トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 7月下旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 7月下旬
  
9 Jul.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
 
 

パリ下旬
 
 

2009

よかったものは、薄手のジャケット。パリは気温の変化が激しく、風も強い場合があるので、温度調節に必須。雰囲気がちょっとフォーマルな店や場所でも、ジャケットを着ることで、気後れなく過ごせた。
(2009年7月 お気楽ガストロノミー 様)
 

持って行ってよかったものは、ウインドブレーカーと長袖のカーディガン。急に雨が降ったり、風が強くなって寒くなった。傘を持ち歩くよりも、軽いウインドブレーカーのほうが役に立った。
朝夕は、半袖では寒かった。
(2009年7月 スティッラジェンメ 様)
 

半袖Tシャツ、七分袖カーディガン、薄手のパーカー。
前半は、3枚重ねても寒く、後半はTシャツ1枚でも暑かった。
(2009年7月 Kabanokiみどり 様)
 
 

ワンピース、スパッツ、細身のパンツ。きれいな色のストール。予想よりかなり寒く、ストールは重宝した。薄いカーディガンでは足りなくなり、上着を現地購入。
(2009年7月/8月 まめじろう193 様)
 

半袖のカットソー、ブラウス、夏の涼しげなロングスカート。現地の女性は、年齢に関係なくもっと露出度の高いものを着ていた。はたからみるとずいぶん厚着だなと思われただろう。
(2009年7月 肩昆布 様)
 
 

 


 
 
2008
 

夜のセーヌ川クルーズは大変寒くて、ババシャツとカイロで対応。それでも寒かったので、ウールのセータを持ってくるべきだったと後悔。
(2008年7月 いぬきちうめきち 様)

 

朝晩、寒かった。朝など10度を切った日もあったので、Gジャンが大活躍だった。ただし、昼間は気温があがる日もあり、半袖のブラウスにはおりものといった具合。地元の人は冬物のコートを着ている人もいた。
(2008年7月 た〜にゃ・じゅぼん 様)
 


 
 
2007
 
 

ひざ丈の携帯用レインコートと、傘は毎日 必携だった。
(2007年7月 bifdデイジー 様)

 


 
 
2006
 
 

 


 
 
 
 
 
2005
 

パリではカーディガンを羽織った。
2003年の猛暑のフランスを体験し、暑さ対策をしていきましたが、的外れだった。
(2005年7月/8月 ムラング抹茶 様)
 

普段スカートしかはかないので、現地でもほとんどスカートですごした。
冷え込んだので上着が必要だった。ニットを着ている人もいた。
(2005年7月 tobenai_buta 様)
 

猛暑かもと聞いていたが、最高気温23度前後で長袖が必要なくらい涼しくて、予想外だった。普段はちょっとおしゃれなスニーカーにパンツ、Tシャツなど。ちょっと改まる時は、長めのスカート、Tシャツ(またはタンクトップ)にジャケット、ミュール。
涼しかったので、長袖のジャケットが欲しかった。
(2005年7月/8月 ゆずぱせり 様)
 
 

綿のパンツ、長めの綿のスカート、ちょっと飾りのついたTシャツ。歩きやすいサンダル、革スニーカー。

長袖の薄手の羽織るもの。日よけにもなる。帽子とサングラス。たすきがけのバッグ。
ディナー用にワンピースを1枚。
かつて、ストッキングをはいているのは日本人、と聞いたが、今は(夏の場合だけ?)帽子をかぶっているのは日本人、と思った。
(2005年7月 Rodyあぷりこ 様)
 
 

夏の格好。これが大失敗。朝は13度の日も。現地では、昼も友人からもらったセーターなどを着た。暖かい服を持っていかなかったことを後悔。どんなにオシャレ?な夏服を持っていっても、現地で間に合わせに手に入れたセーターを毎日着ていては台無し。
(2005年7月/8月 ヒヨコとニワトリ 様)
 

ほとんど半袖。飛行機内の冷房が効き、行きは半袖で我慢した。帰りはカーディガンを手荷物にした。

持って行けばよかったのは、帽子付のパーカー。計画に追われ、なかなか服装までに心が向かなかった。
(2005年7月 erihati 様)
 

 


 
 
 
2004
 
 

 薄手のカーディガンは大活躍。滞在中、現地の人でロングコートを着てる人も居るくらい寒い日もあった

現地では、カジュアル過ぎず、決めすぎず、という程度。毎日パンツ。母もパンツのみ。スカートより足さばきが良かった。旋門凱旋門に上がった時、てっぺんでロングスカートの女性は、大変そう。
( 2004年7月 マドレーヌ母娘旅 様)
 

ジーンズ、山歩き靴。持っていけばよかったものは、杖
(2004年7月 pakanpekopeko 様)
 

大変気温変化が激しかった。タンクトップ一枚でも暑い、と思ったら、翌日は薄手のカーディガンじゃ足りないくらいに寒い。夏でもそこそこの生地の、ジャケット持参するといい。
(2004年7月 snow pig 様)
 

スニーカー、スボン、Tシャツ。
(2004年7月/8月 エスカダスフロマ 様)
 

