トップ > 準備 > 入浴 > タオル


もちもの 

 タオル
21 Nov.2012 整理

 
 
 
タオル予備

安宿では 満足なタオルはないことがある。白くて ふかふかな 中タオルを1枚 手荷物にいれておくと、行動先でも助かる。スーツケースに バスタオルを 1枚敷いておいてもよい。

また体を洗うのにも使える ガーゼハンカチなどがあるとよいか。なんでも兼ねられるほうがよい。
持って行ってよかったものは、シャムワウ。
やたらと吸水性の高いタオルのようなもの(45cm×45cmくらい)で、洗濯したときに服を巻きつけて乾かすために持参した。

しかし、ドイツではユースホステルにとまったので、バスタオルなどがなく、毎日体をふくのに使えた。ガサガサだが、かさばらないので、よい。
(2012年1月 ちょめちょむ 様)

安いホテルだったのでタオルはお役立ち。( キッシュでゴー様)

余裕があるならバスタオル

思い切って大きなバスタオルを持って行った。とてもよかった。次回も持っていきたい。
(2012年8月 カングーシュバル 様)

手ぬぐいは万能!

タオルの代わりに日本手ぬぐい(かさばらない)(あじみ55 様)
クイックドライタオル

クイックドライタオルがよかった。髪の量が多く、一眠りした後風呂に入ると、ドライヤーが使えない(友人熟睡中)が、このタオルだけで乾いた。(ももいろ真珠様)


 

便利なのは、スピードのスイムタオル。吸水力抜群で洗濯物をこれで絞ると半乾きに近くなる。確実に翌日には乾いている。しかもかさばらない。(2004年6月 mamaronwave 様)
アレルギー体質なら自分のタオルを

機内で、娘はアレルギー体質で、ダニ対策にバスタオルも持参。椅子の上に敷いても良いし、貸し出される毛布は直接肌にあたるとちくちくするので、なにかと便利でした。
(2004年8月 マカロン・イノ 様)
浴用体洗い用タオルがあればよかった。ホテルのは厚地で使いにくかったので (2004年5月/6月 サイクリングママ 様)





 
 
 
 
トップ > 準備 > 入浴 > タオル