トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 11月上旬
服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 11月上旬
   
 27 Sep.2009 / 31 Oct.2010 経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。

2005年11月は大寒波、2006年は暖かかったよう。
 
 
 

パリ上旬
 
 
 
 

2009
 
 

用のコートと、ワンピース、タイツ。中は、調節できるようにカットソー、カーディガン。晴れてもずっと外にいると
手がかじかむ。手袋があってよかった。
雨が多く、それだけで気温がかなり下がった。朝晴れていても午後から雨など。傘は持って行ってよかった。
(2009年11月 エルフ大盛 様)
 
 

ヒートテック、長袖シャツ、ニット、薄手のコート。ニースよりぐっと気温が低かった。
(2009年11月 どくとるつぐ 様)
 

上は、長袖シャツ、ベスト、コート。下は、チノパン、黒革のスリッポン。
セーターやその他の暖か装備も持って行ったが、使わずに済んだ。着ていたら逆に美術館で困ったと思う。
(2009年11月 出張NHマイラー 様)
 

荷物になることはわかっていたけれど、事前にボルドーとパリの気温を調べたらかなり気温差があった。コート類を2枚持っていった。

ボルドーではダウンコートは不要だったし、パリではダウンで正解だった。インフルエンザも流行っていたし、体調を崩すよりは荷物が増えても持って行って正解だった。
(2009年11月 ジゼルetジュリエット 様)
 

東京より1ヶ月進んだ服装。パリは11月前からコートを着る。
(2009年11月 縞リス 様)


 
 
 
2006

フリース、セーター、Tシャツ。普段はフリースを脱いで行動。観光客を含め、現地ではダウンやコート姿が多かったが、とてもそれほど寒いとは思わなかった。
(2006年11月  シェアリング 777 様)
 

薄手のニット、パンツ、キルティングの軽いジャケット。マフラーとバッグを明るいピンクにして、暗い色の多い服装の差し色にした。

革手袋が、大活躍。外歩きの際はとにかく風が冷たくて、配偶者の耳まで隠れるニットキャップを奪って、暖を取った。ニットも、結局寒さに勝てずタートルネックばかり着た。コーデュロイのパンツ、下にはユニクロのヒートテックタイツ、ウールのニットの下もユニクロのヒートテック・ババシャツ。

温暖な土地に住んでいるので特に寒く感じたのかもしれない。日本の若い女性たちは、結構パリの女性の向こうを張るスカート姿で颯爽と歩いていて、たいへん眩しかった。私はスカートをはいて外へ出る勇気はなかった。

初日、二日目はローヒールのパンプスとコジャレ系 革スニーカーで出かけたが、その後は車社会で萎えた足に一日歩き回るのはもう無理と判断し、おとなしくアメリカ人のような、ださださスニーカーに。
(2006年11月 みのあか 様)
 

東京と同じ格好。曇りの日は少し寒いのでストール。現地の人も、東京でよく見るような格好。全体的に黒が多いか。
マフラーは、若い人は落ち着いた色合いのもの、年配の人のほうが原色に近い。私はターコイズブルーのストールだったけど、誰一人として同じ色はしていなかった。はっきりした色合いはピンク系が多かった。ジーンズの裾はブーツに入れ込んでいる人も多かった。
(2006年11月 CarriageReturn 様)
 

東京の真冬の寒さ。朝夕は手袋が不可欠。
(2006年11月 Scenic てつ 様)
 

旅行直前にパリでは急に寒くなったらしいとの情報を得て、持ち物を変更した。

パリでは、セーター、スカート、タイツ、ウールの膝下丈コート、マフラー。ただし、夜がかなり冷え込んだので手袋も持ってくればよかったと後悔。ロングブーツは疲れるためほとんど履かず。現地でローヒールの靴を購入。
(2006年11月 甘口ルー子 様)
 

ショートブーツ。タイツ、コーデュロイのような厚手のパンツ。長袖のセーター、ババシャツ、 ウールのコート。暑いくらいだった。ナイロンのジャケットと、カーディガンは不要だったかも。朝晩は冷え込むので、マフラーがあってよかった。
(2006年11月 マロン・シャンティー 様)
 

ウールのコート、マフラー、手袋、タートル類、黒のコーデュロイパンツ等、真冬の格好(でも、日によっては暖かく、コートの下は薄着でも大丈夫だった。コートの下で調節できるような格好が便利。
靴はコンバースの白スニーカー(雨でびしょぬれになったのには困ったが、歩きやすいし、おしゃれにも履けるので結果的には荷物を減らす意味でも、この1足で正解だった)

持っていって良かったのは、折りたたみ傘。天候が不安定で、降ったりやんだりだった。軽い折りたたみ傘は重宝。
(2006年11月  はむすたバス 様)

日本の真冬の格好。ダウンジャケット、コート、マフラーは必須。寒くて、使い捨てカイロ(貼るもの・普通のもの・足用)を毎日使った。私が行った日から急に寒くなったらしく、その前までは日本とたいして変わらない気候だったそうだ。今までも色々な人が書いているが、暖かい日もあれば寒い日もあるということ。自分で天気予報をしっかり見て準備しておいた方がいい。
(2006年11月 おるけのにゃにゃりん 様)
 

