トップ > 準備 > クレジットカード > Q016
  
フランス旅行のための クレジットカード Q&A
Q016 リボ払いは 利息がついて返済が増える!
            24 Oct.2004
4 Sep.2010 経験談追加

 
 
 
 
 
リボ払い は落とし穴! 利子がつきます
 
 
 

最近、やたらクレジットカード会社から通知案内やキャンペーンがきて、リボ払いにするよう、促していますね。あれは・・・あれでないと クレジットカード会社が 「儲からない」からです。つまりクレジットカード会社が我々利用者から「もうける」ように出来ています。
 

簡単にいうと、現在の世情では、景気低迷、加入審査や貸し出す金額の締め付けが厳しくなり、利用も減り、クレジットカードはアガリが少ないのです。クレジットカード会社も、社員に給料を払い、いろいろな設備をもたねばなりません。
 

そこで、リボ払いへの誘導です。リボ払いは ごく簡単にいうと、

 
 ・毎月の支払い金額を固定する(定額とか率とか残高とか色々な方式があるようです)

 ・利用額のうちオーバー分は翌月支払いに回る


です。もちろん世の中こんな優しいわけはなくて、ここに高額の利息(金利)がつく。小遣い額>利用額 の公式が崩れると、サラ金じゃないけど、どんどん膨れ上がっていくのです。ふとしたリボ払いから、いわゆる「借金苦」に陥る人、多いそうです。
 
 

ただ会社も必死でして「初回は無料!」 だの甘い入り口を設けていますので、惑わされないようにしてください。「毎月の出費が一定♪」なんて解説や取材は、本当に 甘いものばかりすすめて、歯がボロボロになるのをいわない、ようなものです。
 
 

ここで、もう一度、注意。

 
・人間は 一度はじめると、「クセ」になります。かつだんだんと把握があまくなり、感度がにぶり、慣れてしまったりします。

・よほど几帳面でないと、見落としやだんだん気にしなくなって、返済が増えていきます。

・あとで知らない(気づかない)うちに限度額設定だの規約変更されたときに、気づかないと えらいことになります。

・また、リボ払いだと、払っているように見えて、利息を払うばかりで、元本がなかなか減らないということになります。

・リボ払いにすると、大半のアタマが平和な日本人は、なんだかあまり使っていないような、小遣いにまだまだ余裕があるような錯覚に陥ります。先延ばしになっているだけなのに・・・ そしてその途中でどんどん他のカード利用が増えていくと、もうえらいことになります。

だもんで、みなさんがワタシの弟妹だとか親友だと思えば、  大原則として リボ払いなんかやめとき! といいます。

一般庶民には、「いいことは何もない」のです。ポイントの多少・プレゼントなどにまどわされてはいけませんよ。それぐらいの「いいこと」は、 時間外ATM利用料を1、2回節約したり、貴方がついついコンビニで買うお菓子や カフェで食べるケーキを グレードダウンしたらすぐその金額以上に取り戻せます。

ネットで裏ワザとして、固定額を50万円とか大きくしておけば 実質全額払えるので、利子は発生しない、などもありますが、これも厳格に色々な調整を楽しむ性質の人にしかおすすめしません。
 

大原則

・クレジットカードは 貯金したあるいは確実に返せる額だけ使う。

・クレジットカード利用は その金額分、1、2ヶ月の資金で、きれいにはらっちゃうつもりで。

・自分に楽=相手にモウケ  金払いに楽はありえない。

・よほど裕福な財布の持ち主でないかぎり、絶対に後回しにしない。(そして、裕福な人は1回払いをするんですけどね)

・毎月一定返済・・・はおかしい。貯金あるいは来月の収入で、クレジットカードを使うこと。


もちろん、クレジットカード会社もそれで生きてますから、あこぎだというワケではありません。わたしがクレジットカード会社のシャチョーだったら、もっとリボに誘導して、利益増やせ!と会議で怒鳴るでしょう(笑)
 

マイナス面、人間が一般におちいりやすい失敗、についてよくよく理解して、へたなものに手をだすな、ということです。

 
 
 

一括払い  (1回で、というやつ)
手数料は本来はいりません。 

外国で買ったときは、1%とか1.5%とかの 海外扱い料が、上乗せされます。 

でも、この手数料は換算レートにすでに入っているので あまり感じません。 会社によって%が違うようです。 

分割払い 
ふつう利子がつきます。16%とか24%(年)などです。 たまに色々なキャンペーンや会員特別サービスで ○回までは無利子!とかありますが、基本的には  いるのではないか、と疑ったほうがよいでしょう。 お使いのカード会社のHPでよく確認してください。 

