トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 9月上旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 9月上旬
  
2 Aug.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。

2007年は前半 極寒で毛皮のコートが要る状態。後半は猛暑。

2005年も6月〜7月上旬が猛暑で 7月にはいってすこし落ち着いた時期もあった。
2004年はまた猛暑といわれたが 一部冷え込みが。
2003年は死者がでるほどの猛暑。


 
 
 
 
 

パリ上旬
 
 

2009
 
 

ストールは持っていった。自分は朝の冷え込みは我慢できたので、荷物になるコートは持っていかなくて正解だった。
(2009年9月 book-pen 様)
 
 

季節の変わり目だったので、荷物が増えるが暑さ寒さどちらにも対応できるように用意しておいてよかった。
(2009年9月 ブルブルビウ 様)
 
 
 
 
 

 

2007

観光ではパンツをはく場合が多いが、やはりパリは都市なので、スカートの方が色々な店に臆することなく入れてよかった。
(2007年9月  十字架双月 様)
 
 

持っていかなかったが、コートが必要だった。特に旅程の前半は寒く、朝夕はジャケットでは寒さに耐えられない。後半は一転温かく、朝夕もジャケット不要。日が当たるとTシャツでも過ごせるほど。
(2007年9月  Scenic てつ 様)
 
 

念のために持って行ったジャケットが手放せなかった。日中の日向やメトロの中では、半袖でも暑いくらい。朝はすごく寒かった。
(2007年9月  こまあず 様)
 
 

とても寒がりなので、秋用ジャケット、半袖Tシャツ、スラックス、タイツ。人工皮革の茶色のスニーカー。さらに防寒用の薄手ジャンパーが大活躍。雨が降ったときや夜のセーヌ川クルーズでは、これが無ければきっと我慢できなかった。
(2007年9月  星空の下でお散歩 様)
 
 


 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 9月上旬