この時期、気候の変化が激しく、後半のパリでは1日ごとに数度気温が下がって、寒くなった。コートを着て街を歩いたが、オーバーの人もいた。コートと薄いセーターは便利。
(2006年10月/11月 ねずみ&とりのパパ 様)
 
 

日本の居住地の11月より寒いのは覚悟していったが、日による。ダウンジャケット(必要ない日もあった)、マフラー、タイツ、カイロは、必携。
(2006年11月 美瞬1101 様)
 

寒いと聞いていたので、セーター&コート。でも、日中や屋内では暑かった
(2006年11月 一つ星くま 様)
 

寒さが微妙な時期だったが、手袋を念のため持っていってよかった。
(2006年10月/11月 ホワイトレディ 様)
 

セーター、薄手のニット、アンサンブルニット、半袖ニット(おしゃれ用。寒かったので1度しか着ず。)直前までどれだけもっていくか悩んだ。荷物になったが、滞在中、急に寒くなったので多めにもっていって助かった。

グレーのパンツ、ジーンズ、ツイードのパンツ、トレンチコート、スカーフ。ローヒールのパンプス、スニーカー。重くなるから置いていこうかと迷ったが、予想以上に歩き回ったのでスニーカー大活躍。
(2006年10月/11月 晩秋のアールグレイ 様)
 

自分の居住地の11月下旬ぐらいの気温だった。ニットのコート、マフラー、手袋を寒いときにつけた。それで全くOK。パリの人は、真冬?!というぐらい厚着していた。しっかりロングのダウン、マフラーもぐるぐる巻き。厚着したほうが浮かない。
(2006年10月/11月 まりおメガネ 様)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2005
 
 
 

パリ市内では、薄手のニットの上にジャケット、または薄手のコート。思ったより寒くはなかった。
靴は、柔らかめの素材のローファー。市内観光に加えて美術館も見に行くし、夜になると足がもうガクガク。ブランドショップに行く日のみ、パンプスを履いた。
(2005年11月 BK*さよ 様)
 

パリの人はおしゃれと聞いていたが、日本人の普段着と同じかっこう。むしろ日本人のほうががんばっていた。センスのよさは別にしても。結局フランス人であることがカッコイイ、と感じさせるのだろう。
「ジーパンにスニーカーでパリに行って、周りのパリジャンのおしゃれを見て後悔した」というのを読んだので、きちっとしたジャケット、11月は寒いと聞いていたので明るい色の分厚いマフラー、黒の綿パン、白と水色のスニーカー。

買い物の時に小銭を出し入れできる、チャック付きの胸ポケット付きのジャケットは便利。

小雨は気にならないが、一日目の後半はけっこうな雨で、傘かレインコートの準備をしておけばよかったと反省。
(2005年11月 たこつぼ時計 様)
 
 

母は着物を着たが、例年より暖かいということもあって、ちょっと暑かったそうだ。

私はセーター、薄手のコート。ちょっと暖かかった。でも、防犯のためにちょっと我慢。(中に貴重品用のポシェットをしていた)パリの人は厚着の人もいれば薄着の人もいて、バラバラだった。
(2005年10月/11月 ピンクのチューリップ 様)
 
 

2005年はわりと暖かいようなので何を持っていくか迷った。革ジャン、セーター、長袖Tシャツぐらいでちょうどよかった。中の長袖Tシャツを、その日の寒さによって保温性の高いものや薄手のものに変えて調節。
コートはいらなかった。マフラーは持っていてよかった。早朝や夜には出歩かなかったせいか、カイロは一度も使わなかった。
(2005年11月 トナカイくんのお友達 様)
 

昼間はババシャツ、シャツ、セーター、コーデュロイパンツ、マフラー、黒革靴。夜は、ハーフ丈のコート。周りの人はもうちょっと薄着だった。持っていってよかったのは、捨てようと思っていたパジャマのズボン。
(2005年11月 ミッキイとファンタ 様)

シャツにジャケットで、十分暖かかった。コート着ている人もいれば、Tシャツの人もいたりして意外と暖かい。
(2005年11月 ichipapa1964 様)

薄手のニット、パンツ、スーツ、コート、軽めのジャケット、ショートブーツ
あまりカジュアルでないスニーカー、スカーフ数枚。スカーフはちょっとしたレストランに行く時など役に立った。
アルザスとパリで大変寒い日があり、耳まで隠れる帽子と手袋はとても役に立った。
(2005年11月 Itty・Bitty 様)
 

寒いと思ったので、タイツ、靴下に普段はいている通勤用の革靴。ババシャツ、セーター、ロングコート。
傘は微妙。雨が降ったが、使わなかった。
(2005年11月 みっちーは疲れた 様)
 

冬物。ホテルがそれなりだったので、ジーンズをやめてパンツスーツ、ワンピース、朝食用のジャケット、ヒールの靴とブーツ。ホテル内ほか、女性が行きたそうな所は、全て見た目が大事そうだから、高価でなくても良いので、綺麗にしていて、ちょうどいい。
(2005年11月 洗礼とはこの事ね 様)
 

