トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 11月 地方
服装へもどる
服 装  月別レポート 11月 地方
  
 25 Nov.2007 / 27 Sep.2009 / 31 Oct.2010 経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
アルザス
 

上旬 ストラスブール
秋物のマフラーと手袋。札幌と同じくらいの気温だったが。
(2009年11月 クロワッサン&カンパーニュ 様)
 
 
 

上旬
大変寒い日があり、耳まで隠れる帽子と手袋はとても役に立った。
(2005年11月 Itty・Bitty 様)
 


 
 
アキテーヌ
 
 

ボルドー: トレンチコート、カーディガン、カットソー、ジーンズ、ロングブーツ

荷物になることはわかっていたけれど、事前にボルドーとパリの気温を調べたらかなり気温差があった。コート類を2枚持っていった。

ボルドーではダウンコートは不要だったし、パリではダウンで正解だった。インフルエンザも流行っていたし、体調を崩すよりは荷物が増えても持って行って正解だった。
(2009年11月上旬 ジゼルetジュリエット 様)
 


 
 
 
ローヌ・アルプ
 
 

リヨン 下旬
ダウンジャケット、長袖セーター。コーデュロイのパンツ。日中は非常に暖かく、ジャケットは手に持って歩いたりした。
(2009年11月 corazon latino 様)
 
 

リヨン 中旬
冬に行く時、コートは暖かいが、モコモコして動きにくいので、今回は厚地のジャケット、パンツ、セーター、カーディガン、ブーツ、マフラー、手袋。零下5度にもなったが、建物の中は暖かいし、コートを着るより動きやすく、正解だった。
マフラー、手袋、携帯用カイロ。これでかなり寒さがしのげた。
(2005年11月 HIROのまんどりん 様)


 
 
 
 
 
ロワール
 
 

女性は
ダウンコート、セーター、パンツ、タイツ、ヒートテックのインナー。
レストランではジャケット、ワンピース、パンプス、小さいバッグ、アクセサリー。

男性は
ダウンコート、セーター、膝丈パンツ、ロングソックス、
レストランでは、シャツ、革スニーカー(靴紐をレザーにすると普通の靴に見える)ジャケット、タイなし、

ホテルに到着後、部屋で着替えて行ったら、オーベルジュの広めのレストランでは、奥のテーブルを案内してもらえた。子連れ、カジュアルな客には手前の席を案内しているようだった。アジア人は我々だけだったが、それなりに区別かしているんだなぁと思った。本誌経験談を読んでジャケットを買いに行ったが、やっぱり正解だったと思う。
(2009年11月 トラジ番 様)
 
 
 
 
 

下旬: 天気のよかったトゥールでは、上着がいらないほど。
(2004年11月 ha-bu 2 様)
 
 
 
 
 

下旬 ロワール、MSM 
冬物コート、ダウンジャケットに、裏無しコートから変えたのとストッキングをタイツに替えたくらい。あと、手袋。ツアーだったのでバスでの移動だからそんなに防寒しなくてもいいかと思って。 実際は、古城にいくと、だだっぴろいお庭。石造りで天井の高いお城。朝から晩までぎっしりつまった観光で、結構寒いかもしれません。 

シャンポール城では城に入ると大きな暖炉でがんがん火をおこしていた。これが結構、あったかかった。
(ぽち公様)


 
 
 
 
 
ノルマンディー
 
 

モン・サン・ミッシェル 上旬
ヒートテック、長袖シャツ、厚手のニット、ダウンコート
MSMは風が強く、ロンドンは底冷えするのでパリより厚着で正解だった。

日や時間によって体感温度が変わる。大げさと思っても、思っているよりワンランク上下の格好ができる準備はしておくべき。
(2009年11月 どくとるつぐ 様)
 

MSM 上旬:
パーカーとコート、マフラーに手袋が必須。
(2005年11月 BK*さよ 様)

MSM 中旬
キルティングのジャケット、厚め黒タートル(本当に厚めの暖かいものをおすすめ)、ジーンズ、ゴム底ショートブーツ
(2006年11月 柊の葉っぱ 様)

下旬
雪だったので、靴用カイロが役に立った。
(2005年11月 goldcrystals 様)
 

ルーアンやMSM:
ババシャツ、ハイネックセーター、ストッキングの重ね履きまたはタイツ、靴下、ババパンツ、ズボン、ウールのコート。
ポイントは、地方では暖かくする。
(2004年11月 チーズが食べたくて行きました 様)


