トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 5月中旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 5月中旬
  
 5 May 2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


 
 
 
 
 

パリ中旬
 
 

2009
 
 

ジャケットを一枚持っていたが、殆ど着る機会がなかった。
もっと半袖を持っていくべきだった。
(2009年5月中旬/下旬 パテ* 様)
 
 

とにかく寒かった。ありえない寒さ。まさかと思ったが、セーターを2枚持参してよかった。
重ね着ができるようにコーディネイトして行ったが、コーディネイトどころではなかった。最後2日間は夏のような天気で、タンクトップの若者もいた。
(2009年5月 チーズマニア 様)
 


 
 
2008
 

 天候による寒暖の差があり、街行く人々の服装もさまざま。
カジュアルでも、地方にいる時よりきちんとした感じを心がけた。最終日は雨で急に寒くなり、ショート丈綿コートが活躍。外は暑くても、美術館内などはそうとう空調が効いている。羽織るものは必須。
(2008年5月中旬/下旬 とりcacao 様)
 


 
 
 
 
2007

6日間のうち、1日のみ雨。あとは暑いくらい。長袖でも大丈夫だったが、半袖やノースリーブの人もいた。
厚手の上着と薄手の上着で十分。
(2007年5月 toshimari 様)

 


 
 
 
 
2006
 

 
4月に着ていたトレンチコートを持参。連日天気が良かったので、暑くて着なかった。しかし雨など少し気温が下がったならば、ちょうどよかった。薄手のジャケット、カーディガン、キャミソール、もしくは半袖。
(2006年5月 うっかりマンゴー 様)
 

夏用の薄手のジーンズ、麻のパンツ、少し厚めのチノパン。色はどれも薄め。綿麻ジャケット、綿ジャケット(どちらも裏地アリ)下はTシャツやカットソー。半袖、長袖。
靴はスニーカー、ドライビングシューズ、バックベルトでオープントウのサンダル。ジョーゼットのスカーフ。
サングラス。晴天の日はなかったので、殆ど使わなかった。

ジャケット2枚ではなく、1枚はカーディガンにすればよかった。日中暑くて脱いだとき、ジャケットはかさばって邪魔だった。
(2006年5月 lts3204 様)


 
 
 
 
2005以前
 
 
 
 

晴れていても、空気が冷たかった。Tシャツ、薄手のカーデ(ウール)、中綿入りコート、マフラーも時にはした。暑いかな?と思ったけれどコートを持っていって良かった。
(2005年5月 まさまさコンビ 様)
 

 トレンチコートにライナー、下はTシャツ、ちょうど良かった。

靴はクッションのいいウエッジシューズ。2度引っくり返った!! 道路標示ばかりを見ていて足元を見ていなかったことと、元々ドジな私は石畳はズック靴でないと駄目、と認識する。花のシャンゼリゼでひっくり返ったのは私くらいのもんだろう。
(2005年5月 ms_aco 様)
 

朝夕は寒く、冬物のコートがあればよかった。昼間はTシャツで可。
(2005年5月 ベッキー・レベッカ 様)
 
 

予想外に天気が良すぎて、暑かった。寒かったり、雨降りに比べたら天気に恵まれてとっても良かったのだけれど、寒いだろうと思っていたもので半袖の服をあまり持っていかなかった。

本当に天気というのは、行ってみなくてはわからないもの。天気予報をチェックしていたのですが、私たちが行った週は気温が高く、フランスの真夏のよう(日本のように蒸し暑くはないのだけれど)で日差しも強く、マロニエの木陰がありがたかった。
 
5月から夏の季節は、ナイロンのジャケット(雨よけ、防寒) 長袖シャツかブラウス、カーデガン、半袖Tシャツなど一通り必要ですね。2001年の7月パリ祭の頃は、雨降りで長袖シャツ一枚ではとっても寒く薄手のジャケットがこいしかったのに…
(ふ・Ra・らの休日様 2002年)
 


 
 
 
 
 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 5月中旬