セゾンVISAならセゾン、三井住友VISAなら三井住友の HPを見てください。 
 
 

ただ、人間は、一般的に、帰国後もまだまだお金を使います。あとに繰り越したからといって収入額はかわりません。基本は貯金や収入からの支払いの目処をたてておき、さっさと払ったほうが、次の季節の買物・利用に心配なく使えます。

歯磨きとダイエットと支払いは、後回し、はよろしくない、のです。

リボ払い
毎月支払いを5万円なら5万円と定額に上限をきめられる、定額払い コースです。 
          
         12万円の買い物をしますと 

         第1支払い月 5万円 
         第2支払い月 5万円
         第3支払い月 2万円 

というふうに、お支払いが 「ラク」に見えます。 
普段うごかせるお金がどうしても限定されてるヒトむけです。 

ところが、この第2〜第3のように後回しになる返済金はちゃーんと先の「利子」がついてしまいます。 さらに、第1の月、第2の月、第3の月に、また別の買い物をしちゃうと、 それぞれどんどん返済が繰り下がっていくので、利子が どんどん付きます、という説明をカード会社から受けました

         
結果的に,銀行利子も低い時代、やれ分割だ、月に支出限度だ と いっても、多くの利子を背負って 借金するのはどうかな、と思います。 とくに若年層の方は、ご注意ください。 
          
カード会社からも 分割やリボのキャンペーンが ばっかばっか来るのは あたりまえです。
利子が入って儲かるからるからです。 

 
一見楽なようですが、どんどん手数料と称した利息が、買えば買うほど加算されます。現在の預金金利一年物で  何と0.05〜0.07%時代です、手数料率年9.00〜13.20% その差は     まったく桁違いであり、貸せば貸す程、濡れ手に泡少々の還元が有っても 利用は控えめに、老婆心からです。
(ナッツ様)
例: 毎月3万円のリボ払いを設定したとする。利子を26%程度とする。(法定金利29・7) (すごくあいまいな数字計算なので つっこまないでください。。。:注)   参考: 
 

末締めの 翌10日払いとします。

4月 2万円利用    

5/10  3万円枠内なので、、2万円払う。  借り入れ ゼロ 問題なし。  

5月 7万円利用 6/10 3万円枠なので、5月分利用のうち3万円だけ支払い。  のこり4万円は来月まわし+利子1ヶ月分854円ぐらい   

6月 2万円利用 7/10 5月の残り4万円 ただしそこから 元本3万円支払い    のこり元本1万円+利子1ヶ月分854円 +次の1ヶ月返済がのびるから     サの分(10854円)の利子 235円

7月 3万円利用 8/10 5月ののこり(まだ残ってる!)元本1万円+利子1089円+ 6月の2万円のうち元本18,911円   合計3万円支払い   のこり6月の元本 21089円 +これまた来月までの利子   これも来月回し  
 
。。。というふうに毎月3万円枠で返済らくらく♪なんておもっちゃいけません。   伸びれば伸びるほど 人生の先の先までしわよせがいって、利子が利子を 生んでいきます。  
 
困ったことに、利子でくってる金融機関・銀行・カードやさんは リボをすすめてきます。   リボカードにしたら 今なら○○プレゼント!(抽選) とか リボ払いにしたら、○○ご優待!などです。これは よく分からずに申し込む人なら やめたほうがいいです ・・・利子の分で買えますから。   余談ですが、クレジットカード会社のキャンペーンは めったに 当たらないと思ったほうがいいです。 100万人単位でうじゃうじゃ加入者がいるカードなのに 100名様プレゼント、とか。。。。し、しぶすぎる。
 
 
どうしても! クレジットカードで買物したり、やむなく借金するときは   一括 で ばしっと返す よう心がけてください。

ラクにかえす などという文句は じわじわと長く借りて利子が増える、と思ってください。   ないお金でものを買わない!が原則。   

知人の弁護士によると、金融で借金した場合 2社目にいたると、9割の人は、半年以内に借金総額が 300〜500万になるそうです。 1社だけ、と思ってももうふくれあがるそうです。   借金はしない、を原則に。   身近な例では、電話代の滞納、クレジットカードの滞納、が 身近な落とし穴です。これが原因で 金融借金にふみこんでしまった人が 多いので注意してください。   詳細は、自分のカード会社や関係会社の約款やパンフを よく読んでください。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

トップ > 準備 > クレジットカード > Q016