天気予報で寒そうだったので、Tシャツ、タートル、長袖シャツ、ウールコート。暑いくらいだった。ウールコートではなく綿にすればよかった。
(2005年11月 ジョシュ宝物 様)
 

ユニクロの上下インナー、ジーパン、ジャケット。寒くはなかった。
(2005年11月 チカじい65 様)
 

薄手のセーター、現地で購入したフリースのジャンバー。コーデュロイのパンツ。膝丈のパンツなど。寒いと思って軽めのコートを持っていったが、かなり暖かく、まったく使わなかった。Tシャツだけの人も多数いた。
(2005年10月/11月 朝食はパン 様)


 
 
朝晩と外を出歩くときはジャケットにショールをかけ、日中はショールをはずした。手袋は、持っていって良かった。蚤の市に出かける人は、綿でできた安い手袋もあった方がいいかも
(2004年10月/11月 北野都 様)

ジャケット、パンツ。ストールみたいなものがあってもよかった。ふと座ったりした時に、おしりが冷たい。
(2004年10月/11月 シャトピン 様)
 

セーターの上に、ジャケットかコート。思ったより寒くなかったが、風が強い日はマフラーや手袋が必要。カイロは持っていたが結局使わなかった。
(2004年10月/11月 インディアナジョーンズ2回連続トライ 様)
 

ダウンジャケット。カイロを使用したが、歩いていると少し暑いくらいの日が多かった。7日間のうち2日ほどとても寒い日があり、その時や朝晩は日本の真冬並。曇りの日が半分くらい。晴れても寒い日もありました。パンツの下にタイツが必須。
(2004年11月 チョチョリーナ 様)

ウールコート、カジュアルなジャケットとストレッチパンツ、スカート。
ロングブーツとヒールローファー。ストール、ファーマフラー、手袋、帽子などの小物沢山。
(2004年11月 ミックマック55 様)
 

セーターにウールのコート。コートの前を開けて歩ける程度。でも、持っていかなければ寒くて地獄でした。 

現地の人はやはりウールのコート着用、やはり丈の長い物、しかも、物がよさげなものを着ていました。やはり、冬が長いのだなーと実感。 そして、やはりおしゃれなパリジェンヌ。長いコートからのぞくパンツに、刺繍のしてある物をはいてる女の子が多かった。
(air様) 
 

11月にしては暖かい、雨の降る日が多かったので、あまり厚いセーターを着ることがなかった。
(うちゃぎ様)
 

ヒールは腰にくるので、もっぱらローファーを愛用。カジュアルになったが、マフラー、バッグ等でそれなりにおしゃれするように、心掛けた。
持っていってよかったものは半袖Tシャツ(部屋が意外と暑い)。
(2004年11月 miyomiyo.08様)

ショートコート、パンツ。リバーシブルのトレーナーは便利。
(2004年11月 a-yuu 様)
 

セーター、パンツまたはロングスカート、ブーツ、スカーフ、合皮のジャケット。パリは意外に暖かく、セーターでは暑いくらい。
(2004年11月 かこ@カフェ様)
 

本的にパンツ、セーター、革靴。
上着としてダウンジャケット。朝や日没後はダウンジャケットがあってよかった。日中は雨も降らなかったので、歩き回ったり店の中に入ると暑く感じた。もう少し薄手のものでもよかった。

手袋、マフラーなどは不要でした。(マフラーなんかの巻き物系は、現地のほうがかわいいものが多いので、現地購入もいいのでは
(2004年11月 BioBio-fromages様)
 
 

 


 
 

日によって温度差が激しいので、油断ならない。昼は15度あり予想以上に暖かかった。ババシャツ、セーター、上着だと暑いくらい。ババシャツの変わりに長袖綿シャツをもっと持っていけばよかった。それに反して朝晩はめちゃくちゃ寒かった。靴下に貼る、使い捨てカイロは重宝した。固い石畳には、スニーカーより革靴がよい。
(2003年11月 ちよよわらお 様)
 

ウールのハーフコート、トレンチコート、パンツ3、ツインニット4、ドレスシャツ2,パンツスーツ1、ショートブーツ2、パンプス1足 他、ストール、スカーフ、手袋等防寒具。雨が多く、前年同時期に比べると格段に寒かった。折り畳み傘は必需品。

ちょっと洋服を持って行きすぎたかと思ったが、旅行中に星付きレストランやオペラ座観劇、いわゆるブランド店へいったので、必要に応じて、観光・ショッピング・夜の服装と使い分けた。

思い切ってパンツスーツ、ドレスシャツ、パンプス、バッグ一式を余分に持参。絶大な威力を発揮した。個人的には荷物が多くなったけれど、安心感を持っていったと割り切った。ただニットとパンツは一組少なくてよかった。
(2003年10月/11月 :めいちーアッシュ 様)


 
 
 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
Special thanks to magna ha utau sama!
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 11月上旬