トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 4月上旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 4月上旬
  
 27 Feb.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


4月の場合、現地で購入しようと思っても、多くの店は春夏ものになっているから、難しい
防寒ものは日本から持参したほうがいい。
(2006年4月 osacomjp 様)

 
 
 
 
 

パリ上旬
 
 

2009
 

現地は季節外れの暖かさで、昼間は半袖でもいいくらい暑かった。現地の人は綿カットソー、朝晩は薄手のジャケットなどで脱ぎ着。
セーター一枚の私は脱げず、ひたすら我慢。
(2009年4月 モガバニラ 様)
 
 

パリは、曇りのち晴れ。昼、日が差すとコートいらないくらい暖かいが、夜は寒くてコートが必要。
(2009年4月 kujira_iruka 様)
 

寒いと聞いていたのでカイロを大量に持っていったが、行ってみると天気がよくて暖かかったので出番はなかった。ババシャツは持って行って正解だった。
(2009年4月 シャーロットヨーク 様)
 
 

毎日寒かった。現地では冬物のコートやダウンを着た人が多かった。
カイロを使った。マフラーは必要。手袋も使用した。
(2009年4月  chubby&fantastic 様)
 

日本の気候も不安定な時期だったので、寒い日と暑い日の両方の対策を用意していった。両方、着用した
旅行者も地元の人も、トレンチコートの人が多かった。
(2009年4月 お玉ちゃんQQ 様)
 

薄いものを重ね着して調整。ババシャツ、長袖セーター、革ジャケット、ライナー付ハーフコート。
黒を基調、巻物や帽子に鮮やかな色を使ってコーディネイト。下は黒のロングパンツ、ショートパンツ、タイツ。
(2009年4月 さくらdelsol 様)


 
 
 
 
2008
 

冬に近い気温だったので、コートは必須。日中の温度差が激しいので重ね着をした。
(2008年4月 wattayuki 様)

黒ジャケットにブルージーンズの組み合わせは、欧米人の間では、まるでユニフォームのように多かった。
(2008年4月 ニューヨークのタコ 様)
 


 
 
 
 
2007
 
 
 

 朝晩や日陰はかなり寒かった。ダウンを着た。日中はとても暑く、タンクトップ姿も多く見られたが私たちは薄手のセーター、シャツ。
(2007年4月初旬/中旬 masabo,korino 様)
 

到着時は半袖でも良いぐらいの気温だったが、次の日はおそらく10度を下回った。ジャケット1枚では寒かった。念のために持参したカイロが役立った。
(2007年4月 しるばにあ・まぁ 様)
 

冬物のコート。朝(7時頃)は特に真冬なみの日もあった。晴れると日中はTシャツでOK。寒暖の差が東京より大きい。
(2007年4月 オペラ駅の怪人 様)
 

気温が読めず、出発前にずいぶん悩んだ。結局、「春物は買えるが冬物はもう売ってないだろう」と思い、セーターも荷物に加えた。
結果、大正解。寒い日が数日あり、カットソーとタートルセーターを重ね着した。この時期はまだ寒さ対策も必要。
(2007年4月 ルナPクロワッサン 様)
 

寒暖の差が激しかった。
寒い日の上着は、腰が隠れる丈にすればよかった。カイロがあっても冷えて、機動力が落ちた。
(2007年4月上旬/中旬 とりcacao 様)
 


 
 
 
2006
 
 
 

 


 
 
 
 
2005

カットソー、スプリングコート、ジャケット、スカート、デニム、ブラウスを着まわし。コートをタイトに着こなしているマダムが多かったような。コートはポシェット隠し(中に身につければ)にもなるし、必須。
(2005年4月 quatreまゆこ 様)
 

黒のベロアジャケット、黒パンツ、ベージュデニム、ワンピース。半袖2、長袖3、キャミ3、ババシャツ2、長袖カーディガン1。朝は寒いが、昼間はかなり暖かいという日が多かった。冷静に考えると服が多すぎた。何でババシャツと兼用になるこじゃれたTシャツとかにしなかったんだろう。

ずっとジャケットを着ていたので、後半、なんだか薄汚れてきた。写真では同じ服を着ているように見えるから、トップスを3枚くらい減らして1枚きれいな色のスカーフや薄手のジャケットがあると良かった。

現地でブルーデニムをはいている人は見ましたが、皆さんきれいに履いていた。(濃い目デニム+革靴+ジャケットという小さい子供を公園で遊ばせているパパなど)

靴は、黒のショートブーツ、ベージュのハラコ素材ローファー。歩きやすく、ラフにならなくて良かった。
(2005年4月 メゾン・デュ・M 様)
 

コート、セーター、スカート、ジーンズ、タイツ(ひざたけ靴下)、やわらかい革靴

持っていけばよかったものは、替えの靴。歩くのが大好きで、石畳をやたら歩いていたら、新品に近かったのに、かかとの革がすり切れた。雨の時も中までびしょぬれで気持ち悪かったので、もう1足くらいあってもよかった。
(2005年4月 ばななウーマン 様)
 

