トップ > 準備 > 防寒対策 > ウィンドブレーカー、薄手の合羽、コート(耐寒)
  

もちもの 
 ウィンドブレーカー、薄手の合羽、コート(耐寒)
2 Nov.2009 経験談追加

 
 
一枚あると助かる。夏のエッフェル塔でも けっこうな寒さ。 機内、北部や山などもけっこうな寒さ。
パリは雨がちで、寒くてスイス用に持って行ったセーターを着た。登山用のゴアテックスの薄手のカッパも活躍。これ、観光客の定番のようでヴェルサイユのような場所ではみんな着ていた。
(2009年6月 リュークレールのクレーヴ 様)

朝晩は寒い。MSMではさらに風もあって、長袖シャツにウインドブレーカーを着ていた。
(2009年9月 ロンシャンの木曽馬 様)

朝晩は冷えるが、コンパクトにたためるウィンドブレーカーで、大丈夫(自転車乗車時)。
(2009年10月 ビブQ10 様)

モン・サン・ミッシェルもウインドブレーカーなしでは寒い。
(2009年8月 ももうさ * 様)

持って行ってよかったものは、ウインドブレーカーと長袖のカーディガン。急に雨が降ったり、風が強くなって寒くなった。傘を持ち歩くよりも、軽いウインドブレーカーのほうが役に立った。朝夕は半袖では寒かった。
(2009年7月 スティッラジェンメ 様)

天気雨が多かったが、傘をささずにしのいだ。夜の寒さにも耐えられた。
(2008年5月 chiribeans1102 様)(2008年8月 中曽根のでんすけ 様)
 

パリは風が強く、雨もあったのでウインドブレーカーのような上着(ゴルフウェアでおしゃれなタイプ)は重宝した。
(2008年8月 みかやんワン 様)

モン・サン・ミッシェルは寒い。特に朝晩。雨も多い。子供用にナイロンの上着を持たせたがウィンドブレーカーにもなって良かった。首に巻けるものを持っていると温度調節には良い。
(2008年8月 れび・すとろーす 様)
 

7月中旬のパリ周辺は気温は最低11〜14度、最高20〜26度 朝夕寒いときは薄手のウィンドブレーカー。
(2009年7月 カンタベリー大司教 様)

ミストラルの吹いたアヴィニョンではフリース、ウィンドブレーカー。
(2009年6月/7月  踊るスナフキーナ 様)

トゥールーズ、サルラでは 長袖Tシャツ、パンツ、日陰ではウィンドブレーカー。(2007年9月 パンダのマーチ 様)

5月なので、日本でもそうだが、現地でも冬服と夏服が混在。朝晩は寒く、コートが必要なほどでも、昼間陽が輝くと夏の暑さで汗ばむ。寒暖の差についてゆけず、風邪をひいた。ウィンドブレーカーがあると便利。
(2008年5月 ストロベリーラズベリー 様)

パリ。上着は軽いウィンドブレーカーがあれば便利。( 2007年4月 YukariRudnick 様)

雨も降ったのでウィンドブレーカーは役に立った。寒くてもトレーナーにウィンドブレーカーで大丈夫。
(2007年7月 KANPEヴェールト 様)
 
 

ななめ降りも結構あったので、速乾性のウィンドブレーカーでおしゃれなものがあれば、次回は持って行きたい。
(2007年3月 ふぃんふぃんふぁいぶ 様)

TGV車内は寒かったので、ウィンドブレーカーを持って行ってよかった。
(2007年7月 ribao21 様)
  
 
トップ > 準備 > 防寒対策 > ウィンドブレーカー、薄手の合羽、コート(耐寒)