トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 4月下旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 4月下旬
  
 27 Feb.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


4月の場合、現地で購入しようと思っても、多くの店は春夏ものになっているから、難しい
防寒ものは日本から持参したほうがいい。
(2006年4月 osacomjp 様)

 
 
 
 
 

パリ下旬
 
 

2009

 カットソー3着しか持っていかなかったから洗濯が大変で、現地で1着調達。でも持っていけばいいかというと、現地調達も楽しみのうち。
(2009年4月 能天気なりんごりん 様)
 
 

ショート丈のトレンチ・コート、薄手のマフラー、カーディガンで温度変化に対応した。
日本より寒く、毎日雨だったので、トレンチ・コートを持参して正解だった。
(2009年4月  こぐま生大福 様)
 


 
 
 
2008
 
 

薄手のスプリングコートを着たが、雨のときは寒かったとはいえ、日が照れば暑い。次回、この時期に行くならば、調節がしやすいパターンを考える。
(2008年4月 くまの珍道中 様)
 

持っていけばよかったのはジーンズ。フランスの人もみんなジーンズを履いていた。
少しお洒落にしていればジーンズでもかまわない。
(2008年4月 くーちゃん 0527 様)
 

晴れの日はとても暖かいが、天気が崩れると一気に寒くなる。手袋を持っていけば良かった。
(2008年4月  中堅業務職カツヲ 様)
 

寒いと思い、春物+冬物を少し持って行ったが暑くて、全く着なかった。
(2008年4月 naraゆみりん 様)
 

携帯型のヤッケが便利だった。気温調整にも使えるし、急に雨が降ったときも便利だった。
(2008年4月 干支ワール広場の門 様)
 

現地に住む友人から「4月初めに雪が降った」「朝晩はまだ寒い」などと聞いていたので、セーターを持参したが、着たのは最初の1、2日のみ。ほとんど必要なかった。「コートの中は半袖」という状態がちょうどよかった
(2008年4月/5月 アルザスのクグロフ 様)
 


 
 
 
 
2007
 
 

朝晩は気温が下がる。トレンチコート、薄いストール(春用)は必要。昼間はかなり暑くなるので、半袖、七分袖でも大丈夫なくらい。
長袖でも薄手のカーディガン。
(2007年4月 生け花ローズ 様)



 
時期不明

朝夕は麻のジャケットや薄い生地のスプリングコートを羽織った。
連日抜けるような青空の27度で、老いも若きもキャミソール姿やタンクトップ、Tシャツなので驚いた。
マダムと称される人々もノースリーブのワンピース。
(2007年4月 エゴノキ&ハナミズキ 様)
 


 
 
 
2006
 
 
 

 


 
 
 
 
2005
 
 

 ジーパン、Tシャツ、コート(寒いときのみ)
(2005年4月/5月 奈良のきぬざぶ 様)
 

ジーンズにシャツ、トレーナー
(2005年4月 コンクリート・ジャングル 様)
 

寒いということだったので、日本ではもういらなかった革ジャンをきていく。最初4日ほど使用。しかし、突然暑くなり、帰る前数日は30度くらい。あまりの変わりようにびっくりした。
(2005年4月/5月 うめしば46 様)
 

観光は、黒の長袖Tシャツ、黒のズボン(ポケットが両サイドにあり重宝)。手のひらサイズの小さな小さなバッグをショルダー。財布は太い鎖で直接ベルト穴につないでガード。腹巻型の貴重品入れをズボンの下に巻いた。

軽くて薄い、ロング丈プリングコート。華やかな色のスカーフを巻いた。帽子は被らず。

小さなリュックに、傘、簡単な食料、地図。足元は、カラフルな色のスニーカー。スカーフと色味をあわせた。

ヒールのサンダル、スリップドレス、ハンドバッグ、ショール、キラキラの装飾品持参。これを着ているとあちこちで対応が違った。オペラやちょっといい店、ホテルで、マダム気分を充分に堪能できた。ドレスは薄くて軽くてしわにならず、まるめてハンドバッグに入るサイズ。このドレスをウィーンの蚤の市と、今回パリの蚤の市で新しく一枚仕入れた。どちらも5ユーロずつ。たとえ汚れても破れても惜しくない、黒でシックなドレス。
(2005年4月/5月 つつきと一緒 様)
 

