トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 3月上旬

服装基本編へ
もどる
服 装  月別レポート 3月上旬
  
 6 Feb.2010経験談追加


  

天候と服装は、年次第、週次第

日本でも、急に2,3日あたたかくなったり、寒くなったりしますね。現地も同様です。 

また普段 日本でお住まいの土地や 寒さに強い・弱いも関係してくるので、参考程度にしてください。


3月の場合、現地で購入しようと思っても、多くの店は春夏ものになっているから、難しい
防寒ものは日本から持参したほうがいい。
(2006年3月 osacomjp 様)

 
 
 
 
 

パリ上旬
 
 

2009

あまり旅行者然とした格好をしないよう心がけた。黒を主に、アクセサリー、ストール、スカーフなどでこぎれいに。デニムは重いし、入る店も限られてしまう気がして、もっていかなかった。
(2009年2月/3月 mille-d'accord 様)
 
 

ジーンズ、ダウンのハーフコート。高級レストランやブランド店には行くつもりはなかったので、これで通した。
(2009年2月/3月 TERURIN 様)
 

 


 
 
 
 
 
 
 
2008
 

 予想以上に暖かく、ダウンはいらなかった。
(2008年2月/3月 なな kino 様)
 

コートは寒いだろうと黒いロングダウンにしたが、暑い時もあった。もうちょっと春仕様のコートでもよかった。
(2008年3月  saki_greenleaf 様)
 


 
 
 
 
 
2007
 

 スカートをはいている女性をあまり見なかった。履いていても、その下に必ず黒いスパッツというかタイツをはいていて、肌色が見えない。
(2007年3月  白やぎkuroyagi 様)
 

卒業旅行ということで、ずっとカジュアルで動きやすい格好。ただ綺麗なコートと靴を持っていくだけで、もう少しパリに馴染めたかなと思う。
(2007年3月  和食のマメ 様)
 

暖冬だったのでうっかり春物コートとも思ったが、やめて本当によかった。寒かった。実際もう一枚厚着すればよかった、と悔やんだ。陽が当たれば暖かいが、あいにく天気のよくない日が続いた。しかも風が猛烈に強く、体感温度は下がるばかり。

調節できるマフラー、ストール、ファー、手袋があればぜんぜん違うし、かなり便利だ。手袋は真っ黒になるくらい重宝した。

現地では、学生らしき人をたくさん見かけたが、日本ではやっている「重ね着ダラダラファッション」はパリでは浮いていた。実際、自分も日本では好きで着ているが、パリということで、きれいな服装を意識した。
(2007年3月 あおめがね 様)
 


 
 
 
2006 

セーター、スカートやパンツ、コート。
(2006年3月 さすらいのPよこ 様)

動きやすいように、ジーンズ、スニーカー。荷物が多くしないよう、ジーンズ2、上も重ね着で合わせやすいものを5種類くらい。後で思ったのは、問題は中の服ではなく、主にジャケットとパンツ(もしくはスカート)。

ジャケットは1枚しかなかったので、中の服が毎日違っていようと、はたから見たら毎日同じ服を着ているように見えていた。やっぱり少しはデートする時くらいのおしゃれ服も持って行くべき、と痛感。

プランタンへ買い物に行ったら、カジュアルな服で商品を見る私を店員が上から下まで一瞥。視線がかなり痛かった。どこへ行ってもそうだったがおしゃれな服装をしていないと、黄色人はバカにされる扱いを受けやすいなと感じた。
(2006年3月 愛しのチョコモナカジャンボ 様)
 
 

Tシャツをインナー、その上にシャツ、ウールのセーター、ダウンジャケット。靴下の二重履き、タイツ。手袋、マフラー。帽子はドイツ、スイスではかぶった。パリでは建物の中は暑くて、現地の人はTシャツになっている人が多かった。
(2006年3月 torachan0303 様)
 
 

大抵パンツ。教会に入っても失礼でない格好を意識した。

白のダウンジャケット。パリの人は黒やグレーのコートが圧倒的で、観光客であることを除いても目立っていたような気がする。寒いときには白いキャスケット。パリにも持ってる人はいたが、キャスケットをかぶってる女性は大抵日本人だった。
(2006年2月/3月 ストーン更紗 様)
 
 

もともと ひどい冷え症なので、日本の真冬の服装をしていた(ババシャツ、セーター、ダウン)。
パリは日没後すぐに冷えてくるので、夕食の時にすでにとても寒くて、天気予報のイメージよりも厚着をしていってよかった。カイロも必要。
(2006年3月 ロリーの飼い主 様)
 
 

