トップ > 準備 > 貴 重品の管理1 持ち歩く貴重品
  

貴重品の管理(1) 持ち歩く貴重品
15  Mar.2008 / 27 Jul./ 21 Aug.2011 / 16 May 2012経験談追加
 

□ 分散させる


クレジットカードもオカネも、よく使うものはバッグに慎重に、また予備は分散して身につける。

すぐ盗られないような手段(まるいワッカや鎖、安全ピン、何重かに包む・ポーチなど) も かなり効果があります。◎。

バッグはフタやチャックがあるもので、かつ中も 何重かにガード。


□ 警戒態勢を見せる  小脇に抱える。開けにくいバッグに、さらにストッパーをつける

□ さらに 敵さんのゴール前猛攻(手をいれられたとき)を防ぐ手立てをとる。中袋や、チェーン・紐での結びつけ

□ リカバリ手段を準備。敵さんにゴールされた(盗られた)後の準備をしておく。
 
 


かばん

□ ファスナーつき かぶせ蓋つき。 

□ ストッパーをつける。(安全ピン・ワッカ、スプリングフック、カラビナ、など)。不安な人や不慣れな人に効果あり。面倒でもやること。
アクセサリーなどを使いまわせば、おしゃれなものもある。(日本の雑貨屋さんにある、手袋クリップ、帽子チェーン、などを利用すると、とめやすい形状で便 利!)

□ バッグの中身は、絞りの袋などに入れておく。(すぐ手をつっこむ上手い犯人が多いので、すぐ財布・カメラに行き当たらないよう
バッグを買ったときについてくる「フェルト袋」や、手持ちの絞りを転用してもよい。

□ バッグの上のほうには、しょーもないもん(タオルとか ポケットティッシュ等) を入れておく。 とくにメトロに乗るときなど、
意図的に (日本の書店でもらうような) 「触ると バリバリいう やかましい袋(笑)」を 上のほうに入れておいてもよい。

□ 盗っていかれて困るものは、最下部、あるいは固定、 もしくは、服の下(これが一番)。

□ かばんは基本的に、ぎゅっと前に抱える。歩くときは小脇かつ、前みごろぐらいに。

□ 後ろから手をつっこめるような体勢をとらない。

□ 敵さんは優秀なので、開けられても気づかないケースが 相当多い。取り囲まれて一斉にやられるケースも多発している。
そういうとき、ゴール前を何重にも防御していると「やられても、被害な し」で済む。

□ やられやすい人(年配男女、男性) には やばいものは持たさない。




開けるまでの時間を稼ぐ!


大き目のスプリング・フック、カラビナ。

鞄のファスナーと鞄のハンドル部分を固定させ、スリ対策に。開閉時は多少面倒だが。 自分が面倒 = スリはもっと面倒=狙われにく い。

大きめの安全ピンでもいいが、多少は目立つ方が「私は防犯に気を使っている!捕られないぞ!」とのアピールにもなると思う。

狙われたが盗られないよりも、狙われないことの方が大事だと思う。
盗られなくても自分の持ち物を他人に触られるのは気持ちがよくない。

(2011年 alegri 様)


 

安全ピン

スリに遭った。気をつけていたのにやさしいフランス人ばかりで油断してしまい、メトロで子供の集団に囲まれた。駅から乗った瞬間に子供た ちに囲まれ(その時には何が起こっているか分からず、ただ動揺した)  押さえつけられて一歩も前に進めなかった。

母がいたのではぐれるわけにもいかないと歩こうとするが、やっぱり進めない。パニックになっている私に、一人「what time?」と聞き、(後から思えばバカだった)教えようとした。そうこうしていると電車の発車の合図で、子供達は一斉にホームに戻った。


電車が発車したあと、周りの人からスリだときかされた。慌ててバッグを確認、スリ対策で安全ピンでファス ナーを固定しており、開け方が分からなかったみたいで、何も被害なし。
(2007年12月 みどりとパンク 様)


防犯のため、カバンはファスナー付きを選び、ファスナーに垂直に大きめの安全ピンを止めてス トッパーに。一手間かかるが、安心。おすすめ。
(pipin756 様)




