トップ > 準備 > 貴重品の管理3 ホテル館内での管理
  

貴重品の管理(3) ホテル館内での管理
15  Mar.2008 / 27 Jul.2011 経験談追加
 

鉄則


パブリックスペ−スの金庫に預ける場合
大型ホテルに多い。有料も。
貴重品、荷物等保管用のロッカールーム。50サンチームのジュトンをレセプションで買って、それを使う。24時間。
(2003年10月  nabeharu502様)
セイフティ・ボックスに貴重品の預かりを頼んだところ、1日4ユーロが必要と言われたので、預けるのをやめた。
( 2006年9月 シャンフォン様)
ホテルのセーフティボックスが数に限りがあり、いつも使えなかった。
(2007年1月 みみジュオン 様)
ホテルに貴重品を預けたが、地下1階の金庫に自分で入れに行かねばならず、しかも他の客から丸見え。使用料は1日4ユーロ。
( 2006年8月中旬 あちゃみミュゼ 様)

 



レセプションに預ける場合
きちんとしたホテルは、預り証をくれたり、封をしてお互いにサインをすることも まれにある。

レセプションに人がいない、早朝で金庫のカギを持ったスタッフが出社していない、などで早朝出発に支障がでる例も。出し入れできる時間を確認しておく。



チェックアウト後に ホテルに荷物を預ける場合
基礎知識
・当たり前だが、 大事なもの、壊れ物はいれない。

・名札をつける。(ただし日本の名札をつけると狙われるという意見もあるので、管理人は現地のホテル住所をかいた紙もふくめて数枚いれている)

・個数はまとめる。覆う、など。

・ある程度大事なものは、見えない・カギのかかる鞄の奥底のほうに、わからないようにして置く。


 
「お預かりいたします型」  
かぎのかかる別室あるいは金庫で ホテルスタッフだけが出入り、 預り証などを発行する。

ゴージャス系のホテル、かなりきちんとしたホテル、など。パリでは、確率としては多くはない。

チップが要ることも多い。

レセプションにセイフティ・ボックスあり(無料)。スタッフが貴重品の内容を確認、記録した上でサイン(署名)してくれる。
( 2006年3月 よろこびいわおう 様)
貴重品も部屋番号を書いて封筒に入れ、レセプションの金庫に入れていた。
毎度カギを掛けて出し入れしていたので、安心。
(2006年10月  ざんぼんざん 様)
レセプションで貴重品を預かる。茶封筒に入れてテープ封をしてその上から自分の名前を書き入れた。
(2005年9月中旬 禽亜音 様)
貴重品は必ずレセプションに預けることが必要だが、出し入れできる時間をしっかりチェック。
(2005年4月下旬 さくらとじゅんこ 様)

 


 
「いちおうカギだけかかるよ型」  
荷物室はあり、カギのかかる部屋ではあるが、誰でも入れる。照合もしていない。
ホテルで荷物を預けたら、鍵のかかる倉庫のような部屋に保管してくれたが、荷物を受け取るとトランクのファスナーが少し開いていた。貴重品は入れていなかったし、特に盗られた物もなかったが、気味悪かった。

荷物をホテルへ預けるときはきちんと施錠し、貴重品は身につけて。
(2007年7月上旬 モノプリネクタリン 様)


 
 
 
「置くなら置けば型」   
荷物室はあるが、カギはかかっていない、ほとんど誰もみていない。おくなら置けば、タイプ。場所だけ貸してもらうとおもったほうがいい。

 
 
「置いてもいいけど型」  
レセプションの片隅など。誰でも持っていける。本当に 大きいから置かせてもらう・・・というかんじ。誰もみてもいないし、気に止めても居ない。責任も追及はできない。

チェックアウト後に荷物を預かってくれるが、レセプションのすぐ横に置かれている。もちろん、貴重品は持って出かけたが、スーツケース以外に土産などもあったので、スタッフが席を外すときは、どうなるのかと心配になった。(結果的には無事だった)
( 2007年4月 トナカイくんのお友達 様)
 



トップ > 準備 > 貴重品の管理3 ホテル館内での管理