とにかく厚着。マフラー・手袋必須。帽子もあると寒さが全然違う。
(2006年2月/3月 tan 孝行 様)
 

セーターにダウンが少し入ったブルゾン、首に巻くショール(あまり厚くないもの)でちょうど良かった。朝出かけるときは少し寒いが、晴れればちょうど良い。(歩き回ったから温まったのか)首に巻いたショールとかストールをマチコ巻き。そうして道を歩くマダムも多くて、変ではない。

黒の革靴。それだけで良かった。
(2006年3月 じょんこ28 様)
 

とても寒かった。朝の零下1度、最高気温4度ぐらいの日が多かった。晴れていたかと思ったら、ものすごい夕立のような雨が降ることも多かった(そしてまた晴れる)。

冬のコート、マフラー、手袋、ババシャツ、タイツ、カイロ身に着けていた。かさは必要。頭が寒く、現地で帽子を買ったが、冬物販売が終わっていて、当初スポーツ洋品店でスキー帽を購入するはめになった。日本からもって行けばよかった(その後、マレ地区の小さな店で冬用帽子を購入)。

3月の場合、現地で購入しようと思っても、多くの店は春夏ものになっているから、難しい。防寒ものは日本から持参したほうがいい。マレ地区の小さな店などをめぐると冬物小物のバーゲンはちょこっとやっていたりはする。この時期、日本は日に日に暖かくなるから、その感じで行くと危ない。
(2006年3月 osacomjp 様)
 

黒のタートル、カーディガン、グレーのスカート、ツイードのコート ちょっとシックに。マダムと言われたい!という気持ちで選んだ。成功したのかどうかはわからない。みんなにこにこしていたので、やっぱり子供に見えたのだろうか。ジーンズも一本持参。

ニット帽が大活躍。顔が平坦なのでアクセントのつもりで、ずっと被った。
髪が乾燥してバサバサになったのを抑えることもでき、一石二鳥。すばらしきかな、ニット帽。

おしゃれのつもりで持っていったロングブーツは、ヒールが高すぎ、あまり使わなかった。代わりに25ユーロで買ったぺたんこローファーが大変楽だった。ジーンズにもカジュアルすぎず、スカートにも合わせられたので、毎日履いた。
(2006年3月 チャイ・アヤシ 様)
 

ジーンズはMSMの時だけにして、後は普通のズボンをはいたが、パリの人でもジーンズが多かった。気にする必要はなかったようだ。ただおしゃれなジーパンが多かった。服で態度が変わるようなホテルでもなかったので、気軽に色々着た。
 

貼るカイロは必需品。お腹が冷えたりなどは全くなかった。
食事用にスカート。
(2006年2月/3月 VPフレンド 様)
 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
2005

黒のコート、黒のパンツ、マフラー、帽子、パンツ以外はフランスやベルギーのものを持参。ロゴ類なし。
雪がちらついたので、ナイロンの帽子が活躍。寒かったので カイロを持って歩いたが、顔が冷たかった。
耳あてがあったらよかったかも。
(2005年3月 takeruno m8様)
 
 

タートルネック、ばばシャツ、パンツ、タイツorスパッツ、ブルゾン、マフラー、帽子、手袋。

寒波が来ていたので、とても寒く、帽子があってよかった。エッフェル塔の途中の階で最上階へいくエレベーターを待っているときが凍えるほど寒かった。冬は、エッフェル塔に昇るときだけでもカイロ(靴用のカイロ)があるとかなりよい。
(2005年3月 南部りんごエクレア 様)
 

ジーンズ、コーデュロイパンツ1着ずつ。ダウンジャケット、手袋、薄手カーディガン2、ブラウス1、長袖Tシャツ2。鉄道移動が多かったので。下着と靴下3組。カイロ。寒波がきていたので。
(2005年2月/3月 フットスタンド 様)
 

非常に寒かったので、暖かい格好。雪も降っていた。日差しはあまり差さなかった。毎日曇り。もう本当に寒かった。(2005年は異常らしいけれど)
一日中コート。カイロ、手袋は持参してよかった。もっと暖かいコートを持っていけばよかった。
(2005年3月 かおるさかな 様)
 

ババシャツ、タートル、カーディガン、厚手のコート。パンツ3、スカート1

雪が降っていたけど、よく歩いたし、建物の中は暑いくらいなので、カイロは使わず。
現地の人を見ると厚手のコート、手袋、マフラーはしているが、下は意外と薄着のようで、建物の中ではコートは脱いでいる人が多かった。
(2005年3月 ガララ・ニョロロ 様)
 