事前にパリの天気予報で気温をチェックしていたが、予報より暑かった。Gジャン、ズボン、Tシャツを基本に、カーディガンで調節。ウールも一応持って行きましたがいりませんでした。
重宝したのはパリジャンも好んで着ている、薄手の透けるタイプのブラウス。
(2005年4月 tango19 様)

寒気が去り、天気が回復して暖かくなってきた頃。半袖シャツ、薄いカーディガン、厚めのジャケットコート。
雨の少し寒い朝にはストールを巻いた。
( 2005年4月 ニコせ・じょり 様)
 

出発前、パリの友人に「フランスはまだ寒いよ」と聞いていたので、日本の3月くらいの服装(長袖Tシャツの上にセーター、春物コート)を中心に持っていった。が、到着日からかなり暖かくなって、結局セーターはほとんど着ず、コートはスーツケースにしまったまま。現地で半袖Tシャツを買った。

日焼け止めを持っていかなかったのを後悔。顔と首がかなり焼けてしまった。
(2005年4月/5月  冬のサーカス 様)
 
 

タンクトップ、長袖シャツ、足首までのズボン下、ハイソックス、タートルネックセーター、ウールアンサンブル、パンツ、スプリングコート、帽子、手袋、スカーフ、ストール、カイロ。
(2005年4月 風見鶏ママ 様)
 
 

ジーンズに重ね着。特に不便は感じませんでした。
(2005年4月 betipa 様)
 

 ちょっとおしゃれなカットソー、コーデュロイのパンツ。防寒とおしゃれをかねてストール。下はパンツ。

とにかく寒かった。現地はみんなダウンコート。ほぼ真っ黒な服装が多かった。そういった意味で服装は失敗。もっていってよかったのは手袋。やはり露出しているところから寒くなるので、手袋だけでも体感温度がちがった。
(2005年4月 ジャックとサリー 様)
 

ジーンズ、Tシャツ、長そでシャツ、春夏ジャケット。プラス、レインコートにもなる単のコート(寒い日は重宝)、コットンのセーター。
あるといいのは、ルームシューズ。くつろぐのに必要。
(2005年4月/5月 labandite様)
 

ライナーがはずせれるコート、パンツ、スカート(2枚)、カシュクール、ニット、Tシャツ、キャミソール、スニカー、ハイヒール、中ヒールの靴。
(2005年4月/5月 ももいろ真珠 様)
 

スプリングコート、マウンテンジャケット。セーター、カットソー、Tシャツ数枚。寒い時に備えて使い捨てカイロ・タイツ・薄手のマフラー。カイロは不要だった。ストラスブールの夜は寒くて、セーターを着た。ほかは暖かくて不要。パリでは昼間は暑かった。

ローファーとスニーカー。特別な外出計画は無かったので、おしゃれ着は持っていかなかった。小雨用にマウンテンジャケットを持参したが、地元の人も観光客もそれなりにおしゃれをしているので、マウンテンジャケットはちょっとやぼったかった。確かに機能性も大切だが、訪れる国の雰囲気によってデザイン性も考慮することが必要。

シンプルな服に大ぶりのアクセサリーをつけていたり、たくさん重ねづけしていた人が目立った。
アクセサリーでメリハリをつける人は、普段日本でつけているアクセサリーの倍くらい身に付けてもいい。

今までは、ついつい機能性を重視してしまい、おしゃれは二の次だった。今回の旅行で、おしゃれをして旅行をすれば、更に楽しい気分になるということも学んだ。
(2005年4月/5月 イリオモテ山猫PARTII 様)
 
 

前半 ダマールの3番シャツ、薄手のセーター、薄手のジャケット、寒いときはストール
後半 長袖のTシャツ、ジャケット

持って行ってよかったものは、ダマールの薄い3番の保温シャツ、ストール。かさばらず、セーターやジャケットが薄手の(出発時の日本で丁度いいもの)ものでもこれがあるとかなり寒かったMSMでもちょうどよくなった。
(2005年4月 さくらとじゅんこ 様)
 
 

コットン素材の黒いハーフコート、ジーンズ、カットソー重ね着、首にはスカーフ、靴はカンペールのスニーカー
(2005年4月 チンタハナクナ 様)

