トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 12月中旬
服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 12月中旬
   
 25 Nov.2007 / 27 Sep.2009


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。

パリ中旬

ジーンズ、ハイネック、セーター、コート。腰までのダウンジャケット。暖かく、防犯にも。
(2008年12月中旬 王冠を被った双頭の鷹 様)


ダッフルコート。厚手の靴下。ぺったんこのバレエシューズ。
(2006年12月 駒子 SKY様)

パリでは、べージュ系のラウンドネックのニットアンサンブル、ベージュツイードのスカート、黒のタートルネック、ボルドーのジャケット、ジーンズ。
コートは黒のアンゴラ、靴は黒のロングブーツとローファー。カシミヤのストールをマフラー代わりに。
天気にもよるが、日差しがあると街を歩くと体が暖かくなるので、薄手のものを重ね着して調節することをお勧め。
(2006年12月 どみにくじるじる 様)

12月の割には暖かく、持っていったカイロはほとんど使わなかった。
ちょっとよそいきの格好と、カジュアル、両方に対応できるよう、コーディネイトを考えた。スキー用の下着のせいか、室内では汗をかくほど。
持っていけばよかったのは、スニーカー。歩く日は、パリの石畳のせいか、足が本当に疲れた。
(2006年12月  ツールドめんたい 様)

コート、セーター、ババシャツ、手袋、タイツ あまり寒くなかったので、この程度で平気だった。
(2006年12月 どどんがばちょ 様)

2006年のパリは、12月でも10度は暖かいと、現地の日本人ガイドが言っていた。でも夕方には、手袋帽子が必要。
一日中振り続くことはないが、折り畳み傘も必要。
(2006年12月 テリーとミィ 様)

日本の居住地と変わらない服装。コートは厚め。
(2006年12月 たびちゃんのかいぬし 様)
 
 


ダウンジャケット、ロングスカート、半袖、ノースリーブのニット。曇りが多かったのでそれほど寒くはなかった。貼るカイロは使わず。でも、念のため次回冬に行くことがあれば、やはり持参する。靴下のメディキュットが大活躍。飛行機でもほとんどむくみがなかった。
(2005年12月 風邪ひき花や 様)
 

ロングコート、ブーツ、足用カイロ、マフラー、手袋。コートは品質のいいものを持っていったほうがいい。現地は寒かったが、コートのおかげでだいぶ、外を歩くときの寒さをしのげた。上等なコートを着ていると、たとえジーンズでも、店で邪険にされることはない。ロングだと、持ち運びが大変かもしれないが、たいていの美術館では、コートは預かってもらえる。
(2005年12月 ジャガイモは土のりんご 様)
 

ダウンのナイロンコート。衿と前に毛皮が付いているおしゃれなもの。鞄は、黒の斜めがけ。なかは、セーターにパンツ。

ただ、ここでおしゃれをした方が楽しめると読んだので、大きめアクセサリーやイヤリング、スカーフなどの小物。レストラン用にパンプス、スーツ等も持参、荷物は多めだったが持って行って大正解。
(2005年12月 たぐシュルピス 様)
 
 



 

 

普段着。もっと防寒対策をしていけば良かった。服3枚、ムートンジャケット、靴下2枚、レッグウォーマー着用パリ市内は何とかこれでしのいだが、ディズニーランドはそれでも寒かった。カイロも不足。
(2004年12月 ハハMA5 様)
 

ダウン入りのコート、マフラー。コートの下はジャケット。コートを脱いでもそれなりに見えるだろうと。
(2004年12月 Parmentier Rima02 様)
 

コートの上からバッグを肩から斜めがけ。幅のひろいストールのようなマフラーを首に巻き、スリ防止のため、鞄の上にかかるように垂らした。コートの中に鞄を入れてお腹がふくらむ状態にはなりたくなかった。
(2004年12月 三日月姉さん 様)
 
 

デニムのロングスカート(ピンクハウスの物で、すそに細かいフリル、刺繍有り) ベージュ色のロングまきスカート、白色のツインニット、ハイネックセーター、ダウンコート。靴下や下着を多めに持っていったが、毎日洗濯していたので、必要なかった。カイロも温かかったので必要なし。
(2004年12月 風邪ひき花や 様)
 

ももひき、帽子、手袋、ダウンのコート
(2004年12月 hineゴロー 様)
 
 
 

ジーンズ、ジージャン、コート。セーターを1枚余分に持っていって正解。
( 2004年12月 monkeybusiness 様)
 
 

日中でも水溜りの氷が溶けない寒さ。リュクサンブール公園は、寒すぎて長居できなかった。

ニット、フラノやツイードなど冬用素材のパンツ、スカート、コート、大きめマフラー、手袋、タイツ、あったかインナー、ロングブーツ、ショートブーツ。コートのポケットにカイロ、腰に貼るカイロ。マフラーは明るい色で華やかに。ニットに合わせる大振りのネックレス、花モチーフのふわふわブローチなど。
(2004年12月 さぼてんの華 様)



 

タートルネックのセーター、ジーパン、スニーカー、厚手のブルゾン、手袋、レッグウォーマー(これはブーツカットのジーパンの下にはいたので、外から見えないところでかなりの力を発揮。お勧め。)

使い捨てカイロ(でも、あまり使わなかった)。

シャルトルや、カールージュの2階(屋根なし)では、かなりの冷たい風を感じたが、建物の中は暖かいし、訪問した日は天気に恵まれた。
(2003年12月 シャトルピザ様)


フードが収納できるナイロンブルゾン。暖かったので、コートでは暑いなと思う時には、これ。ほとんど毎日、朝のうちは小雨。傘をさすほどでもなく、このフードで十分でした。
(2002年 メス猫むる様)

Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
Special Thanks to ジュイエ@夏 sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 12月中旬