クリップ

ボストン風のダブルジッパーのカバンをしっかりと抱えて持った。ジッパーは両方とも体の前の方にして、クリップで留めた。チャックは手が入る程度の分を残して、安全ピンで広くは開かないように、留めておいた。

中には、更にジッパー付きのケースを入れ、財布やパスポートはその中に入れた。小額のみ入った小銭入れを、斜めがけポシェットに入れておいた。
(銀座付近のおへにゃ 様)
 
 

中袋、ひもつき
 

バッグは肩にかけて小脇にかかえるもの。上部はマグネットのみで心配だったので、100円ショップのファスナーつきの袋、安全ピンで留 めつけた。その中に財布やカメラを収納。
(さぼてんの華 様)

 




上級編 男性はダミー財布



 パスポートとクレジットカード等の貴重品は、上着の内ポケット(ファスナーを付けた)に布製の袋を安全ピンで止め安全対策 とした。

もう片方のポケットは、100均で買ったダミーの財布(盗られてもよいもの)を入れておいた。
(享之助 様)



見せ財布を真似したが、かえって怪しい人につけられた。
(2011年 ビタミンB常用 様)



内ポケット、手製 ポケット


 パスポートとクレジットカード等の貴重品は、上着の内ポケット(ファスナーを付けた)に布製の袋を安全ピンで止め安全対策 とした。
(享之助 様)


短いボレロに内ポケットを手作りして(安全ピンでとめる簡単なもの)クレジットカードを入れていた。安心だった。店で出すときも、まあまあ自然。
(月の船 様)



服 の下 ★★効果あり    とにかく安心したい人向け



クレジットカードの倍の大きさの手製の袋。
当面使わない現金と予備のクレジットカードを入れ、安全ピンで下着に留めた。セーフティベルトより疲れない。
(実況中継はおーらら 様)



無印良品のパスポート入れ。
下着の上から斜めがけし、ストッキングの間に入れた。こうすることで、パスポートを簡単に盗まれることやケースの紐が切れて落とす心配もなく、気分的に楽 だった。
普通の道路にギラギラ隙をうかがっている人が多く、ちょっと怖かった。
(ビタミンB常用 様)


小さいポーチを斜め掛け

貴重品(パスポート・航空券・クレジットカード・現金<日本円とユーロ>> 緊急連絡先一覧リスト)をいれた。シャツの下に斜め掛けし、お腹のところでパンツ(ズボン)にはさ んで、安全ピンで留めた。トイレの時、ちょっと時間かかるが、つねにお腹にあることを確認した。

ショルダーバッグは、ジャケットの下に斜め掛けした。ジャケットの上から斜めがけしていたら、後ろからショルダー部分の紐を引っ張られる恐怖があったの で。荷物は常に自分のお腹の前。
(cho-handsアユチン 様)


 

手のひらサイズの小さな小さなバッグをショルダーに。財布は太い鎖で直接ベルト穴につな いでガード。 腹巻型の貴重品入れをズボンの下に巻いた。
(2005年4月/5月 つつきと一緒 様)






貴重品は とめる、つなぐ、くるむ、 基本!


肩かけバッグにリングをつけ、それに紐で2つの透明ポーチをつけて、一つにクレジットカードをいれた財布を、もう一つは、そのまま小額 のお金をいれて小銭いれとして使った。パスポートはもちろん、腹巻へ。
(海沿いの黒豆 様)
 
 

  
 

財布は、バッグにチェーンでつないでいる。よくバッグの中におそろいのポーチが付属でついているときに、バッグとポーチをつないである 取り 外しできるあのチェーン(ちょっとおしゃれなやつ)を財布の飾り金具につなげ、バッグの内ポケットのファスナーの取っ手の穴などにつなげている。取り外し もすぐできるし、スリ対策のみでなく、不注意による置忘れ防止にもなり、お勧め。こういうチェーンなら、見た目も、野暮ったくない。
(2007年7月 creme39 様)
 


姉妹と両親で。パリに入ってからは高齢両親のパスポートは姉妹で両親の分、つまり、一人2個のパスポートを腹に巻くタイプと、クリッ プ で、ウエストの内側にぶらさげるタイプのもので所持。Tシャツ、シャツをパンツの上に出すものにしておき、ウエストが目立たないようにしておいた。

