トップ > 準備 > クレジットカード > Q015
  
フランス旅行のための クレジットカード Q&A
Q015 暗証番号 ピンコード
            24 Oct.2004
4 Sep.2010 経験談追加

 
 
 
 
 
Q 暗証番号がいるカードがあると聞きましたが
 
A 現在、かなりのクレジットカードに ICチップ(集積回路 1cm四方ぐらいの硬いもの)を埋めこんでいます。これをICカードといいます。

昔は磁気テープに情報を記録していましたが、ICチップのほうが、利便性があるため、現在ICカードに移行しています。

このICチップ式クレジットカードの場合、ICカード対応端末機を備えている店では、暗証番号が必要です。端末機がない店では従来どおり複写紙で書名をします。

フランスでは相当 ICカード対応端末機が でまわっています。
 
 
 
 
 

参考 加入しているカード会社の頁をよく読んでおきましょう。

三井住友VISA > ICカードについて
http://www.smbc-card.com/nyukai/card/iccard.jsp

JCB > ICカードについて
http://www.jcb.co.jp/ic/index.html


 
 
 
Q 暗証番号は知っておいたほうがいいですか
 
A  4桁の暗証番号は 絶対に必要。というか、銀行のキャッシュカードで番号を覚えていない人は少ないですよね? あれとおなじで、「本人は知っていないとおかしい」のです。

2005年ぐらいから、フランスでは偽造クレジットカードを撲滅するため、ICチップ入りクレジットカードの利用がすすんでおり、サインではなく、暗証番号入力が普通になってきています。

日本でも暗証番号入力式が相当増えてきています。
 

また、店頭でなくても、路上のATMからお金をキャッシングするときに、暗証番号がいります。


 
フランスではICチップつきクレジットカードが一般的になっていた。私のカードはICチップなしだが、これまでどおり磁気を読み込むモードで取り扱ってもらい問題なかった。
友人はICチップつきカードの暗証番号を知らなかったのでカードが全然使えなかった
(2005年7月 Rodyあぷりこ 様)
フランスはクレジットカード(ICチップ付き)+暗証番号(PIN)の先進国で、ICチップ付きでないとかなり不便だと思います。「他のカードは持っていないか?」とか「現金は持っていないか?」と言われます。

店によっては「サイン」でOKの店もありますが、面倒なようで、あまり歓迎されません。
(Rod・ロッド 様)

プランタン高島屋内免税カウンターで 日本人の女性グループが、ICチップ内蔵カードの暗証番号を3回エラーしてカードが使えないと助けを求めて来ていた。

ふらつーでも掲示されていたが、クレジットカードの暗証番号の管理は徹底するのは当然です。

また、手持ちのカードのサービスや機能は調べて、保険や保証の有無なども研究すべきだと思います。

クレジットカードの限度額、キャッシングの限度額、限度額の増減など出発前に熟慮して行なうべしだと、第三者から見ても感じました。
(2005年7月 piyomama-fcb様)

 
 
 
 
Q 店頭で、具体的にどう入力するのですか
 
A 店員がレジや端末を操作して、機械につっこんだまま、 どうぞといわれたら、

暗証番号4桁+緑の確定ボタン を押します。日本でも海外でもおなじです。なお、店員が いいというまで、触らないこと。

少しまって、認証がとおれば、店員がクレジットカードを引き抜いてレシートとともに返してくれます。サインは不要です。
 
 


 
 
 
Q 暗証番号を決めた覚えはないのですが・・・忘れました。
 
A 番号は、クレジットカードを申し込んだ際に、申込書に自分で4桁の番号を記入しているはずです。

まれに、記載を忘れた場合などは、クレジットカード会社側から番号が指定されます。最初にカードが届いたときに同封されている台紙にかかれています。

自分の加入しているクレジットカード会社に問い合わせれば、わかります。


 
 