とにかく寒かった。
2004年1月に行った時よりも暖かいだろうと思って2月/3月にしたのに、2005年は大寒波がきていたため、とっても寒かった。ババシャツ、腹巻き、厚手のセーター、コート、マフラー、手袋、カイロ。寒かったので、ロングのダウンコートがあればよかった。
(2005年2月/3月 サクサクブレッド 様)
 

天気。3月で吹雪になるとは思わなかった。
(2005年3月 マルコメだしみそ 様)
 
 

ジーンズ、寒い日は長いスパッツのようなものを履いた。
靴はスニーカー。1日何時間も歩き回っていた。
カイロはフランス人にもウケ、何個かあげたら喜んでいた。上着はフード付きのコート(これさえあれば、雨が降っても雪がふっても傘いらず)中に薄手のセーター、下着。
(2005年2月/3月 シャルルドゥアルディ 様)
 

寒さ対策重視。不本意だが、黒のロングダウンコート。少しでもスタイリッシュに見えるように、モコモコしない薄手のすっきりしたデザインの物を、出発直前まで探した。でもやっぱり「いかにも日本人」スタイルになってしまい、現地で鮮やかな色のマフラーと帽子を購入。

ジーンズはやめ、パンツは割ときちんとした厚手の物を。靴は、赤の柔らかい革スニーカー。とにかくコートが黒で浮きそうだったので、小物でアクセントをつけるよう努力。

セーター、薄手のフリースなど。気温がマイナスでも、体はあまり寒くなかった。カイロはあまり使わなかった。顔が冷たいので、キャスケット帽を深くかぶり、マフラーをぐるぐる巻きにした。
(2005年3月 オリーブツリー7号 様)
 

3月上旬までは最低0度、最高7、8度。
(2005年3月 あるまーにゅダイバー 様)
 

長袖のインナー1枚、ジャケット。寒いと聞いていたので、ダウンジャケットを着ていったが、現地の人は半袖とかタンクトップ。半袖も持参してもよかった。ただ、物価が日本とあまり変わらないので、購入することも可能。
(2005年3月/4月 カメラを落としたケロ様)
 

東京の冬のような格好。コート。本当に寒かった。運動靴をもっていったのだが、綿の生地で、雪の水がしみこんでしまい冷たかった。ビニール製の靴を持っていけばよかった。
(2005年3月 ヒヨコとニワトリ 様)
 

 


 
 
 
 
 
 
2004
 

 ズボンの下に毛糸のスパッツをはいた。カイロ、汗ワキパットは持って行ってよかった。とにかく暖かい格好。ブーツとスニーカーを持っていったのは正解。観光するときはスニーカーで、バレエなど見に行くときはブーツ、と使い分けた。
( 2004年2/3月 studioazzurro 様)
 
 

2月下旬で防寒服で。ショートコート、タートルセーター3着、ジーンズ、ツイードパンツ、長袖Tシャツ5枚、スパッツ2着を着まわし。
(2004年2月/3月 orange mimosa 様)
 

セーター、ズボン、コート。色やデザインが奇抜でないもの、ごくシンプルなもの。

外は強風で冷え込み、建物の中は暑いぐらい暖房が効いている。分厚いセーター1枚を着るより、薄手のものを重ね着したほうが便利だった。

手袋、マフラーは必須。冬でもかなり日差しの強い日があったので、サングラスは役に立ちました。(特に3月下旬のパリで)カイロは使わず。歩いていると体が温まるので。教会などでは足先が冷え、厚手の靴下は欠かせませんでした。
(2004年2月/3月 狐狸ささめ 様)
 
 

とにかく寒かった!  カイロは必需品。雪も降った。(すぐに止むけど) とにかく暖かい格好で。ブーツとスニーカーを持っていったのは正解。観光するときはスニーカーで、バレエなど見に行くときはブーツ、と使い分けた。
(2004年2月/3月 えぶどまでーるmari 様)
 
 

ジャケット無し。半袖Tシャツにカーディガン。トレーナーだけでも昼間は大丈夫。
(2004年3月 お留守番きんたろう 様)


 
 
 
 
 
2003
 

日中は下着・タートルネックセーター・冬のコートでちょうどいい。朝晩はそれでは寒い。ボトムの下にはタイツ。カイロは必要なかった。街歩きに手袋は必携。

美術館など館内でコートまでは必要ない、でも脱ぐと肌寒いときが結構あったためストールは体温調節に大活躍!
(2003年 ジュイエ@夏)
 

普段の服装で暑くも寒くもなく。小雨は降ったが。
(2003年 legalega様)

 


 
 
Special thanks to kokuto lupin sama
 
 トップ > 準備 > 服装 > 月別 服装レポート 3月上旬