両親には、常時、ショルダーのファスナー部に手を置いておくようにと、注意しつづけた。

有名観光地、そこを通る、地下鉄の乗る間際に

「スリは必ず、いるよ。(居ないのではなく) 仕事するか しないか、なんだよ」と必ず告げた。

それでも、常に眠り癖のある父は、電車でもこっくり、しそうになる。4人がけでも窓際に座ってもらい、更にこっくりし始めたら、靴をつ ついたり、シェルダーを ぐい とひっぱったりし、緊張感を投げつけた。電車では、姉妹で別方向を見渡せる席に座り、”用心してるビーム”を出し続けた。

ネックレスのように、”笛”を首から下げ、他の3人はシェルダーに防犯ブ ザーをつけておいた。ホテルのレセプションの人に、メトロに乗ったと報告し、今日も乗ると言ったら、目を丸くして驚かれた。そして、スリに気をつけるよう に、と言われた。用心していたおかげか、無事に旅を終えた。
(ちび家長女 様)
 

小脇に抱えるは基本!

バッグは、クレジットカード・パスポート・高額紙幣のみ首から提げるタイプの貴重品入れに。

小額のお金・傘・ガイドブックなどは小さいボストンタイプのバッグに入れ、小脇に抱えるようにして持ち歩いた。肩こりが本当にひどいの で、斜めがけタイプのショルダーは避けた。
(2006年3月 早春の夏みかん 様)

観 光・日用品は、スーパー帰りのように、気楽に持とう 


貴重品と大きい札を入れる、チャック付きで首からつるせる小袋と、買い物の時に小銭を出し入れできる、チャック付きの胸ポケット付きのジャケットは便利。

日本の買い物でもらうようなビニール製の手提げ。メモ帳、ガイドブック、ペットボトルなどよく取り出すものはこれに入れて歩いた。
(2005年11月 たこつぼ時計 様)



慣れない頃は、荷物は1つ!と 1つのかばんにあれもこれも入れていたが、だんだん重く大きくなり、ガードもしづらくなってきた。

慣れてきたら、ちょっとした散策のときは、狙われないような スーパーの袋に、カメラ、現地語新聞、ガイド本のコピー、水などをいれて、ぶらぶら持ち歩いた。こちらは狙われにくいので、警戒も解けた。かえって 貴重 品や身の回りのバッグを小さくできた。ただし荷物数が増えると、忘れ物に注意・・・
(Chun3)


分散!

貴重品は、首から提げるものと、腹巻タイプと、紐でバッグにつないだものとに分けた

腹巻には持ち歩くだけで外では出し入れしない物(帰国してからのお金や予備のクレジットカード、旅行保険のカードなど)を入れた。

首から提げるもの (渋い色目の布袋に革紐を通した。手製。たまに人前で出すことになっても、あんまり変ではない)にはパスポートを入 れた。

普段使うクレジットカードは普通のカード入れに。それを紐でつないでバッグの中に入れた。

現金はそれぞれの袋に小分け、小銭は数えやすいようにビニール袋に入れた。

年配の人には貴重品入れ=腹巻というイメージがあるのか、首提げタイプとの併用を勧めても、母は面倒がった。それでも母にも私と同じ形 式で持たせれば良かった。

(2006年3月 ロリーの飼い主 様)


人目も考えて

貴重品入れは、見せても大丈夫なゴブラン織のもの
にした。空港や店でパスポートを出すときや、ホテルで朝食を食べるときも持っていて、恥ず かしくなかった。A4二つ折り(A5)が入るサイズで、航空券も入る。

(2008年12月上旬 怪獣スコシ725番 様)

 
 
ポシェット系 たすきがけ、首からつるす

利点  楽。市販品が多い。貴重品を出し入れしやすい。やり方をかえられるのがいい。
ヒモは、首かけ+肩かけ いずれもできるぐらいの長さがよい。

欠点  肩凝る。いいサイズを見つけること。ヒモが見える。
ヒモは肌にそいやすい、見えても恥ずかしくないようなものに変えるとよい。
 

Photo by mosu_hautbois

貴重品は、首から袋に下げて、服の中。オペラ座のチケットを引き取りに行ったときに、パスポートを首から下げた貴重品袋から取り出したら、係の女性に「グッ・ジョブ!」というジェスチャーをされた。少々格好悪くても、これが一番安心。
(2011年10月 Martin BK 様)