 
 
 
 
 
ブルゴーニュ
 
 

ダウンは持っていったが、ほとんど着なかった。旅立つ前週の気温と10度前後の気温差があり、とても暖かだった。最高気温18度という日もあった。マフラー、手袋もほぼ不要。フランス人も暖かい!と言っていた。
(2009年11月 おおつきブルゴーニュ 様)
 
 

中旬
2006年はこの時期(11月)は日本の東京あたりよりも暖かく、割と軽めのジャケットでよい日が多かったが、ブルゴーニュ地方ではダウンコートを着ていた。
(2006年11月 うちゃぎ@Lapin 様)


 
 
 
 
コルシカ島

前半は、暑くて、日中は半袖。夜は薄手の上着。どうもアルジェリアからの風が吹いていて温かかったらしい。(レセプションの人が言っていた)

後半、サルデーニャへ渡ったころから、風が変わり、日中でも長袖の上着。半袖、軽めの上着、セーターで調整。
(2005年11月 うちゃぎ@Lapin 様)

 


 
 
 
 
プロヴァンス、コートダジュール

ニース 下旬

カットソー、長袖シャツ、カーディガン、薄手のコート 半袖1枚の外国の人もいた。大阪と同じくらいで、夜間はちょっと冷えるから1枚羽織ろうかと思う程度だった。
(2009年11月 どくとるつぐ 様)
 
 

上旬
カットソー、ジャケット。晴れた昼間はカットソーだけで十分。朝晩と曇りの日はジャケットが必要。
持っていって良かったもの: カルソン、薄手のぴったりとしたカットソー。カルソンとカットソーはパジャマとして使ったり、寒い日は重ね着用のインナーとしても使えるので荷物も減り、寒暖の調整もできて便利だった。
(2005年10月/11月 A/NANJO 様)
 
 
 

 コートダジュール 上旬
ニースはそれほど寒くないようだったので、七分袖のTシャツなど、薄手のインナーも用意。ジャケット、薄手のインナー、 スカート。30デニールぐらいの薄手のタイツ、バレエシューズのようなヒールのない靴。

サン・ポール・ド・ヴァンスでは、ホテルの星つきレストランを予約していたので、ノースリーブのワンピース、ストール、ヒールの靴を用意。夕食は星つきレストランだし、ちょっとはおしゃれをと思い、張り切ってノースリーブの ワンピースを着た。母にもおしゃれをしてもらったのに、実際にレストランに行くと他国の客がかなりカジュアル。ジーンズの人もいたりして、私たちのドレスアップしたのが妙に浮いてしまって逆に恥ずかしかった。
(2006年11月 甘口ルー子 様)
 
 
 

下旬

日中はほぼ快晴で、日がさんさんと照っているとかなり暑く、半袖OKなくらい。日が陰っていると肌寒いので上着は必要。
夜はコートを着ないと寒い。北イタリアやスイスへ行くので、半袖やその上にはおれる厚手の綿シャツ。ニットのベスト、フリースのジャケット、ダウンコートなど。暑かったり寒かったりであれば現地調達のつもりでいる。
(2004年11月 うちゃぎ@Lapin 様)
 
 
 
 
 

カンヌ 下旬
長袖Tシャツ、タートルセーター、トレンチコート。現地ではセーターは一度も着ず。今回の旅で一番寒かったのは往路の機内で、セーター、コートを着こんだ上から毛布をかぶった。
(2006年11月 Kabanokiみどり 様)
 

プロヴァンス 時期不明
南仏で、暖かい日には、ノースリーブの秋物ワンピース、カットソー、カーディガン。 
(2006年10月/11月 柚子あさぎ 様)
 
 

下旬 プロヴァンス
マルセイユはパリよりは暖かいと聞いていたので、薄手のセーター、ジーンズや厚手のコットンパンツ、ショートブーツ、ブルゾン、マフラー、という格好で十分。
( 2004年11月 yoko@bayou 様)


 
 
 
周遊
 

上旬
思ったより寒くなく、日本の居住地とほとんど同じような服装。移動日は動きやすいよう、ジーンズかチノパン。買い物および観光中心の日は、スカート、ジャケット。
(2006年11月 fuku1003 様)
 

