トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 9月 地方

服装へもどる
服 装  月別レポート 9月 地方
  
2 Sep.2010


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
その他の地方

 
ロワール

 
 
 
 
 
ノルマンディー、モン・サン・ミッシェル
 

朝のMSMでは、キャミソール、ハイネックセーター、秋用ジャケット、ジャンパー、ハイソックス、スラックス。朝のうちは息が白くなるほど寒いが、日が照るとだんだん暑くなってくるので脱いでいき、昼にはキャミソールとジャケットに。
(2007年9月上旬  星空の下でお散歩 様)

 


 
 
 
 
アルザス
 

昼間暖かくて、半袖Tシャツ、薄手の上着とジーンズ。途中、冷たい雨が降って以降は急に寒くなって、長袖タートルネックシャツ、カーディガン、薄手の上着とジーンズとショール。
(2008年9月中旬 まーむ・きちじょうじ 様)
 
 

ストラスブール。9月中旬は急に冷え込んだらしく、寒かったので毎日ダウンジャケットを着ていた。下旬に気温が盛り返して、長袖Tシャツに薄手のジャケットでちょうど良い気候に。これが本来の9月の気候だと言われた。
(2008年9月中旬/下旬 アニスとリコリスは似てる? 様)
 
 

ストラスブールは予想より寒かった。ファスナー付セーター、タートルネックシャツでは寒さに耐えられず、コートを買った。向こうの人はみんなファーの付いたようなコートを着ていた。
(2007年9月 ひまわりいちご 様)
 


 
 
 
 
ブルゴーニュ
 

9月のブルゴーニュは思った以上に寒かった。リヨンのZARAで買ったコートをずっと着ていた。
(2008年9月中旬 みかりん21 様)
 


 
 
 
 
ローヌ・アルプ

 
 
 

ランス。
やや北のせいか肌寒かったので、パリでの服装にさらにジャケットを重ね着。
小さなつばのついた帽子は、もともと寝癖隠しのつもりで持って行ったが、案外日差しが強かったので役にたった。
(2007年9月上旬  十字架双月 様)

 


 
 
 
 
プロヴァンス、コートダジュール
 
 

アヴィニョンからソルグ、マザンは、日陰はセーター、日向はけっこう日差しが強くて、Tシャツ。マザンでは、薄手の長袖Tシャツ、ストール。ストールは重宝した。日よけの帽子も持って行ってよかった。
(2009年9月中旬 るすばんHANA 様)
 

南仏。靴は、靴底がゴムのフラットシューズ。歩きやすく疲れにくかったが、すべり止めがなく雨の日の石畳では滑りやすかった。サンポールやエズなど鷹の巣の村では急な坂道が多く、滑って転ばぬよう注意して歩いていた。実際、転んで救急車で搬送される人を二度も見かけた。
(2008年9月下旬 サクサクブレッド 様)
 
 

アヴィニョンやマルセイユは意外に寒くて、パーカーとモッズコートの両方を重ねた。ミシュラン星付きレストラン対策に、ワンピースを持っていったが、一つ星程度では必要なかった。
(2008年9月上旬/中旬 うたうカジモド 様)
 
 

ニース。思ったよりずっと暑く、思わず現地で洋服を調達した。
(2007年9月中旬  みかん522 様)
 
 
 

南仏。
半袖Tシャツ、キュロット、長袖カーディガン。
朝夕は幾分か涼しかった。日中は日差しが強く、短パン、サンダルが欲しかった。
(2007年9月中旬/下旬 豆だいふくNUT 様)
 


 
 
 
周遊
 


 


中旬

   

 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 9月 地方