首から下げるタイプのよくある市販の貴重品入れ。(写真)
市価\1,500程度。差し込みポケット(裏面にもあり)にパスポー ト、ファスナーポケットに予備カードと現金少し、非常連絡メモなど。
(mosu_hautbois様)

 

スリの多さには触れていたので、貴重品はホテルにも預けず身に付けた。航空券が入るくらいの小物入れ(Afternoon Teaで購入。けっこうカワイイ)のファスナー部分をネックストラップに引っ掛けて、服の下 で肩掛けにした。

(首まわりの空いた服が多かったので、斜めがけにするとストラップが見えてかっこ悪かったから斜め掛けにした)長さが腰ま で来るので 下の方はズボンの中に。出し入れは、服の上からストラップをつけたり外したりすれば、まぁなんとか。ちょっと使うくらいの小銭はかばんの中に。
(あるまーにゅダイバー 様)
 
 



普通の道路にギラギラ隙をうかがっている人が多く、ちょっと怖かった。
カバンを斜めがけした上からジャケットやコートを着用。後ろから紐を切られる心配も、メトロでファスナーを開けられる心配も少なかった。

そんなことをしている日本人観光客は他に目にしなかったが、現地の女性が同じことをして通勤していたのを目にした。特殊な 格好ではないと知り、安心した。
(ビタミンB常用 様)


盗難が多いと聞いてたので、防御策として通販で買った貴重品入れ(ポシェット形式で、パスポートやカードを入れられるポッケ付) をたすきがけし、コートやシャツの中に入れて、無事。 しかし、このポシエット、「海外旅行に最適!」という謳い文句とは裏腹に、帰りの航空チケッ トが入らないサイズでとても困った。
(まよ様)
 
 
 

斜めがけの小さいポシェットにいれ、その上から大きなパーカーを着ていたので安心。
(2005年4月 まゆまゆ探検隊 様)
 
 

パスポート用の携帯袋は、首提げタイプを持っていったが、椅子に座る度に、 お腹が膨らんだような感じになり恥ずかしかった。
(2005年2月 てんてこまい78 様)

 
※ 袋を 片肩かけにし、上着のわき腹あたりに 安全ピン(刺さってもしなないぐらいの)でとめるとよいです。

 

航空券が入るサイズの入れ物、私もずっと探していたが、何とユニクロにあった。 航空券の幅ので、さらにパスポートOK、クレジットカードや現金等も入れられる。ポシェットみたいだが、首からかけられないこともないので、アチラで移動 中の時はコレを 使おうと思う。
(かまこ様)
 

(前述の、ユニクロので)服の下に首から下げて、パスポートと航空券(曲が らない!)を入れて使った。かばんなんかにパスポートかを入れると、メトロとかでファスナー を開けられて 、すられる可能性もあるだけに、服の下だと安心。中身を取り出すときも、ハラマキほど恥ずかしくもなく、役立ちました 。
(kamechan様)
 

貴重品袋のひもは、見えても気にならない。タンクトップの季節以外はスカー フとか巻いてごまかせる。 ノースリーブワンピの時はお腹にまいたり。 
(ぺこ様)
 

私は腕を片方通し、斜めがけ。 少しは見えにくくなる。 あと、首のある服を着るとか。
(ねこねこ様)
 

コートの下に、オシャレっぽい黒のビーズのポシェット。現金 等の貴重品はその中に。
コートの上からは普通のバッグを持っていた。
(2003年12月 あいまっきー 様)
 

貴重品は首からかけて、その上から上着を着る事を心がけた。
( 2004年6月 藤枝明里 様)
 

比較的使いやすいと感じている首から下げるタイプのパスポート入れを使っているが、これが、ともすると首筋のあたりに太い紐が丸見 えになって、大層みっともない。 紐が見えないように安全ピンで 留めたり、ジャケットを羽織ったりするが、時間がないときのピン留め、暑いときのジャケットはしんどい。 
  
