トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 112月中旬
服装へもどる
服 装  月別レポート 11月中旬
  
27 Sep.2009 / 31 Oct.2010


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。

パリ中旬
 
 
 

2009
 

夜は、ジャケット、スラックス、少し派手目のネクタイ2本。
昼は、ウインドブレーカー、セーター、シャツ、ジーンズ、タートル。
(2009年11月 Taka nob 様)
 

気温は12〜15度、最低気温7〜10度、晴・曇・雨が混じった天気で風強し。
ユニクロヒートテック重ね着、セーター、インナー付きトレンチコート、下はパンツ、靴はMBTの健康靴。

傘は必須だが、風がものすごく強いので、折畳み傘よりもパーカー付きコートの方が良かった。友人の折畳み傘は強風で壊れた。
(2009年11月 Aikyo.V 様)
 
 
 

冬コートを持参したが、少し暑かった。2日目は、それでもだいぶ寒くなったので、コートは必要だった。
(2009年11月 MiouMiou au bord de la mer 様)
 

寒いといわれていたので、ダウン、ファーマフラーを持参。思ったより暖かかったので、中のニットで調整した。
(2009年11月 とべいち 様)
 

ウールのハーフコート、ハーフパンツ、ユニクロヒートテック。そんなに寒さは感じなかった。
(2009年11月 あまきょう 様)
 

七分袖のカットソー、ウールのパンツ、コーデュロイのジーンズ。靴はアンクルブーツ。薄めのダウンコート。
保温下着やウールのタートルネックも着たが、暑かった。
(2009年11月 ふわふわnijntje 様)
 


 
 
 
 
 
2006
 

ブーツ、スカート。靴カイロ、普通のカイロ。
(2006年11月 太郎と一緒 様)
 

観光時:メルトン生地の厚めのPコート、少し薄めの黒リブタートル、カシミヤVネックニット、ツイードの長めのスカート。ゴム底ショートブーツ
買い物は、5cmヒールのロングブーツ。
(2006年11月 柊の葉っぱ 様)
 

予想より暖かく、着なかったセーターがあった。欧州他国同様、室内は薄着で問題なし。薄手のセーターか、ジップブルゾン、カットソー、パンツ、ふくらはぎ中ほどまでのブーツ、紐の革靴。
パンツはベージュのコーデュロイ、黒のレザー、薄い茶系のツイード地。ジーンズは持参しなかったが、現地ではジーンズをはいている住民らしき人はいた。たまたま暖かかったので、カットソーやカーディガンをもう一組持参すればよかった。
(2006年11月  白くてふわふわ 様)
 
 

とにかく前回のパリ旅行で荷物の重たさに参ったので、なるべく重くならないようにした。洋服はかさばるので少なめに。洋服は少なくても小物(帽子やアクセサリー)で変化をつけるだけで十分。小物なら小さくて重さもない。
マフラーやカイロも持参したが、今年は珍しく暖冬だったらしく、全く使わなかった。
(2006年11月 ゆっちん 86 様)
 

長袖下着、シャツ2、セーター、ダウンジャケット、タイツ、ジーンズ
ダウンジャケットは少々暑いこともあったが、他はちょうど。
(2006年11月 SKNG@京都 様)
 

日本の真冬にするような服装。特にパリだから、旅行だからといった特別のものではなく、東京で買い物に行く時のような格好。
(2006年11月 ウニ・ノニ・チコ 様)
 

11月は寒いという事で、防寒対策をしっかりとしていったが、マフラーも手袋も殆ど必要なかった。使い捨てカイロの出番もなし。着脱が簡単な服の重ね着が一番いいようだ。上着は、風を通さないダウンなどが適当。
(2006年11月 世界は愛に満ちてるよ 様)


 
 
2005
 

セーター、カーディガン、上着にトレンチのハーフコート(裏地を付けた)。
冷たく冷えた教会では、携帯カイロは役立った。
(2005年11月 une femme 様)
 

