トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 7月上旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 7月上旬
  
9 Jul.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。

2007年は前半 極寒で毛皮のコートが要る状態。後半は猛暑。

2005年も6月〜7月上旬が猛暑で 7月にはいってすこし落ち着いた時期もあった。
2004年はまた猛暑といわれたが 一部冷え込みが。
2003年は死者がでるほどの猛暑。


 
 
 
 
 

パリ上旬
 
 

2009
 

夜の室内着は、なにかあったらすぐに出ていけるように、ちょっとかわいいものにした。赤のチュニックに黒のレギンス。おかげで、ホテルの綺麗な部屋で素敵な気分で過ごせたのが大きかった。
(2009年7月初旬 ちゅみ816 様)
 
 
 

Tシャツ、薄手のカーディガン、ストール、カットソースカート。暑ければ調節できる。夜、コンサートやツアーに出かけるときは一度ホテルに帰って黒のシンプルなワンピースに着替えた。黒のローヒールパンプス、トングサンダル。
夕方、雨が降りとても寒くなった日があった。まさか使わないだろうと思いつつ持っていった、ウールのカーディガンが活躍した。なかったら本当に困ったと思う。
(2009年7月  夏人てっこ 様)
 
 
 
 

貴重品を隠せるように、ブラウスのチュニックをずっと着ていた。が、パリにいる人たちはタンクトップやTシャツが多かったので、そういう格好にすればよかった。
(2009年7月 原っぱのべごっこ 様)
 
 
 
 

7月初めなので、暑いと思っていたが、かなり涼しく、下はパンツ、上は七分のカーデガンでよかった。
夜は薄い夏用ストールを巻くことも。
半袖も着たが、やや涼しく感じた。
(2009年7月 生け花ローズ 様)


 
 
2008
 
 

 昼間は七分袖のジャケット、夜は長袖、薄手の上着が必要。夏場でも夜にエッフェル塔に登る際はそうとう寒い。知っている人は防寒着を持って来ていた。行列がすごいので、吹きっさらしの塔の上で寒風に耐えながら待つ。
(2008年6月/7月 イシころコロころ 様)
 
 

長袖にジーンズ、帽子。長袖の薄手と厚手を両方持っていったのがよかった。急激に冷えたり、暑くなったりする。両方を使い分け。
(2008年7月 もちもちパン 様)
 

上着とストールは持っていって良かった。全行程通じて殆ど寒かったので、夏服では足りず、上着かストールが手放せなかった。晴れ間に暑くなったときも、脱ぎ着できて重宝した。
(2008年7月上旬/中旬 キャラメルブリオッシュ 様)
 
 

以前、6月下旬に行った際は、夏のようでとても暑かった。今回もそのつもりで用意して行ったら、思いのほか寒く、ストッキングや靴下を持っていけばよかった。夏用の格好で冷房よけの長袖はいくつかあったが、足元はサンダルのつもりでストッキングは持って行っていなかった。
(2008年7月 白いミモザ 様)
 


 
 
2007

かなり寒かったので、パーカーをパリでも毎日着た。
(2007年7月 kitori-na-777 様)
 
 
 

寒かった。日本の居住地の、秋口のような気候。1日に天候がめまぐるしく変わり、とても不思議な気分だった。掲示板で寒いとの情報を事前にチェックしていたが、思っていた以上だった。ジャケットは夏物2着だったけど、大活躍。手放せなかった。

Tシャツ類はほとんど活躍の場がなかった。インナーに使ったぐらい。

観光の日は綺麗なジーンズ。地下鉄の椅子や公園のベンチ、綺麗そうに見えて、いまひとつ汚い。汚れを気にせずどこでも座れて、気楽だった。公園の芝生とか天気がいいと寝ころがったりできた。
(2007年7月 水玉模様01020205 様)
 
 
 

セーター。カイロも貼った。そして、可能なかぎりの厚着をしていた。あまりにも寒くてギブアップし、レインコート兼、防寒ジャケットを買ったほど。まさか7月にブーツや裏地付きのコートジャケットが必要だとはピンとこなかった。2日遅れでやってくる家族には、半袖は1枚もいらない、革ジャケットと首に巻くスカーフと傘を持ってくるように言った。毎日、雨だし、ヒョウまで降った。
(2007年7月 gigicocco 様)
 
 

12日まではとても寒かったので、半袖、長袖のジャケット。下はズボンかスカート。折り畳み傘がとても役に立った。
(2007年7月初旬/中旬 snoopyぽんぽん 様)
 
 

現地では半袖とカーディガン、上着。前回同時期に行ったことがあるが、2007年は大変寒かった。セーヌ川クルーズも外は寒いので秋物でもよかったと思う。その後ヨーロッパ大熱波になったので考えられない話だ。
(2007年7月 ぼちぼちなたまめ 様)
 
 

 


 
 