何かもっといい方法がないかなあと思っていたら、この前、旅行代理店に置いてあった通販のチラシで、ようやっと紐じゃなくて金とか銀鎖の、比較的見栄えのよい貴重品入れを見つけた。このタイプだったら、少しは気楽になるかな、 と。 
(しじま723様 )

パスポート類をポシェットに入れて首からかけたので、ジャケットを脱ぐと外側から見えてしまう。暑くてもジャケットを脱 げなかった。
( 2005年9月 若葉の頃の夕月 様)

ジャケット。南仏では暑かったが、貴重品保護のためパスポートケースを首からぶら下げているので、やむを得ず。
(2004年9月 すビバせんね 様)

過去最もよかったのは、キャセイでもらったアメニティポーチ。パ スポートサイズ!  外にでていてもおかしくないデザイン。
(Chun3)

キャセイ・アメニティグッズは首から下げられるようになっている緑色のポーチの中に、歯ブラシとデンタルフロス、靴下とア イマスクが入っている。友人はそのポーチを滞在中の貴重品入れとして首からぶら下げてフル活用していた。
(ヒロトモサンでモンサン 様)

 

一工夫型。

パスポートは、百均のファスナー付透明袋にガムテープで補強してから穴をあけ、そこに紐を通したものにいれて首から吊し た。安い上に紐を好きに変えられるからすごく便利。
(2005年11月 雨原 つくよ 様)
 
 

ヒモをはずして、長い金色のチェーンに変えた。 こうすると、ネックレスのように見えるかなあと自分では 思っている。
(Karorine様)
 
 

バスやメトロのチケット、パス類は財布に入れず、それだけをすぐに出せるところに。100円ショップでメガネチェーンとパ スケースを購入し、結びつけたものに入れて使用。メガネチェーンはおしゃれなタイプも多いので、首から貴重 品を下げるのにも使える
(2004年7月 さぼてんの華 様)
 

 
管理人補記
※めがねチェーンは重量にあまり耐えられないので、何かの折に、切れることが あります。貴重品袋が重い場合は注意してください。

 
 
ポケットつき下着 派
利点  いいものを見つけられると楽

欠点  縫い目チェック。重くてやぶれないよう、必ず自分でも縫っておく。

前にポケットがついている貴重品入れキャミソールに、子供と私二人分のパスポートと 現金10万円、300ユーロ、クレジットカード2枚を入れ、常に下着として着ていた。

かなり厚みが出てしまい、家族はこれを「防弾チョッキ」とよんでいた。でも、メッシュの腹巻よりはまだ目立たなかったと思 う。

( 2006年7月/8月 nailoblige  様)

コルセットは腹巻代わりにもなり暖かかったので重宝したが、空港やユーロスターの乗車手続き、ロンドンの美術館など、X 線でのセキュリティーで引っかかる。

あらかじめ外しておかないと人前で外すことになり、恥ずかしい目にあう。
(2005年11月 とりどしhenmania 様)


 
 
 
ひもを通した小袋を 安全ピンで服の裏にとめる派

利点  楽。脇の下ぐらいにも調節できる。

欠点  安全ピンがけっこう危ないことも。

小さな布袋をスカートのウエストあたりに 安全ピンで留める。
(にゃんち様)
安全ピンはなんかお腹に刺さりそうで怖い気がする。 
(ぺこ様)
 

笑える失敗だけど、はずれやすい銀色の小さい安全ピンを使ったときは、 機内で寝てるあいだに はずれてしまったらしく、寝返りをうったら、体を つっついた(あほ としか・・・・笑) 

それからは 多少大きめの安全ピンにした(学習した。) 園児の名札用みたいな、大きいやつがベスト。ただしあまり太いいいピンだと、ボディチェックで鳴る。が、今度は派手に留めたため、写真をみると  ジャケットの表に銀色のピン部分が、露出。恥ずかしかった。 同じところばかり刺してすくったので、上着のそこだけ よれよれになった。
(Chun3)


 
 
 
ウェストポーチ派

利点  楽。

欠点  相当の割合でねらわれる。90年代ぐらいから、海外旅行でウェストポーチは使わないよう かなり呼びかけられている。足も短い 上にウェストポーチをつけると、かなりスタイルは悪い。スリや、囲まれたとき、とられやすい。