コートはロングかハーフかショートか、すごく迷った。結局真ん中を採って、ハーフコートとハーフブーツで出かけた。寒かったので、スカーフ、ウサギの毛のマフラー、手袋は、とても役立った。天気はよいけど、風が本当に冷たかった。靴底に敷くカイロが役立った。とにかく寒かったので、ロングコート、ロングブーツでもよかったかも。
(2005年11月 マリー・ふらんそわーず 様)
 

薄手のカシミアのアンサンブル、シャツ、ニットのベスト。コート。大判ストール。帽子。
手袋、使い捨てカイロは、暖かくて出番なし。
(2005年11月 ken坊s 様)
 

ジーンズ、セーター1枚、ババシャツ、膝下コート、マフラー
コートはお尻が隠れるか出るかで寒さが違った
(2005年11月 herissonあるべーる様)
 

カジュアルな上着、パーカー、フリース、パンツは綿パン。
スキーで使っていた毛糸の帽子は暖かく重宝。
(2005年11月 よしやん 様)
 

綿のタートルネック、コーデュロイのシャツ、裏地の付いたコート、コーデュロイのパンツ、マフラー、傘
(2005年11月 やんぼーまーぼう 様)


 
 
2004
 

冬だったので殆ど毎日同じ服を着た。ジーパンにダウン。
現地の人もそんな服装の人達が多かった。きれいすぎずある意味浮いていなかったかも。
もし首からパスポートをぶら下げるのであれば、カーディガンは、店で提示するときに取り出しやすい。

大判のストールはマフラーにもなり、ちょっとお洒落な羽織りものにも。
(2004年11月 りんごmaru様)
 

郊外に出かける時はジーンズ、パリではジーンズ以外のパンツ。パリはやはりオシャレな人が多いので、ジーンズ、スニーカー、ななめがけバッグという服装でブランド店に入るのは、気がひけます。
(2004年11月 ブロカント大好きくーちゃん 様)
 

スニーカー、シャツ、ジャケット、フェイクファーのコート、マフラー、手袋、帽子。
(2004年11月  今日帰国したサッカー小僧様)
 

タートルネックのセーター、首の大きく開いたセーターの重ね着、ウールのパンツ。
ダウンの長めのコート、ストール。革のスニーカーかショートブーツ。持っていってよかったもの:使い捨てカイロ。
(2004年11月 大阪の月は満月 様)
 

カイロを大量に持参。現地ガイドいわく、珍しく暖かかったので全く使いませんでした。
( 2004年11月 yuyu37yuyu 様)
 

コート、タートル2枚、ズボン2本を着まわし。カーディガン、薄手のセーターを1枚ずつ。写真で代わり映えするように、マフラーを2本。毛糸の帽子は、寒い日に重宝。
(2004年11月 すぬうっど 様)
 

とても寒くて、観光初日に凍りつきそうになり、翌日からダマールの下着の上に、保温下着を重ね着。下も90?110デニールのストッキングに、ちょっと書くのが恥ずかしいけれど、毛糸のパンツをはいた。セーター、厚めのコート。スカートの日もあり。全然寒くなくなった。
(2004年11月 とりこ3 様)
 

セーター、コーデュロイパンツ、コート
(2004年11月 京都のよっぱらい17号 様)
 

ニット帽、ババシャツ、ニット、ロングカーディガン、コート、スカート、ジーンズ、ブーツ、スニーカー、手袋、マフラー、ストール

かなり寒いと思っていたが、腰やおなかにカイロを貼れば寒がりの私でもなんとか。とはいっても、日中もコート。(寒ければボタンを閉じ、そうでもなければボタンしない)

コートは黒1枚だけだったので、写真写りも考え、ストール1枚、マフラー3枚、帽子3つ(結局使ったのは気にいったひとつだけでしたが) スカート2枚、ジーンズ、黒パンツと、コートを着ても見える部分を違うものにしました。
(2004年11月 evianボタン様)


 
 
 
 
 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
Special Thanks to ジュイエ@夏 sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 11月中旬