トップ > 食べる  > カフェ・ケーキ Q&A> Q11
  

Paris レストラン・フード 
カフェ・ケーキ・・・Q&A
Q11
            
updated on 3 Jun./22 Dec.2007
 
Q11 ルルーの塩キャラメルを買える場所
 

Photo by Rod Rod  キャラメル3種

左 ドゴール空港 免税店で売っている塩バターキャラメル 6euro
中 ル・ルーの塩バターキャラメル 9区 Denise Acabo a l'Etoile d'Or 
 53pcs 26euro
右 P・マルコリーニのキャラメル 12euro サンジェルマン店で購入(ラ・ファイエットグルメにもある)


 
A

Le Roux のサイトで紹介されている。英語版だと住所等が記載されていないので、仏語版を。

http://www.chocolatleroux.com/fr/pages/rejoignez/03.php

http://www.chocolatleroux.com/
 

(トベロラカシ 様)

メールで照会してみたら、以下の通りの回答。確実なのは9区のDenise Acabo 'L'Etoile d'Or'なんでしょうね。
Denise Acabo a l'Etoile d'Or

(トベロラカシ 様)

 


もし Denise Acabo a l'Etoile d'Orにいくならば、買いたいものはある程度決めておくととよい。(予算や量に頓着せず、相談しながらいろいろ買い物したいという方はべつ)

女主人は、なかなか商売上手な印象。ついついついつい、あれこれ買いこんでしまって。

個人商店ではありがちなことに、少額ではカードが使えなかった。下限額は覚えていないが、今その時のカードの明細書を漁ったところ、この店での決済額は 26ユーロだった。
 

それから、店のあたりは、かのムーランルージュに近く、歌舞伎町いっぽ手前のような雰囲気も。危ないとまでは思わないが、まあそんなふうだったということで。

( とりcacao 様)
 

ミシュランの地図検索に入れ地図をゲット。パリ3日目に朝イチでサクレクール寺院下の生地屋問屋街(ホントにまるで日暮里!)へ行ってから行きました。

地下鉄Blanche駅下車。ムーラン・ルージュの風車を背にして、モノプリを左に見る rue Fontaine を少し下った左側の小さな店。

噂に違わぬ商売熱心な女性で、あれやこれやと薦められた。会計間際に別のメーカーのキャラメルを試食させられ、 「感想を述べよ。どうしたら売れると思うか?」とフランス語と英語チャンポンで言われた。

他のスィーツも沢山あった。瓶入りのヘーゼルナッツ・ペーストはすごく心惹かれた。

(Rod・ロッド 様)


 
 
Q  日本で買うと、1粒100円のルルーのキャラメル、パリではどのくらいの値段なんでしょうか?
A  9区の店では、全製品を扱っているわけではなく、ルルーのキャラメルも自前の袋に入れて売っていた。

買ってきたのが5種類入った袋入り 小 5.9euro 既に配ってしまって、重さ不明。

現在手元にある自家使用分でキャラメル5種のアソート袋入り 20euro 少し食べてしまったが、キャラメルの梱包込みで、32粒=250g以上まだ残っています。40粒あったかどうか不明だが、
大体 1粒 0.5euro 位が目安かと・・。

(2006年 Rod・ロッド 様)
 


 
 
ルルー以外の塩キャラメルでカマンベールの円形の箱に入っているものは、パリやリヨンのスーパーなどで買えるか? 
A  4区のデパート、BHVで
 
調理器具の置かれているフロアの一角に、ガレット等と一緒に箱入りと袋入りそれぞれ2つのメーカーのキャラメルが置いてあった。

すべて食べてしまったのでメーカーは不明だが、200gの袋入りを6.2euroで購入。

ただ、なんだかブルターニュの物産展という感じで、常設という雰囲気がなかった。
(ユンヌフルートガナ 様)

6区 Da Rosa
 
2006年に3つ星に昇格したブルターニュのレストラン「メゾン・ド・ブリクール」のもの。値段は失念。同じく「メゾン・ド・ブリクール」のガレットも超お勧め。

キャラメルもガレットも、ブルターニュの店で買うよりも割高なんだが、あの味がパリでも手に入ると思うだけで、とっても嬉しい。また、可愛い缶入り。
(2006年4月 azumi@az 様)
 

約1ヵ月後行った時、実は、キャラメルもガレットもなかった。店員の話では、年に数回入荷するのだが、ちょうど今は切らしている、とのこと。それまで、何度か店を訪れた時には問題なく買えたのだが。ちなみに、4月中旬に訪れた私の両親は、無事、ガレットもキャラメルも手に入れたので(まさか買い占めた?)、タイミングが重要のようだ。
(2006年5月 azumi@az 様)