ベージュの綿パン,替え用にグレイのパンツ(センタープレス入り)。ネック広めのカットソーを3枚。カットソー素材のカーディガン。

夫は、綿パン、半袖ポロシャツ、長袖ボタンダウンシャツ。

子供たちは、Tシャツ、ジーンズ。全員、着ていったものの他に、パンツ1枚、トップス2枚のみ。
高級レストランに行くわけではないので、これで十分。
( 2004年7月 それいゆ・ど・国分寺 様)
 
 

毎日肌寒く、長袖は必須。午後はノースリーブでちょうどよい。
(2004年7月 初マレ泊 様)
 

日中は、日本の夏と変わらないくらい暑く、半袖かノースリーブ。朝朝晩も、戸外では羽織るものは不要。日差しが強いので、強力な日焼け止めと帽子は必要。帽子をかぶっている人はあまりいなかった。
(2004年7月/8月 のりまき1000 様)
 

あまり目立たないように、黒の服を選んでいった。が、カラフルで露出の多い服を着て、アクセサリーも上手につけている人が多く、自分がみすぼらしく思えた。
思っていたより日差しがきつかった。傘をさしている人もいないので、帽子、サングラス、手袋は必須。
(2004年7月 mika sp様)
 

ジーンズ、半袖Tシャツ、スニーカー、帽子&サングラスなどのラフな服装。着ないときは小さくまとまるカーディガンも日焼け防止に。もっていけばよかったのはサンダル(涼しいと思ったので)。
(2004年7月 ぽんずガール 様)
 
 

キャミソール、半袖カットソー、カーディガン、麻のてろんとしたパンツ、サンダル、ミュール、サングラス。南仏メインだったからか、麻のパンツがバカンスな感じで、夏のこの時期にはすごく合っていた。現地の方も、似たような格好の人をよく見かけました。

ただ、このままパリに移動したら ちょっとラフすぎたので、パンツを変えた。ずっと晴れて暑かったので、カーディガンはほとんど着なかった。夜、肌寒い時やデパートなどの屋内で着た。
(2004年7月 ミッフィーうさこちゃん 様)
 

こげ茶のパンツ、またはチャコールグレーのロングスカート。
上は白系のノースリーブカットソー、ぺらぺらの素材の薄手パーカーを腰に巻いて、着たり脱いだりした。

買い物や食事用に、こげ茶のノースリーブのワンピースと、パンプスを持参。
知らないうちに後ろのすそ周りに何かソースのようなものをつけられてしまったらしく、(ビュッフェの朝食のときだと思う)現地の洗剤を買って洗ったら、洗剤が生地にあわず、さらに汚れてしまいました。ウールも洗える液体洗剤を持参すればよかった。

子供は、ポロシャツ、Tシャツ、短パン、靴下にスニーカー。水を首から下げ、リュックに菓子などを入れた。食事や買い物のときは、白のポロ、ベージュの短パン、白の靴下、黒の革靴にみえるビニール靴。
(2004年7月/8月 nailoblige様)


 
 
2003以前

長袖シャツor半そで+パンツ+革のスニーカー
(2003年7月 くみあげ豆腐 様)
 

服装 Tシャツ3枚、アンサンブル2枚、防水長袖1着、ロングスカート1着、ズボン2着、キュロット1、ショール1枚(タイシルクでしわになりにくく、きれいな色だったので、レストランの食事時には、おしゃれな羽織ものとして、寒いときには毛布代わり、キュロットでははいれない寺院ではロングスカートの替わりに大活躍。)
(2003年7月 茶色ぱたちゃ様)

 
日中は30度くらいあり、現地人は上はキャミソールや、水着!を着ていた。(地方)  パリも日中は暑くて、半袖で十分。夏は、上着はカーディガンでもあれば十分だと思う。
(魔女4姉妹 様 2002年)

 

パリ時期不明、全般
 
 
 

2009
 
 

 


 
 
2008
 
 

 


 
 
2005
 

天気予報で、旅のはじめは猛暑ということはわかっていた。タンクトップから薄手のコートまで用意。
これはエッフェル塔の点滅を見るため公園にいる時、着た。
毎日、汗とほこり。パンツ類、洗濯大変なので、もっともっていけばよかった。

ムーランルージュのためにドレス持参。が、ドリンクショーだったためか、やや軽い感じ。
ル・グラン・カフェでディナー、ちょっとおしゃれしていって正解。
(2005年7月 ななせのたつさん 様)
 
 

朝晩は本当に寒いので、長袖があって助かった。
パリの人々は、前日はノースリーブだったのに、次の日にはセーター、と服装がころころ変わってすごい。
(2005年7月 うめ小路 様)
 
 

Tシャツ(半袖)に七分袖ブラウス。下はパンツ。(雨が降ると寒かった。)晴れたり、曇ったり、突然雨が降ったりと変化が激しかった。サングラスと折畳み傘(晴雨兼用)は持っていってよかった。
(2005年7月 ベアトリックスピーター 様)
 


 
 
 
 
 
2004
 
 