2005
 

基本的にカジュアル。ジーンズ、スカート、ジャケット。スニーカ、ぺたんこパンプス。レストランにいったときだけ、きれいなきらきらミュール。防寒着があればよかった。前半の3日間は、秋冬の気候で、やたらに寒くてびっくりした。
(2005年7月 lynxcat 様)
 

行く一週間前は30度を超える暑さだった。行った時一気に10度下がった。体調を崩してしまい、熱や、乾燥による肌荒れなど大変だった。

行く前は30度前後との報道だったので、半袖・ノースリーブを持って行ったが、一度も出さず。長袖Tシャツ、ニットカーディガン、パーカー(暑がりの人は半袖だった)。現地の人はタンクトップもいればトレンチコート、マフラーをしてる人まで。

脱ぎ着できる服は絶対絶対必要。荷物になっても「無いよりはいい」
(2005年6月/7月 晴れ男の妻まい 様)
 
 
 

出発前に天気予報を見たら、晴れで20度以上。厚手のコットンセーターを荷物に入れていた連れを説き伏せて荷物を減らさせた。が、連れの滞在中はずっと寒かった。晴れれば暖かいが、曇ると急に寒くなる。

毎日にわか雨に降られ、長袖はジャケットとシャツ一枚しかなかった連れはパリに着いてすぐにニットのカーディガンを買いました。私はリネンの長袖シャツとパンツ。リネンのニットカーディガンを持っていたのでなんとかしのげた。連れの帰国後、急にパリは真夏日に。そういえば去年も同じ日程でパリに滞在し、初めの一週間がとんでもなく寒かった。

現地ではダウンやウールのコートを着ている人さえいた。7月と言えども、気温に波があるので、とにかく暑くても羽織るものは必携。

100円の折り畳み傘が活躍。現地の人もしっかりさして歩いていた。または合羽のようなものを着てフードをかぶっていた。毎日降ったので、いつも持ち歩いた。
(2005年7月  135こあら様)
 
 

 朝は寒く、午後は暑かった。半袖か七分袖のカットソー、カーディガン。一日の中での気温差が大きいのでカーディガンなどの脱ぎ着が簡単な上着があれば、便利。

曇ったり小雨がふったりと天気も変わりやすい。ウィンドブレーカーのように少々の雨風を防ぐものは、必須。現地の人も、天気の悪い日はウィンドブレーカーっぽいのを着ている人が多かった。
(2005年7月 ショコラ姫 様)
 
 

夏服と羽織るもので十分であったが、現地の人は、コート、半袖 さまざま。ロンドンは、服装に気をつけていない様子、パリはカジュアルな服装でもおしゃれである。
(2005年7月 横浜のアジル 様)
 
 

前半は曇り。アンサンブルの半袖だけ着て、上着は肩にかけた。後半は、晴れてとても暑く、Tシャツ。
パンツか七分丈パンツ。靴は疲れないようにランニングシューズ。

持っていって良かったものは、スリムウォーク。ランニングシューズでもやはり足が疲る。夜にスリムウォークを履いて寝たら、翌朝足の調子が治っている気がした。
(2005年6月/7月 はたのとしげっち 様)
 
 

 到着日と翌日こそ暑かったものの、あとはほとんど初冬のような寒さ。長袖は薄手の物しかなかったため、重ね着をして凌いだ。日により、かなり温度差があることは予想していたが、予想以上。
(2005年7月 元・ハワイの住民 様)
 

薄手の長袖のカットソー、薄手のカーディガン、薄手の皺加工の長袖シャツ、キャミソール。綿のロングスカート、柄スカート、ジーンズ、ノースリーブのワンピース。歩きやすいCamuiの靴。帽子。

友人は、ミニスカート、長袖Tシャツ、カーディガン、ポロシャツ型ワンピース、ノースリーブ、Tシャツ。足元はスニーカかミュール。捨ててきてもよいだそうで、実際最後にいくつか捨てていた。

初日の空港到着時(朝8時)は肌寒く、ジャケットを着た。セール期間中なので、足りないときは現地調達を予定した。私はTシャツとキャミソールを購入し、友人はジーンズとスカートを購入。

サングラスは持っていったが、周りと違う「あまりの似合わなさ」に恥ずかしくてできなかった。

滞在中は連日30度くらいの暑さだった。紫外線アレルギーなので、日焼け止めを塗って外出していたが、日本でできたことがないくらいのひどい湿疹ができて痒くてつらかった。

紫外線は日本の比にならないくらい強い。

暑さと乾燥とで、異様に喉が渇きます。リプトンの炭酸入りアイスティーがとても美味しく感じた。
(2005年7月 小石川のお松と竹子 様)
 


 
 
 
 
2004
 
 
 

コットンパンツにTシャツ、またはノースリーブ。その上に春夏もののジャケット。靴はレザーのウォーキングシューズ。
昼と夜で気温がかなり違ったので、ジャケットを持っていってよかった。とくに夜のセーヌクルーズはかなり寒かった。ジャケットは、ちょっと高級な店に入るときも、はおりました。スカートとブラウスのセットと、黒のサンダルも持参。夕食やバレエにはおしゃれした。
(2004年6月/7月 サザナミ・ラ・メール 様)
 