ジーンズ、スプリングコート。
一日中歩きまわったので、足の裏が痛くなる。ジェル状の足裏パッドがあると、クッションになって、疲れません。薬局で買いました。
( 2005年3月/4月 まこぴこ 様)


時期不明

4月なのに寒かった。もっとカイロをもっていけばよかった。ショール(スカーフ)でだいぶしのげた。
(2005年4月 たれぱんだ 様)


 
 
 
 
 
 
 
2004以前
 

スプリングコートとパシュミナを手提げ袋に仕込んで正解。この2つで寒さ対策&小雨対策ができました。コートも薄いものは荷物にならなかった。
(2004年4月 タルトット マロン 様)
 

冬物のコートの人、半袖の人が共存。なんかおもしろかった。
寒がりのわたしは、上はGジャンまたは革のジャケットでもちょうど良いくらい。現地女性はパシュミナみたいな薄手のマフラーで調整している人が多かった。わたしも持っていけばよかった。

ちなみにGジャン、パンツ、スニーカー、斜め掛けバックは学生さんの格好と思われているのか、何度も「まどもわぜる」呼ばわり。ちなみに当方30歳台で、日本では年相応に見られます。
(2004年4月/5月 mosu_hautbois様)
 


カジュアルパンツ、トレンチコート、ローファー。パリ市内で一番みかける地元の方は、この服装です。
(2003年4月 onedari_tama様)
 

雨にぶつかってしまいました。ばか陽気の南仏から行ったので、どんより厚い雲にちょっとがっかり。そして、寒かった。長袖の シャツ×2にナイロンのやっけみたいなの着てもまだ寒い、というかんじ。雨はどうしようもないけれど、この時期は降りがちらしいです。
(okayan様)

タートルネックのセーター:天気は良くても、とにかく風が冷たかった。これが 無かったら風邪をひいていたでしょう。
(2002年 いもっち@千葉様)

薄手のセーター(ホントに薄い)の上に皮ジャケット着ていたのですが、すご〜 く寒かった。特に首とか手とか寒かった。スカーフあるだけでだいぶ違う。雨にかなりたたられたので皮ジャケは失敗だった。(そんなに着る機会ないと思ってたので)
(2002年 フッシーズ・ヘイヘイ様)
 

思ったよりも朝晩が寒かった。薄手のコートを持っていけばよかった。
(2002年 まりりんka2様)
 

タートルネックのセーター。天気は良くても、とにかく風が冷たかった。これが 無かったら風邪をひいていたでしょう。
(2002年 いもっち@千葉様)
 

去年同時期に行った時雨が多く寒かったので、そのつもりでいたら暑かった・・・半袖を持って行けば良かった。
(オッチーkb3様 2002年)
 

そんなに寒くないと思ってニットやコートなど厚めの物をほとんど持っていかなかったら、風が強く気温も低く、雨降りも多かった。ダウンジャケットを持ってこなかったのを最後まで悔やんだ。(ダウンはかさばると思ったけど、圧縮袋を使えばかさばらなかった・・・)

傘を持っていったが風が強かったので、カッパも持っていくといいかも。
(fromtaki様 2002年GW)


時期不明
買い物の時は、綿のストレッチ入り 黒やベージュのパンツ、
スカイブルーやクロや赤の七部袖の綿ニット、黒・オフオフホワイトのジャケット、少しヒールのあるショートブーツ。

観光の時は、上の服をラフにして、上着無しで薄手のパーカー。
鞄をたすきがけにしていたので、綿ニットが擦れて、毛玉だらけになった。たすきがけするなら、ニットは要注意。
(2004年4月 わらびもちさっしー様)
 
 

暑かったので、春コートはほとんど使用せず、カーディガン、Tシャツや半そでカットソー、ゴムの黒い長いスカート、黒デニム風パンツ。レストラン用の上下のセットアップ(しわになりにくいもの)

足元は、きちんとした靴を一足(中敷などで補強)、散策用(ハッシュパピーのグレーっぽい水色。合わせやすい)が一足。
( 2004年4月 能天気なりんごりん 様)
 

黒のスプリングコート、シャツ、薄手カーディ、パンツ、ショートブーツ 遠足用にゴツくないスニーカー) ほぼ関東と同じぐらいで、読みが外れなくて、助かった。
(2004年4月 うーもとい う 様)
 