貴重品は黒の小さめのウエストポーチに入れた。
ストライキでメトロでぎゅうぎゅう詰めになったときも、管理がしやすかったので良かった。
(tamagongつべるくりん 様)

 
 
 
腰まき、腹巻派

利点  市販品も多い。肩こりはない。あたたかい

欠点  いれすぎると格好悪い。中身が曲がる。汗でしめる。だすとき凄ま じく恥ずかしい。首掛け派にとっては苦しい。暑い。


財布は二つに分け、ひとつは首から提げたがま口で常用、もう一つはジーンズのポケットに。貴重品袋は服の下、腰あたりに隠した。
(2008年2月/3月 メロディー・F・アンサンブル 様)
 

腰に巻いてマジックテープでとめるタイプの市販品。これだと、航空券は折らなくても入ります。封筒に航空券とお金(お札)とホテルのバウチャー等を入れて、パスポート と一緒にしまっています。入れた方を前にまわすと苦しいので、後ろ側にしておくと、そんなに邪魔じゃない。
 
多少汗でしなっとなる。 ヨーロッパぐらいだと大丈夫かな... 一応いれるところもメッシュになってるし。

スカートやパンツの腰の下になるので、よっぽどTシャツから背中が見える状 態にならない限り、外からは見えないけど、まあ入れすぎちゃうと腰まわりがもたつくかも。問 題は、急にパスポートを取り出す時ちょっと困ることが、都市間の移動の時ぐらいしか使わない (あとはホテルのセーフティ)
ので、何とかなる。
(raki88様)
 

初めて腰に巻くベルトタイプのパスポートケースを使った。思いのほか かさばりはしなかったが、気軽に目で確認できないのでなんとなく落ち着かない。
(2005年6月/7月 晴れ男の妻まい 様)
 

良い貴重品収納グッズを発見! 10センチ程の幅で上部がゴムで伸縮自在で、キュプラ様の生地でできている。お腹に巻い ても違和感も無く、出し入れも便利。こういったグッズは「ダサい」と、今まで使ったことが無かったが、安心して歩けたし、すごく良かった。
(2004年6月/7月 帰ってきたMa-Cherie 様)
 

100円均一で購入したパスポートなどを入れる貴重品ポーチ。100円なのにかなり優秀でした。
( 2004年11月 伽羅-m様)

ユニクロで2枚1,000円の腹巻、それにパスポートやカードを入れていた。防寒になるし、丁度いい大きさのポケットがつ いていて、便利。
(2004年1月 cacoumizkyon 様)

腰にまいていったが、お腹が苦しかった。やっぱり首から下 げていったほうがよかったかも。
( 2004年4月 ぱんぱんだ様)
 
 

母が買い物の後、クレジットカードを腹巻に入れたつもりで、ズボンと下着の 隙間に入れたらしく、落としてしまった。
(2006年3月 ロリーの飼い主 様)
 


盗難防止に持参したポケット付き腹巻が防寒として役立った。
(2007年8月 けいしゅー 様)
 

腹巻きは良かった。斜めがけにした貴重品ポシェットも挟めるし、貼るカイロも固定できる。オススメです。
( 2005年12月 もけもけ毛布 様)
 

工夫

腹巻きタイプの貴重品入れに航空券を入れる時、そのままじゃなく、100均 で売ってるA5のソフトケースを1/3ほど切り落としたのに挟むと、体にも沿うし、よれなくてよかった。

街歩きの時、貴重品入れにパスポートと航空券、予備の現金とカードを入れて、腰に巻いて、他の持ち物には、子バッグ付きの ショルダー使っ た。子バッグ(チャック付き)が幅20cmちょっとと体の幅に近いものだったので、そちらに財布と携帯等を入れて、その上から親バッグを持った。親バッグ は取られてもいいガイドブックや、ハンカチ等しか入れませんでした。子バッグの厚みは4cm程。鞄と腋の間に挟んでもあまり邪魔にならなくて、よかった。
(BLUEMOON様)