カジュアル。スニーカースタイルがほとんど。
買い物の日はジャケット・革靴にしようと考えていたが、いわゆる高級ブランド店は行かなかったし、歩くことを考えてスニーカーで通した。ビストロなどはカジュアルな格好で全くOKだった。

2つ星レストランに行くときだけ、ジャケット、ネクタイ、革靴。タクシーで移動した。でも、やはり高級ブランド店は、外から見てもスニーカーで入ったら相手にされないような雰囲気。
(2005年4月 マーロン鴨 様)
 

Tシャツ、ブラウス、カーディガンorセーター、ジャケット、マフラーを、下は、スカートorスラックスにタイツorパッチ、ハイソックスまで用意。たまたま暖かい日に当たったのか、不要。このうち、セーター、ジャケット、タイツ、パッチ、日によってはブラウスも必要なかった。但し、朝・晩は冷え込んだので、早朝もしくは深夜まで活動する人は、必要かも。
(2005年4月 あおミカン 様)
 
 

現地の弟に「半袖に上着で充分だよ」と言われていたが、到着した日から寒かった。
ユニクロの保温アンダーウェア、唯一持参した厚手のボーダーカットソー、Gジャン、ナイロンのプルオーバータイプのパーカー、無印のコットンワイドパンツ。

乾燥して、1晩で乾くので洗濯機があってよかった。厚手のニットと、遠赤外線長靴下を持っていけばよかった。

子供には、肌着、長袖T、トレーナーorニット、ナイロンパーカ。途中でGAPのニットカーディガンを
買い足してパーカーの中に着せた。小雨がぱらつくこともあったので、ナイロンのパーカーは大変便利。
貴重品を斜めがけの小さいポシェットにいれ、その上から大きなパーカーを着ていたので安心。
(2005年4月 まゆまゆ探検隊 様)
 

予想外だったことは、4月の上旬なのであたたかいのかと思っていったら、とても寒くて、震えることがありました。寒さ対策は必要。

長袖Tシャツ、シャツ、一重のジャケット、パンツ。これで過ごせたのは到着日ぐらいで、あとは毎日寒かった。スカーフを首に巻いたり、革手袋が必須。現地の人はまだ、黒のコートやジャンパーなど。裏付きのジャケットにすればよかった。

持って行けばよかったものは、ニットの帽子。持って行ってよかったのは、革手袋とカイロ、半袖の下着。
(2005年4月 フラフラともりん 様)
 

トレンチコートもしくはベロアのジャケット、薄手のニット、パンツ。雨の日はかなり寒かった。カーディガンを1枚もっていけばよかった。
(2005年4月 ヨハネ万次郎 様)
 
 

昼はトレンチコート、夜は寒いのでジャンパー。
ある程度寒いと聞いていたので、重ね着や薄手のセーターで。パシュミナをマフラー代わりに。
(2005年4月 のくnao 様)
 

コート、Gジャン、セーター、Tシャツ、タイツ、靴下、コットンパンツ、薄手のマフラー。
貼るカイロもつけたが、これでも寒かった。ニットの帽子と真冬用のマフラーを持っていけばよかった。
(2005年4月 0407ハツ 様)
 

 


 
 
 
 
 
 
 
2004
 
 
 

 まだ肌寒かったので、コートを羽織った。日本と変わりのない服装。アンサンブルにスカートとタイツ。または、セーターにパンツ。
( 2004年4月 愛ラブUK 様)
 

観光地めぐりは、パンツ、セーター、ローファー。ショッピングにはベロアのトップス、革のスカート、夜のお出かけは、ひらひらスカート、パンプス。ジャケットはカーキのコットンベロア。昼夜一緒。
(2004年3月/4月 cherrylips 様)
 
 

長袖のインナー1枚、ジャケット。寒いと聞いていたので、ダウンジャケットを着ていったが、現地の人は半袖とかタンクトップ。半袖も持参してもよかった。ただ、物価が日本とあまり変わらないので、購入することも可能。
(2005年3月/4月 カメラを落としたケロ様)
 

基本はカジュアルな服装。ショールはこの季節の温度変化に対応するのに便利。すでに昼間はかなり日差しが強いので、サングラスが役立ちました。
(2004年3月/4月 di-iris 様)
 

少し風が強かった。スカーフかハイネックのもの等、首を暖かくできるもので体温調節をできるものを持っていったほうがいい
(あさおさん様  2002年4月初旬)
 

セーターにスプリングコート。めっちゃ寒かった。現地の人はウールのコート着ていた。石畳を歩きすぎて、革の靴(とくにソール)が痛んだ。新品の靴が… トホホ  (air様)


 
 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 4月上旬