 
Q 家族(あるいは同行者)が私のクレジットカードで買い物・予約手配をしますが、暗証番号を教えてもいいでしょうか。
 
A 絶対、人にこの暗証番号を教えないようにしてください。また操作のときは人にみられないようにしてください。

 
 
 
 
 
Q 暗証番号を入力するのは、ICチップ式クレジットカードだけですか? 手持ちのクレジットカードはICチップ式でないのですが、替えたほうがいいか?
パリはもちろん、地方の小さな町の、お店、レストラン、ホテルで、すべてICチップ付きのカードで、コードを入力して支払いました。パスポートを見せたことはありませんでした。

国鉄窓口も、窓口の仕切りをくぐることが出来る小さな機械ができていて、暗証番号を自分で入力した。
(2006年 さくらさけ 様)

パリで使った限りでは、サインで済みました。(レジの液晶に”signeture"と表示されていた)

スーパーやデパート、美術館、メトロ、1日バスツアー、空港、と観光客が普通に行くところばかりだったかも。

IDが求められる可能性があるかも、とパスポートを持ち歩いたが、提示も求められませんでした。
カードはICチップなしのJCB、Master、Visa全部使ってみましたが、どれもOK。

(2007年 shushu 様)

DC VISAは、ICチップなしのカードでもPIN CODEがあったので、旅行前にカード会社に確認して控えていった。カード会社によってちがうようなので、カスタマーサービスで確認された方が無難かと思います。

(エクレールオデオン 様)

> 念のためICチップ付きのカードも作っておけば良かった・・・。勉強不足でした。
 
 

ICチップ付きカードの方が悪用される危険性が低いと一般的に考えられている。将来的には変更された方がいいと思います。

既出ですが、フランスはICカード先進国で1980年代から実用化されています。英国では2004年から実用化が始まり、そのときの宣伝文句がフランスのカード犯罪発生件数の低さでした。お互い貶し合う関係の両国間で、相手を手放しで誉める事はそうそうありませんので、相当なことだと思います。ベルギーでも普及しています。
 

ダイナーズにもICチップ付きはないのですが、万一暗証番号を求められた場合にと、番号が設定になっています。ただメンバーになってすぐ郵便で送られてきて滅多に使うことはないし、かつて一度
も「暗証番号を・・」と店で使う際言われたことはありません。

アメックスにしろ、ダイナーズにしろ高額商品を売る店で使用できる場合が多く→免税手続き→パスポート提示で店側は確認ができるので、ICチップなしでもあまり問題ないかも・・と思います。

ICチップ付きのカードを持たない=現金払いをするのであれば、現金を持ち歩くリスクと現金為替レートの不利を承知していれば本人次第かと。
 
 

(トベロラカシ 様)

アメックスには暗証番号はなかったと思う。(キャッシング用で依頼すると出してもらえるとかだったはず)

DC-VISAの暗証番号は、事前に依頼して書面を送ってもらう形式なので、旅行直前に請求しても間に合いません。
 

ちなみにこの点で一番楽なのはおそらくJCBカード。成田などの空港サービスカウンターでパスポートを提示することにより、その場で暗証番号を知らせてくれます。海外では何かと使えないと言われがちなJCBですが、パリなど現地デスクがある場所だと駆け込み寺にも使えますので、もしお持ちでしたら予備としてでも持って行くと良いと思います。
 

ID(身分証明書)は基本的に必携です。スリなどにやられるリスクと、パスポートコントロールに会って咎められるリスク、どちらを取るかは個人の判断ですね…。私個人は、通常の観光で行くような場所なら、スリのリスクの方が高いと判断しています。
 

先日訪問した際、パリ郊外の廃線・廃駅を見て歩いたのですが、案内人の留学生は「今日はパスポートを持ってきた」といっていました。(ひと気がないところをウロウロするため、通常の観光に比べて不審に思われる可能性が高いからでしょうね)

(めめたんもにゅもにゅ 様)
 

 
 
 
 
トップ > 準備 > クレジットカード > Q015