トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 9月下旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 9月下旬
  
9 Jul. / 2 Sep.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
 
 

パリ下旬
 
 

2009
 

ちょっと良いホテルに泊まったので、襟付きシャツ、パンツはプレスしたもの。同行者もレストラン用に、1着ワン
ピースを持って行って、正解。

 9月下旬で、朝晩寒くなることを予想してウールのコートを持っていった。が、日中は暖かく不要。
 (2009年9月 t-momo-chin 様)
 
 

裏地付きの軽いブルゾン、長袖・七分袖のカットソーなど、カジュアル。
朝晩の冷え込みと昼間の気温の差が激しかった。調節しやすい服装で。
(2009年9月 corazon latino 様)
 
 

アンサンブル・ニット。きれいな色のものを持っていったので、存在感が出て、着まわしに役立った。
(2009年9月 ななはち0188 様)
 
 

中途半端な時期だったので、服装は非常に迷った。他の経験談でも書かれているが、朝晩は冷える。しかし、日中は天候次第で、晴れていれば半袖で十分。

観光地なので、いろんな国の人がいろんな格好で歩いていた。袖なしや半袖の人もいれば、厚手の上着を着ている人もいた。季節的にはどっちを着ていても浮くことはないのだな、と思った。
(2009年9月 ぐりーんばなな 様)
 

思った以上に暑かった。ジャケットは要らず、部屋着用に持っていったパーカーで対応した。皺にもならないし、暑かったら腰に巻けるので便利だった。
(2009年9月 ひなまつり303 様)
 

アウトドア用に購入していたレインジャケットは、防寒・雨具どちらも使えて便利だった。
小さく持ち運べるため、携帯した。
(2009年9月  わこ80 様)
 

 

2008

思っていたよりも寒くて、寒いとき用に持って行った服を毎日のように着る羽目に。たまに晴れるととても暑いので、なるべく重ね着をして調節できるようにした。
(2008年9月 サクサクブレッド 様)

 


 
 
 
 
 
2007
 

朝夕の寒さと、昼の乾燥した暑さには、毎朝服装選びに苦労した。
とにかくパリ到着の早朝が、時刻のせいもあるが(朝4時過ぎ)風も強く寒かった。
(2007年9月  ロッキー&チィー 様)
 
 

夏服の重ね着。寒かった。ダウンがほしいくらい。
(2007年9月  yo! iko! 様)
 
 

なるべくおしゃれな格好がいいとあったので、すごく気を遣って、手持ちの服をコーディネートして行ったが、世界中から観光客が来てジーンズの人も多いし、めちゃめちゃラフだった。なにもあんなに悩むことはなかった。というか自分たちはそんな高級店に行く予定はなかったから、初めから服装について悩む必要はなかった。

最低気温と最高気温の差が激しい。一番寒いのは夜だった。昼間はそんなに防寒は考える必要はなかった。
寝るとき寒かったのでタートルネックが重宝した。
(2007年9月  ぐっぴー K太郎 様)
 
 

念のため持っていったニットばっかり着ていた。薄手の服を着る気になれなかった。
もっと厚手のジャケットか薄手のコートを持っていけばよかった。
現地は、革ジャンや冬コートを着ている人もいた。たまに半袖の人もなぜかいたが。
(2007年9月 うめきちこんぶ 様)

もっと寒いかと思って厚手のニットも持っていったが不要だった。現地の人も厚手のコートを着ている人もいれば半袖の人もいて、様々だった。
フランス人は白や黒のシンプルな色を上手に着こなしていた。
(2007年9月  asucan 様)

昼間は太陽がでてくると温かくなり、コートを脱いでちょうどいい。
土産などの荷物をいろいろもっていてコートを落として来てしまったので、要注意。
(もと来た道を戻ったら、誰かが近くの柵に掛けてくれていた。)

パリの人たちはトレンチコートをかっこよく着ていたので、わたしもトレンチにすればよかった。※
管理人補記
※9月から トレンチにすればよかった という全体アンケートを相当数見た覚えがあるので、今後の方は ご参考に。
(2007年9月/10月 たいよう8004 様)
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 

パリ時期不明、全般
 
 
 
 
 
 

2009
 
 

 前日はコートが必要だったのに、翌日は半袖一枚で十分とか。いろんな気温に対応できるような服を準備したほうがよい。
(2009年9月 ラマルク44 様)
 
 

おしゃれな地域に行くときは、豹柄の半袖ワンピース、ストール、タイツ、ヒール靴。非常に受けが良かった。
(2009年9月 momo@labo 様)
 

 

2008
 

6日間全く雨には降られなかったが、陽射しは強いのに、風はめっぽう冷たい。朝晩は東京の真冬並み。朝晩と日中で寒暖の差が激しく、とにかく脱ぎ着できる格好が賢明。
(2008年9月 サンジェルマンぽん太 様)
 

2007
 

朝晩は寒くても昼は暑かったので、半袖の上にコートを着たり脱いだりして調節した。たまにカーディガンも利用。長袖は着なかった。
パリジェンヌはパンツスタイルの人が多く(ジーンズの人も多かった)、スカートの人はほとんど見なかった。
上はコートやジャケットを羽織っていて、マフラーを巻いている人も。色は主にモノトーン調。
(2007年9月 梅きゃらめる 様)
 
 

パリに朝4時着、ホームはあまりにも寒く、「冬のコートを持って来た方が良いのでは?」と思うほど。
9月は季節の変わり目で寒暖の差が激しいので、すぐに羽織れるストールは重宝した。
(2007年9月 青のオオカミ 様)
 

昼と夜とで、寒暖の差が激しい。朝はセーターが必要だが、昼間晴れればTシャツにしとけばよかったと思うほど暑くなる。
(2007年9月  シャアのママ 様)
 

移動、観光は普通に日本で過ごしているような格好。いかにも旅行という格好はしない。

ちょっと良いレストランやバレエ観劇などは少しオシャレし、小綺麗なワンピースやジャケット、スカートなど。同行者達には、普通に会社帰りに青山に食事に行くのを想像した格好持ってきてねとアドバイス。
(2007年9月アンヌとアンリ 様)
 


 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 9月下旬