 7月上旬だから夏服でいいだろうと思ったら、パリは寒かった。コート来ている人も多かった。一枚持参した長袖ジャケットを手放せなかった。きちんとしたジャケットだったので、店に入るにも気後れせず重宝した。
(2004年7月 しゃむひさこ 様)
 

Tシャツ+ジャケットやカーディガン。首に巻くのもお役立ち。
( 2004年7月 キッシュでゴー様)
 

Tシャツにカーディガン。うすら寒かった。
( 2004年7月 しゃるるdeごじゃる 様)
 
 

とにかくラフなもの。ブランド街に行く予定も、高級レストランに行く予定もなかったので、
寝巻きにもなるトレーナー地のパンツと薄手のカーゴパンツ。
生地が厚い物と薄い物を持っていって正解。朝早くでかけるときはやはり冷えるので トレーナー地が役に立ちました。
(2004年6月下旬/7月上旬 BALKO刑事 様)
 


 
 
 
 
2003
 

七分袖と三分袖の綿カットソー。半袖の綿ニット。薄手の七分袖ニットパーカー、長袖カーディガン。チノパン。膝丈スカート、ロングフレアスカート。ショール。

日中は暑くて、乾涸びそうでしたが、朝は寒かった。かさばらず、しわになりにくいパーカーは重宝。朝はパーカーを着てホテルを出、暑くなったら丸めて鞄に放り込めた。

ショールも、巾の広い物を持っていって正解。バスツアーの日、雨で寒かったのですが、膝掛けにしたり、毛布代わりにかぶって寝たり。前に年バスの中が酷く寒かった記憶があったので、邪魔になるかとも思いましたが、持って行きました。

もう少しカジュアルな服も持っていけば良かった。アメリカ人っぽい観光客が多くて、みんなTシャツに短パンやジーンズなので、見苦しくない程度を心掛けたつもりなのに、浮いてしまった。かといって彼等と同じカッコをするには抵抗があるし・・・。
(K家の嫁P子 様  2003年7月)

基本的にパンツスタイル。カジュアルになり過ぎないように、必ずジャケット。
(2003年7月 youchan 様)
 

ノースリーブシャツ・サブリナパンツ・薄手のカーディガン、
底がフラットで少し厚めのサンダル。暑いので、シューズを履いている人はあまりいませんでした。帽子は持っていって良かった。
(2003年7月 ハッピー黒猫セナ 様)
 

朝は長袖でも寒い。昼のセーヌ川下りの船は、まるで”温室”で、一人で一時間でエビアンを500ml飲んでしまいそうなほど。
(2003年7月 E.鶴.様)

スニーカー、サンダル、Gパン、パンツ、Tシャツ、タンクトップ、半袖カーディガン。 鞄は小さめのショルダーバッグ(黒)  7月はバーゲンなので、あとは現地調達しました。日本よりも無茶苦茶 安い!
(2003年7月 ひぐち 0105 様)
 
 

ツインのニット、ノースリーブのワンピース、ズボンなど。
出発前の天気予報でロンドンの気温が最高23度、パリ30度などと表示されていたので、最後の最後まで持ってゆく服がきまらず、あれもこれもと詰め込んだ。秋に出かけるときよりもトランクが重くなってしまった。

ロンドンも23度どころか、連日30度を越す暑さだったため、長袖のカーディガンなどは用無しでした。持っていってよかったものは扇子。劇場も思ったより冷房が効かないので。
(2003年 7月 ずっくんちゃーこ様)
 

とても暑かったので、
半そでシャツ、Tシャツ、スカート、ジーパン
オペラ座用にワンピース、ジャケット。アクセサリーを忘れたので持って行けば良かった。
(2003年7月 snoopy ぽんぽん 様)
 

薄手のジャケット。バスや機内、屋外で利用。
小さめの晴雨兼用日傘、ワンピース)シワになりにくい綿素材のふわぁとした服)  ノースリーブのシャツ、帽子、スニーカー。
(20037月 chantecler 様)
 
 

半そで3枚、スカート、ズボン各1。オペラ座のためにジャケット 。飛行機のために、七分袖のハイネック1枚。カシミアのカーディガン1枚 
(2003年7月 toko tom様)
 

貧乏くさい観光客風。下はカーゴパンツ、上はTシャツ系。サンダル。帽子、サングラス、軽くはおれる服、軽量折畳み傘、オペラグラスも持っていてよかった。
(いぬワン 様 2003年7月)
 

Tシャツまたはタンクトップとパンツ。上に羽織るカーディガン。日焼け止めが合わなかったのか、旅の途中で胸元がただれてしまいました。Tシャツはすべて胸元が広く開いたものを持っていったので、困りました。現地でチャイナカラーのカットソーを探して難を乗り切りましたが、探すのに結構苦労(現地の方が露出度の高い服が多い)。
(2003年7月 とっとこれいこ様)
 

カジュアルな服装。歩きやすいスニーカーか、サンダル。夏でも朝夕は冷えるので羽織るもの。
(2003年7月 プロバンス鉄道。様)

 


 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 7月下旬