Gジャン、半袖Tシャッツ、Gパン。足元はスニーカー。スカートやサンダルも持参したが、なにしろ寒くてトイレばかり。1日で断念。それからは靴下はいてスニーカーで通しました。

折りたたみ傘は必需品! ぬけるような青空が急に曇って土砂降り、というのが1日に何回もありました。こんなに変りやすい天気は、人生初めて。
(2004年7月 シャルル・ド・ririco 様)
 

Tシャツやキャミソールにジーンズ。とにかく暑い。日本とかわらないのでは。日射しの強さが相当きつかった。

靴はスニーカーとサンダルを持参したが、兄はずっとサンダルを履いていた。観光客もサンダルの人が多かったが、歩き回って一日で相当足が汚れるので、個人的にはスニーカーをおすすめ。
(2004年7月 らこすけ 様)
 

南仏は暖かかったが、パリに入るとみんな長袖でした。
(2004年7月 いつまでもたらちゃん 様)
 

初旬は予想以上に気温が低く、持参した夏服では寒かった。街中でも、革コートを着ている人も多かった。プランタン内バーバリーのソルドで、厚めのGジャンを見つけ、購入140ユーロ。殆ど毎日着ていました。7/14からやっと夏らしくなったそれでも27度くらい。
(2004年7月 黒和三あまんど 様)
 
 

出発前の天気予報では、最低気温15度ぐらい、最高気温27度ぐらいだったが、最高気温はもっと高く30度くらいあるのでは?と感じた。

カジュアルなおしゃれっぽいベージュのパンツ+薄いベージュの長袖ジャケット。インナーとして、きれいな色のノースリーブのニット、カットソー各1、白の半袖ニット1枚、キャミソール(単独で着てスカーフを巻いたり、寒めの日はニット等の下に着たり)3枚。ふらつーを見て、「友達とランチに行くくらいの服装」を心がけた。

もう少しおしゃれしたいとき用に、しわにならないノースリーブのワンピース1枚、白の半袖カーディガン1枚、白の七分袖ジャケット1枚。

小物は、スカーフ3枚、夏用ショール1枚、高価でない大ぶりアクセサリー数点。
パリではこれで正解だった。

靴は、革の黒色ウォーキングシューズ、きれい目だけど歩きやすいサンダル、
機内履きと部屋履きを兼ねて、ぺたんこサンダル。
(2004年6月/7月 chatnoirとろ 様)
 
 

ジャケットもしくはカーディガンをはおって。危うく持たずに行くところだったが持っていて良かった。今回はとても寒かった。周りのフランス人は、コートやセーターを着ていた。さらに薄手のコートを持っていけば良かった
(2004年7月 ヒヤシンス通りの載っていない地図は買わないよ 様)
 

カットソー、薄いカーディガン、パンツ(ジーンズ、カプリパンツ、チノパンなど)、革のカジュアルなローファー、靴から見えない靴下、サングラス。
寒い日はジャケット(厚めのもの、薄めのもの)をプラス。

前半の気候は、うす曇、雨多し 最高気温20度前後。寒く、日本の桜の咲く前の時期に着ていたジャケットが活躍。現地でも、革ジャケットやトレンチコートなど着ている人が目立った。

後半は晴天、夕立多し 最高気温25〜28度前後。朝雲ひとつ無い晴天でも、午後みるみるうちに雨雲が。ざーっと夕立に降られることが毎日のようにあった。軽くてコンパクトな折りたたみ傘は必携。日差しが強いが、朝晩と日陰は肌寒いことも。
(2004年7月 さぼてんの華 様)


 
 
2003
 
 
 

ノースリーブ、Gパン、カーディガン、ワンピース、帽子、サングラス。ものすごく暑かったので、額と背中にヒエピタを貼って歩きました。楽でお勧め。クールのバブ、汗が引いてすぐに洋服を着られました。足にはシップです。次の日が違います。
(2003年7月初旬 naorintama 様)
 

とにかく猛暑で暑かった。もちろん日本と違って乾燥しています、でも暑かった!
まさかパリで熱帯夜を経験するとは思わなかった。(アパルトマンに冷房は付いていなかった)
(2003年7月  しまりすとあらいぐま 様)
 

異常に暑かったので服装は参考にならないかも。夜、ノースリーブでいても暑かった。
(2003年7月 しまりすとあらいぐま 様)
 


 
 
2002
 

思いのほかパリが寒かった。天気が悪かったせいもあるが、長袖に上着。
(栗原多紀様 2002年)
 
 

パリでは少し肌寒かったが、その時役立ったのが前がファスナーになった、黒のニット。寒いときはファスナーを閉め、少 し暑くなってきたらカーディガンに、ということが出来て便利。
(2002年 erikawa7様)
 


 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 7月上旬