トップ > 準備  > 衣類 > 靴のケアグッズ


持ち物

 靴のケアグッズ
靴磨き、クリーナー、防水スプレー、消臭
  
4 Sep..2010 / 11 Jan.2015 経験談追加



 
 
ケアグッズは必須!

欧米では、「靴」を見る。店などでは靴で見られるので、きれいに磨いてあることは、大人の常識。

汚れた靴、磨いていない靴は恥ずかしい。けっこう汚れるので、簡単なものがあるといい。 またプチホテル等にケアグッズが備え付けられている確率はカナリ低い。
 

観光中、公園や前庭など、砂利・砂地もあり、汚れやすい。


滞在中ほぼ毎日、雨にたたられた。気温も20度以下と肌寒かった。この10数年、同じ時期にパリを訪れているが、こんなことは初めて。雨に濡れたパリも素敵だが、靴を汚してしまった。(2013年9月 休暇が欲しい 様)

靴がずぶ濡れになった。2足持って行ってよかった。
(2012年6月 瀬戸内のカワハギ 様)

雨がかなりはげしく降ると、靴の中まで濡れて辛い。
(2010年8月 黒こげチーズケーキ 様)

前夜に降った雪や雨で路面が濡れており、かなり靴が汚れた。
靴クリームと防水スプレーが役立った。
(2010年1月 ガトーHIRO 様)

靴の防水を忘れ、大雨に遭い、靴の中までビチョビチョに。
(2011年8月下旬 普通の胃袋 様)
簡易やふき取りタイプでは不十分!   靴ブラシを持参すべきだった。
 
スポンジ型の簡易靴磨きを持参したが、ヴェルサイユやチュイルリー公園の白い土・砂は縫い目に入った。
(2009年9月 秋色のスカーフ 様)
 

細かい砂のようなホコリがつきやすかった。
(2007年9月 上旬 shin645 様)
 
 

乾燥で埃がすごくて革靴が白っぽくなった。拭いたぐらいでは落ちない。結局ギャラリー・ラファイエットで購入した。
(2009年9月 しゅうしこたま 様)
 
 

靴磨き用の布、ミニブラシなど。チュイルリー公園やリュクサンブール公園などは細かい砂地のところも多く、少し歩くと黒い靴が真っ白に汚れた。毎日靴磨きしないといけないほど、汚れた。
(2009年9月中旬/下旬 ローシン・だぶ 様)




 



携帯できる靴磨き。ウエットティッシュ。靴磨き用の布、ミニブラシ。防水スプレー。携帯用の靴磨きシート、100均で売っている靴みがき
 
 
チュイルリー公園や リュクサンブール公園などは細かい砂地のところも多く、少し歩くと黒い靴が真っ白に汚れた。毎日靴磨きしないといけないほど、汚れた。
(2009年10月 たぬきくん1141 様)(2009年9月 ローシン・だぶ 様)
 

セーヌ河岸や公園を歩いていたら、気付かぬ間に革靴や黒タイツの足首が細かい砂で灰色になった。
(2009年9月/10月 ちびっこhara 様)
 
 

公園を歩くと、革靴がすぐ真っ白に。(えりこ@大阪 様) (2009年8月 アルザスのクグロフ 様)
 

砂地で汚れやすい (2009年9月 さくさく131 様)
 

たくさん歩いて埃っぽくなる(nord ami様)(雛子さま)
 

セーヌ河岸や公園を歩いていたら、気付かぬ間に革靴や黒タイツの足首が、細かい砂で灰色になった。
(2009年9月/10月 ちびっこhara 様)( ニャゴロドンジャン 様)
 

路上がゴミや吸い殻で汚い(romyromy * 様)
 



防水スプレー


革靴に日本から防水スプレーをしていったためか、汚れも目立たず、靴もあまり痛まなかった。
(ハナクロにゃんち 様)

雨がかなりはげしく降ると、靴の中まで濡れて辛い。
(2010年8月 黒こげチーズケーキ 様)


パリ、ウィーン。雪や雨で路面が濡れており、かなり靴が汚れた。靴クリームと防水スプレーが役立った。(2010年1月 ガトーHIRO 様)


ムートンブーツは、雪というか水に弱く、防水スプレーをしてもしみてきた。
防水スプレーは小さいものを持参し、現地でこまめにかけたほうが良い。
濡れを想定し、靴下は多めに持ったほうが良い。
(2010年12月 肉球ぺったん 様)


靴の栄養クリームと防水スプレーは毎日使った。
(2005年2月 鴨ステーキ 様)
ファブリーズ(ムートンブーツ消臭用、効果はあったと思う)
(2012年12月/2013年1月 アルテぴなこてく 様)


 
 
 
 トップ > 準備  > 衣類 > 靴のケアグッズ