 
バッグ派
※警戒の仕方をしっているリピーターだから出来るわざですが、初心者は むやみにマネ しないほうがよいでしょう。 基本的に 最重要品は身につけてください。(管理人)
Photo by mosu_hautbois

無印良品のパスポート入れ。市価\900程度。航空券が折らずに入れられ、カードや筆記具、予備のトランクキー等をつけられるよくあるタイプ。

安かったので買ったが、数年前から大活躍。飛行機での移動日にバッグに入れて使用。旅行中は日本円、旅行中使わない貴重品 (いつも会社から空港に直行するので日本の定期などを持っている)等を写し、金庫用貴重品入れとして使用。
(mosu_hautbois様)
 
 



小さなジッパー付ショルダーバッグに、航空券、パスポートが入る大きさの チャック付クリアーホルダーに入れる。で、バックごと脇の下に挟み (ショルダーストラップが短いタイプです)、ジッパーの口をしっかり手でにぎる。
(うちゃぎ様)

 

【かばん自体は たやすく突破されるものと思え! まず開けにくくする工夫、中のものを見えない手探りでもとりにくくする、さらに固定する工夫 の三段】


中に二重にトートバックを入れ、その中に貴重品を入れた。外側の鞄を切られてもチャックを開けられてもすぐには盗られないようにした。
(2003年11月 くさいくま 様)

パスポートが入るくらいの小さめのショルダーバッグ。内側のチャックに財布をいれ、チャックの金具とカバンを、安全ピンでしっかり止めた。
(2011年7月 ビタミンB常用 様)



 
 

貴重品は身につけていたが、荷物バックも心配だったので、書類等をまとめる銀 色のリング(文房具店や100円ショップで売ってます)をバックに取り付けて、気付かないうちに開けられないようにした。
(ざんぼんざん様)

 

ブランドのアクセサリーポーチをショルダーにして貴重品入 れ。これならコートを脱いだ時や会計時にちょっと見えても、恥ずかしくない。
( りおり0116 様)

同じツアー参加者がメトロでスリにあった。免税手続きのためいつもパスポートは金庫に入れずバッグに入れて持ち歩くが、今回は慌ててミニポーチに 紐を付け、コート内に斜めがけにしてパスパートを入れた。が、ポーチごと落としていないか、たびたび確認し、精神的に非常に疲れた。

ブランド店でパスポートを提示する際、取り出すのがやや恥ずかしいが、次回からはパスパート専用のミニポーチバックを必ず 持参しようと決心。(腹巻はやはり無理)
(2006年1月 non@michelle 様)
 

LATTELAのウオームラップカバー、
ギャルソンが巻いているミニ丈のエプロンみたいだが腰、腹まわりの保温だけでなく、大小ポケットが付いて、貴重品の携帯に重宝。見ためもかわいい。夏季は 使えないが。
(まいふぁにいアロエ 様)
持っているバッグに全部(パスポートも)入れた。気をつけて歩いていれば(キョロキョロしない・ぎこちない行動はしな い)、(自分のときは)危ないことはなかった。
(2004年9月 SAI taro 様)
 
※管理人補記

ちょっとした一瞬のスキ、あるいは プロが上手(全然気づかないことも ある)なこともあるので、基本的に気をつけていたら大丈夫、というレベルではありません。
必ず大事なものはなにか策を弄してください。

トートバックは 初心者は 避ける。

早速電車でスリに狙われた。上にショールが被さっていてカバンが隠れていたのも狙われた原因だと思う。

閉めたのを確認したはずのチャックが開いていた。財布は チャックつきの内ポケットに入れてあったので、無事。
(2004年5月 ラッセルぼん 様)

盗難にあった。同行者が、現金とカメラと航空券とパスポートを失った。カードがすべて無事だったのが不幸中の幸い。治安 の悪いところも含めて、海外旅行の経験がなまじあったのが「油断」になっていたのかもしれない。

考えていた以上にスリやひったくりを「なりわい」としている人が多いの だな、と反省。

首からさげる貴重品入れを持っていなかったので、盗難の後現地で即席のものを作った。

( 2004年9月 vivi2ニャン 様)

  

トップ > 準備 > 貴重品の管理1 持ち歩く貴重品