トップ > 準備 > 防寒対策 > 帽子(防寒)  

もちもの 
 帽子(防寒)
16 Jan./ 6 Feb.2010経験談追加

 
 
首筋と、頭頂部から放熱されます。マフラーと帽子で封じるだけもだいぶ違います。
コートとお揃いにすれば、よりおしゃれでよかった。これも雨や寒さ対策に役立った。もちろん、日射しよけにも、睡眠の際のアイマスクとしても使用した。
(2007年3月下旬 ハワイアンチェリー 様)
 
 

帽子は日本では普段ほとんどかぶらないが、持って行ったら写真でのアクセントにもなるし、頭が温かくてよかった。
(2008年2月下旬 空色tea 様)
 
 

手袋、帽子は持っていけばよかった。指先や耳が寒かった。
(2008年12月中旬 王冠を被った双頭の鷹 様)
 

夜や明け方に出歩くことも多かったので、耳まで隠れる帽子は重宝した。
(2008年12月下旬 寝込み正月 様)
 

エッフェル塔はものすごく寒かった。マフラーを頭にまきつけたくなるくらい。帽子は、あるにこしたことはないと実感。
(2月/3月 orange mimosa 様)
 

秋冬用の帽子(街でかぶれるようなデザインのもの)も2つ持参。1日目、周りの人が誰もかぶっていないのでかぶらずにいたら、日差しが強く 頬が焼けた気がしたので、次の日からいつも持ち歩いた。日焼けが気になる方には是非。一応ファッションにもなるし。但し、現地の人は誰も被っていなかっ た。
(キャラメルミルクジャム 様 9月)
 

顔、特に耳が冷たかった。耳が隠れる帽子があれば、と思った。
(2008年12月下旬 Nicolas Trikozy 様)
 

かぶると暖かいし、みぞれ混じりの雨が降ったりやんだりで、傘をさすまでもない時も、頭がぬれずにすんだ。
(2008年12月下旬 pikamam 様)
 

最高気温1、2度の日が続いた。耳が隠れる帽子、マフラー、手袋は必須。
(2008年12月下旬 れもんしろっぷ 様)
 

帽子を持っていけばよかった。耳が切れそうだった。
(2008年12月/2009年1月 七色ういろ 様)
 

耳当てのある帽子を持っていけばよかった。耳が冷たくてズキズキ痛くなって観光の楽しみが半減。ここまで外を歩く、ということをすっかり忘れていた。失敗。
(2008年12月/2009年1月 at cocoa 様)
 

現地でコートに合う素敵な帽子を購入した。夏は帽子を被っている現地人をほとんど見ないが、冬はさすがに寒さがきついのか、上手に帽子を使いこなしている人が多いように感じた。
(2008年12月/2009年1月 azumi@az 様)
 

真冬仕様で防寒したが、持って行けばよかったのは、耳あてか、帽子。風が強くて耳が寒かった。
(2008年1月下旬 トラジ番 様)
 

寒さ対策にニット帽はとても便利。向こうで買ってもいいかも。パリの人は、帽子をほんとおしゃれにかぶっている
(2005年1月 あちゃ&まちゃ 様)
 

重宝したのはややツバのある帽子。風が冷たかったので頭は暖かいし、頬にあたる風よけに。エレガント系なので何処でも0k?だった。ブローが上手くいかなかったのでスタイル隠しにも。
(2004年12月 non@michelle 様)

持ち歩くのがめんどうでやめた。頭が寒くなったらコートのフードをかぶった。こうしてる人は結構いた。
(2008年1月上旬 黒糖まんじゅうは静岡産 様
ちょっとおしゃれなニット帽をもっていったら、髪をセットする必要がなく楽だった。
(2007年2月上旬 くるま寅次郎 様)
 トップ > 準備 > 防寒対策 > 帽子(防寒)