぱりダメジャン!!

仕方なく事情を説明し、「再発行はできるか、又は緊急対応をして欲しい」とリクエスト。
書類を渡され、「パスポートのコピー」を見せ、「お待ち下さい」と言われて、20分ぐらい経過後、カウンターに呼ばれ、「日本語対応の担当者」が電話口に出て応対。事情を説明。生年月日、暗証番号の確認あり。

「再発行は不可。緊急用に千ドル分まで現金をお出しできますが、手数料25$が別に掛かります。出金のレートはTTS+3円ですがよろしいですか?」「25$!!!!この際だからやむを得ないけれど、25$ってちょっとお高くないですか??」(悪あがき省略) 何となく足元を見られた様で、不愉快。とはいうものの、次のフィレンツェには支店がないので、緊急対応はできない。 一瞬迷ったが渋々OK。それから現金が出てくるまでになんと40分近く掛かりかなりイライラ。一時間以上掛かって800ユーロ分を出して貰う。

帰国後、即、近くの支店に向かい、キャッシュカードの再発行。(本人確認ができれば現場で可能)そこで言われたのことの内容は以下の通りです。

日本のATMはキャッシュカードの表側を使用。海外は裏の上部を使用。従って日本のATMで通常使用できたとしても、海外に行く前に支店の「カードリーダー」で(ATMではダメ)、海外使用可能を確認してお出かけ下さい。緊急用に他行の海外使用可能のキャッシュカードもお持ちになっては?」でも、それってね〜〜〜??

クレジットカードは「手入力」でOKが出れば、「カード不良」があっても使えた経験がありますが、「キャッシュカードの緊急対応の手数料っ て高いのね。」と思いました。次回は必ず「使用可能」を確認してから出かけます。某邦銀のキャシュカード海外使用可能(要手数料)も検討するつもりです。
 
もちろんユーロ現金も少しは持っていきます。 
(Rod・ロッド様 2002年)

 

トップ > 準備 > お金・両替 > B001