トップ > 食べる  > レストランいくまでQ&A  >  Q12
  

Paris レストラン・フード 
レストラン・・・・いくまでQ&A
Q12
  
            updated on 3 Jun.2007 追加
 



 
 
 
 
 

Q12 ムール貝の旬は?

 
 
 

調べたことがあります。

基本的に養殖なので季節問わずあるようですが、フランスやイタリアのいろんなものを見ていると、夏場の他に魚貝が取れない季節から冬にとれると書いてあるものが、多い。

なので、春頃はあまり季節ではないのではと、理解しております。
(うちゃぎ@Lapin  様)

春には試したことがないが、実は私は、冬のパリで食べたレオンのムール貝よりも、夏のニースのブラッスリーで食べたムール貝の方が、美味しく感じた。冬のオンフルールで食べたムール貝が一番美味しかった。
(azumi@az 様)
旬はやはり冬。牡蠣と同じようにRのつかない月には食べないらしい。

夏にもレストランにはありますが、冬のほうが身がプックリしていておいしいです。レオンは観光客相手の店ですからね。もっとおいしいところありますよ。
(メイベル白耳  様)

ムールが売り物のLeonでしたっけ、なら食べられるかもしれませんが、6月終わりにブリュッセルのあるレストランで、今季節じゃないよ、と言われました。
(トベロラカシ  様)
7月中旬〜4月初旬がシーズンと言われています。本当に美味しい「旬」は9〜12月頃
(ainhoa-manech   様)
レオンでなくても、街のカフェなんかの「plat de jour」でもよくみてるとムール貝が出ていることは、季節を問わずよくある。
(okayan  様)
9月の下旬にパリで牡蠣を食べた。しかし、2月と比べるとやはりまだ身がしまってない感じでした。生ものを召し上がるときは、魚市場が閉まっている週末の遅めの時間はお勧めしません
(オレンジチョコ  様 2002年)
料理事典(Larousse de la cuisine)によれば、7月〜1月だそうです。フランスでの話で、ベルギーはまた違うかも知れませんが、実際、真冬〜春の生ムールを買って自分で料理しても、身が小さいorほとんどない状態です。

(特にmoules de bouchotという、殻の小さい方。moules d'Espagneという、大きい方はもともと身も大きいだけに、多少身が細ってもまだましです。でも、味はやはりmoules de bouchotの方がベター)

夏の方が、身が太っていて、美味しい。

生で食べるのは牡蠣と一緒の時だけですね。
(グルメ&グルモン 様)
 
 

本などを見てみました。bouchotは大西洋岸産で、"養殖場"の意味なのですね。大粒のスペイン産、オランダ産に比べると、やはり、美味だそうで。
(azumi@az様)
 

 
  
トップ > 食べる  > レストランいくまでQ&A  >  Q12