2005年は予想外に暖かかった。9月下旬のパリと10月末のパリがほぼ同じ気温。上着は合皮ジャケットとトレンチコートを持参したが、薄手の上着を買い足した。コートは10月中旬のヴェネチアと、11月のパリのみ。
ジャケットの中に半袖か長袖のカットソーやシャツ、ちょっと寒いときはニットで十分。晴れると暑いので、日中は上着を脱ぐことも多かった。日焼け止めを、あまりまめに塗らなかったので手、腕、首はすっかり黒くなった。
服を思い切ってもっと減らして、寒くなったら現地調達に頼っても良かったかも。地方周遊中心だったので、現地調達が難しいかと思い、あれこれ持参。

持参してよかったのは、黒革スニーカー。山間の村など、歩きにくそうな所が多かった。大正解。
(2005年9月/10月/11月 etsu et nino 様)
 

ジャケット、セーター(寒いときはファーのマフラー)、ユニクロの黒のパンツ
持って行ってよかったもの:ダウンジャケット(圧縮して持っていった)
(2005年11月 一角獣 myst-t 様)

ずっと同じジーンズ。上はベロアっぽい黒ジャケットに、ストール。
靴は、黒のショートブーツ。キャミソールを持っていけば良かった。(重ね着できるし)。
(2004年10月/11月 jasmine nao様)
 
 


 


中旬

動きやすいロングスカート(黒)、薄めのタートル、キャミソール、フード付ダウンのハーフコート(黒)、雨でも大丈夫なロングブーツ(茶)
(2006年11月 ホームズ203 様)
 
 

長袖肌着、中厚のセーター、防寒肌着、ポリエステルのパンツ 薄綿入りでフード付きのシルクのハーフコート 帽子、手袋。思っていたより暖かく、少し歩くと上記のフル装備では汗が出る時もあった。使い捨てカイロは、迷ったが、持参せず。正解だった。
(2006年11月 maison violette様)
 
 

私:合繊のトレンチコート、ダウンのジャケット、パシュミナのストール、ウールの帽子、革の手袋、カシミヤのセーター、ウールのセーター、ジーンズ、ウールのパンツ、ババシャツ、80デニールのタイツ、ブーツ、革製のスニーカー、コルセット

母:ミンクのコート、ダウンのコート、カシミヤのマフラー、シルクのスカーフ、ミンクの帽子、ウールの手袋、カシミヤのセーター、ウールのカットソー、化繊のブラウス、ウールのパンツ、革製のスニーカー、大き目のアクセサリー、コルセット

母の赤いミンクのコートは、高級ブティックやデパートでいい扱いを受け、大変役立った。高い買い物をする時に年配の人にいい格好をして同伴してもらうと、接客態度が違う。また、目立つ色だったので、どこにいても探しやすかった。ただし、普段はスリなどに気をつけなる必要がある。母には極力貴重品を持たせず、防犯に最善を尽くした。

コルセットは腹巻代わりにもなり暖かかったので重宝したが、空港やユーロスターの乗車手続き、ロンドンの美術館など、X線でのセキュリティーで引っかかる。あらかじめ外しておかないと人前で外すことになり、恥ずかしい目にあう。
(2005年11月 とりどしhenmania 様)

コートを家に忘れる。よりによってヨーロッパ大寒波。革のジャケットとマフラーでなんとかしのぐ。(寒さにはかなり強い)
雨、雪が多かったので、折りたたみの傘は必携。
(2005年11月/12月 気まぐれな独身者 様)
 
 

コート(膝丈)、デニムジャケット、タートルセーター、ベスト、長袖Tシャツ、七分Tシャツ
ブーツカットパンツ2本・薄い生地のスカート
スニーカー、ロングブーツ
マフラー、クロマー(カンボジアの綿のマフラー?)
下着(あったかババシャツ、靴下ouタイツ)3セット

これらをひとつずつ。ぐるぐる着回し。トップスはいざとなったら全部重ね着することも可能!(もちろん実際はしていない・・・)移動日は荷物を減らすため、なるべく多く着る!
カイロも持っていったけど、一度しか使わず。
(2003年10?11月 nabeharu502 様)

今回はフランスがとても寒く、イタリアは暖かい、という状況だったので、脱いだり着たりできるものがよかった。
フランスではダウンジャケットや手袋も必要。マフラーを忘れたのが痛いかと思ったが、特になくてもOKだった。
(2003年11月 うちゃぎ@Lapin 様)


 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
Special Thanks to ジュイエ@夏 sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 11月 地方