トップ > 食べる  > カフェ・ケーキ Q&A> Q13
  

Paris レストラン・フード 
カフェ・ケーキ・・・Q&A
Q13
            
updated on 3 Jun.2007 増量、整理
10 Oct.2013
 
Q13 マカロンの持ち帰り方法
現在は 機内搭乗時に廃棄させられるケースがあいついでいます。
手荷物はやめたほうがいいでしょう
→ 機械の改善などで、液体規制がゆるんでいる場合があります。持ち込めたという報告もありますが、最新の規制を調べて、渡航してください。

シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル1
手荷物検査前だったので、マカロンは機内への持込不可だったはずでは?と戸惑い、店員に聞いたところ、「持ち込めます」と言われた。それでも心配に思い、 たくさん買えなかった。結局 問題なかったので、もっと買えば良かったと後悔。 ただ、検査場ではレシートを見せるわけでも無く、マカロンが、免税品の様にビニール袋に梱包されているわけでもなく、外から持ち込んだものと見分けがつか ない気がするが、大丈夫なのだろうか。運が悪ければ没収されてしまうのだろうか・・。
(2014年9月下旬 恋に落ちた@nao 様) 

シャルル・ド・ゴール空港 ターミナル2E
空港で買ったラデュレのマカロンは、没収されなかった。
(2012年8月 羊のどんざえもん )

 


 
 
 

昔は機内持ち込みにさえすれば大事に大事に持ち帰ることが可能でしたが、最近はセキュリティが厳しくなっていますよね。とくに柔らかいものはいけないと聞きます。実際11月の帰国便ではケーキ没収。

スーツケースにマカロン入れると間違いなく壊れますか?

無傷で持ち帰った方とかいらっしゃいますか? 

A タッパー持参して隙間なくつめる、ではどうですか。

ただしいったんホテルに持ち帰らなければならないので、口に入るまでの時間が長くなりますが。
( とりcacao 様)
 



大きめのタッパー容器。カヌレやマカロンを入れた。スーツケースに入れ、崩れることなく持ち帰れた。
(2013年1月  しまりすちっぷ 様)

2007年5月

あえて持ち込みで挑戦。8個入りの固い有料の箱入りを2箱
結果:崩れずに持ち帰りに成功

ただし。ANAにて。手荷物のX線の際、何が引っかかったのか不明だが(iPodとか、紅茶とか、フィルムのX除け袋もあったので)、鞄を開けて引っ掻きまわされた。マカロンは鞄の底にあって、そこにいくまでに、日本人だからOKみたいな感じで、もういいやって通された。

(Rei_ripple  様)

2007年4月

マカロン50個近くを箱入り・袋入りとも持ち帰りに成功。

箱買いの場合、
(1)薄い紙の箱(無料)の場合は、マカロンの箱を開けて二重にしたティッシュでマカロン包む。
(2)更に隙間がある部分に裂いたティッシュを詰めて隙間を埋める。
(3)それを更に大きい箱に入れて隙間をティッシュまたは古新聞紙をしっかりめに詰めて固定する(靴箱サイズの空箱を持参しました)。
(4)厚い紙の箱(割高になります)の場合は、マカロンの箱を開けて隙間にティッシュを詰める。
(5)靴箱に入れるか、入れない場合は周りを緩衝材で包む。
袋買いの場合、
(1)各々のマカロンをティッシュで包んで袋に入れる。
(2)それを小さめの箱に詰め、隙間をティッシュで埋める。絶対にダメージを与えるような固い物や重い物と隣り合わせて入れない。

これでラデュレの24個入り箱(有料のしっかりした箱入り)と8個入りの箱(無料の箱入り)2箱、ピエール・エルメの7個入り箱(無料の箱入り)2箱を無傷で持ち帰ることができた。

コツは、大きすぎる箱に入れない(24個入り程度が限界)、マカロンどうしをぶつけない、マカロンの箱に直接衝撃が加わらないように、更に大きい箱や緩衝材で包む。

(sweet_leilani 様)
 

2007年3月

箱詰めにしてもらって(8個入る箱に8個)スーツケースで持って帰ったが、1つも壊れて無かった。
隙間無く詰めて貰えば大丈夫。

帰りのスーツケースも隙間無く、箱が移動しないようにすれば大丈夫では。

機内持ち込みは、できなかったという話もできたと言う話もある。その時の係によりそう。箱は何種類かあったたので、箱に入れてもらえるように頼んで、その箱びっしりで持ち帰ればよいと思う。

(ももPINK 様)

2007年1月と2月に機内持ち込みで持ってかえった。
 
店で箱詰めにしたままで、機内持ち込みバッグに入れ、できるだけ揺らさないように気をつけた。
ANA、JALどちらのX線でも一応通った。躊躇されたのが、酒の入ったチョコレート。これはXで写るらしく、それでも「ボンボン・チョコラ」と即答したら通してくれた。

スーツケースに入れて預けた場合は、悲惨な状態になると思う。どこの店のマカロンかによるが、ラデュレあたりは柔らかいので、タッパに入れても壊れる。

持ち込みで没収されないのは運だと思うので、基本的に友達からは受け付けないほうが無難。だって壊れたの渡してもお互いに嫌な思いするだけですから。
 

( Rei_ripple  様)

私も持ち帰るのが難しいものは、受け付けないのが無難だと思う。安いお菓子ではないし。
「壊れずに持って帰るのは難しいけど、壊れててもいい?」と断っておいた方がいい。

マカロンって、どんなに揺らさないように気をつけて、大事に持って帰っても、箱をあけると、スミの方でぐしゃっとなっている数個を発見してしまう。山のように買うと、被害も大きいかも。

(マハリクまはーる 様)

2007年1月、マカロン2箱(ラデュレ)を持ち帰った。

帰りのチェックインぎりぎりまで機内持込にしようと目論んでいたが、並んでいるうちに不安になり、チェックインのときに箱に詰め替えて預け荷物にした。(箱はANAのチェックインカウンター近くに置いてあり、自分で組み立てる)

実際はANAでダイレクトだったせいか、セキュリティでも特に問題なく、同行した友人は機内持ち込みOKだった。

肝心の品質だが、完全な買ったばかりの形というわけには行きませんが、普通に店から家に持ち帰ったときくらいのつぶれぐあい。(脇がちょっとボロっとなった)

(leventdemai 様)

帰国の日にマカロン大量買い。大きなスーツケースの片側がすべて多数のマカロンの箱で埋まったが
欠けはほとんどなく帰国できた。

大切なのはマカロンが箱の中で遊ばないこと。マカロンの箱がスーツケースの中で遊ばないこと。
この2点に尽きるようです。中はティッシュでギチギチ、スーツケースも衣類などでギチギチ。
これが功を奏したようです。

ただスーツケースが30キロありまして、Heavyタグが貼られたので、もしかするとそのお陰で放り投げなかったのかもしれません。
(piacerepace 様)
 


 
 
 
トップ > 食べる  >  カフェ・ケーキ Q&A> Q13