ラファイエット・グルメ
 
フェルベールのコンフィチュールを購入するために立ち寄ったが、偶然に発見。
La Maison d`Armorineのもので、袋入り250gが6.20euro
木箱入り50gが2.75euro、300gが9.05euro

値段が手頃だったため、土産用に袋入りを購入。
(2006年10月 ユンヌフルートガナ 様)
 

Fauchon本店
 
レジの横にもばら売りの物あり。

塩バター以外にもバニラの風味の物とかショコラの物も。1粒(結構大きめでお口いっぱいになる。) 1.5ユーロと高めだが、味見には良いか。洗練された味で万人向けか。
(2006年4月 ロボパンダ 様)
 

2006年5月の次点で、変わらず置いてあった。
(2006年5月 とりcacao 様)

7区 Hevin Ter  (エヴァンのセカンド)
ル・ルーのより多少ニッチリと固めで、好み。味は6種類ぐらい。日本人の女性店員がいて、この味2、この味1コ・・・というセコい注文にも優しく応じてくれた。

が、あまりの疲労とユーロ高に何味があったか、いくらだったのか覚えていない。
(2007年2月 欠食どらねこ団 様)
 

ド・ゴール空港ターミナル2の免税店で。
 
21:30頃行ったが、やはり袋入りは完売。
たくさん残っていた(ゲランドの塩入りと書かれている175g8.9euroのもの) 銀色の缶入りを数缶購入。

味は、空港免税店のものは粒が大きく少しやわらかい感じで気に入った。
(2006年10月 ユンヌフルートガナ 様)
 
 

6.9euroでシンプルな袋入り。たしかゲランドの塩を使ったものだった。

私には十分おいしかった。手頃な値段で量もたっぷりあり、土産としては好評。ただ、塩バターキャラメルを食べたのが随分久しぶりで、他のものとの比較はできない。

AF夜便だったためか、残り1、2袋という状態。遅い時刻だとまとめ買いできるほど残ってないかも。どうしても購入したい場合は、市内での確保をお薦め。
(2005年11月 etsu et nino 様)
 
 

ひとくちサイズの塩キャラメル(ゲランドの塩と記載)320gの 袋入りで6.9euro。
同じシリーズと思うが、ミルク缶のような銀色のケース入り (中は見えない)で175g 8.9euro。

缶入りも可愛い。しかし空港で買おうと思っていると痛い目にあうことも多いので(経験済み)、なるべく市内で見つけておきたいところ。

(2006年5月 とりcacao 様)

ド・ゴール空港ターミナル2の出国前の店舗で。
 
袋入りの塩キャラメルあり。こちらはイル・ド・レの塩だったように記憶。値段は失念。
2Fターミナルの中ほど、フランス国内のいろんな商品が置いてある店。
(2006年5月 とりcacao 様)
ド・ゴール空港ターミナル1の免税店で。
2階のレストラン・ブティックエリア(といってもほんの数店しかなく・・・寂しい)内の雑誌や新聞などが売っている店で。

おみやげ品もあり。袋入り200gで4.2ユーロ。その他、四角箱(小)・丸箱(中)・四角箱(大)・缶入りあり。

(2006年5月 ふう329 様)

マレ地区 ma douce
 
マリアージュ・フレールと同じ通りで、買い物のはしご。
塩キャラメルは空港のよりも高めだったが、いろいろ可愛い品物が揃っていた。
(2006年5月 ふう329 様)
 
 

袋入り250gが8.0euro  木箱入り50gが2.7euro、300gが9.2euro
(2006年10月 ユンヌフルートガナ 様)
 
 

偶然立ち寄った。大変センスの良いセレクトショップで、店員も親切だった。

ちなみに私は  白と抹茶色のマルセイユ石鹸、(マイベストマルセイユ石鹸)と、
木でできたテントウムシの貯金箱などを購入。品物はもちろん、ラッピングなども可愛く、土産としても喜ばれた。

ちなみに店は Rivori通り を背にして左側にあったような…。
塩キャラメルも置いてあるなんて!
(2004年 mago-goma 様)
 

ビアリッツ  ショコラティエ「HENRIET」にて
塩バターキャラメルを発見。

一個(粒)0.5euro、とてもソフトなタイプで、(とてもじゃないが無事日本まで持ち帰るのは困難と思われ) すべて現地で食べきった。一個がかなりの大粒で、味はなかなか良かった。

ただ、一緒に購入した他のフレーバー(特にカフェ味)のキャラメルの方がもっと美味しかったりして…

(2006年10月 ユンヌフルートガナ 様)


 
 
 
 
 
トップ > 食べる  >  カフェ・ケーキ Q&A> Q11