パンツにカットソー+ニットカーディガン+デニムジャケット。
ストール、サングラスも必須。曇りがちな日はウールのショートコート。

日差しの有無で体感温度が10度くらい変わる。もっとまじめに天気予報をチェックすればよかった。

持って行ってよかったものは、ウールコートとストールとニットカーディガン。ただし、天気を読まないとこれだと暑すぎるし、逆に薄着をした日に限って、雨が降って震えるほど寒かった。
(2004年4月 がーべらテトラ 様)
 

予想外に寒かった。日本と10度は違う。半袖セーター+長袖カーディガンのツインをもっていくと便利。雨がよく降る。傘は必須。
(2004年4月 アニック・グタール 様)
 

天気が変わりやすく、フードつきのコートは重宝。多少の雨はコートのカプションを被って対応。ラコステの綿のプルオーバーも活躍。暑いと思ったり寒かったり、とにかく気候の変動に対応できる服装を準備したほうがいい時期。

アンダーウェアとかソックスは、乾燥した気候をいいことに二日同じものを身につけていました。でも全然平気でした。洗濯するのも億劫だったので。
(2004年4月 けるかんおじゃぽん 様)
 

 すぐに脱げるよう、ウールのカーディガンを必ず着ていました。
朝晩は急激に冷えるので、その上に春用コート(裏地なし)。
バッグの中には必ずストール、手袋、連れ用マフラーを入れていました。

現地の人は同じ格好をしている人が多かったものの、よく見ると千差万別で、冬用コートや皮ジャンの人もいれば、ランニングシャツの人もいる。何を着ていてもおかしくない季節なのだと実感。

特に寒かったのはエッフェル塔。上の方でエレベーターを待つ間、強風にあおられるのでストールは役立ちました。
(2004年4月 スギモトケのミケ 様)
 

セーターにジャケット。朝晩が寒い。
(2004年4月 kei77 様)
 

カジュアル。思っていたより寒く、カイロがかなり役立った。
( 2004年4月 ぱんぱんだ様)

カジュアル。 ドレスコードのあるレストランには行かなかったので、ジーンズで十分でした。4月で、日が差せば暖かい日もありましたが、まだ寒い日もあった。マフラー、手袋持参で良かった。
(2004年4月 ノエルママ様)
 

実際の気温より寒く感じたので ストール、手袋が役立った。
(2004年4月 バラールD 様)
 

4月初めでしたが、あられが降りました。使い捨てカイロと傘を持ち歩いてよかった。パリの街中で白のコートを着ている人はいませんでした。黒かダーク系の皮コートです。ジーパンを着ている人も観光客以外はいませんでした。

一人旅だったので、街に溶け込むためにスカーフと黒のパンツを持っていって良かった。
(2004年4月 清華子 様)

前の週にパリの友達が「とても暖かい」と言っていたが、出発の3日前くらいからまた寒さがぶり返した。持参した薄手のコートでは寒く、ZARAに飛び込み、安いニットコートを買った。4月と言えども、暖・寒の両方の支度をして行かねば、と肝に銘じました。

基本的には綿パンに薄手のコートのカジュアル系な格好。でも一応 履き慣れた革靴。スニーカーでは入り難いところもある。
(2003年4月 kassy.japon 様)
 

ジーンズ、Tシャツ。ただし、きれいめのものを選んでいった。パリのSaintJamesで買った長袖Tシャツをよく着た。
(アンドレ氏と6円オカキ 様2002年4月)
 

予想以上に寒かった。手袋があればと。湿布類があると、翌日に足の疲れが残らないのでいいかも。石畳が予想以上に足に きます。
(ぽち様)

予想より寒かったので、春用の薄手のセーターより冬用のものの出番が多かったです。 
(YUYU様)

マフラーと手袋。 現地の人はウールのコートを着るほど寒かったのですけど、 とりあえず、Gジャンや、ジャケットにマフラーを巻くだけで違いました!(手袋もしかり)
日本人の二人連れの女の子が、同じようなマフラーをしてたので、 「こっちで買ったわね…」と推測。それほど寒かった。(予想はしてたとはいえ…) (air様)


 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 4月下旬